「イベント/セミナー」カテゴリの記事 -解説記事

5ページ目の記事を表示しています。

すべての内容カテゴリ、種別カテゴリ「イベント/セミナー」編集記事を表示しています(全522記事)。

「イベント/セミナー」カテゴリの記事 -解説記事

ページ

柏木恵子 2014/03/28 8:00 (28)(27)

ECサイトの解約を防止するにはどんな施策が効果的なのか、機械学習アルゴリズムが的確に判断してくれる――そんなことが実現できたら、Web担当者にとってどれだけありがたいことだろう。ソフトバンク・テクノロジーは、東京理科大学との産学連携プロジェクトを立ち上げ、実務上の課題をテクノロジーで解決する、“データサイエンスの実践”に取り組んだ。

Web担編集部 2014/03/27 8:00 (170)

ソフトバンク・テクノロジー株式会社では、2008年から毎年恒例で、自社のWebマーケティングソリューションのユーザーを対象としたユーザー会を開催してきた。2014年2月28日に六本木アカデミーヒルズで開催された今回は、対象を自社のイービジネスサービス事業部全体のユーザーに広げ、デジタルマーケティングの最新事例を凝縮してユーザーに届ける「イービジネスサービスユーザ会2014 ~NEXT×Digital Marketing~」として開催した。

柏木恵子 2014/03/27 8:00 (235)(50)(29)

広告配信を行う際に、広告事業者が言うデモグラフィックデータだけを頼りにしていないだろうか。どんなユーザーが自社サイトを訪問し、商品を購入しているのか、それが把握できればもっと効果的な広告配信が行えるはずだ。2013年夏、新日本製薬は、従来行っていたサイト内分析や広告分析に加えて、DMP(Data Management Platform)により内外のIDを統合し、より高度なデータ分析への取り組みを開始した。DMP導入により見えてきたさまざまな“気付き”と“課題”とは?

Web広告研究会 2014/03/04 8:00 (1113)(345)(105)

「ソーシャルメディアユーザー調査2013」の調査結果を報告したWeb広告研究会の2013年度第8回月例セミナー。第二部では、定性調査(グループインタビュー)に参加したメンバーがパネリストとして登壇し、ディスカッションが行われた。

青山祐輔 2014/02/26 9:00 (59)(42)

2013年10月、突如発表された「eコマース革命」によって、ヤフーは一躍EC業界の台風の目となった。ヤフーが今ショッピングモール事業に注力する理由は何か。楽天やAmazonといったライバルとの関係はどうなるのか。そして、ヤフーという日本最大のポータルサイトがどのようなショッピングモールを作り出すのだろうか。

Web広告研究会 2014/02/25 8:00 (381)(90)(22)

Web広告研究会が2013年11月26日に開催した第8回月例セミナーでは、毎年行われる「ソーシャルメディアユーザー調査2013」の結果報告が行われた。第一部では定量調査から注目のトピックを紹介し、第二部では定量調査の結果を踏まえて行われたグループインタビューから見えてきた利用者像について、インタビューに参加したパネリストたちが明かした。

LINEの利用率が25ポイント上昇、Facebookに次いで6割以上に

「ソーシャルメディアユーザー調査2013」は、ソーシャルメディアやスマートフォンの利用実態、それぞれのユーザー属性・特徴を把握し、Webマーケティング施策の検討材料とすることを目的としたインターネット調査だ。2010年から調査を開始し、2013年で4回目となる今回は、Twitter、mixi、Facebook、LINEの4メディアを中心に、Google+とLinkedInを加えた6メディアが調査対象となっている。

※調査概要の詳細は記事末尾を参照

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2013 Autumn

マルチデバイス、HTML5がとりまくWebサイト制作とCMSの現在/サイズ

柏木恵子 2014/02/21 9:00 (109)(51)

スマートフォンやタブレット端末の普及が広がり、インターネットに接続するデバイスが多様化している。企業のWebサイトはPCだけでなくさまざまスマートデバイスで閲覧されることを想定しなければならなくなった。そのためのベースとして、HTML5の現状とWebサイトのマルチデバイス対応についてサイズの糟谷博陸氏が紹介した。

青山祐輔 2014/02/19 9:00 (26)

消費者のリテラシー向上や買い物環境の変化によって、ECサイトでユーザーに買ってもらうためのハードルは上がっている。ECサイトでの販売であっても、そこには「接客」が必要となる。接客を成功させるために必要な要素は、「シナリオ」「個別アプローチ」「コンテンツ」の3つだ。

柏木恵子 2014/02/14 8:00 (86)(26)

英会話スクールのベルリッツ・ジャパンは、サイトリニューアルによってPCサイトのCVRを対前年比120%にまで改善し、スマートフォンでもCVRを2倍まで向上させた。「成功ポイントはユーザー行動の可視化にある」と語る、同社の井幡貴司氏が活用したのが、ユーザーローカルのアクセス解析ツール「ユーザーインサイト」のヒートマップ機能だ。仮説検証と改善までの具体的な内容が語られた。

青山祐輔 2014/02/10 9:00 (43)(36)

ECサイトが解決したい大きな2つの課題である「コンバージョン向上」「離脱率の改善」を一気に解決するには、「サイト内検索」を的確に利用することが大切だ。ECサイトに欠かすことのできない機能であり、優良な見込み客が使う機能である「サイト内検索」の活用法を、パブリックアイデンティティが解説した。

ネットショップ担当者フォーラム セミナーレポート

「顧客の見える化」がCRM戦略を変える/プラスアルファ・コンサルティング

青山祐輔 2014/02/07 9:00 (53)

多くのネットショップに共通した課題は、「新規顧客の獲得」と「既存顧客の育成」だ。前者はおもに広告が担い、後者はCRMが重要な手段となる。ところが、ネットショップは店舗に比べ、会員属性や購買履歴など多くのデータを得ることができるにもかかわらず、効率よく活用し科学的なCRMを実践できている企業は少ない。例えば、すべての会員に一律で同じ内容を送るようでは、当然のことながらメルマガの効果は激減する。

柏木恵子 2014/02/07 8:00 (23)(41)

ネット検索が日常化した現在、ユーザーのWebサイトに対する期待は高い。ユーザーはわずか数秒のうちに情報を判断するため、コンテンツの中身だけでなく、表示するまでの速度も重要だ。eコマース、銀行、自動車業界、新聞など多くの企業Webサイトを支える、アカマイプラットフォームによる高速化の事例が紹介された。

Web担編集部 2014/02/06 12:00 (99)

「データドリブンによるマーケティング戦略の変革と組織」&「データに基づく次世代パーソナライゼーション」など、次世代のデジタルマーケティング戦略の考え方をひも解くセッションが魅力のセミナーイベントを、Web担が2月27日(木)に開催します。

野本 幹彦 2014/02/05 8:00 (32)(63)

サイトのセキュリティリスクを低減させるためにも常時SSLを採用する企業サイトが増えてきている。しかし、常時SSLにはパフォーマンスやSEOに対しての不安を感じているWeb担当者がいるのも事実だ。日本ベリサインの山崎潤一氏は、常時SSLの必要性を示しながらこれらの疑問に答え、最新の暗号化アルゴリズムであるECCの紹介も行った。

ネットショップ担当者フォーラム セミナーレポート

アマゾンや楽天やヤフー頼みにならないための“本店”の意義/Eストアー

青山祐輔 2014/02/03 9:00 (280)(52)(29)

楽天というECにおける圧倒的なブランドを誇るモールに加えて、ネットの巨人であるヤフーまでもが「無料化」をひっさげてショッピングモールビジネスに参入してきた。しかし、それでも自前で構築するECサイト、いわば“本店”の価値は損なわれることはない。「独自のブランディング」、「顧客との良質な関係性」、「施策・分析が行いやすい」など本店のメリットは多岐にわたる。

柏木恵子 2014/01/31 8:00 (124)(24)

Webサイトのリニューアルでは現状の課題解決を優先しがちだが、「未来の経営課題やユーザー動向を見据えた中期戦略が必要」だとコネクティの服部氏は語る。また、リニューアルに時間をかけすぎては、急激に変化するデジタルの世界で時代遅れになりかねない。どうあるべきか、服部氏はリニューアルのトレンドを示した。

野本 幹彦 2014/01/29 10:00 (59)(33)

ビッグデータ活用と聞いて何を想像するだろうか。バズワード的に多用されることもあるビッグデータだが、企業内での活用はなかなか進んでいない。ソフトバンク・テクノロジーの橋本翔氏は、ビッグデータ活用の課題や問題点を指摘し、ビッグデータの1つでもあるアクセス解析データを使った活用方法を解説した。

ネットショップ担当者フォーラム セミナーレポート

オムニチャネルコマース実現までの3ステップ/富士通システムズ・ウエスト

青山祐輔 2014/01/28 9:00 (22)(25)

スマホやタブレットなどの多様なデバイスの普及によって、消費者が小売店舗だけでなくネットやモバイルサイトなど複数チャネルを使い分けるのは当たり前の時代となった。チャネル横断型のコマースにどう取り組むかどうかで事業者の今後の成長が決まるといっても過言ではない。オムニチャネル化やO2Oを実現するためのシステム構築に必要なキーワードは「ECソリューション」「ソーシャルメディア分析」「ビッグデータ活用」だ。

野本 幹彦 2014/01/24 8:00 (87)(34)

訪問単位ではなく、人の行動ベースの「個の行動分析」が話題になっているが、実際にはどのように分析し、そのデータを基にどのような施策を立てればよいのだろうか。メディックスの於保真一朗氏は、Google AnalyticsやAdobe Analyticsなどのツールが進歩することで、個の行動分析が行いやすくなっていることを示し、事例とともにデータをアクションへつなげていく方法を解説した。

柏木恵子 2014/01/22 9:00 (46)(22)

優れた顧客体験を提供することで、売上や顧客保持率などの業務能力を高めることができると語るのは、日本オラクルの渡邊紳二氏。近年、Webの世界でも注目が高まる「カスタマーエクスペリエンス」の向上と、それを実現するWebエクスペリエンス管理「Oracle WebCenter Sites」の導入事例が、「グローバル」「ソーシャル」のポイントとともに紹介された。

青山祐輔 2014/01/17 9:00 (41)(23)

同じ通販というくくりであってもテレビ通販とECはまったくの別物だ。ECサイトが集まる中で異色とも言える基調講演となったジュピターショップチャンネルは、年商1272億円を稼ぎ出すTV通販の強みと課題、そして自社の映像制作能力を活かした新たな“ライブ通販”の形を紹介した。

野本 幹彦 2014/01/17 8:00 (1605)(564)(465)

「最新グーグルSEO要因と順位の関係7つのポイント ~京都大学との共同研究によるデータ分析にみる」と題した講演には、サイバーエージェントの木村賢氏が登壇。京都大学と協力してさまざまな角度からGoogleのアルゴリズムを分析した結果が発表された。

ヤフー株式会社 2014/01/16 8:00 (37)(34)

DSP/RTB、スマートデバイスやアプリ対応、増え続けるタグなど……新しいテクノロジーへの対応は、いつもウェブ担当者にとって悩みの種の1つだ。ヤフーは、マーケターがマーケティング活動にフォーカスできる環境を作り、デジタルマーケティングを加速させることに取り組んでいる。

野本 幹彦 2014/01/15 9:00 (314)(54)(22)

Web担当者が企業の業績に貢献するためのマインドセットとはどのようなものか。入社当時、マーケティング担当者として会社でくすぶっていたという、KDDIウェブコミュニケーションズ 取締役副社長の高畑哲平氏が、どのように会社に貢献してきたか経験を語った。

ネットショップ担当者フォーラム セミナーレポート

ニーズに"応える”ではなくニーズを“生みだす”ECへ進化する/LINE

青山祐輔 2014/01/14 9:00 (863)(191)(69)

今夏に発表された、LINEが「LINE MALL」でECに本格的に参入するというニュースは大きな反響を呼んだ。LINEは、全世界で3億人を突破したユーザーベースを背景に、“ニーズに応える”ではなく、“ニーズを生みだす”というイノベーションをECにもたらそうとしている。B2CとC2Cの両輪でECに取り組むLINEのチャレンジとは。

日本オラクル 2014/01/10 14:30 (26)

本セミナーでは、対応CMSツールの種類・業種・規模において国内有数の実績を誇る株式会社キノトロープによるCMSの選び方と導入のポイントをはじめ、代表的なCMS製品の特徴を解説します。

於保 真一朗 2014/01/10 10:00 (52)(32)

「CIOとCMO、マーケティング技術に責任を持つべきなのは誰か?」「次世代のCMOとは?」そんなトピックをテーマに、いまのデジタルマーケティング環境における企業担当者が進むべき方法について論じる。

柏木恵子 2014/01/10 8:00 (502)(84)

気づかないところで自社の広告が法律や公序良俗に反したサイトに掲載されていたとしたら……。大和ハウス工業の大島 茂氏は、コンバージョン率やCPAを良くすることだけにフォーカスすると、重大なブランド毀損の可能性があると指摘する。

柏木恵子 2014/01/08 9:00 (1567)(371)(232)

昨今話題になりつつある「インバウンドマーケティング」とは何か、日本におけるインバウンドマーケティングの伝道師とも言われるマーケティングエンジン 代表取締役社長CEO/共同創業者の高広伯彦氏が解説した。「狩猟型と農耕型のマーケッター、どちらの生き方を選びますか?」と高広氏は語りかける。

青山祐輔 2014/01/07 9:00 (337)(58)(52)

O2O、オムニチャネル、Facebookコマース、SNS連携、オウンドマーケティング、レコメンドシステム……ECサイト向けの売上向上施策は多岐にわたるが、すべてを採用することは工数的にもコスト的にも困難だ。それよりもまず取り組むべきことは基本施策の積み重ねだ。

ネットショップ担当者フォーラム セミナーレポート

ECサイトの回遊と再訪アップに効く!Q&Aサイトの隠れた効果/オウケイウェイヴ

青山祐輔 2013/12/24 9:00 (58)(26)

グーグルで単語を検索したらQ&Aサイトが引っ掛かった、そんな経験のある読者は多いのではないだろうか。Q&Aコンテンツは自サイトに関係ないと思っているネットショップ担当者は一度その効果を検討しなおすべきである。Q&Aコンテンツの導入は、SEOをはじめ、サイトの活性化や効率化、ユーザー分析にまで役立てることができるのだ。

ヤフー株式会社 2013/12/24 8:00 (54)(32)

「いいね!」だけで終わらない、本質的なエンゲージメントは、いかに生み出されるのか。エンゲージメントを生むコンテンツ作りの思想、コツ、クリエイティブな思考・発想を、ADK・ゆめみ・博報堂ケトル・JJM・ヤフーの5社が語った。

ヤフー株式会社 2013/12/20 8:00 (115)(31)

「サーチ is DEAD !? これからのサーチの在り方、活用方法とは?」――インターネットにおける検索とユーザーの関係がどう変わって来ているか、そしてそれらに対して広告主はどう対応すべきなのか。

青山祐輔 2013/12/19 9:00 (189)(44)

勝ち組と呼ばれるECサイトには共通した成功哲学がある。それが「注文率の重視」と「ユーザーファースト」だ。多くのECサイトは、アクセス数稼ぎにやっきになり、「ユーザーファースト」ではなく「ターゲットファースト」に陥っているが、それで売り上げを伸ばすのは困難だ。

ヤフー株式会社 2013/12/18 8:00 (21)
ad:tech tokyo 2013 Day1に開催された公式セッション「インタラクティブ広告~デジタルコンテンツ時代に響く広告とは~」では、ヤフーの友澤をモデレーターに、サントリービジネスエキスパートの坂田氏、バスキュールの朴氏、ブルーカレントの本田氏をスピーカーとしてセッションが行われた。
野本 幹彦 2013/12/17 9:00 (45)(23)

第5部では、第1部から第4部までの講演を行った諏訪氏、生田氏、吉川氏、神野氏をパネリストとし、ロフトワーク取締役兼CMOの矢橋友宏氏がモデレーターとなって「今、そしてこれからのWebサイトに必要な戦略とシステムとは」と題されたパネルディスカッションが行われた。

青山祐輔 2013/12/16 9:00 (130)(47)

健康関連商品・医薬品のネット販売におけるパイオニアのケンコーコム。手探りでEコマースを切り拓いてきたケンコーコムの成長軌跡と、突如立ちはだかった医薬品のネット販売規制問題への対応、そして海外展開と楽天との資本提携の成果について、後藤玄利代表取締役が語った。

野本 幹彦 2013/12/12 9:00 (24)(23)

Webサイトにもおもてなしが非常に重要だが、おもてなしできているWebサイトは少ない、おもてなしを実現するにはCXMが必要だ。Webサイトに必要な4つのポイントをCMS導入で解決する。

野本 幹彦 2013/12/10 9:00

デバイスが多様化するなか、同じ属性の1人の人間がPCやタブレット、スマートフォンをシチュエーションによって使い分けてWebにアクセスしている。企業は同じ属性の人が置かれたシーンによって使い分けるデバイスにいかに最適化したコンテンツを届けるかが重要になる。

野本 幹彦 2013/12/06 9:00 (59)

Webサイトは問題解決ツールでユーザーは目的を持ってやってくる。Webサイト構築の最新テクニックとCMSの今後について語られる「CMS DAYS TOKYO 2013」。生田昌弘氏(キノトロープ)が「マルチデバイス対応! Webサイト構築成功の法則」について講演

野本 幹彦 2013/12/04 9:00 (72)(24)

Webサイトを構築するには、CMSを小さく導入し、大きく育てていくことが重要となってきている。Webサイト構築の最新テクニックとCMSの今後について語られる「CMS DAYS TOKYO 2013」。諏訪光洋氏(ロフトワーク)が「小さくつくり大きく育てる"Lean Web Development"」について講演

Web広告研究会 2013/12/03 8:00 (55)(31)

企業ユーザーのWeb閲覧環境を調査した「第5回 企業内Web閲覧環境調査」の結果を受けて、Web広告研究会の企業広報委員会のメンバーによるパネルディスカッションが行われた。自身の企業は実際にどのような閲覧環境で、どんな対応を行っているかが話し合われた。

池田真也(Web担 編集部) 2013/11/27 23:30 (26)

アワードは昨年度からスマートデバイスに特化した作品を対象としており、本年度は一次審査を通過した最終ノミネート49作品から、18作品の受賞が決定した。

Web広告研究会 2013/11/26 8:00 (67)(81)

新たなメディアやデバイスが登場するなかで、企業内のWeb閲覧環境はどのように変化しているのか。Web広告研究会の第6回月例セミナーでは、2年ごとに行う「企業内Web閲覧環境調査」の結果が発表された。最新の調査では、Windows XPのサポート終了が大きく影響しているようだ。

四谷志穂(Web担編集部) 2013/11/19 9:00 (346)(38)(21)

テクノロジーの進歩により、ユーザーの行動も変化しており、ユーザーに対してどんな「価値」を提供できるかが重要になってきている。価値を提供するには、ユーザーのニーズに応じたビジネス展開していくことが求められている。

Web広告研究会 2013/10/23 9:00 (56)(21)

Web広告研究会の7月月例セミナー第三部では、サントリーホールディングスの若林純氏をモデレータに、モバーシャルの山下悟郎氏、Z会の伊豆蔵善史氏、日本インタラクティブ・マーケティングの真野英明氏をパネラーとして迎え、各社の動画広告の活用法などをテーマにディスカッションが行われた。

Web担編集部 2013/10/15 17:00 (410)(33)

「最新グーグルSEO」「CPAよりも大切なこと」「インバウンドマーケティング」「企業Web担当者が持つべきマインドセット」という注目の基調講演など合計14セッションをお届けするセミナーイベントを、11月13日+14日の2日間、東京は京橋で開催します。

Web広告研究会 2013/09/25 9:00 (27)

ad:tech San Franciscoの参加レポートが発表された、日本アドバタイザーズ協会(JAA)とWeb広告研究会(WAB)共催セミナー。前半では、最新のデジタルマーケティングの潮流を報告。後半の第三部では、シリコンバレーのテクノロジー企業を巡る訪問ツアーの報告が行われ、アドビ、Facebook、Googleほか多数の企業訪問によって、シリコンバレーでイノベーションがどのように生まれているのかが語られた。

Web広告研究会 2013/09/18 9:00 (53)(28)

「~世界の最新マーケティング潮流を知る~ ad:tech San Francisco 報告会」と題した、日本アドバタイザーズ協会(JAA)とWeb広告研究会(WAB)の共催セミナーが6月26日に開催された。ad:tech San Franciscoの報告とともに、広告配信テクノロジーやデジタルマーケティングの最新の潮流が共有された。

ディーエムジー・イベンツ・ジャパン 2013/09/11 9:00 (99)(21)

いよいよ来週、9/18~9/19の開催が迫った「アドテック東京2013」。今や国内外のマーケター、ソリューション・プロバイダー、メディア、広告会社にとって、アジアパシフィック地域で最も重要なイベントとなっている。国内でこれだけのマーケティング情報を一気に集めることができるのは唯一アドテック東京だけだ。これからアドテックに参加しようという方のために、内容をおさらいしておこう。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ドメインオーソリティ
ドメインオーソリティ(DA)は、そのWebサイトが検索エンジンでの順位においてど ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore