「マーケティング/広告」カテゴリの記事 -解説記事

5ページ目の記事を表示しています。

内容カテゴリ「マーケティング/広告」すべての種別カテゴリ編集記事を表示しています(全1085記事)。

「マーケティング/広告」カテゴリの記事 -解説記事

ページ

四谷志穂(Web担編集部) 2015/08/24 7:00 (368)(237)(33)

ディスプレイ広告における詐欺の実態とディスプレイ広告ってそもそもどうなの? 本音トークを繰り広げた本間氏の講演セッションをレポートする。

CMO.com by Adobe 2015/08/20 7:00 (90)(55)

消費者の体験が、一人ひとりに合わせたものになる「IoM」――その概念はまだ多くの企業で初期段階にある。個客に最適化したエクスペリエンスを本当に実現するために、組織を挙げて理解し、協力し、取り組み、進めるには、何を考えるべきなのだろうか。

『BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門』 Web担特別公開版

CCCM(クロスチャネルキャンペーン管理) とMA (マーケティングオートメーション) は何が違うのか

岡本 泰治+橋野 学 2015/08/20 7:00 (272)

マーケティングオートメーション(MA)とクロスチャネルキャンペーン管理(CCCM)は何が違うのだろうか。BtoBビジネスとBtoCビジネスでのマーケティングの違いとツールの特性で解説する。

『BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門』 Web担特別公開版

CCCMとは何か ~One-to-Oneマーケティングを実現するCCCM

岡本 泰治+橋野 学 2015/08/07 7:00 (297)(56)(28)

CCCMとは何かを、「複数のチャネルを横断」「顧客とのOne-to-Oneコミュニケーション」という観点で解説し、さらに、マーケティングオートメーション(MA)との関係についても解説する。

安田英久(Web担 編集長) 2015/08/04 11:00 (119)(84)(26)

今日は、「お客さんが欲しがるノベルティグッズ」の話題を。「すごく良いので、あれまた欲しい」という声があったノベルティグッズの情報です。

元ソフトバンクホークス投手 江尻慎太郎のオラクルマーケティングクラウド奮闘記

私、元ソフトバンクホークスの投手!! いまソフトバンク C&S でマーケティングしてます

江尻慎太郎 2015/08/04 7:00 (206)(51)

初めまして。元ソフトバンクホークスの投手、現ソフトバンク コマース&サービスの江尻慎太郎と申します。

私のミッションは「スポーツ業界のマーケティング革命」。オラクルのクラウドツールをスポーツ業界に導入できれば、スポーツ業界のコンテンツ価値が向上すると信じて奮闘しています。

安田英久(Web担 編集長) 2015/07/28 11:00 (39)(63)(47)

今日は、CSSの話題を。画面用とは別に印刷用のCSSを設定しているけれども、どうも表示がおかしい。そんなときに、どのCSS指定に問題があるのか、確認する方法を解説します。

奥野辰広(トランスコスモス) 2015/07/28 7:00 (118)(60)(36)

ディスプレイ広告、リスティング広告などの運用型広告の検証改善では、検証手法を正しく判断し、広告運用の最適化パターンの把握と、アドテクノロジーの適切な活用が重要です。最終回はステップアップし、広告運用の検証改善の基本を紹介します。

CMO.com by Adobe 2015/07/16 7:00 (31)(23)

デジタル時代を生き残ろうとする企業に必要なのは、組織変革とマーケター自身の変革だ。恐ろしいほど加速している市場環境の変化に応じて、オーストラリア銀行やタイム・ワーナー・ケーブル、そしてガールスカウト連盟のマーケティング責任者は、どのように変革をとらえているのか。

安田英久(Web担 編集長) 2015/07/14 11:00 (54)(58)

今日は、ネット広告の話題を。Google Chromeが、Flashバナー広告の効果が激減するような仕様変更を間もなく行う予定なのです。しかも、代替広告を用意していても、ダメな状態が強制されるという……。

Web担編集部 2015/07/13 7:00 (188)(91)(27)

若年層を中心に、スマートフォンしか使わないユーザーが増えつつある。この層をターゲットにした商品やサービスを提供する企業のWeb担当者やマーケターは、新しいターゲット層に対する効果的なマーケティング施策を求めている。そんなニーズに応える広告サービス「Twitter広告」を活用して成果を上げた3つの事例を紹介する。

CMO.com by Adobe 2015/06/19 7:00 (100)(79)(32)

「私が望む時に、望む場所で、私が求めるものを、望む形で、提供してほしい」そうした顧客のニーズが顕在化する「IoM(私のインターネット)」時代に、マーケターはどうあるべきなのか。既存のチャネルですら重要性を失うかもしれない「ハイパーレリバンス」時代の足音に、あなたは気づいているか。

仲里淳 2015/05/20 7:00 (43)(32)

DMP導入のポイントとして、デジタルマーケティングでの広告配信の効果をさらに高めるための手法を、自社でDSPを開発するリクルートコミュニケーションズが、2015年4月に開催されたOracle Cloud World 2015で紹介した。

CMO.com by Adobe 2015/05/14 7:00 (168)(86)(38)

「コンテンツマーケティングへの影響力が大きい人物トップ50」で上位に選ばれた、ロバート・ローズ氏。現在のマーケティング、それも特にコンテンツマーケティングにおける実にユニークな発言者の1人に、CMO.comの編集長が米国の最新情報を聞いた。

於保 真一朗 2015/04/24 7:00 (139)(76)(22)

コカ・コーラのブランドコンセプトを伝える自動販売機による高度なブランド体験や、アンダーアーマーの店舗内デジタルサイネージの事例から、「マーケティングにおけるIoT」をみていこう。
「モノのインターネット化(IoT)」はすでに現実のものになりつつあり、マーケティングの世界にもおおいに関係あるものなのだ。

於保 真一朗 2015/04/23 7:00 (33)

デジタルを主軸においた「マーケティングの再創造」が、夢物語ではなく、現実になってきている。スターウッドホテルが実現した「デジタル体験の高度化」と、それを支えるAdobe Marketing Cloudの新しいソリューションや機能とともに、解説する。
コンバージョン数の急増のような異常値を検出し、その原因をボタン1つで調べてくれる新機能は要チェックだ。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

貴社の「データドリブン成熟度」は5レベルのどれぐらい?

伊藤 秀樹 2015/04/21 7:00 (43)

効果的なデジタルマーケティングを推進していくためには、単にデータを収集するだけでなく、組織としていかにデータドリブンを判断し、行動できるかが重要となる。データドリブンな組織をつくり、デジタルマーケティングの成熟度を高めるためのポイントとは。組織におけるデータドリブンの成熟度を5レベルに区分して解説する。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

データドリブンマーケティングの成功に不可欠な3つの要素とは?~DeNAの事例から~

伊藤 秀樹 2015/04/16 7:00 (186)(49)(25)

データドリブンマーケティングを成功させるためには、欠かしてはならない3つの要素がある。しかし、それらの要素を基にマーケティング活動を行っていくためには、さまざまな課題が立ちふさがっている。実践に際してはどのようなツールが有効となるのだろうか。DeNAが自社における実例を紹介する。

エンゲージメント・ラボ(株式会... 2015/04/15 7:00 (45)(22)

Facebook広告に関して、「関連度スコア」「マルチプロダクト広告」「広告マネージャアプリ」など、大きな動きが続いている。それらを紹介するとともに、運用においてよくある失敗例も解説。今月の旬の投稿ネタは「ゴールデンウィーク」と「母の日」だ。

CMO.com by Adobe 2015/04/07 7:00

この記事では、マーケターの改革に関する話題の一環として、設立70年の伝統的な会社を「デジタルマーケティングの先駆者」に変えることに成功した戦略的なアプローチをご紹介する。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

“良質なWebクリエイティブ”作りに効くデータ収集とモデル化の手法とは?

伊藤 秀樹 2015/03/27 7:00 (52)(34)

データを活用して「良質なWebクリエイティブ」を作るには、言い換えれば、データをクリエイティブとしてアウトプットし、具体的な成果に結びつけるにはどのような手法を用いればよいのだろうか。博報堂アイ・スタジオは、従来培ってきた「クリエイティブ力」に「データドリブン」というコミュニケーションシナリオを掛け合わせるためのデータ収集とモデル化手法について、事例を交えながら紹介した。

安田英久(Web担 編集長) 2015/03/23 13:45 (206)(49)

「脱 媒体別戦略 ~媒体別戦略から、生活者別戦略へ~」――これからのマーケティング戦略として、Web 広告研究会が2015年Web広告研究会宣言を発表した。Web担当者は、今後どう考え、ふるまうべきなのだろうか。

奥野辰広(トランスコスモス) 2015/03/20 7:00 (99)(47)

広告効果測定の基本は、まず「広告指標」と「費用対効果」を把握することです。今回は広告効果測定の基本業務として、「広告指標と費用対効果の把握」と「広告データを見て要因分析する」という2つの業務を解説します。

阿部欽一(キットフック) 2015/03/18 7:00 (376)(97)(69)

マーケティングと営業の間には“壁”があるといわれている。米国の調査では、マーケティング部門と営業部門が互いに批判的な印象を抱いている企業が87%という結果も。マーケと営業が連携し、一丸となって企業の売上アップに貢献するには何が必要なのか。ITを使った解決策がマーケティング・オートメーションだ。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

ネスレ日本のCMOが描く4つの成長戦略とCMOの役割

伊藤 秀樹 2015/03/17 7:00 (43)(30)

「ネスカフェ」や「キットカット」をはじめ、知らない人がほとんどいない業界トップのブランドを多数抱えるネスレ日本。同社のビジネスを支えているのは、たゆまぬイノベーションだった。同社CMOの石橋氏が、自身の経験を踏まえながら、ネスレ日本におけるマーケティング戦略について、成功事例を交えながら解説した。

伊藤 秀樹 2015/03/11 7:00 (146)(32)

マーケティング施策の意思決定を行っていくうえで不可欠なデータ分析。しかし、その実施に際して、不完全でノイズの塊であるデータにどこまで頼ることができるのか。リクルート住まいカンパニーの吉永氏は、マーケティング担当者もデータを本質的に理解することが大事であると語り、教科書には載っていないデータ分析の実務について紹介した。

データドリブン・マーケティング&ADフォーラム レポート

ビッグデータ+人工知能と人間の幸福感がビジネスの業績を向上させる

伊藤 秀樹 2015/03/06 7:00 (54)(37)

マーケティングキーワードとして近年注目を集め続けている「ビッグデータ」。しかし、大量のデータを集めたはいいが、それをどうビジネスに繋げていけばいいのか、困っている企業は多いのではないだろうか。10年間の研究の末に日立製作所がたどり着いたのは、ビッグデータと人工知能との組み合わせによって、従業員の幸福感を高める方策を導きだし、ビジネスの業績を向上させる手法だった。

CMO.com by Adobe 2015/03/03 7:00 (22)

いま、マーケターが扱う顧客とのタッチポイントは多様になっている。小売業者がオムニチャネルを活用しようとしているように、マーケターもクロスチャネルマーケティングを実践して顧客にリーチし、顧客に「良い印象」をもってもらおうではないか。

シングルチャネルからマルチチャネル、そしてクロスチャネルへと進化するマーケティングの世界で、マーケターはどんなことをできるのかを解説する。

エンゲージメント・ラボ(株式会... 2015/03/03 7:00 (35)(21)

Facebookページ運用者必見、旬の投稿ネタは「ホワイトデー」「春の訪れ」「エイプリルフール」だ。また、「動画」タブへの新機能追加、虚偽コンテンツを表示させない対策について解説するほか、今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。

仲里淳 2015/02/27 7:00 (90)(40)

検索連動型広告の効率が改善されない。それどころか悪くなる一方……。そんな運用担当者の悩みをよく聞くようになったが、解決の糸口はディスプレイ広告との組み合わせ施策にあった。検索連動型広告の運用コンサルで業界をリードするアイレップが、検索連動型広告とディスプレイ広告による獲得効率改善の手の内を明かす。

CMO.com by Adobe 2015/02/19 7:00

企業がオムニチャネルマーケティングを実現するには、何が必要なのだろうか。そのコアは顧客エクスペリエンスにあり、マルチチャネルにおける顧客エクスペリエンス管理の要は顧客ライフサイクルだ。そうした考え方と、素晴らしきオムニチャネルへの船出で失敗しないための3つのポイントを解説する。

野本 幹彦 2015/02/04 9:00 (222)(125)(61)

オウンドメディアマーケティングやコンテンツマーケティングに注目が集まっている。実際に実践を始めている企業も増えてきた。初期コストの削減や、ソートリーダーシップの獲得、まだ顕在化していない市場の攻略など、コンテンツマーケティングにはさまざまなメリットがある。コンテンツマーケティングを成功させるポイントとは何か、成功事例を交えながら解説する。

Web担編集部 2015/02/02 7:00

リード活用の活性化をはじめとする営業業務上の課題解決を目指し、情報システム部門がSFA/CRMを導入。しかし、何の役にも立たずに次第に使われなくなってしまった。なぜ、そうしたことが起こるのでしょうか。その答えと解決策とともに売上/利益の向上につながるSFA/CRM活用術を記したホワイトペーパー「情シス任せのSFA/CRM導入ではリード活用も失敗する」を読めば、マーケティング担当者が集めたリードが営業活動に活かされるようにするためのSFA/CRM導入および運用のポイントがわかります。

CMO.com by Adobe 2015/01/30 7:00 (44)

この記事では、先見的なCMOたちが2015年に備えるべき新たな、あるいは進化しつつある6つの役割を紹介する。各社のCMOが語った言葉から、マーケティング責任者が2015年にどのような方向へ進むべきなのかを探る。

於保 真一朗 2015/01/29 7:00 (310)(56)(23)

デジタルマーケティング推進のために組織変革を実現した国内3企業がどのような組織形態にしたのかの例を示し、さらに、CMOや経営層がどのようにあるべきかなどについて解説する。

マーケティング全体を、顧客の変化に対応した形で進めるには、リアルとデジタルを融合させたオムニチャネルでのカスタマーエクスペリエンスを設計していく必要がある。しかし、組織の構造や経営層の意識が旧来のままでは、そのプランを実行に移すことは難しい。大切なのは、組織の変革と、その推進役としてのCMOなのだ。

エンゲージメント・ラボ(株式会... 2015/01/28 7:00 (35)(21)

1月30日に行われるFacebookの利用規約やデータポリシーの改定、それにともなう影響について解説する。旬の投稿ネタは「節分」「バレンタイン」だ。また、今月も、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向を分析・紹介。

池田真也(Web担 編集部) 2015/01/27 7:00 (22)(77)

Twitterとヤフーの連携によって、個人でもTwitterの広告を出稿できるようになった。この連携を牽引した、Twitter Japanの王子田克樹氏とヤフーの高田徹氏に、SMB向けの事業展開を開始した背景や、Twitterのマーケティング活用ノウハウや成功事例について聞いた。

田口 和裕 2015/01/23 7:00 (54)

ユーザー行動データを100%活用し、顧客LTVを最大化する。そのために必要なPDCAを高速かつ効果的に回転させるノウハウ、組織作りはどうあるべきか、Webマーケティングの最先端を走る博報堂アイ・スタジオの鈴木直哉氏が、成果を上げるための実戦手法、組織作りのポイントを詳細に解説した。

はじめてWEBニュース 2015/01/21 7:00 (23)

スキップしなかった理由は、「自分の趣味との一致」より「インパクト」

奥野辰広(トランスコスモス) 2015/01/16 7:00 (247)(82)(96)

ネット広告担当者に必要な基本スキルを3ステップに分けて解説。第1回は広告集客の基本である、「プッシュ型」と「プル型」という2つの手法と、ネット広告担当者として押さえるべきポイントを解説します。

株式会社D2C 2014/12/26 7:00 (25)

“共創マーケティング”という手法を用いて開発された「森永アロエヨーグルト シャンパンカクテル テイスト」。新商品開発までの裏側を聞いた。

安田英久(Web担 編集長) 2014/12/25 7:00 (179)(57)

マーケティングは、顧客や潜在顧客をデータにもとづいて正しく理解することが大切だ。そうしたマーケティングリサーチのためのツールの1つが「アンケート調査」である。

ただし、闇雲にアンケートを実施すればいいわけではない。「だめなアンケート」から得られるのは「だめなデータ」で、だめなデータを元に行動すると「だめな結果」になる。

Web担編集部 2014/12/19 6:00

Yahoo!プロモーション広告では、オンラインからの申し込みにより「Twitterプロモ商品」が利用できるようになった。スポンサードサーチとYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に加えて、PCのみならずスマホユーザーへもアプローチ可能な「Twitterプロモ商品」を活用することで、新しい潜在顧客にリーチを広げることができる。サービスの概要と先行して導入した企業による活用ノウハウを紹介する。

CMO.com by Adobe 2014/12/17 16:00

大多数の小売業者は、ビジネスをデジタル化する必要があることを認めている。しかし、デジタルマーケティングの価値というものは正確に把握しにくい場合もあり、そのために、デジタル戦略やリソース、予算配分において正しい選択ができなくなってしまう。

安田英久(Web担 編集長) 2014/12/16 12:00 (55)(34)

動画広告の23%、ディスプレイ広告の11%ほどが、不正なボットによるインプレッションだったという調査結果が発表されました。全米広告主協会(ANA)とセキュリティ調査会社のWhite Opsによる36社181キャンペーンを対象にした調査です。

エンゲージメント・ラボ(株式会... 2014/12/16 6:00 (38)(32)

今月は、、ビデオ広告の自動再生、投稿表示のアルゴリズム変更という最新動向を紹介する。旬の投稿ネタは「元日」「お正月」「成人の日」の3本立てだ。もちろん、国内大手企業のファン数&エンゲージメント率・最新動向も分析・紹介する。

マーケティングオートメーションの正しい導入と間違った導入

SFA/CRMブーム失敗の轍を踏まないためのマーケティングオートメーション運用体制作り

庭山一郎(シンフォニーマーケティング) 2014/12/01 8:00 (150)(46)

マーケティングオートメーション(MA)は、営業案件を創出するためのデマンドジェネレーションのプラットホームになるソリューションです。BtoBマーケティングには必ず必要なツールですから、日本でも普及が進むのはすばらしいことです。連載の最後に、MAやそのベンダーに期待すること、そして導入企業はどういう体制で運用すべきかを考察します。

Web担編集部 2014/11/25 8:00 (282)(114)(51)

インターネット広告の新たな潮流として注目されるアドテクノロジー。その根幹であるDSPは、データを活用したマーケティングの代表的存在として導入が増えている。Yahoo!プレミアムDSPは、Yahoo! JAPANが保有するビッグデータを活用することで、他のDSPにはない特長と機能を持っている。

マーケティングオートメーションの正しい導入と間違った導入

失敗しないマーケティングオートメーション選定7つのポイント

庭山一郎(シンフォニーマーケティング) 2014/11/12 8:00 (358)(96)(57)

「A社のマーケティングオートメーション(MA)はどうですか?」このような質問をよく受けますが、MAは企業のマーケティング戦略があって、ようやく選定に移れるものです。私は、国内外でMAの導入に関する数々の成功と失敗を目にしてきました。これまでの経験から、MAの選定で押さえるべき7つのポイントを紹介します。

安田英久(Web担 編集長) 2014/11/11 11:11 (4166)(968)(447)

今日は、いいね!ボタンについて。2014年5月より前に設置した いいね!ボタンは、そのまま放っておくと、2015年5月以降は動作しなくなります。これは、米Facebookに確認をとった公式情報です。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]