国際カンファレンス「ad:tech(アドテック)Sanfrancisco」参加報告

インタラクティブマーケティングの国際カンファレンスを報告。9/2~3には日本初のad:tech Tokyoが開催
河野 大助(インプレスR&D ... 2009/5/11(月) 13:40
tweet3はてなブックマークに追加 印刷用

4月21日から4月23日まで、米国サンフランシスコにおいてインタラクティブマーケティングの国際カンファレンス「ad:tech(アドテック)Sanfrancisco」が開催された。

ad-techは、すでにニューヨーク・ロンドン、シドニーなど世界11都市で開催されている。代理店、広告主、メディア、ソリューション事業者が対等に行うディスカッションを重視し、インタラクティブマーケティングの課題と業界最先端の手法を学び合う「Education」(教育)を掲げた国際会議として知られているが、開催地域によって、その特徴は異なっている。

ドン・ノックス氏
ドン・ノックス氏(Vice President,ad:tech global)

ad:tech サンフランシスコの特徴について、ad:tech globalのバイス・プレジデントであるドン・ノックス氏は次のように語った。

サンフランシスコでは、シリコンバレーが近いという地域性からテクノロジー系の話題が多い。ad:techの中でも、最も新しい動きが起きる場所である

その発言のとおり、今回のad:tech サンフランシスコでは、新しい試みがいくつか始まった。デジタルマーケティングの主役になるだろうモバイルをテーマに絞った「Mobile Mix」、検索マーケティングをテーマとし、かつて競合であったSMXカンファレンスとの共催。特に新しいのが「ad:space」という試みである。これは中小規模のウェブメディアや広告主が、Google AdSenseなどのコンテンツ連動型広告を駆使して、最大限広告効果を得る手法をカンファレンスやエキシビションで学び、共有するといったことが狙いである。

今回、全体を通してのテーマは「トランスフォーメーション」(変革、転換)であった。デジタル技術がマーケティングにおける定義をすべて変えていっている現状が捉えられている。

基調講演に立った「Wikipedia」の創設者ジミー・ウェールズ氏は、消費者のリテラシーが向上している現在、消費者作成コンテンツを上手に取り入れることで企業のブランド向上にもつなげられることを、実例で示しながら語った。

ad:tech Sanfrancisco会場の様子
ad:tech Sanfrancisco会場の様子

会場には、隣同士に座った人同士など、お互いの仕事、業界について語り合う「ネットワーキング」の場が設けられている。ad:techの最大の魅力は、この「ネットワーキング」である。ad:tech自体が業界トップクラスのスピーカーや識者、同業種の他参加者たちと人脈を深める格好の場所であるためだ。そして毎晩、様々な出展企業によって開かれているパーティに参加することで、最新の情報を得ることが非常に重要である。ad:tech参加者に対して行ったアンケートでも、参加理由の上位に必ず挙がるのが、「ネットワーキング」であるという。

9月2日、9月3日にはad:tech Tokyoが日本において初めて開催される。海外、国内問わず業界のトップクラスの人材が、真剣に業界動向を語り合う場として日本の広告業界に与えるインパクトは大きい。日本でどのような「ネットワーキング」が展開されるか、期待したい。

ad:tech
http://www.ad-tech.com/

ad:tech Tokyo(2009年9月2日~3日に開催)
http://www.ad-tech.com/tokyo/japanese/adtech_tokyo.aspx

この記事が役に立ったらシェア!
tweet3はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTA
CTAは「Call To Action」の略。日本語の意味としては「行動喚起」と ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore