「マーケティング/広告」カテゴリの記事 -解説記事

21ページ目の記事を表示しています。

内容カテゴリ「マーケティング/広告」すべての種別カテゴリ編集記事を表示しています(全1080記事)。

「マーケティング/広告」カテゴリの記事 -解説記事

ページ

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

来るべきWeb 2.0の破綻を逆手に取る方法

Moz(旧SEOmoz) 2007/09/04 9:00 (21)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ネットバブル崩壊の悪夢再び。そんな事態が訪れないとも限らない。いや、それはやはり起こるものだと考えておくべきことなのではないだろうか。

バブルが弾けるまであと1~2年だとしたとき、その仮説的世界はどのような状態になるのだろうか。

そしてそのとき、かつての苦渋を再び味わうことのないよう、僕らは何を準備し、どう立ち回るべきなんだろう?

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

はびこる意図的なソーシャルメディア操作

Moz(旧SEOmoz) 2007/09/03 9:00 (34)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

DiggやRedditなどのソーシャル型コンテンツコミュニティで、操作的な投票行為がはびこっている。コミュニティの目的を考えたとき、これは正しい行為なんだろうか。

というのも、とある有名な掲示板でソーシャルメディアの取引がされているのを、しかも公に大量に行われているのを見て、とても驚いたんだ。

Web担編集部 2007/08/29 8:00 (54)

CGMを利用した情報収集・発信活動が拡大
ウェブサイトの信用性が問われる時代に

CGMがWeb 2.0時代の代表的メディアとなって久しいが、その登場とともにインターネットの情報発信・収集のありかたは大きく変化してきた。企業サイトやマスメディアが発信する情報に加え、CGMというメディアが一般化したことで、ユーザーのインターネット上の情報に対する姿勢も変化しつつある。

ウェブサイトの信用性が問われる時代に突入しているのだ。そこで、2007年6月に発行された『インターネット白書2007』の最新調査から、個人利用者がどのようにインターネットを活用しているのか、その動向を探ってみたい。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

実はRSSフィードの解析や効果測定は非常に難しい。なぜだかわかるかい?

Moz(旧SEOmoz) 2007/08/27 9:00 (76)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

RSSフィードは、有効なマーケティング手段として認知も広がっているし、統計サービスも存在する。となると、RSSフィードをどれぐらいの人が見ているのかは気になるだろう。またそこからのクリック率やコンバージョン率といった効果測定もしたくなるだろう。

ウェブサイトでこれだけアクセス解析が進んでいるのだから、RSSフィードのアクセス解析や効果測定がもっとできるようになってもおかしくないはずだ。しかし、RSSフィードの購読者を正確に把握するのは、実はとても大変なことなんだ。なぜ簡単ではないのか、わかりやすく解説してみよう。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ネットはテレビをどう呑みこむのか?』

森山 和道 2007/08/20 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ネットはテレビをどう呑みこむのか?』

「放送と通信の融合」が進んだら、何が変わるのだろうか?
来るべき時代をネット視点で見つつ、多くの問題を提起する

柏木恵子 2007/08/09 9:00

セカンドライフの“知らなきゃ恥ずかしい”常識

いろいろなメディアで大げさに取り上げられてはいるセカンドライフだが、現時点で本当にそれほどの広告効果があるメディアであるかについては、懐疑的な意見もある。

ここでは、セカンドライフが抱える問題点にどんなものがあるのか、そして、それを踏まえたうえで、セカンドライフのビジネス利用を考えるうえでのポイントを解説する。

柏木恵子 2007/08/08 9:00

セカンドライフの“知らなきゃ恥ずかしい”常識

セカンドライフがそれほどまでに可能性を秘めた仮想世界であるならば、すでにセカンドライフにハマっている人が周りにたくさんいてもおかしくないだろう。しかし、現状では、日本ではさほどセカンドライフがユーザーの間で人気を博しているとは言い難い。

では、日本ではセカンドライフがブームになる可能性はないのだろうか? 企業が進出するのは、初期の話題作りのためだけとなってしまうのだろうか? セカンドライフの黎明期よりその可能性に注目して活動を続けている識者に聞いた。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2007/08/08 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の参十四 「記念日商法という秘術。ニーズではなく特別というエクスキューズ」

「今日は何の日だ」という彼女からのクイズの出題に背筋が凍った男性は多いのではないでしょうか。女性は「告白記念日」「交際1周年」などと記念日が好きで、その期待を裏切る男もまた多いと聞きます。これは社会的評価を優先する男性には「パーソナル記念日」の価値がわからないからです。一方の女性は自分の価値・世界観を重視します(「女性」「男性」は性質的価値観のことで、戸籍上の性別とは異なります)。ところでパーソナルな記念日が、商売に活用できることをご存じでしょうか。もちろんホームページにも。

柏木恵子 2007/08/06 9:00

セカンドライフの“知らなきゃ恥ずかしい”常識

ミクシィ、ブックオフ、セシール、ユーキャン、ソフトバンクモバイル、ツカサグループ……。すでに多くの日本企業がセカンドライフの仮想世界に進出している。セカンドライフ内に支社やプロモーション用パビリオンを開設する企業がじわじわと増えているのだ。

テレビのニュースなどでも取り上げられることが増えてきたので、目にした方も多いだろう。ところで、こういった企業がセカンドライフに参入する目的は何なのだろうか。セカンドライフ内でどんな活動をしているのか、その背景などを探る。

神野恵美(Web担 編集部) 2007/08/06 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『リッチコンテンツ・マーケティングの時代―動画、音声、Flashがネットマーケの常識を変える』

日米最新のネットマーケティング事例のレポートで考える
“大衆日本人”へのネットマーケティング方法とは何か?

柏木恵子 2007/08/03 9:00

セカンドライフの“知らなきゃ恥ずかしい”常識

セカンドライフとは?

そもそもセカンドライフとはどんな世界なのか、他のネットゲームと何が違うのか、ユーザーは仮想世界の中で何をしているのか。

マーケティングなどの企業活動のことを考える前に、まずはセカンドライフに関して基礎的な情報を理解しておこう。

橋本 大也 2007/08/01 8:00

毎回、視点を変えてアクセス向上を考えるコラム、今回のキーワードは「ユーザーのログ」。

CGMやロングテールの時代にこそ生きてくる、「リコメンド」に代表されるユーザーの行動ログの活用を考える。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2007/08/01 8:00 (22)

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の参十参 「金持ちは優遇するもの。学校では絶対に教えてくれない商売現場の真実」

自分で商売を始めて驚いたのは「知らないこと」の多さです。消費税の納税は「差額」でよいことや、「赤字」でも銀行からお金を借りられること、「ポイント」や「無料ビジネス」のカラクリも深くは知りませんでした。「無知の知」を座右におき、知らないことは学べば良いと高をくくっていましたが、商売の世界では無知が死を招くこともあり油断できないのです。そして、もっとも「知っているつもり」となっていたことが、「学校じゃない」ということです。「お金持ちを大切にしなさい」と聞いて、カチンと来た方は注意ください。「学校の常識」が抜けていない可能性があります。商売の現場は学校じゃありません。商売用ホームページも金持ちから考えると、成功までの距離が縮まります。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

ある愛の破局にみるCGMの本質

長谷川 恭久 2007/07/31 8:00

CGM海原と共に

話を聞いてくれないと不満を投げかける女性を前に、自分の見た目や印象を気にして相手の話を聞かない男性。女性が会話をしたいと思っても、女性の機嫌の悪さを勘違いした男性は、プレゼントをもちかける。自分のことなんて何もわかってないと問いつめる女性に対して男性は……。

はたして男性は女性の愛を取り戻すことはできるのか? それとも……。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

お手本にすべきバイラルコンテンツの具体例3つ

Moz(旧SEOmoz) 2007/07/30 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

バイラル型の評判伝播は非常に強力で、検索マーケティング的にも大きな魅力だ。しかし、これを上手く活用できない人も多い。優れた具体例を眺めつつ、取り入れるべきことを学び取ろう。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

効果的なネット広告とは

Moz(旧SEOmoz) 2007/07/24 9:42

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

ウェブ検索の世界にいると、インターネット上の広告なんてうんざりで、広告を買うなんて考えるだけで嫌だと感じることが多い。また、ウェブ起業家や検索マーケティング担当者からも、バナー広告、オーバーレイ広告、ポップアップ広告など、従来のウェブ広告は役に立たないという話をしょっちゅう耳にする。

でも、ウェブ広告にも効果的なやり方というのはあって、今回はその具体例を披露しようと思う。

僕の個人的なお気に入りなのだけど、有料広告として効果的なだけでなく、コンテンツ提供者がお金を稼ぐ方法としても優れている。この両方が成り立つことはなかなかない。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」ネットビジネスの新大陸』

山川 健 2007/07/23 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」ネットビジネスの新大陸』

ネット上に出現した未知の可能性を秘めた新しい経済圏
日本の伝道師が語る新大陸のビジネスチャンスとは何か

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

検索エンジン最適化より価値があるかもしれないランディングページ最適化

Moz(旧SEOmoz) 2007/07/18 9:00 (29)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

SEOmozのサイトでは有料コンテンツとしてプレミアムメンバーの仕組みがある。この登録に関するコンバージョン率は0.14%と、かなり痛々しい数字。この集計値から考えれば、コンバージョン率がわずかでも増えれば、検索ランキングの大幅上昇よりも遥かに大きい効果をもたらすのは明らかだ。SEOmozが獲得しているGoogleからのトラフィックが、今よりも1日あたり1万件増えても、現状のコンバージョン率が0.5ポイント増えることがもたらす価値には及びもつかないだろうね。

そしてこの点が、今回の記事の目的なんだ。一般に、SEOによるアルゴリズム検索エンジン最適化とインターネットマーケティング実施の目的は、コンバージョンに至る可能性の高い訪問者を惹き付けることだ。でも、そのコンバージョンに至るプロセスは、この業界トップの者ですら見過ごしがちだ。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2007/07/18 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の参十壱 「8月は捨てた。夏休みの宿題で覚える仕掛けのコツ」

公立の小中学校の多くが今週末から夏休みに入り宿題に追われる日々がスタートします。夏休み前に「ミッションクリア」してしまったり、前倒しで終わらせてしまう友人を横目に、私は一週間後にはドリルを開かなくなり、最期の週になってから流れた時間を怨みながら学習机の付属品となる子供でした。そして、悪知恵だけは発達するもので、高校生ともなると「いかに提出せずに逃げ切るか」がミッションとなっておりました。ところが人生はバランスがとれているもので、今は毎年「夏休みの宿題」をしています。子供達にとっての楽しみな夏休みですが、俗に「ニッパチ」といわれる2月と8月は売上げが落ち込みます。しかし、この8月を上手に使うことで、9月へと繋げレベルアップを図ることができます。

今木 智隆(株式会社ビービット) 2007/07/05 9:00

ユーザー視点のウェブデザインガイド 
第5回 ニーズを捉えた中間媒体での情報提供で、流入アップ!
~Social Media Optimization(SMO)における出稿のコツ~

SEOやLPOといったさまざまな「最適化」(Optimization)に関するトピックスを、最近ますます目にするようになった。そのなかでも、ユーザーを引き込むための考えとして急速に重要度を増しているのが、情報の露出を適切にコントロールし、CGM系サイトでの認知度や評判を高め、サイトへのアクセスや評価を向上させる手法である「SMO」だ。ブログのトラックバックの活用などもこれに含まれる。日本でも大手のニュースサイトがこぞって、はてなブックマーク機能やRSS配信機能を設置するなど、検索エンジン以外の外部サイトからの流入が増える傾向にある。

SMOは、いわゆるCGM系サイトに的を絞った概念だが、合わせてチェックしなければならないのが「比較サイト」「専門ニュースサイト」などの「中間媒体」だ。中間媒体は、第三者的(公平な)メディアとしてトラフィックも多く、大きなアクセスアップを見込める媒体である。

橋本 大也 2007/07/05 8:00

毎回、視点を変えてアクセス向上を考えるコラム、今回のキーワードは「独特なアクセス解析サービスを3種類+1」

サイト運営にやる気の出るアクセス解析こそ、最高のアクセス向上術!

鶴田 淳(アイメディアドライブ) 2007/07/03 8:00 (22)

企画書を光らせる 珠玉のキーワード
行動ターゲティング広告

ユーザーの行動履歴は興味・関心の反映だと推測できる。行動ターゲティング広告はその履歴をもとにユーザーに適した広告を効果的に配信するための仕組みで、従来の広告と比較して高い広告効果が得られると期待されている。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2007/06/27 12:00 (342)

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の弐十八 「「ポイントは絶対儲かる金の卵。囲い込みだけじゃない大人の事情」」

今週末には公務員の夏のボーナスも出揃い、ボーナス商戦も佳境へと向かいます。そのボーナスですが、2か月や3か月分と貰える日本のボーナスは異質で、海外では「成果報酬」以外はあまり多くないといいます。これは日本の賞与水準が高いのではなく「給料の後払い」的な性格だからです。家電量販店、携帯電話、航空会社のマイレージ、ネット通販でも楽天市場などのショッピングモールに、アマゾンでもポイント制を導入しました。「ポイント」は日本型賞与と同じく「後払い」で、だからこそのメリットは実に多くあります。今回はこの「ポイント」のあまり語られない本当のメリットについてです。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『モバイルSEM ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法』

神野恵美(Web担 編集部) 2007/06/25 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『モバイルSEM ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法』

モバイルインターネットとPCインターネットの違いは何か?
確実に収益を得るためのモバイルビジネス戦略を考える

吉村 正春 2007/06/18 9:00

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
株式会社ファンサイドAG

ファンサイドAGは、SEOを中心としたSEMサービスを提供するファンサイドと、ウェブや紙の制作、デザイン・編集を行うエイ・アンド・ジーが2006年4月に合併して誕生した会社だ。SEOを中心とするウェブマーケティングと、ウェブと紙の両方をこなす制作業務、両輪でクライアントのビジネスを支援している。広告代理店と制作会社、どちらとも違う立場からウェブマーケティングのコンサルティングを行う同社ではどのような事業を展開しているのだろうか。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ネット時代 10年後、新聞とテレビはこうなる』

山川 健 2007/06/14 10:42

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ネット時代 10年後、新聞とテレビはこうなる』

201X年に本当の意味でネットとメディアが融合
既存メディアはeプラットフォームに一本化される

Web担編集部 2007/06/12 8:00 (42)

[特集]アクセス向上99のワザ
PVアップ! ユーザー数アップ! 集客力向上! 「なにすりゃいいの?」大特集

常にはてなブックマークで人気エントリー入りしているニュースサイト「GIGAZINE(ギガジン)」。月間1948万PV/729万ユーザーを集めた秘訣は? GIGAZINEを運営する株式会社OSA代表取締役の山崎恵人氏に聞いた。

Web担編集部 2007/06/11 8:00 (40)

[特集]アクセス向上99のワザ
PVアップ! ユーザー数アップ! 集客力向上! 「なにすりゃいいの?」大特集

アクセス向上の入り口「新規ユーザーを増やす」ワザを理解したら、次は「一度来てくれたユーザーにまた来てもらう」ワザだ。多くの新しいユーザーを獲得できたとしても、そのほとんどが「通りすがり」になってしまうと、常に同じだけの新規ユーザーを獲得し続けても永遠にユーザーが増えないことになってしまう。一度来てくれたユーザーに再訪問してもらい、リピーターとなってもらうにはどうすればいいのだろうか?

Web担編集部 2007/06/08 8:00 (43)

[特集]アクセス向上99のワザ
PVアップ! ユーザー数アップ! 集客力向上! 「なにすりゃいいの?」大特集

「マーケ予算はチープ革命で増やす」
「まず行動してから効果をみる」

コンテンツサイトであれ、サービスサイトであれ、まずは人に知ってもらわなければ何も始まらない。数十サービスに携わった立ち上げの達人である伊藤将雄氏にその極意を聞いた。

Web担編集部 2007/06/06 8:00 (37)

[特集]アクセス向上99のワザ
PVアップ! ユーザー数アップ! 集客力向上! 「なにすりゃいいの?」大特集

お金を使って広告を出すのは、企業サイトの特権だ。本気でアクセス向上を目指すならば、広告出稿は外せない。基本的な広告の考え方から、ネットに強い代理店の選び方、広告業界の専門用語の理解まで、アクセス向上のための広告の基本を一気に紹介する。

河野 武 2007/06/05 8:00 (48)

Products Showcase:ライバル会社に差をつけるネットビジネス必携プロダクト
ブロガープロモーションサービス利用ガイド
正しい使い方は? 選び方は?

今回は、ブログ記事として自社製品を広告してもらうための「ブロガープロモーションサービス」だ。

このコーナーでは、ネットビジネスを強力に支援する製品やサービスについて、それを支える技術や市場動向を説明し、さらに各社から提供されている製品を紹介する。競合ひしめく市場で、他社に差を付けるための武器として、ぜひ導入を検討してみてほしい。

橋本 大也 2007/06/04 8:31

毎回、視点を変えてアクセス向上を考えるコラム、今回のキーワードは「Twitter」

アウェアネスコミュニケーションの時代、CGMを誘発する”ゆるい”つながりを考える。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

スポーツだから聞いてみたいみんなの意見

長谷川 恭久 2007/05/28 8:00

CGM海原と共に

ESPNは米国で最も人気のあるスポーツ専門のTVチャンネル。ウェブサイトにも同様に、多くのユーザーがアクセスしています。そのESPNが、なんと個人のブログサイト「True Hoop」を買収したのです。人気ブロガーを取り込んだその意図は? そして、どのようにしてブロガーとメディアのバランスをとったのでしょうか。

金澤 一央(ネットイヤーグルー... 2007/05/24 8:00 (56)

仮説! 検証! 実例でわかるマーケ実践術

ある情報産業大手が、見込み客獲得のためにテレビCMとネットの連動型キャンペーンを展開した。LPOによってコンバージョン率の最適化していったのだが、いかにLPO施策がプランされたのだろうか、そして、仮説と検証によってどのようにキャンペーンの効果が生み出されていったのだろうか。実例を元に検証してみよう。

安田英久(Web担 編集長) 2007/05/23 11:43

英国IMWグループのテクノロジーワークス社は、すでに設立して準備を進めていた日本法人の活動を2007年4月から本格的に開始した。同社は、「ビッドバディ(BidBuddy)」というキーワード広告の入札管理を自動化して費用対効果によって最適化するツールを、日本でもASPとして広告代理店向けに提供していく。2001年から提供されているビッドバディは、世界で最も早い時期から提供されていたSEM管理ツールであり、すでに全世界で利用されている。4月19日に六本木で開催された同社のカンファレンスと単独インタビューにより得られた「パナマ後の日本のSEMが進むべき道」をお伝えする。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

ポッドキャスト+クチコミで狙ったヒットチャート

長谷川 恭久 2007/05/18 8:00

CGM海原と共に

ポッドキャストが注目を浴びてすでに3年ほど経とうとしています。ブログほど爆発的な広がりをみせているわけではありませんが、日本でもいくつか関連サービスが立ち上がっていますし、ウェブキャンペーンを行うための1つのツールとして利用されているケースもみかけます。声だから伝わる情報というものもありますし、聞きたいときにいつでも聞け、聞きたい部分も自分で決めれるというユーザー主体の形式もポッドキャストの魅力だと思います。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

YouTubeがプラットフォームになったとき

長谷川 恭久 2007/05/14 8:00

YouTube(ユーチューブ)は、2006年に最も影響力をもったサイトだといっても過言ではないでしょう。ただ、無法地帯のようなイメージのYouTubeを不快に感じていたコンテンツプロバイダも少なくなく、法的な処置がとられるという話も何度かありました。しかし、GoogleによるYouTube買収前後から、コンテンツプロバイダは一転してYouTubeという名のプラットフォームを使ってビデオを積極的に配信するようになりました。

[コラム]橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会 #003 ~Googleを 勝手に研究する

橋本 大也 2007/05/08 8:00

毎回、視点を変えてアクセス向上を考えるコラム、今回のキーワードは「Googleを 勝手に研究する」

ページランクは、話題や興味の対象としての人気には関係がないかも?

長峯新一郎(ドラゴンフィールド) 2007/05/02 8:00

あなたのサイトを成功に導くウェブサイト制作会社
第4回 株式会社コンセント

コンセント代表の長谷川 敦士氏は、情報の設計士:IAがウェブ業界で認知・理解される以前から活動を始め、現在も日本を代表するIAとして第一線で活躍を続けている。しかし、設立当初からIAを事業の重要な要素としながらも、それだけに特化した企業にはしなかったという。それでは、IAを中心に据えながらも、どのような理念を持って業務に取り組み、どのような成果を生み出して来たのか。代表取締役社長 長谷川敦士氏と取締役アートディレクターの堀田理佳氏に話を伺った。。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

Nikonが出したひとつの応え

長谷川 恭久 2007/05/01 8:00

CGM海原と共に

ある統計結果によれば、写真共有サイトのFlickrで使われているトップ10のデジタルカメラのほとんどが一眼レフです。特にCanon製とNikon製のカメラが人気であることに目をつけたNikonが、Flickrユーザーと興味深いコラボレーションキャンペーンを行いました。

金澤 一央(ネットイヤーグルー... 2007/04/26 8:00 (84)

仮説! 検証! 実例でわかるマーケ実践術

LPOという言葉はこの1年でかなり浸透したのではないだろうか。LPOは「ユーザーが何らかの意図で訪れる最初のページを、その意図に適した状態にすること」だといえる。ここで大切なのは「ユーザーの意図」であり、その肝は「ユーザーの意図をいかにして汲み取るか」という極めてマーケティング的な概念である。このために、ユーザーの行動仮説が重要な意味を帯びてくる。

荒木 稔 2007/04/24 8:00 (25)

企画書を光らせる 珠玉のキーワード
なぜうちのサイトはまだRSSフィードに対応していないんですか?

ネット業界で毎日のように登場する新語には、重要なトレンドを生み出すものや、単なるから騒ぎで消えていくものがある。ここでは、Web担当者ならぜひとも覚えておきたい注目のキーワードを紹介する。
今回は、「RSSフィード」。単なるブログの更新情報を配信する仕組みだと思ったら大間違いだ。世の中の進んだ人はすでにフィードを重要なチャンネルだと認識しているのだ。

[コラム]橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会 #002 ~サイトの信頼性を高めるには?

橋本 大也 2007/04/24 8:00

毎回、視点を変えてアクセス向上を考えるコラム今回のキーワードは「サイトの信頼性を高めるには?」

信頼を得るのは時間がかかるが、失うのは一瞬である。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

ユーザーが作り上げる取扱説明書

長谷川 恭久 2007/04/16 8:00

変化の早い家電の世界では、カスタマーサービスを柔軟な形で利用者に提供するだけでなく、より使いこなしたいと考えている人たちにも満足してもらえる説明書が必要になってきているのかもしれません。こうしたケアは通常メーカー側のみが行っていたわけですが、最近Motorolaで実験的な試みがされています。

Web担編集部 2007/04/10 8:02

フィードに関する話題ではよく出てくる単語「マイクロフォーマット」。それがどういうもで、どんな効能があるのかはわかりづらいが、少なくとも要チェック単語として知っておいたほうがよさそうだ。フィードリーダー「feedpath」や「Blogエディタ」で知られるフィードパスの後藤氏によると、フィード+マイクロフォーマットによるウェブのフィードデータベース化という流れが来ている。

[コラム]橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会

橋本大也の“帰ってきた”アクセス向上委員会 #001 ~Web 2.0

橋本 大也 2007/04/10 8:00

毎回、視点を変えてアクセス向上を考えるコラム、今回のキーワードは「Web 2.0」

現在のウェブのトレンドといえば、なんといってもWeb 2.0である。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『危ないミクシィ 大流行! SNSの闇』

山川 健 2007/04/09 7:58

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『危ないミクシィ 大流行! SNSの闇』

会員数800万を突破して拡大し続けるミクシィSNSの安全神話は
数々のトラブルによって崩壊

Web担編集部 2007/04/06 7:59

Future Now, Inc.
ジョン・クワルト-ヴァン・ティベイダー
講演レポート&インタビュー

お客志向のウェブマーケティング改善術

米国のコンサルティング会社Future Now,Inc.は、宝飾卸業者のコンバージョン率を0.86%から54.1%にまで向上させた実績で注目を集めている。その立役者となったのが、同社のカリスマコンサルタントであるジョン・ティベイダー氏だ。
そのティベイダー氏が2006年11月9日、デジタルフォレスト主催のイベント「第2回 WebマーケティングROI Day」において、「お客様志向のWebマーケティング品質改善」と題した講演を行った。驚異的なコンバージョン率の向上を実現したその秘訣とは何か、講演の内容とともに同氏への特別インタビューと併せてお届けする。

[コラム]長谷川恭久のCGM海原と共に

蛇が作った新しいプロモーションの形

長谷川 恭久 2007/04/05 8:00

CGM海原と共に

今までのプロモーションモデルといえば、クリエーターや広告主側が手法やコンセプトを決めて展開する一方通行型でした。ネットを利用するとしてもファンが主体となってプロモーションを動かしていくケースは大変少なかったわけですが、Snakes on a Planeの例に見るように、これからはファン(ユーザー)が中心になってプロモーションコンテンツを作っていく時代になっていくでしょう。

Web担編集部 2007/04/03 8:00 (38)

[フィードビジネス・サミット開催直前 特別対談]
フィードを“発信”させる新事業「modiphi」 小川浩の新たな挑戦

2006年末にフィードパス株式会社を退社し、その動向が注目されていた小川浩氏。休眠中と思われていたこれまでの3か月の間も小川氏は積極的な活動を行っており、新たにサンブリッジのEIR(Entrepreneur In Residence)という立場でフィードの新事業を立ち上げようとしている。日本ではまだ聞きなれないEIRとはどのような制度なのか、今後のフィードはどのように活用されていくのか、「Web担当者Forum」編集長の安田が聞いた。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Slurp
Yahoo!の検索エンジンであるYSTが使うクローラー。Yahoo Slurpと ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]