【レポート】デジタルマーケターズサミット2017 コーナーの記事一覧

デジタルマーケターズサミット2017の講演をレポート
icon このコーナーについて

2017年 2月22日にかけて開催された「デジタルマーケターズサミット2017」の基調講演や各セッションをレポート。

(全 6 記事)

柏木恵子 6/5 7:00 (205)(29)

「デジタルマーケターズサミット2017」のクロージングセッションでは、B2Bhack.comの飯室氏とKDDIの中東氏の2人が、主にデジタル以外のことについてディスカッションした。営業とマーケティングの役割分担や、マーケティングオートメーションの正しい使い方など、さまざまな内容が語られた。

柏木恵子 4/17 7:00 (449)(78)(33)

現場ではデータを活用したい、そのためにツールを導入したいと思っても、上司の説得が進まず予算が下りないという苦労をしているマーケターは少なくない。SUBARUの安室氏は、それをどのように解決したのか。「デジタルマーケターズサミット2017」の基調講演では、デジタルシフトを進めるために絶対に欠かせないポイントや周りを巻き込むコツについて紹介した。

柏木恵子 4/12 7:00

データの取得方法が変化し、データの種類や量が膨大になっている。これをビジネスに活かすには、分析もさることながら見える化が重要だ。誰にでもわかりやすく、伝えたいことが分かるようなビジュアライゼーションが求められる。そのための道具が「ダッシュボード」だ。「数字で話す文化を作る必要がある」と言うPtmindの安藤氏がダッシュボードの機能や活用の体制について解説した。

柏木恵子 4/7 7:00 (58)(21)

データマネージメントプラットフォーム(DMP)と、マーケティングオートメーションは、別物として取り組む企業も多い。しかし、DMPで統合したデータ分析して、マーケティングオートメーションに繋げると、より大きな成果を上げることができる。アクティブコアの山田氏が統合されたマーケティングデータを分析・アクションへつなげる仕組みづくりのポイントについて解説した。

柏木恵子 4/3 7:00 (67)(26)

MAツールを導入し運用しようという場合、代理店に任せきりにするのはお勧めではないとSATORIの植山氏は言う。MAで成功するためのポイントは、目的、期間、投資の3つだ。企画書や稟議書に、この3点を盛り込めば決裁は通りやすい。

柏木恵子 3/27 7:00 (51)(28)

デジタルマーケティングでは、一度サイト改善をしたら終わりではなく、改善を繰り返すことが重要だ。博報堂アイ・スタジオの木内氏と蔡氏は、それを「グロースハック型」と言う。改善し続けるためには、個人の主観的判断ではなく、客観的なテスト結果や数字から、コミュニケーションをデザインする必要がある。その実践ポイントを「デジタルマーケターズサミット2017」で語ってくれた。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

リンク
WWW上でページとページをつなぐ仕組みで、元は「ハイパーリンク(hyperlin ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]