企業ホームページ運営の心得 コーナーの記事一覧

ページ

宮脇睦(有限会社アズモード) 2010/01/13 8:00 (26)

取引先の友人から相談を受けました。相談とは社長のことで、役員の父君です。社長はホームページにメリットを感じず、同じ費用を投じるなら「駅前看板」のほうが利益をだすというのです。役員は私と同年配で、ホームページへの取り組みの不十分さを自覚しており、それが焦燥感を生み、いつも「親子げんか」に発展すると自嘲します。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2010/01/06 8:00

事業仕分けで「心のノート」が縮減となりました。「心のノート」とは小中学生全員を対象に無償配布されている補助教材で、昭和的分類では「道徳」の授業に使うものです。本稿公開時にどうなっているかわかりませんが、仕分け人は「あるべき心の見本市で、すごく気持ち悪い」と理由を述べます。

新年、最初のコラムはホームページの「あるべき心」について。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/12/16 8:00

毎年、この季節になると「書いた?」「だした?」という会話が交わされます。主語は「年賀状」。メールやWeb上のグリーティングカードで十分という人もいますが、私は出します。査定はともかく営業ツールとして。

社会人で年賀状を出さない人を見ると「もったいない」と呟いてしまいます。年賀状はわずか50円です。チラシやパンフレットを印刷し、送付・配布することに比べればべらぼうな安さです。しかも「お年玉付き」の年賀ハガキで、運良く「当たり」が届けば、受けとった人は一生、自分を覚えてくれることでしょう。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/12/09 8:00

年々早くなる「クリスマス商戦」に呆れているのですが、それは体力勝負の消耗戦に陥ってしまうからです。同じ条件での競争は企業体力がある方に軍配が上がります。それに対抗するビジネス必勝法を1つ挙げるなら「勝ち易きに勝つ」に尽きるでしょう。

大企業と同じ土俵で戦ってはなりません。ロールプレイングゲームに置き換えればボスキャラの登場しないエリアで「スライム」と対戦するように、勝ち易い条件を整えていくことに腐心すべきだということです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/12/02 8:00

民主党政権が取り組んでいる「事業仕分け」。予算の細目を白日に晒すことで無駄を排除し、効率的な予算編成を目指す「取り組み」は高く評価しています。IT業界の現場でもまた「仕分け」が求められています。デスマーチとは作業工程の不良資産化のあらわれで、業界の構造改革が喫緊の課題ではないかと危惧しています。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/11/25 8:00

先日、連載漫画「Web担当者 三ノ宮純二」の打ち上げがありました。でかける前にレストランの場所を「ネットで検索」してチェックします。しかし、会場の南青山に馴染みがなく、グーグルストリートビューでみてもイメージできません。そこで「ケータイ」を活用することにしました。

「地元」で商売している私は、知らない街を歩くことは少なく、モバイルWebの顧客誘導力を体験する良い機会だと考えたのです。最寄り駅とレストランのケータイサイトだけをチェックして地元の駅へ向かいます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/11/18 8:00

テクノラティジャパンが今年の10月23日に検索サービスを終了しました。

テクノラティは特定のキーワードがブログに出現する状況を捕捉し「トレンド」を追うことができ、更新情報をもとにしているのでリアルタイムの「今」に特化できるとIT業界で注目されていたのです。ひっそりと幕を下ろしたと知り、当時の資料を紐解いてみました。するとWeb 2.0からTwitterに至る道程と中世の思想家の言葉が重なりました。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/11/11 8:00 (22)

これからはブログだ! とはさすがにIT業界で耳にすることはありませんが、街角の中小企業の現場では減る気配がないどころか増えています。私の耳にしたところで、ホームページ制作業者にリニューアルを相談すると、ほぼ100%の確率で「ブログ」を勧められるといいます。

ブログは商売用ホームページを成功させる絶対条件ではありません。更新し続けることは難しく、続けたとしても商売の役にたたないブログも多いのです。ならば最初から「やらない」というほうが懸命なのですが。商売用としての手応えをまったく感じないあなたに向けて「商売用ブログ 実践編」です。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/11/04 8:00 (23)(38)(97)

IT業界はベンチャーが多いためか、デスマーチがなかば常識のように語られます。しかし、私は徹夜で飲み続けて朝日を拝んだことは数限りなくありますが、仕事での徹夜は一晩もありません。これはプログラマ時代の「師匠」の教えです。師匠は「生産管理」という概念を実践していました。この師匠の教えによって会社員時代に新規事業をデスマーチとならず立ち上げることができ、今でも単純な労働時間を減らすことに成功しています。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/10/28 8:00

総選挙で自民党が負け、歴代首相(自民党)をキャラクタにした、みやげ物を販売していた会社にメディアが取材に行きます。あまりの大敗に社長は寝込んでしまったと担当者が応じると、記者は今後の予定を訊ねます。つまり、民主党関連のグッズは作らないのかという質問に、担当者はこう答えました。

これを見て嬉しくなりました。商売人にとって機をみるに敏であることは悪いことではありません。しかし、この会社は「義理」を優先したのです。そこに矜持をみました。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/10/21 8:00

会社員時代、「後継者」と見初めた者には厳しく叱ったものです。ものの例えとして「叱る方が辛い」というのは本当で、きれい事ではなく自分で処理した方が何倍も「楽」です。叱るとは一方的に説明することでも感情をぶつけることでもありません。理由や原因を考えさせる入り口です。

一方で「怒る」とは似て非なるもの、こちらは「感情」を先にぶつけます。久しぶりに「怒り」ました。スタッフに対して。血液が逆流し怒髪天を衝く勢いです。直後に反省しました。叱るではなく「怒り」にしてしまった自分の未熟さに。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/10/14 8:00 (27)

各部から代表者が招集され、役員ご臨席でホームページリニューアルの社内会議が開催されました。プレゼンが終わりお約束の「質疑応答タイム」です。

「何か質問があれば」

この発言の後、静寂に包まれるのはよくあるシチュエーションです。そこで質問を促すために「なんでも結構です」と加えます。会議の静寂を破ったのは古参の役員で「リニューアルの目的は?」と爆弾を投下します。これを口火に出席者からホームページへの不満と不信が語られます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/10/07 8:00

何事も基本が大切だといいますが、ホームページでもまったく同じです。コンテンツを充実させSEOを施す。極論すればこの2点をしっかり行うだけで成功確率は飛躍的にアップします。

そして忘れてはならないコンテンツが「顔写真」です。スーパーの野菜売り場でよく見かけるようになりましたが、ホームページにも使えます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/09/30 8:00

総選挙の最中、仕事で久米島に行きました。取材ポイントをネットでチェックし、宿泊先のホテルのホームページを確認して申し込みます。朝6時15分羽田発の出発便のため、空港近くのホテルを探したのもネットです。便利になったものだとしみじみと噛みしめ、久米島で「心得」と出会います。

宿泊先ホテルの受付でのやりとりから、これはネタになると気がつきました。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/09/16 8:00

前回、Web担当者ならば「独立」も選択肢だと指摘しました。しかし、そのためにはマーケティングが欠かせません。

私の所には「同業者」からの相談が多く寄せられるのですが、そのほとんどが「マーケティング」です。前回の「独立」に触発された方向けのフォロー号。Webマーケッターの語る美しい理論の登場しない、泥臭いホームページ制作業者の実戦マーケティングを紹介します。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/09/09 8:00

7月末に行われたWeb担当者Forumオフ会でのこと。同年配のWeb担当者が毎日の激務を嘆いていましたのでこう励まします。

「Web担当者は独立すべきだ」

起業を煽るのが本意ではなく、「ネット支店」の責任者として一国一城の主であり、その気になればパソコン1台、いや「ネットカフェ」でも起業できる敷居の低さも魅力だと続けます。これは私の持論ですが、Web担当者には「社長感覚」が求められ、「独立」という言葉と重なり、さらにはWeb担当者とは「技術屋」ではないという意味も込めて。本稿はその途切れた話の続き。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/09/02 8:00 (25)

ネットブックが人気ですが、モバイルするパソコンはすでに普及しています。携帯電話=ケータイです。iPhoneを持ち出すまでもなく、今のケータイは一昔前のパソコン並の能力を持ち通信機能を標準装備しており、物書きなどの一部の業界を除けば、わざわざ「モバイルパソコン」を用意する必然性は希薄です。

それよりも今、全速力で注目すべきはすでに普及しているこのケータイ=モバイルパソコンです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/08/26 8:00

数年前はアマゾンで書籍を買うぐらいだったのですが、今ではパソコン、ガーデニンググッズ、衣類、保険、ビールも通販です。リアルでの買い物は生鮮食品ぐらいといっても過言ではありません。そして生鮮食品にも通販の波がやってきました。いわゆる「ネットスーパー」です。

まだ配達エリアは都市部中心ですが、近い将来、ネットスーパーは生活インフラに欠かせない存在になっているかもしれません。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/08/19 8:00

選挙が近づくとこちらも話題となるのが「ネット選挙解禁論」。我が国ではいまだに選挙期間中のホームページ更新が認められておらず、局所的に話題沸騰中の「Twitter(ツイッター)」も利用できません。選挙活動でネット利用が解禁となれば劇的に変わるのでしょうか。

ネット選挙といえば、オバマ大統領が話題になっていますが、ネット選挙の解禁で日本の「オバマ」が誕生することはあるのでしょうか。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/08/05 8:00

フジテレビの人気バラエティ番組「はねるのトびら」のコーナー「短縮鉄道の夜」は、若者言葉の正式名称を答える人気コーナーです。このコーナーで「PV」とでました。私の口をついてでたのはホームページの閲覧単位である「ページビュー」。ところが正解は「プロモーションビデオ」。故マイケルジャクソンさんが革命を起こしたミュージッククリップが世間一般的な「PV」です。

ある朝、家電量販店のチラシに「ウイルス対策」とあり、何が掲載されているのかと目をやるとそこにあったのは「空気清浄機」でした。さらに「クッキー」という単語に過敏に反応し「業界脳」の切り替えができていないことを反省します。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/07/29 8:00 (22)

「本社移転の案内」を角封筒に入れて出すことにしました。足立区の片隅で細々と仕事をしていますが、名のあるお取引様も多く、格式を重んじてのことです。

業者選びはオーガニック検索で「1位」に輝いた業者に依頼することにしました。引越の10日前でネットサーフィンしている時間がなかったこともありますが、見られるための努力をしていることが嬉しいのです。

しかし、発注しませんでした。それは通販サイトの基本の「き」がなかったからです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/07/22 8:00

近所の公立小学校の「学校だより」にあった「元気に挨拶する児童がいた。」という表記が気になりました。「。(句点)」の扱いで「元気に挨拶する児童がいた」と閉じかっこ前には句点をつけないほうが好ましいのではないかという疑問です。

文化庁の資料では「」内でも句点をうつとあります。学校でもそう習うようです。ですが、新聞各紙では見かけません。学校の常識が社会の非常識であることは何度か指摘しましたが句点もそうなのでしょうか。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/07/15 8:00 (25)

今日は引越について。中小企業がサイトを引越するのは「社名変更」か「独自ドメイン取得」ぐらいでしょうか。どちらにせよ年中行事ではなく非効率な引越を見かけます。そこで今回は「本社移転記念 邪道流サイト引越術」を紹介します。

基本的に引越は「リニューアル」と同じですが、大きく異なるのが旧サーバーの存在とドメイン名が変わることです。リアルの引越と違い、仮想空間の荷物はかさばりませんから、まず旧サーバー(引越元)のコンテンツは全部残しておきます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/07/08 8:00

SaaSやクラウドを指す「エンタープライズ2.0」がさわがしい昨今ですが、私が見聞きした理不尽なリアルをバージョンナンバー1.0の遙か以前の「0.2」として紹介するコラムを、今年の2月からマイコミで連載しています。

さて、今回は久々の「勝手に企画」。両編集部に無許可で「連動」します。あちらは「進化を邪魔する社長たち」でこちらはこうお届けします。

「勝手に連動! 進化する社長たち」

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/07/01 8:00

前回、「フレームワーク」を枠組みという切り口で紹介しました。しかしそれは一面に過ぎません。フレームワークとはコンテンツから遅刻の言い訳まで使える応用範囲の広い技術です。

この他にも仕入れや人材育成などに適用でき、商売の現場(ホームページ)は複数のフレームワークで成立しています。そしてそこから考えることでコンテンツの課題が見えてきます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/06/24 8:00

「マッキンゼーで、フレームワークのない会話なんて、主婦やサラリーマンのおしゃべりと同じよね」

カリスマコンサルタントの勝間和代さんは、著書で「フレームワーク(思考の枠組み)」の大切さを述べ、マッキンゼー時代に耳にしたベテランコンサルタントの話をこのように紹介しています。

これは商売用ホームページにも通じます。「会社概要」「営業案内」「商品」「お客様の声」といったコンテンツの「枠組み」がそれです。ところがこのフレームワークが曲者です。それは主婦やサラリーマンの他愛のない会話のように刻一刻と変化していくからです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/06/17 8:00 (41)

「ブログを書かされてるんだけどネタがなくて困っている」

学生時代の友人が業務命令で書かされていると愚痴をこぼしていました。最大の問題は「ネタ」がないことで、次が「(文字が)埋まらない」といいます。日常の出来事をネタにする方法をレクチャーすると「そんなものでいいの?」と驚かれましたが、そもそも毎日エキサイティングな出来事があるわけもなく。そして、埋まらないはちょっと技術で簡単に克服できます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/06/10 8:00

6月1日に薬事法が改正されました。市販薬はリスク順に1類から第3類まで3つのカテゴリに分類され、1類と2類の2つを通信販売禁止としました。これに楽天社長の三木谷氏が噛みつきます。消費者の利便性が損なわれるうえに、僻地や離島に住む人、障害者に買いに来いというのは無茶な話だと理由を挙げます。

商売用のホームページに携わる以上「法」と無縁ではいられません。薬事法改正から商売とルールについて考えてみます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/06/03 8:00

百貨店やデパートで受けた注文を出荷する「発送センター」に勤めていたことがあります。多くの店は包装紙を「束」で扱いますが、百貨店の三越だけは1枚単位で管理し、破損した紙も返却します。三越の包装紙は三越で購入したお客様だけが得られる特典であって、その流出を防ぐためです。三越とは一級品の代名詞で、その象徴が包装紙。いわゆる「ブランド」です。

ブランドは差別化や競争力を生み出します。中小企業や個人事業でもブランド構築=ブランディングに取り組まなければなりません。そしてネットがブランディングを助けてくれます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/05/27 8:00

「書籍のデータベース化がOKになりました。文句があればいってきてもいいよ」

今年の2月24日に読売新聞などに掲載されたグーグル集団訴訟和解案の公告を超訳したものです。法廷通知には「完全版」を読めとあり、35ページにも渡るPDFの冒頭が「私は何故この通知を受けとったのでしょうか?」です。著述業の末席の立ち見席にいる私のような零細業者にまで国際条約を持ち出すグーグルにイラッとし、読み進めるうちに「国際的」な課題に気がつき……恐ろしくなりました。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/05/20 8:00

一昨年からIT界でブレイクが噂され続けている「Twitter」ですが、私の周辺にいた会社員、自営業、主婦、女子高生に訊ねても誰も知りませんでした。

IT業界とそれ以外の温度差について何度も指摘しました。それはホームページ屋という商売が「客の客」を意識しなければならず、多くの場合「客の客」とは非IT系だからです……と、自ら言っていたはずなのですが、桜の散る頃、深い反省をしました。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/05/13 8:00

「採用」について書いた1年半前は内定取り消しなど想像もできない「採用難」でした。今も人手不足の企業は少なくないのですが「就職氷河期再来」と大騒ぎします。しかし、中長期で見れば優秀な人材を獲得するチャンスであり、また今すぐ「人材」が不用でも採用コンテンツを充実させるメリットは大きいのです。

採用コンテンツは営業効果も期待できます。「取引先」や「客」も見ているからです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/04/22 8:00

「売るモノがない」

商売用ホームページを立ち上げる際によく耳にする声です。「物販」以外の企業に多く、「ネット=通販」という思いこみから何を掲載すればいいかわからないというのです。売るモノがなければ作り出すのが「商売」です。それを「商品開発」と呼び、ネット戦略の古典にたどり着きます。

通販だけがネットではなく、ネットを活用できない商売はありません。それを助けるのが「入口商品」というアプローチです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/04/15 8:00 (31)

市民参加型メディアを謳い2006年に創刊した「オーマイニュース(2008年9月にオーマイライフに変更)」が4月24日に閉鎖します。オーマイニュースはお隣の韓国で始まった情報サイトで、訓練されたいわゆる記者ではない「市民記者」による投稿記事が売り物でした。

報道では閉鎖の理由を「広告依存型ビジネス」の限界と指摘します。しかしそれは「収入」からしかビジネスを見ていません。限界という表現なら「素人ビジネス」のほうが的確でしょう。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/04/08 8:00

東京マラソン直前の日曜の朝、口にしたコーヒーを吹き出しそうになりました。3月22日のSUNDAY 日経新聞読書欄「今を読み解く」にこんな記事があったのです。

“インターネットの新技術「Web 2.0」の話題が一段落し、今度は「クラウドコンピューティング」に関心が集まっている”

次のトレンドを予言するのが日経新聞の編集方針のようで今のイチオシが「クラウド(SaaS)」。確信犯的に語弊を怖れない姿勢は見事です。しかし多くの「社長」が意識転換することはないでしょう。新聞記者とは違いますので。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/04/01 8:00

ネットの世界ではタイトルを扇情的にすることを「釣る」といい、批判的に使われることもありますがマーケティングの世界では常套手段で、逆に的確なタイトルでも客の興味を惹けなければ落第点です。もちろん「嘘」は信頼を失い逆効果となります。そしてお詫びします。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/03/25 8:00

企業ホームページ運営の心得

心得其の百十四「“シーン”は日本人だけが理解する。マンガ技法の積極活用」

今週最新号が公開されるマンガ記事「Web担当者 三ノ宮純二」に携わり驚いたのは、牧岡ちかひで先生の「ネーム」を見たときです。ネームとは大まかなコマにキャラクターと台詞が配置された「設計図」のようなものですが、ラフな線で描かれた三ノ宮や萌絵が動いているのです。そして仕上がった原稿は「売っているマンガ」でした。当然ですが。牧岡先生は「介護保険」や「判例マンガ」なども手がけ、「三ノ宮」を見た企業から執筆依頼が入るなど活躍の場を益々広げています。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/03/18 8:00

企業ホームページ運営の心得

心得其の百十参「地図から学べる客心理。グーグルマップで本当にいいのか」

先日、我が社の専務と口論となりました。漫画「三ノ宮純二」の打ち合わせ場所についてです。JR武蔵野線 南浦和駅そばの喫茶店でしたので「東浦和」にあるクライアントに立ち寄り、そこから向かうので「こちら側」というと専務は「向こう側」と譲りません。議論が平行線を辿るときはボタンの掛け違いが多くスタートに戻ることが大切です。喫茶店のホームページにある地図を見ます。結論は私の負け、ごめんなさいとともこのコラムのネタが見つかったことに感謝します。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/03/11 8:00

企業ホームページ運営の心得

心得其の百十弐「マニフェストは嘘なのか。新規事業の公開原則」

不況になると「新規事業」に着手する企業が増加します。溜息より建設的で、どうせブームに乗るならこちらがオススメです。そこで活躍するのがホームページなのですが……新規事業をホームページに公開しようとすると「何を掲載するか」「どこまで公開するか」という議題で日本人らしさが発揮されます。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/03/04 8:00

企業ホームページ運営の心得
心得其の百十一「上司にみせたいミヤワキ流の育成論」

会社員時代に立ち上げた新規事業が軌道に乗り社員を募集しました。即戦力となる経験者が欲しいという私の願いも虚しく、未経験者が採用され上司はいいました。「ミヤワキくんの使いやすいように育てなよ」。聞こえはいいですが、手探りで新規事業に取り組む私に新人教育までやれということです。宮仕え(会社員)は与えられた環境に逆らえません。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/02/25 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百十「小さな約束プログラム。仲間教育で創る信頼」

全国一斉テストにゆとりの見直しと「教育」についての議論が活発となっています。そのなかに「競争」を否定する論がありますが、社会はすべてが競争ですから教えずに社会に放り出す方が残酷です。また「資本家 対 労働者」という対立構造を語る教員もいて、これまた実社会に即していません。今なら「蟹工船」でも語っているのでしょうか。「現実」を教えてくれる「恩師」もいたのですがこれは少数派。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/02/18 8:00 (21)

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百九「ビジネスは教育。客は神様ではなく生徒」

全国一斉テストにゆとりの見直しと「教育」についての議論が活発となっています。そのなかに「競争」を否定する論がありますが、社会はすべてが競争ですから教えずに社会に放り出す方が残酷です。また「資本家 対 労働者」という対立構造を語る教員もいて、これまた実社会に即していません。今なら「蟹工船」でも語っているのでしょうか。「現実」を教えてくれる「恩師」もいたのですがこれは少数派。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/02/04 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百八「木下ベッカムを知っているか。情報収集にみるWeb担の問題」

ベストセラー作家でカリスマコンサルタントの勝間和代さんは、著書で「テレビは極力見るな」といいます。「万人向けに作られている」ことから中身が薄いと指摘します。ご自身が「ビートたけしのTVタックル」「久米宏のテレビってヤツは!?」に立て続けにでている姿に鼻白むものですが、私の事務所でテレビはつけっぱなしです。そしてWeb担当者にテレビは必需品と考えます。多くのWeb担当者の客はその万人だからです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/01/28 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百七「最新情報で稼がない矜持。春の新色を追いかけるな」

同じ商品が違う値段で売られていることは珍しくありません。スーパーと自販機のジュースの値段を並べるまでもないでしょう。しかし、3倍違うとしたらどうでしょうか? 高級果物店の代名詞といえる銀座「千疋屋」と、東武伊勢崎線竹ノ塚駅前で義父が営む「みのり屋」とのメロンの価格差です。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/01/21 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百六「BigよりReply。新聞折込で触れられない不都合な事実」

前回、地域広告としての「オリコミ」を推奨しましたが、一般的な「広告主と代理店」の関係とは異なるのもオリコミの特徴です。すべての代理店がそうだととは言えませんが、広告主をなだめることはしても、販売店にクレームを出すことはほとんどありません。クレームを出した結果、販売店が「オタクのオリコミは断る」と言われれば死活問題だからです。そこから広告主に不利な情報でも告げないことがあります。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/01/14 8:00 (21)(35)

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百伍「日本だけの地域広告“折込チラシ”大人の事情と活用法」

不況はチャンスです。より良い条件の取引を求めて「検索」する企業が増えます。ただし、すべてをネットで賄おうとすると高くつくことがあるのでご注意を。

定価1,000円の拙著「楽天市場がなくなる日」はアマゾンで最高3,500円のプレミアム価格がついていますが、書店に注文すれば定価で入手できますし、ショッピングモールに出店する店舗の中には電話注文すると5%値引きの上、送料無料のところもあります。広告もそうです。

安価なイメージの検索連動型広告も人気キーワードは高く、入札価格が吊り上げられていきます。また、見出しと短い文章で、客を惹きつけるのは難しく、費用対効果は必ずしも高いといえません。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2009/01/07 8:00 (259)

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百四「SEOが無意味になる。infoseekが示唆する未来」

新年あけましておめでとうございます。今年もお付き合いいただければ幸いです。

「ブログがSEOになる」と、昨夏より社長命令でブログを書かされている旧友に会いました。同じ話をとある不動産会社でも耳にしました。「書き方」を工夫することでSEOになることもありますが、やみくもに書いてもSEO効果は乏しく、そしてほぼ100%「書き方」をレクチャーせずに「ホームページ制作業者」はブログシステムを高値で販売しています。街角での「SEO」の御利益はいまだに健在なのです。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2008/12/24 8:00 (23)

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百参「差別化のゴールは神。できないのなら商売を辞めろ」

「待っていたよ。今から御社と取引させてほしい」

会社員時代に夢見た台詞です。飛び込み営業で露骨に「キョヒられる」のは日常で、商談にこぎ着けた彼岸では強烈な値引き交渉が待っていました。独立後、冒頭の台詞に現世で出会えました。請求書を懇願され、代金を上乗せして支払いたいという申し出もあります。値下げしろではなく、値上げしてくれとお客さんが頼んでくるのです。タイムマシーンがあるなら、目の前で名刺をゴミ箱に捨てられていた時代に戻り、ひとまわり若い私の肩を叩いてこう告げるでしょう。

「差別だよ。差別化」

宮脇睦(有限会社アズモード) 2008/12/17 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百弐「あなたとは違うんです。売れない時代に売る方法」

米国の不動産バブルが崩壊し、悲観論が蔓延しています。同じくネガティブに語られることの多い1990年前後の「元祖バブル」の絶頂期に私は社会人デビューしました。毎晩のように飲み歩き、雑誌で紹介された店にタクシーで乗り付けたものです。この祭りに参加できたことに感謝しています。東京湾沿いを「ウォーターフロント」と呼び、そこに出店するレストランは魚介の網焼きを「シーフード料理」と名付けて高値で販売していました。

「海の家じゃん」心の中で呟きましたが、祭りに水挿す野暮はしません。

宮脇睦(有限会社アズモード) 2008/12/10 8:00

Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる
企業ホームページ運営の心得

心得其の百壱「頭痛・肩こり・腱鞘炎は職業病。ワーカーズピットイン@ミヤワキ流」

骨折や重大な病気ならば治療に取り組みますが、ゆっくりと身体を包み込んでいく「不調」にはなかなか気がつきません。プロなら健康管理は欠かせませんが、言うは易く行うは難し。そして私の場合は、気がつけば首が回らなくなっていました。

今回は人気連載「ワーカーズピットイン」へのリスペクト企画。「身体のメンテナンス」について。

ページ

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファセットナビゲーション
ファセットナビゲーション(Faceted Navigation)とは、サイトのナ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore