オーバーチュアスポンサードサーチ公式ガイド [検索連動型広告] コーナーの記事一覧

使いやすくなった「スポンサードサーチ®」の活用法をオーバーチュアの専門スタッフが解説する初の公式ガイド。
icon このコーナーについて

使いやすくなった「スポンサードサーチ®」の活用法をオーバーチュアの専門スタッフが解説する初の公式ガイド。

(全 38 記事)

Web担編集部 2009/01/07 13:00 (40)

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

国内有数の消費財メーカーである花王は、インターネット黎明期の1995年に自社のウェブサイトを開設した。早くからインターネットを用いてマーケティング活動を行ってきた企業としても知られている。

同社が1999年に新しく立ち上げた「キュレル」ブランドを育成するための広告手法として着目したのが、検索連動型広告だった。ではなぜノウハウの確立された他メディアの広告ではなく、日本では緒についたばかりの検索連動型広告を活用しようと考えたのだろうか。

Web担編集部 2008/12/16 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

スポンサードサーチを利用してビジネスチャンスを広げている企業の中には、物販ではなくサービス業を営んでいる企業もある。そうした企業の1つが、パソコン修理からデータバックアップまで、あらゆるパソコントラブルをワンストップでサポートしているズノウだ。

「クリック数がどんなに少なくても、コンバージョンが1件でもあるキーワードは除外や停止を行いません」というズノウのキーワード広告戦略を伺った。

Web担編集部 2008/12/11 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

福井県小浜市にある「とば屋酢店」は、1710年に創業。以来、300年にわたって、伝統的な製法で醸造酢を造り続けてきた老舗だ。同店が、ネット販売をスタートしたのは2003年ごろ。しかし当初は、残念ながら、その試みはほとんど成果を上げられなかった。

その状態から、すぐに月商25万円を売り上げる道筋を開いたキーワード広告活用のヒントを伺った。

Web担編集部 2008/12/04 13:00 (34)

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

みなさんはスポンサードサーチの広告予算をどのように決めているでしょうか。もしかしたら「うちは今の経営状況から考えると月10万円が限度かな」といった決め方をしていませんか?

スポンサードサーチでは、商品1点を売るためにかかっている広告費用を、CPAという数値で把握できます。逆に言えば自社の商品を1点売るのにいくらまで広告費用をかけられるのかを考えたうえで、ロジカルに広告の予算を設定できるのです。

Web担編集部 2008/11/21 13:00 (49)

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

コンバージョンは広告を運用していくうえで極めて重要な指標であることは確かです。しかし、コンバージョンの増加は、ビジネスの成功と必ずしもイコールではありません。

ビジネスをより確実に成功に導くには、コンバージョンと広告コスト、売り上げと利益を考え、広告の費用対効果を正確に把握したうえで、スポンサードサーチを管理する必要があります。そこで活用したいのが、費用対効果を表すための指標です。

Web担編集部 2008/11/14 12:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードの見直しと並んで重要なのが、リンク先URLとリンク先ページの改善です。リンク先URLとは、広告をクリックすると表示される「飛び先ページ(ランディングページ)」のURLのことです。

広告をクリックしてリンク先ページを訪れたユーザーがまず考えるのは、自分が検索したキーワードに関する情報や、広告に記述してある事柄に関する詳細な情報があるのかどうかという点です。リンク先ページに求める情報が記載されていない場合、ユーザーは即座にページを離れてしまいます。リンク先ページは、コンバージョン率を左右する極めて重要な要素の1つになるのです。ユーザーのニーズにマッチしているかどうか、コンテンツの質が高いかどうかによって広告効果は大きく左右されてしまいます。

Web担編集部 2008/10/22 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

ウェブサイトの訪問者が、商品の購入・資料請求・会員登録、問い合わせなど売り上げや利益につながる行為を起こすことを「コンバージョン」と言います。検索連動型広告の最終的な目的は、インプレッション数を大きくすることでも、クリック数を増やすことでもなく、広告によって自社のウェブサイトに誘導した訪問者が売り上げや利益を得ることですから、コンバージョン数あるいはコンバージョン率は、最も重要な効果測定の指標の1つです。ここでは、コンバージョン(率)を高めるための対策を説明します。

Web担編集部 2008/10/14 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

クリック率を高めるには、クリック数を増やすか、インプレッション数を減らせばいいのですが、ここまでに説明してきたクリック率向上の対策は、基本的にはクリック数を増やす方向でのアプローチでした。

しかし実は、インプレッション数を減らすアプローチでのクリック率改善方法もあります。

Web担編集部 2008/10/09 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

前回に引き続き、複数の広告を比較検証して効果を見極めながら運用することでクリック率を高める方法を解説します。

今回は、「広告テスト機能」の続きに加えて、パフォーマンスの高い広告を高頻度で表示し、パフォーマンスの低い広告の表示を自動的にオフにする「広告最適化機能」の解説です。

Web担編集部 2008/10/02 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

複数の広告を比較検証して効果を見極めながら運用することでクリック率を高める方法を解説します。

スポンサードサーチには、複数の広告をローテーション表示して広告効果を比較できる「広告テスト機能」が搭載されています。この広告テスト機能を上手に利用すると、クリック率をはじめとする広告の品質向上につなげることができます。

Web担編集部 2008/09/22 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

ではキーワード挿入機能の設定方法を説明しましょう。キーワード挿入機能の設定は簡単にできます。タイトルや説明文中のキーワードを挿入したい箇所に、「{KEYWORD:○○○}」と入れるだけです。「○○○」の部分に補完テキストを設定します。

Web担編集部 2008/09/17 12:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

この記事では、クリック率を改善してクリック数を増やす方法を解説しましょう。インプレッション数増加策と同じように、いくつかの視点から問題を解決し、改善につなげていくことができます。

Web担編集部 2008/09/03 15:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

広告予算に余裕がある場合であれば、予算そのものを見直してインプレッション数を獲得する方法もあります。スポンサードサーチは、システムが自動的に最適な予算を計算し、見積もり額として提示する仕組みになっています。この見積もり額を下回る金額を1日あたりの上限の予算として設定している場合、「損失インプレッション」が発生している可能性があります。

損失インプレッションとは、適切な予算を設定していれば得られると考えられるインプレッションのことです。

Web担編集部 2008/08/21 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードの検索方式を「完全一致」としている場合であれば、キャンペーンや広告グループの設定を見直して、「部分一致」に変更するのもインプレッション数を増やす効果があります。

完全一致とは、登録しているキーワードと検索ユーザーが入力した語句が完全に一致した場合だけに広告を表示する検索方式です。

Web担編集部 2008/08/18 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

広告グループ内のキーワードの構成を見直すのも、インプレッション数を増やすための有効な対策です。十分な数のキーワードを入札しているのにもかかわらずインプレッション数が少ないというケースでは、キーワードの構成が「スモールキーワード」にかたよっている可能性が考えられます。

インプレッション数を高めるためには、スモールキーワードだけで広告グループのキーワードを構成するのではなく、一般的で広い意味を持つビッグキーワード、ある程度具体的な意味を持つミドルキーワード、そしてスモールキーワードをバランスよく組み合わせて登録しておく必要があります。

Web担編集部 2008/08/11 14:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

広告のクリック数が少ない原因は、大きく分けて「広告のインプレッション数(表示回数)が少ない」「広告のクリック率が低い」の2つが挙げられます。つまりインプレッション数を増加させ、クリック率を高めれば、広告のクリック数を増加させることが可能です。

まずは、広告のインプレッション数が少ない場合の対策から詳しく紹介していきましょう。

Web担編集部 2008/08/06 14:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

検索連動型広告の大きな特徴は、インプレッション数、クリック数(率)、コンバージョン(率)といった広告効果を、具体的な数値で把握できる点です。スポンサードサーチにおいても、すでに説明したように、さまざまな指標を「成績表」のように一覧することができます。

しかし、成績表をただ眺めているだけでは、広告の効果は改善されません。自社の広告のどこに弱みがあるのかをしっかり調べて、弱点を克服していくことが大切です。

Web担編集部 2008/08/01 13:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

実際にどのような流れでレポートや各種の指標をチェックしていけばよいのかを、画面を交えながら解説するケーススタディの後編です。

前編では「全体パフォーマンス」「広告パフォーマンス」を説明しましたが、後編となるこの記事では、キーワード・パフォーマンスのレポートでキーワードレベルの問題点をチェックする方法と、便利なウォッチリストの機能を説明します。

Web担編集部 2008/07/29 16:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

実際にどのような流れでレポートや各種の指標をチェックしていけばよいのかを、画面を交えながら解説していきましょう。

まずは「全体パフォーマンス」でアカウント全体での広告の運用状況をざっと把握し、次に「広告パフォーマンス」で広告効果を総合的に把握していきます。

Web担編集部 2008/07/24 13:00 (21)

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

この記事は、スポンサードサーチの管理画面で確認できる指標を、順番に説明した記事の後編です。前編では、「インプレッション数」「クリック率」「平均CPC」を解説しましたが、後編となるこの記事では、広告の品質を表す「品質インデックス」、検索結果画面の1ページ目をキープ「平均掲載順位」、広告効果を知る基本指標「コンバージョン率」や、「1コンバージョンあたりのコスト」「ROAS」などの指標を説明します。

Web担編集部 2008/07/18 15:00 (22)

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

スポンサードサーチでは、さまざまな指標で広告の運用状況や効果を確認することができます。広告の問題点を把握するためには、各指標の意味を正しく理解していることが前提になります。スポンサードサーチの管理画面で確認できる指標を、順番に説明していきましょう。

まずは「インプレッション数」「クリック率」「平均CPC」から。

Web担編集部 2008/07/15 11:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

スポンサードサーチには、掲載スタートから現在までの広告の運用状況や効果を、さまざまな数値データで表示するレポート機能が備わっています。既存メディアの広告とは異なり、広告効果を数値データで知ることができる点は、検索連動型広告の大きな強みです。

スポンサードサーチで確認できるレポートの種類と、どんな内容をレポートできるのかを解説します。

Web担編集部 2008/07/10 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

ここまで、どのようにしてタイトル・説明文を作成すればよいかを見てきましたが、よりよいタイトル・説明文を作るためのヒントが、簡単に手に入るということをご存知ですか。

皆さんがすでに登録した、またこれから登録しようとしている主要なキーワードを一度、Yahoo! JAPANで検索してみてください。すると、競合他社の広告がいくつか出てくると思います。それらを注意深く見ていきましょう。そこには、皆さんがどのようなタイトル・説明文を書けばよいか、逆にどのようなものを書くべきでないのか、という“ヒント”がきっとあるはずです。それを、自分で広告を作るときの参考にすればいいのです。

Web担編集部 2008/07/07 14:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

今回は、ここまでで学んだ広告のタイトルと説明文の作り方をもとに、演習を行ってみましょう。

西陣織ネットショップの例を参考に、あなたの会社のビジネスについて「自社を取り巻く環境」と「自社の戦略」を書き出してください。書き出して戦略がクリアになったら、タイトル・説明文に反映させましょう。

Web担編集部 2008/07/02 16:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

これまで、タイトル・説明文の作成を7つの訴求タイプから見てきました。次に、実際に皆さん自身のサービスや商品をもとにして、タイトル・説明文を作成するための準備に入りたいと思います。

それに当たり、皆さんに改めて考えていただきたいことがあります。それは、自社のマーケティング戦略や商品企画などを確認するということです。それにより、自社のサービスや商品が何を売りにし、誰に販売したいのかをクリアにしていきます。

Web担編集部 2008/06/27 14:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

この記事は、前編からの続きとなります。

7つのタイプで考える、広告のタイトルと説明文の訴求ポイントの後半4つを一気に紹介します。今回は「トレンド型」「価格型」「贅沢型」「威光型」の4つです。

Web担編集部 2008/06/24 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

タイトル・説明文の作り方は、対象とするユーザーやサービス、商品によってさまざまです。ここでは訴求ポイント別に以下の7つのタイプを挙げて、具体例からタイトル・説明文を見ていきたいと思います。

Web担編集部 2008/06/19 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

クリックされるタイトル・説明文についてイメージできたところで、今度は実際にどうやって作ればいいのかを考えましょう。

まず、頭に入れておきたいのは、タイトル・説明文には文字数の制限がある、ということです。タイトルは15文字以内、説明文は33文字以内に収めなければいけません。この字数の中で、サービスや商品についてアピールしなければいけないのですから、前述の「シンプルで明瞭な文章」が必然的に求められます。

Web担編集部 2008/06/16 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

タイトル・説明文は、入札したキーワードが検索されたときに表示されますが、ただ表示されるだけでは、ほとんど意味がありません。

皆さんが検索連動型の広告を始めようと思ったのは、ターゲットを絞った効果的な広告配信ができると考えたからだと思います。しかし、いくらピンポイントに広告を表示しているとは言え、それがクリックされなければ、検索ユーザーを見込み客としてウェブサイトに誘導することはできません。

より多くのユーザーにクリックしてもらい、ウェブサイトへのアクセス数を増やすこと。まさにそれこそが、タイトル・説明文の役割と言えるでしょう。

Web担編集部 2008/06/11 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

キーワードは、検索数が多い順に「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「スモールキーワード」の3つに分類される。ただし、ビッグキーワードであれば多くのクリックを生む、というわけではない。それぞれのキーワードの特徴をつかみ、効果的に利用しよう。

Web担編集部 2008/06/06 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

キーワードをいかに増やすかと同時に、「使うべきではない」キーワードを考えるのも大切な作業だ。場合によっては広告の価値を下げてしまうこともある。ここでは、そんな要注意キーワードの特徴を説明する。

Web担編集部 2008/06/03 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

「組み合わせキーワード」を作るコツを学んだら、今度は実際に作ってみよう。

業種や商品・サービス内容などさまざまなシーン別の例題を解いて、より効果的なキーワード作りのトレーニングをしよう。

Web担編集部 2008/05/29 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

ユーザーが入力する検索キーワードは1語とは限らない。2語以上で構成される「組み合わせキーワード」は、そのキーワードに対するユーザーの興味が強いとも言えるのだ。

ここでは、有効な「組み合わせキーワード」を作るコツをお教えしよう。

Web担編集部 2008/05/26 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

広告のアピールしたいポイントと、リンク先のページの内容には密接な関係がある。両者の関係があいまいだと、広告をクリックしたユーザーはとたんにまわれ右をしてしまうのだ。

では、広告とマッチしたサイトを設定するにはどうしたらいいのだろうか?

Web担編集部 2008/05/20 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

検索数が多いのに、見落とされがち、忘れられがちなキーワードが“お宝キーワード”。

“お宝キーワード”を掘り出すには、「同義語・類語」と「表記違い」、そして「打ち間違いキーワード」と「略語」を知るのが重要だ。

Web担編集部 2008/05/15 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

キーワードには流行がある。季節によって、テレビや雑誌、新聞などでの紹介によって、検索されるキーワードとその数は大きく動く。時代の流れをつかんだキーワードをうまく取り入れて、広告の効果を最大化しよう。

Web担編集部 2008/05/12 8:00

使いやすくなったスポンサードサーチで
ウェブサイトに客を呼び込もう!

キーワードを発想する潜在顧客と自社を結ぶ検索語選び

ユーザーのニーズと広告主のアピールしたい商品・サービスを結びつけ、広告の効果を高めるのがキーワードの役目だ。ここでは、キーワードになりうる情報を探すための3つのポイントを紹介していく。

Web担編集部 2008/05/12 7:59
p>使いやすくなった「スポンサードサーチ®」の活用法をオーバーチュアの専門スタッフが解説する初の公式ガイド。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore