「CMS」カテゴリの記事 -解説記事

2ページ目の記事を表示しています。

内容カテゴリ「CMS」すべての種別カテゴリ編集記事を表示しています(全195記事)。

「CMS」カテゴリの記事 -解説記事

鶴田 修朗 2011/10/19 8:00 (74)(46)(24)

クラウドとは何か? その答えに詰まった人はいないだろうか。流行語のように耳にする“クラウド”というキーワード。この記事では、話題のクラウドサービスについて5分で解説しよう。「システム向けの話だからWeb担当者の自分には関係ない」と思っているなら要注意。いまやCMSもクラウドという時代なのだ。

取材・文:仲里淳/撮影:株式会社Lab 2011/09/08 8:00 (118)(35)

大学サイトの運営に求められるものは、大学として提供すべき情報を多様な利用者に届けることだ。利用者に情報をわかりやすく提供でき、だれでも簡単に情報を公開できるシステムを求め、リニューアルとともにCMSを導入した法政大学に話を伺った。

仲里淳 2011/08/25 8:00 (79)(29)

1500万人以上の会員を抱える「TSUTAYA online」がCMSを初めて導入したのは、わずか3年前の2008年のことだ。膨大な数のコンテンツを有するTSUTAYA onlineでは、どのような視点でCMSを導入したのだろうか。

田口 和裕 2011/07/13 8:00 (34)(29)

スマートフォンやタブレットPCという次世代ツールが加わりますます複雑になっていくWeb運営。既存のリソースを活かし、コストをかけずにPC/モバイル/スマートフォンというマルチデバイス対応を行う効率的な方法を指南した、ミックスネットワークの講演をレポートする。

田口 和裕 2011/07/12 8:00

数種類のブラウザと携帯電話だけに対応しておけばよかった数年前と違い、インターネットコンテンツを閲覧できる環境が飛躍的に増え、ソーシャルメディアによりユーザーの声も可視化されている。このような時代におけるWebコンテンツ管理について、サイトコアの高沢冬樹氏が解説した。

野本 幹彦 2011/06/06 8:00 (79)(32)

みずほFGでは、グループ全体の基盤システム見直しにあわせ、2009年にCMS導入を検討、2011年1月にはグループ全社でCMS導入を完了している。信頼性の確保、ガバナンスの強化、スピードの向上、コスト削減を課題とする、同社のCMS導入について伺った。

仲里淳 2011/05/09 9:00 (66)(71)

3000万人のユーザーを抱えるKDDIのポータルサイト「au one」では、内製化を進めるためにCMSの乗り換えを検討した。大規模ポータルサイトとして、安定したシステムも求められるなか、どのような視点でCMSの導入を検討したのか伺った。

野本 幹彦 2011/03/29 8:00 (32)

コンテンツ公開までのタイムラグ、業務フロー改善など、2005年頃からCMSの導入を検討していたというサッポロビール。その後エンタープライズCMS「Autonomy Interwoven TeamSite」を導入し、リニューアルとともに2010年7月から本稼働させている同社に、CMS導入の目的や経緯を聞いた。

Web担編集部 2011/02/09 9:00 (55)

サイト全体を管理するウェブマスターは、Webガバナンスやブランドイメージの観点からサイトのデザインやスタイルにルールを適用する仕組みにしたがるものだ。いっぽう、現場でコンテンツを登録するWeb担当者は、もっとユーザーにアピールできる自由なデザインを求める。この2者の、どちらの要望も満たして問題なく運営できるサイト管理システムはないものだろうか?

Web担編集部 2011/01/31 10:00 (301)(546)(747)

スマートフォン対応サイトの制作には、PCサイトや携帯サイトとは異なるノウハウがある。特に注意すべきなのが、タッチ操作という新しいインターフェイスを採用している点だ。今後さらに急成長するスマートフォンにいち早く対応するために、チェックしておくべきポイントを紹介する。

Web担編集部 2010/11/05 10:00 (40)(25)

オープンソースのブログツールをCMSに採用することで導入コストを抑えることができる。一方で、オープンソースならではの注意点もある。商用CMSと比較したときにどんなメリットとデメリットがあるのか、企業として導入する際のポイントを見てみよう。

Web担編集部 2010/09/29 10:00 (28)(27)

この記事では、ライセンスとデザイン費込み予算100万円で一般的な企業サイトを構築できる、ミックスネットワークが開発する国産CMS、「SITE PUBLIS 3 ベーシックライセンス」を紹介する。

Web担編集部 2010/05/17 10:00 (24)(23)

ブログツールとしてだけでなく、企業向けCMSとしても人気の「Movable Type」。導入実績も豊富だが、意外なところで失敗してしまうこともある。なかでも多いのが、システム面の問題だ。後になって慌てないために、注意すべきポイントはどこにあるのか。

日本ネット経済新聞 編集部 2010/04/23 7:00

メール配信システムなどのパイプドビッツ(本社東京)は4月26日から、中小のアパレル製造や卸企業向けに特化したECシステム「スパイラルEC」の提供を始める。中小アパレル企業のEC化の遅れに着目、ECを始める企業向けにシステム販売を進める。

安田英久(Web担 編集長) 2010/04/22 10:00
STSD株式会社の提供するコンテンツ管理システム「writeWired CMS Platform」は、企業サイトや会員制情報サイトを構築し、さらに見込み顧客とのやりとりをも管理するための、国産コンテンツ管理システム。Webデータベースを主軸に「データ」を扱う仕組みとなっているのが特徴だ。
安田英久(Web担 編集長) 2010/03/10 21:26

ストリーミング、動画配信を中心としたサーバーレンタルを業務とする 株式会社 ストレンは、3 月10 日より、携帯電話向け動画の自動変換配信サーバーレンタルサービス「ストレンモビ」にて、スマートフォン強化の一環として、アンドロイド携帯 HT-03Aに向けての動画配信に対応する。

安田英久(Web担 編集長) 2010/02/22 20:39

Webエクスペリエンスおよびブランド管理に向けたソリューションを共同で提供することを発表した。本ソリューションにより顧客企業は、魅力あるオンラインエクスペリエンスを創造し、ブランドの一貫性をより確実なものにすることができる。

諏訪 光洋(ロフトワーク) 2010/02/22 8:00

ブログソフトの老舗、シックス・アパート。昨年発売した「Movable Type 5」ではブログ機能に加えてCMS機能を大幅に強化している。個人向けブログサービスからスタートしたシックス・アパートが目指す先はどこにあるのか、代表取締役の関氏にCMS業界の今後とともに聞いた。

池田真也(Web担 編集部) 2010/02/02 10:00

業務評価システムのバランス・スコアカードを活用した指標(KPI)づくりを進めてきたCMS学会は、バランスコアカードで定義された4つの視点で、最も特徴的な視点にフォーカスした4社の評価事例とともに、CMS導入の効果指標を示す「バランス・スコア・カード」の利活用方法を示した。

滝澤 耕平(株式会社ロフトワーク) 2010/01/25 8:00 (26)(101)

教育関連事業大手の株式会社Z会は、2009年12月にオフィシャルサイトをリニューアル。Webサイトを全面刷新してCMSを導入した。発注側であるZ会の寺西氏と、受注側である制作会社ロフトワークの滝澤氏、2人のプロマネがリニューアルの経緯を語った。リニューアル時に作成したペルソナやKPIも公開。

Web担編集部 2009/12/15 16:00

Web担2009年の書店販売ムックは、「CMS入門号」。目玉は、小説「CMS導入奮闘記」と、マンガ「Web担当者 三ノ宮」を全編収録していること。どちらもWeb担当者Forumに掲載されたものですが、やはり紙に印刷されたもののほうが読みやすいものです。

編集長ブログ―安田英久

CMS製品を評価する28個のチェックリスト

安田英久(Web担 編集長) 2009/12/08 11:00

今日は、CMS(コンテンツ管理システム)を比較/評価する際に使える機能のチェックリストを紹介します。海外のウェブCMS/エンタープライスCMS専門サイト「CMS Watch」で評価に使っている項目です。

安田英久(Web担 編集長) 2009/12/03 9:00

Web担をご覧いただいている方は、ホームページ・ビルダーというと、個人が趣味のホームページを作るためのツールだと思う方が多いかと思いますが、なかなかどうして。新バージョンでSEO設定機能の追加なども含めてビジネス向けに大きく舵取りしたホームページ・ビルダー14を紹介します。

吉村 正春 2009/12/02 10:00

周知の通り、CMSはWebサイトの更新・運用負荷を軽減してくれるツールである。HTMLタグに馴染みのない人でも簡単にWebページを更新できる、というのが一般的な認識だろう。いわゆるWCM(Web Content Management)としての機能だ。

確かに、こうした更新ツールとしての役割も大きなメリットである。しかし現在、CMSは単なるWebサイトの更新・運用ツールの域を超えて、企業のWeb戦略を強力にサポートしてくれる存在として注目を集めている。

Web担編集部 2009/11/27 16:00

大手企業の事例インタビューから学ぶ、CMS導入メリットとは

「オークCMS」を導入する企業の直接ご担当者様よりお話いただいた具体的な導入メリットをお読みいただくことができます。

Web担編集部 2009/11/27 16:00

現場担当者の「使いやすさ」で選ばれる「vibit CMS」の 導入成功事例に学ぶケーススタディ

vibit CMS は、「使いやすさ」・「リーズナブルな導入コスト」・「簡単な運用」をコンセプトに開発されたCMSです。承認ワークフローや権限設定、公開予約、バックアップ&リストア等の実践的な機能も標準搭載。CSVによるページ生成機能で数万ページの大規模サイトの構築にも対応できるvibit CMSが実際に成果をもたらした導入事例を紹介します。

狐塚 淳 2009/11/27 16:00

コンテンツのメタデータレベルでの管理によって、モバイル対応で多くの実績を持つユビキタスエンターテインメント。ZEKE CMSは、今後のコンテンツのあり方を見据えたSNS連携、拡張現実感(AR)対応、スマートフォン対応などでもいち早く開発に取り組み、次世代コンテンツ管理ツールとしてさらなる強化を果たしている。

狐塚 淳 2009/11/27 16:00

携帯電話のインターネット利用者数が増大している今、多くの企業がモバイルサイトの構築に関心を示している。これからモバイルサイトの立ち上げを検討している企業にとっては、GENOVAとシックス・アパートが共同開発したMTベースのモバイル専用CMS「PLIMO」で構築することが効果的だ。

狐塚 淳 2009/11/27 16:00

ブログエンジンとしてばかりでなく、CMSツールとしても広く人気を集めるシックス・アパートのMovable Typeが、新バージョンMovable Type 5として登場。わかりやすさ、使いやすさを追求し、数々の新機能追加とともに、ライセンス形態も見直しを図り、より幅広いユーザーに利用しやすくなった。

狐塚 淳 2009/11/27 16:00

オークCMSは、サイトの構築から運用までの全体をサポートするコンテンツ管理システムだ。導入後もユーザーヒヤリングを行い、運用課題を解決していくことを特長としている。サイトの拡張性を見据えたマネジメント体制を確立するにあたり、機能追加、セキュリティ対応、メンテナンス対応までのトータルサービスを低コストで実現する。

狐塚 淳 2009/11/27 16:00

vibit CMSは、「使いやすさ」にフォーカスしたASPタイプのCMSだ。直感的に操作できるツリー型のインターフェイスなど、Webイメージに即した操作性は、担当者に特別な知識を要求せず、習得も簡単だ。vibit CMSを選択することで、現場の更新担当者にストレスを与えず、スムースなサイト運用を実現できる。

Web担編集部 2009/11/20 0:00

複雑なCMS、御社に本当に必要ですか?
「やさしい」CMSはいかがですか?

NTTデータビジネスブレインズのご提供するCMSは、ご担当者様が運営しやすいことを第一に考えた、必要な機能をシンプルにご提供する「やさしい」CMSです。

清水 誠 2009/11/18 10:00 (122)

「ホスティングとCMSを組み合わせたサービス」は、実は進化を続けていて、選択肢はいろいろある。今回は、いつものステップ式と形を変え、“番外編”とし、ホスティング機能と直感的CMSを組み合わせたサービスをまとめて紹介しよう。

安田英久(Web担 編集長) 2009/11/17 11:00 (95)

今日は、CMSとSEOの話題を。グーグルが検索結果の表示にある変更を加えたことで、今後、CMSでは、コンテンツのHTML出力にまた新しい仕組みを入れるのが、SEO向けの機能として重要になりそうなのです。

清水 誠 2009/11/17 10:00 (28)

CMSは多くの製品があり、自社にあった製品を選ぶのは難しいもの。数あるCMSから最適なものを選択し、メリットを最大限に活用するために必要な知識を、CMSの基本的な仕組みや機能を中心に解説していく。CMSではこんなことができて「うちの会社で解決したいことはCMSならできる」「Webサイト作成ツールと思っていたけど、こんな製品なんだ」と、理解できるようになれば幸いだ。

Web担編集部 2009/11/10 10:00 (25)

企業が積極的にWebサイトを利用するようになったことで、「社内で更新したいけどできる人がいない」「毎日の運営管理が大変」「サイト運営のルールがない」といった悩みが聞かれるようになってきた。こうした、問題を解決する手段となるのがCMS(コンテンツ管理システム)だ。実際にどんなことができるのかを見てみよう。

狐塚 淳 2009/10/28 9:00

WebRelease 2/株式会社フレームワークスソフトウェア

WebReleaseはコストパフォーマンスに優れた国産のパッケージCMSだ。2000年のver.1の発売以来、大手自動車メーカーや家電メーカー、放送、出版、金融、流通、官公庁など330社を超える導入実績がある。

発売元のフレームワークスソフトウェアの母体は日産のWebサイト開発チームで、当時からクリエイターとのコラボレーションが多かった関係から、ITとクリエイティブを分離し、クリエイターが技術を気にせずにクリエイティブに注力してサイトを制作できることをコンセプトに生まれた製品だ。

株式会社ロフトワーク 2009/10/27 10:00

小説でわかるCMS導入

ファミリー製薬のサイトリニューアルは無事成功した。プロジェクトメンバーは各々の仕事に戻り、吉祥寺は安堵のあまり脱力していた。だが、これで終わりではない。吉祥寺は、CMS導入による変化を感じながら、ウェブマネ課の新たなミッションを描き始めていた。

清水 誠 2009/10/22 10:00 (49)

画像ファイルをスマートに管理(検索・閲覧)できるツールを導入することで、クリエイターやコーダーが共通画像を簡単に扱えるようになるだけでなく、複数ユーザー間での意思疎通がスムーズになる。 今回は、Webサイトで使用する画像を簡単に整理・共有できるツールについて紹介する。

株式会社ロフトワーク 2009/10/21 10:00

小説でわかるCMS導入

大きなトラブルもなく、プロジェクトは順調に進んでいた。もう心配はないだろう、そう思った矢先、旗艦商品のブランドマネージャーから修正依頼が入る。また、神田も今回のプロジェクトではCMSに移行しない、旧サイトの処理を抱えていた。

柏木恵子 2009/10/20 8:00

エンタープライズCMS大手のインターウォーブンが、2009年3月に米オートノミーに買収された。オートノミーは情報検索などで独自の高度な技術を持つ企業で、米国では政府系機関などでも採用の多い、実績のあるテクノロジー企業である。その技術を統合し、インターウォーブンのCMS「TeamSite」がさらに強力になるという。プライベートカンファレンス、GearUp 2009のために来日したオートノミー社、オートノミー・インターウォーブン事業部門CEOのアンソニー・ベテンコート氏に、オートノミーの技術的な優位や、戦略である「Meaning Based Marketing(意味ベースマーケティング)」について伺った。

狐塚 淳 2009/10/19 12:00

数多く市場に投入されているモバイルCMS製品。今回は現在提供されている主な20製品について、サイト制作機能、顧客管理機能、製品サポートの有無などを一覧表形式で紹介する。Flash対応やSEO対策、アクセス解析機能などといった最新の動向も反映している。 モバイルウェブサイトをただ制作するだけでなく、効果的な運用を目指す上で必要な情報を用意しているので、ぜひ参考にしてほしい。

株式会社ロフトワーク 2009/10/15 10:00

小説でわかるCMS導入

サイトの仕様もほぼ決定し、プロジェクトは順調に進行していた。中野に誘われた居酒屋で一息つく吉祥寺。だが、ここにきて営業本部長からテコ入れの要望が入る。仕様がほぼ確定したこの段階でどう対応すべきか、プロジェクトチームが緊急招集される。

株式会社ロフトワーク 2009/10/08 10:00

小説でわかるCMS導入

ついにファミリー製薬のウェブサイトリニューアルプロジェクトがスタートした。ひと段落ついたと、心を休めようとする吉祥寺だったが、クライアント側の作業の多さに疲れをあらわにする。チーム内の温度差を感じた国分寺は、早急に手を打つ必要があることを、過去の経験から知っていた。

田中 雅人(フルスピード/ファンサイド) 2009/10/06 10:00 (40)

上司を説得できる企画書の作り方を解説するこのコーナー、今回はCMS(コンテンツ管理システム)導入の企画書の作り方を解説する。

今回はいつもと違って、基本的なCMS導入の企画書を示したうえで、さらに「プラスアルファ」を追加して、「CMS導入でSEO効果を上げる戦略的企画書」を紹介する。

株式会社ロフトワーク 2009/10/02 10:00

小説でわかるCMS導入

リニューアルに向けプロジェクトチームを結成した吉祥寺たちは、まずは導入するCMSを決めるべくミーティングを繰り返す。2つの候補まではスムーズにいったのだが、ここにきて吉祥寺と国分寺の意見が対立し、会議室は不穏な空気に満ちていた。

株式会社ロフトワーク 2009/09/18 10:00

小説でわかるCMS導入

吉祥寺は、リニューアルの目的を今一度整理し、RFPを作成して再度見積もりの依頼をかける。見積もりの内容を検討し、最終候補が絞り込まれる。ファミリー製薬の面々は、プレゼンから発注先を見極めようとする。

株式会社ロフトワーク 2009/09/14 10:00

小説でわかるCMS導入

社内調整の方向性が見えてきた吉祥寺は、社外のパートナー選びへ動き出す。また、代々木は旧友であり、現在のパートナー会社社長の大月と盃を交わし、理解を求めるのだった。一方、相見積もりを取ろうとする吉祥寺には新たな問題が発生していた。

株式会社ロフトワーク 2009/09/08 10:00

小説でわかるCMS導入

CMSに対する理解を深め、新たな道標を得た吉祥寺は社内各部署にリニューアルの理解を求めようとする。しかし、各部署がウェブの予算を持っていることもあって、一朝一夕にはいかないのであった。

株式会社ロフトワーク 2009/09/02 10:00

小説でわかるCMS導入

リニューアルの計画に行き詰った吉祥寺は、上司の代々木とミーティングを行う。また、神田が帰り際につぶやいたCMSに興味をもった吉祥寺は、彼女を食事に誘い、リニューアルのヒントを得ようとする。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore