Googleが新広告サービス「Pay-Per-Action 広告」の提供開始

Google Inc. は6月22日、新しい広告サービス「Pay-Per-Action広告(ベータ版)」の提供を全世界向けに開始すると発表した。

「Pay-Per-Action広告」は、Google AdWordsの新しいサービスで、広告主サイト上におけるユーザーのアクションが完了したときに、料金が発生する仕組み。広告主は、ユーザーが商品を購入した場合や、メールマガジンを申し込んだ場合など、料金を発生させるアクションを、あらかじめ指定することができる。

同サービスを利用する広告主には、AdWords アカウント内に「Pay-Per-Action」キャンペーンが可能であることを通知するアラートが表示される。さらに、AdWords のコンバージョン・トラッキングが設定されており、かつ過去30日以内にCPC(クリック単価) およびCPM(インプレッション単価)ベースのキャンペーンにおいて、500件以上のコンバージョンを獲得している広告主は、随時自動的にベータ版に追加されていく予定だ。

「Pay-Per-Action広告」は、Googleコンテンツネットワーク上のサイトでのみ表示される。Googleコンテンツネットワークのパートナーサイトが、そのサイトに表示する広告をより詳細にコントロールできるようになり、広告主側が準備した個々の広告をリストから選択、またはサイトの内容と関連性のあるキーワードから選択することが可能だ。

また、「Pay-Per-Action広告」は、CPC(クリック課金)、または CPM(インプレッション課金)の広告枠とは別の広告枠にて表示されるため、競合入札が避けられる。

Google日本
http://www.google.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet1このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore