「調査データ」カテゴリの記事 -解説記事

6ページ目の記事を表示しています。

すべての内容カテゴリ、種別カテゴリ「調査データ」編集記事を表示しています(全260記事)。

「調査データ」カテゴリの記事 -解説記事

ページ

Web担編集部 2007/08/29 8:00 (54)

CGMを利用した情報収集・発信活動が拡大
ウェブサイトの信用性が問われる時代に

CGMがWeb 2.0時代の代表的メディアとなって久しいが、その登場とともにインターネットの情報発信・収集のありかたは大きく変化してきた。企業サイトやマスメディアが発信する情報に加え、CGMというメディアが一般化したことで、ユーザーのインターネット上の情報に対する姿勢も変化しつつある。

ウェブサイトの信用性が問われる時代に突入しているのだ。そこで、2007年6月に発行された『インターネット白書2007』の最新調査から、個人利用者がどのようにインターネットを活用しているのか、その動向を探ってみたい。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SESカンファレンスの新たな方向性/新代表Kevin Ryanインタビュー

Moz(旧SEOmoz) 2007/08/09 10:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

SES、それは検索エンジン/検索マーケティング業界の代表的なイベントだ。年間数回にわたり、全世界で大規模なイベントとして開催されており、常に検索業界の注目を集めている。

長らくSESを率いていたダニー・サリバン氏の後任として、新たにSESカンファレンスを率いるケビン・リヤン氏に直撃インタビューをしてみた。今後の方向性について、明らかにしてもらおう。そう、今後の検索マーケティング業界の動きのヒントとなるインタビューだ。

Web担編集部 2007/07/06 8:00

レンタルサーバー業界の最新動向でつかむ
サービス選択のポイントと最新トレンド

レンタルサーバー事業者が提供するサービスは、今や国内だけで1500件以上にも上り、毎年のように各社が新しいサービスプランをリリースしている。

企業がビジネス利用を考える際、単純な価格や容量だけではなく、さまざまなサービスを比較検討する必要があるが、数ある中から最適なサービスを選択をするのは難しいものだ。本記事では、2007年1月に発行された『レンタルサーバー事業者調査報告書2007』の調査内容の一部を紹介するので、今後の利用を考える際の指標に役立ててもらいたい。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

“ケータイ2.0”サービスが台頭するケータイコンテンツビジネスに迫る

インターネットメディア総合研究所 2007/05/25 11:58 (119)

『CGM市場動向分析2006』ハイライト

2006年は4月にワンセグ放送、10月に番号ポータビリティ(MNP)が開始されるなど、制度上でも市場再編につながる動きがあり、ケータイ業界にとって大きな転機の年となった。こうしたなか、ケータイコンテンツにおいては、通信速度の高速化、端末機能の向上、着うたフルやデコメールに代表されるリッチコンテンツの普及、検索エンジンの搭載など、従来、通信事業者による囲い込みからオープン化へとビジネスモデルが大きく変わろうとしている。

Web担編集部 2007/04/19 7:59 (27)

実稼動中のブラウザフォン約490機種を調査
フルブラウザ対応とアプリの大容量化が加速
『ケータイ端末プロファイル分析調査報告書2006秋版』ハイライト

インターネット生活研究所が発行した『ケータイ端末プロファイル分析調査報告書2006秋版』では、実稼動中のインターネットにアクセス可能なブラウザフォン約490機種の現状の分析を行っている。本記事は、その内容から、キャリア別のフルブラウザ搭載データや、Cookie、SSL対応状況などの端末機能アクセスシェアを抜粋したものである。ユーザーの閲覧環境を知ることで、今後のコンテンツ開発の参考にしてもらいたい。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

全国200校の大学サイトに学ぶユーザビリティ改善&向上のススメ

Web担編集部 2007/04/13 7:59 (41)

全国大学200校の大学サイトに学ぶユーザビリティ改善&向上のススメ
『全国大学サイト・ユーザビリティ調査2006/2007』ハイライト

日経BPコンサルティングは、全国の大学200校のウェブサイトにおけるユーザビリティ調査報告書『全国大学サイト・ユーザビリティ調査2006/2007』を発表した。調査は6カテゴリ全61項目にわたって行われ、各項目ごとに問題点がないか、詳細に評価がなされており、ウェブサイトのユーザビリティを考える上で非常に参考になる点が多い。本記事では、いくつかの調査内容について触れているので、ケーススタディとしてぜひ参考にしてもらいたい。

インターネット生活研究所 2006/12/22 8:00 (38)

『CGM市場動向分析2006』ハイライト

2005年以降、ブログやSNSを代表とするConsumer Generated Media(CGM:消費者発信型メディア)が拡大しつつある。これにともない、テレビやラジオなど従来のマスメディアとは別に、CGM市場が注目を集めている。
CGM利用動向の実体、その利用者はいかなるものか。2006年9月に発行された『CGM市場動向分析2006』の中から、個人のCGM利用者の実態と利用動向を探る。

Web担編集部 2006/10/12 8:59

ギョーカイ人の考えるWeb 2.0では、どうやらユーザーによって生成されるコンテンツやユーザー参加型のシステムが重要な要素であるとみなされていることがわかった。では、その大切なユーザーであるごく普通の人は、Web 2.0をどうとらえているのだろうか。

Web担編集部 2006/10/04 21:27

「猫も杓子もWeb 2.0」と騒いでいるネット業界だが、そこに確固とした共通認識があるのだろうか。そこで、ネット業界で活躍する人々を対象にWeb 2.0に関するアンケートを行った。結果は、想像以上にバラエティに富んだ回答が寄せられ、それぞれの“俺流Web 2.0”が大炸裂。あなたなりのWeb 2.0を考える参考にしてほしい。

Web担当者必見! リサーチ データ&市場調査レポート

『インターネット白書2006』ウェブ担当者にきいた企業ウェブサイトの実態

Web担編集部 2006/10/02 12:13 (29)

『インターネット白書2006』ハイライト
ウェブ担当者にきいた企業ウェブサイトの実態

企業がコントロールできる自社メディアとして、年々重要性が増している企業ウェブサイト。しかし、その実態は、企業の規模によって大きな差がある。2006年6月に発行された『インターネット白書2006』(財団法人インターネット協会監修、インプレスR&D発行)の企業利用動向調査から、企業ウェブサイトの運営実態を見てみよう。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]