「マーケティング/広告」「書評」カテゴリの記事 -解説記事

内容カテゴリ「マーケティング/広告」、種別カテゴリ「書評」編集記事を表示しています(全28記事)。

記事を表示する条件を変更する

他の内容カテゴリを表示すべての内容カテゴリ (89)
SEO (4) | SEM (1) | アクセス解析 (2) | CMS (0) | ユーザビリティ/ペルソナ/IA (7) | サイト企画/制作/デザイン (10) | Web担当者/仕事 (41) | モバイル (5) | メールマーケ (1) | EC/ネットショップ (0) | 広報/ネットPR (3) | マーケティング/広告 (表示中) | 調査/リサーチ/統計 (6) | 法律/標準規格 (1) | レンサバ/システム (3) | その他 (3)

他の記事種別を表示すべての記事種別 (1085)
解説/ノウハウ (481) | 事例/インタビュー (163) | 調査データ (72) | コラム (184) | マンガ/小説 (70) | 書評 (表示中) | 便利ツール/サービス (11) | イベント/セミナー (135) | その他 (3) | ランキング/まとめ (0)

他のタイプの記事を表示
全タイプ (33) | 編集記事 (表示中) | ニュース記事 (0) | ユーザー投稿記事 (5)

「マーケティング/広告」「書評」カテゴリの記事 -解説記事

全 28 記事(記事公開日時の新しい順)

斉藤 彰男(Web担 編集部) 2009/11/04 8:00

これまでのウェブ解析方式を覆す斬新なアプローチの教科書
三位一体法は会社と顧客両方にWin-Winの成果をもたらす

初めて書店で見たときは、アクセス解析ツールを使いこなす“HACKS本”かと思ったがそうではない。本書は、Google Analyticsのエバンジェリストでもあるアビナッシュ・コーシックによるアクセス解析の教科書だ。構成に従って毎日1時間かけてレッスンを積み重ねれば、ウェブアナリストに必要な知識を身につけられる

斉藤 彰男(Web担 編集部) 2009/09/04 8:00

2015年に求められるのは、「質」と「絆」を重視した「ソーシャル消費」
消費のトレンド、新商品、サービスなどを描いた“未来予想図”

本書では近い将来の日本の消費動向を予測。具体的には2015年にターゲットを当てて、消費のトレンド、新商品、サービスなどについて“未来予想図”を描いている。

2015年前後に社会人となる若者世代を「ケータイ・ネイティブ」と呼び、ライフスタイルがこれまでの世代と大きく異なるなど、「若者観測」「シニア観測」「ファミリー観測」「情報社会観測」「コミュニティ観測」「観光力観測」「環境社会観測」という7つのパートに分けて消費を分析する。

森野 真理 2009/05/18 8:00

次世代営業マンに必須のスキル
グーグルとホームページでライバルに差をつける

1000社に及ぶ顧客企業との経験から考え抜かれた営業スキルが具体的、かつ明確なプロセスで示されている本書は、不況の時代だからこそ実現したい「最強の営業」へのヒントでいっぱいだ。

ホームページやキーワード広告を活用するWebマーケティングと、営業のヒューマンスキルを効率よく組み合わせる「グーグル営業」の提案。「そんなこともうやってるよ」という営業マンや、「ウチのホームページはよくできてるほうだと思うけど、それを営業がどう活用するの?」とピンとこないWeb担当者こそ、本書を手に取ってもらいたい。本書のキモは「グーグル営業」の「徹底的な徹底」にある。

森野 真理 2009/03/13 8:00

キャリアパスの有望株は「Webマーケコンサル」
新専門職のツボを丁寧に解き明かす

横文字業界には横文字の肩書きが飛び交っているのが通例とはいえ、最初に“ウェブマーケティングコンサルタント”と聞いたときには、早口言葉か何かの呪文かと思う人もいただろう。ひとつひとつの単語は、IT業界や広告業界、外資系の経営指南などから連想されるイメージがあるが、3つ並べられると何のことやらピンとこない。しかし本書によると、この新語こそ、今後間違いなく認知度が急上昇し「キャリアパスの有望株」になるという。

安田英久(Web担 編集長) 2009/02/17 13:00 (23)

今日は、「マーケティング」と「広報」の境目がなくなっているという話を。

「マーケティング」「マーコム」「宣伝」「広告」「広報」「PR」「販促」、それぞれの用語が何を指すのか、あなたは説明できますか? おそらく、人や会社によって微妙に違うことでしょう。それが最近、さらに区別が難しくなってきているのです。

安田英久(Web担 編集長) 2009/01/27 13:00

今日は、最近読んでおもしろかった本から『笑うマーケティング』を紹介します。

マーケティング関係の書籍は小難しい、数字やグラフや図説が入ったものが多いのですが、この本は、まったく違う方向で、さらっと読めます。

斉藤 彰男(Web担 編集部) 2009/01/21 8:00

Web 2.0は、消費者の購買行動を大きく変えた
企業はこの変化を、いかにして新たな企業発展の戦略にするか

2000年初頭のドットコムバブルの崩壊以降、インターネット、とくにウェブの利用形態が大きく変化した。ブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、Wikiといったソーシャルテクノロジーが広く普及し、ウェブ利用者の相互コミュニケーションが急速に拡大した。そのテクノロジーから見た分析はティム・オライリーが自社のウェブサイトに掲載した記事「What is Web 2.0」に解説されているが、本書では、これらのソーシャルテクノロジーが、消費者の購買行動をどのように変えたかを解説するとともに、企業がこの変化を、いかにして新たな企業発展の戦略にするかを解説している。

山川 健 2008/11/13 10:00

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊
『グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?』

専門家が素人に乗っ取られているのがネット社会と分析
質の高い伝統メディアや文化を崩壊させるWeb 2.0を批判

「Web 2.0」への痛烈な批判。Web 2.0によって質の高い伝統的なメディアは消滅し、芸術や文化も崩壊する。Web 2.0がもたらす社会への悪影響を止めなければならない――。本書の主旨を一言で書くとこうなる。私は、Web 2.0という概念に基づいた新しいビジネス手法が登場し、成功事例があることは当然知っている。だからといってWeb 2.0はウェブビジネスの特効薬ではないし、逆に副作用をもたらすのではないか、とおぼろげに思っていた。

森山 和道 2008/10/17 10:10

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『最新図解「進化するネット広告」のすべて』

“ネット広告事典”と呼べるほど多様な項目を収録
手元にあれば、とにかく便利な一冊

現状のネット広告では、これまでの消費者行動における「記憶」に変わって「検索」が重要な役割を果たしている。2007年のネット広告市場規模は媒体費4,591億円、広告制作費1,412億円、合わせて6,003億円(推計)。だがこれは米国の市場規模の1/4でしかなく、日本のネット広告市場規模はまだまだ広がり得る、と著者は語っている。本書は、広がりつつあるネット広告の現状をまとめた一冊だ。

山川 健 2008/07/23 13:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『そんなんじゃクチコミしないよ。 ネットだけでブームは作れない 新ネットマーケティング読本』

ブログによるクチコミマーケティングは幻想
ネットに過剰な期待は禁物、最適な方法は?

挑戦的なタイトル。本文最初の見出しは「ネットクチコミでバカ売れの“ウソ”」。そして「通常、ネットの一部で話題になっているだけでは世間的な影響はありません」「ネットのクチコミでバカ売れするなんて話はありません。ウソです」と次々に繰り出される刺激的な文。ネットマーケティングの新しい手法としてブログを活用したクチコミ効果を信じる層の夢を、のっけからことごとく打ち砕く。

山川 健 2008/05/20 10:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法』

広告で訴求する点は消費者の視点から見て決め
買わせたい相手ではなく買いたい消費者に売る

もはや、カネをかけてメディアに大量に広告を出せば売れる時代ではない。商品やサービスを直接消費者にアピールする広告の世界では、旧来の考え方は通用しなくなって来た。インターネットによって変化した消費者の心をつかまない限り、消費者は財布のひもを緩めない。ではネット時代の今、効果のある広告とは何か、どうすれば心をつかめるか、をクリエイティブディレクターである著者が具体的に論じたのが本書だ。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

ROIを意識したサイト管理――書評『Web Design for ROI』第3章

Moz(旧SEOmoz) 2008/05/12 9:00 (39)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

SEOmozのレベッカが超お気に入りの書籍『ROIのためのウェブデザイン』の中身を紹介していくシリーズの第2弾だ。今回のテーマは「ROIのためのサイトの企画・管理」。

企業ウェブサイトのそもそも論から始まって、どういったデータでサイトを「管理」するべきなのかについて、ざっくり紹介している。

山川 健 2008/04/18 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『その1人が30万人を動かす!――影響力を味方につけるインフルエンサー・マーケティング』

カリスマブロガーとマスメディア、専門家を組み合わせ
シナジーを狙うマーケティング手法が大きな効果を生む

ウェブマーケティングの世界では、このところ「ブロガー」や「クチコミ」がキーワードとしてもてはやされている。広告コストをかけることなく、商品・サービスの知名度を上げ売り上げ向上につなげる夢のような方法として、ブロガーを活用したクチコミの拡大が語られている。ウェブ2.0時代を象徴する従来にない手法であることはわかる。しかし私は、ブロガーやクチコミの効果を熱く訴える書籍やサイトの記事には、ひっかかりを感じていた。

そのひっかかりとは、新しい方法としてブロガー、クチコミを重視するあまり、新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアを軽視していることだった。

山川 健 2008/03/10 10:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ウェブを変える10の破壊的トレンド』

ウェブビジネスで生き残るために知っておきたい潮流
ユーザーや他の企業に依存する他人任せの姿勢が重要

たとえば昨年初め、「セカンドライフ」と言えば、引退後の第2の人生と考えるのが一般的だった。ところがわずか1年で、3Dの仮想空間として認知された。インターネットの世界には次々に新しいサービスや技術が登場し、その中からセカンドライフのようにブレイクするものが現れる。「大事なことは破壊的トレンドになり得る小さな変化を見逃さずに捉えることだ。日々伝えられるイノベーションに関する情報が、これまでのトレンドの延長線上にある動きを示すものなのか、これまでの延長線上から外れた新たなものなのかを判別する必要がある」と著者は強調する。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『大衆化するIT消費』

神野恵美(Web担 編集部) 2007/12/28 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊

『大衆化するIT消費』

IT化が日本人の消費スタイルで本当に変えたものとは?
1万人のアンケートをもとに分析した消費社会の“いま”

ブロードバンドの普及によって新たに大衆層に生まれた、ITを活用した消費スタイルを“IT消費”と名付け、野村総合研究所が1万人を対象に行ったアンケート調査の結果分析のレポートを書籍化した一冊。“ロングテール”をはじめとする10種類に分類・整理した消費スタイルの紹介にはじまり、IT消費が大衆化した理由や、マーケティングのアプローチ方法が指南される。

しかし、個人的に本書で興味深かったのは、むしろ“ITに左右されない”部分の日本人の消費スタイルに対する考察だ。本書では、日本人固有の消費価値観を“寄らば大樹”“流行追求”“こだわり消費”の3つに大別しており、これらすべてに共通しているのが、日本人の“周りを見る”意識の強さだと指摘している。

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

メディア進化社会

神野恵美(Web担 編集部) 2007/10/22 9:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『メディア進化社会』

過去3年でメディアを取り巻く環境はどのように変わったか?
ネット社会と現実社会の溝を、一消費者の立場で鋭く洞察

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ネットはテレビをどう呑みこむのか?』

森山 和道 2007/08/20 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ネットはテレビをどう呑みこむのか?』

「放送と通信の融合」が進んだら、何が変わるのだろうか?
来るべき時代をネット視点で見つつ、多くの問題を提起する

神野恵美(Web担 編集部) 2007/08/06 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『リッチコンテンツ・マーケティングの時代―動画、音声、Flashがネットマーケの常識を変える』

日米最新のネットマーケティング事例のレポートで考える
“大衆日本人”へのネットマーケティング方法とは何か?

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」ネットビジネスの新大陸』

山川 健 2007/07/23 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ウェブ仮想社会「セカンドライフ」ネットビジネスの新大陸』

ネット上に出現した未知の可能性を秘めた新しい経済圏
日本の伝道師が語る新大陸のビジネスチャンスとは何か

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『モバイルSEM ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法』

神野恵美(Web担 編集部) 2007/06/25 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『モバイルSEM ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法』

モバイルインターネットとPCインターネットの違いは何か?
確実に収益を得るためのモバイルビジネス戦略を考える

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ネット時代 10年後、新聞とテレビはこうなる』

山川 健 2007/06/14 10:42

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ネット時代 10年後、新聞とテレビはこうなる』

201X年に本当の意味でネットとメディアが融合
既存メディアはeプラットフォームに一本化される

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『危ないミクシィ 大流行! SNSの闇』

山川 健 2007/04/09 7:58

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『危ないミクシィ 大流行! SNSの闇』

会員数800万を突破して拡大し続けるミクシィSNSの安全神話は
数々のトラブルによって崩壊

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ロングテール』 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略

神野恵美(Web担 編集部) 2007/02/19 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』

“ロングテール”が経済に与える影響とは?
提唱者自らがビジネスの盲点を逆説的に解説

森山 和道 2007/02/05 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『アマゾンのロングテールは、二度笑う
「50年勝ち残る会社」をつくる8つの戦略』

沈みゆく企業が生き残るための戦略力とは
勝ち組企業の戦略論に学ぶ市場戦略

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ブログがジャーナリズムを変える』

山川 健 2006/12/14 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ブログがジャーナリズムを変える』

読者と記者の境界がないジャーナリズムが理想の形
市民記者型ニュースサイト成功の可能性には疑問

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0』

神野恵美(Web担 編集部) 2006/11/21 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0』

混沌としたメディア、広告、消費者の関係性を読み解き
Web2.0時代の広告のあり方を知るロードマップ的一冊

BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『ブログスフィア アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち』

山川 健 2006/11/17 8:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『ブログスフィア アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち』

ブログは企業広報、マーケティングの革命ツール
ビジネス・ブログ成功の秘訣を米国の事例に見る


BOOK REVIEW Web担当者なら読んでおきたいこの1冊

『アテンション! 経営とビジネスのあたらしい視点』

山川 健 2006/08/07 0:00

BOOK REVIEW ウェブ担当者なら読んでおきたいこの1冊
『アテンション! 経営とビジネスのあたらしい視点』

ネット社会の情報洪水の中、重要になる「アテンション」
この視点がなければこれからのビジネスは成功しない!?

このカテゴリの連載/特集コーナー

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]