O2O とは 意味/解説/説明 (オーツーオー) 【Online to Offline】

読み方

オーツーオー

略語/フルスペル/訳語

Online to Offline

O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現されることもある。

ネット上(オンライン)から、ネット外の実地(オフライン)での行動へと促す施策のことや、オンラインでの情報接触行動をもってオフラインでの購買行動に影響を与えるような施策のことを指す。

たとえば、実店舗をもつ飲食店や販売店などが、オンラインで割引クーポンやサービス追加クーポンを提供したり、foursquareなどの位置情報サービスによって積極的に店舗の認知や来店を促したりすることなどがO2Oのわかりやすい例としてあげられる。

O2Oの特徴として、マーケティング施策の効果測定がしやすいことが挙げられる。

オンラインマーケティングの多くは、その効果を測定するのに、比較的難しい作業が必要になる。アクセス解析のコンバージョン設定はWebアナリストにとってたいしたことではない作業だが、Web専門のスタッフを雇う余裕がなく自分でウェブもまとめて見るしかないITやウェブに詳しくない店舗オーナーにとっては「難しい」「よくわからない」設定だ。

それに対してO2Oでは実店舗に客が持ってきたクーポンの枚数を数えればいいので、ITに詳しくない店舗オーナーでもその効果を実感・把握しやすいという利点がある。

用語「O2O」が使われている記事の一覧

全 418 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

デジタルマーケティングをテーマとする世界最大級のイベント、アドテック東京2013(ad:tech tokyo)が9月18日、19日で開催される。

公式イベントとして、最先端企業によるセミナーやワークショップが行われる他、非公式イベントも多く開催されるため、それらをざっくりまとめて紹介。

Web担編集部 2014/12/25 8:00 (89)(34)

2014年1月1日~2014年12月19日にアクセス数の多かった記事のランキング50位までを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

神戸デジタル・ラボ 2014/01/15 9:00 (285)(158) (44)

Webサイトが時間・場所に関係なく常に閲覧される現代、サイト訪問者の快適な閲覧環境は整備されているといえるのだろうか? 閲覧環境に大きな影響を与えるWebサイトのレスポンスに着目し、986社のWebサイトの実態を調査した。

関東を中心に65店舗の「カラオケの鉄人」運営事業を提供する鉄人化計画では、Twitterの公式アカウントを80アカウント運用し、16万フォロワーとコミュニケーションをはかる。ジャンル別アカウントの活用や運用体制、効果測定などを伺った。

ピンタレストとはどんなサービスなのか、企業活用のチャンスはあるのかなど、ピンタレスト・ジャパン代表取締役社長の定国直樹氏にサービスの特徴や日本での展開についてうかがった。

アドテック東京公式セッション以外の展示ブース内・ガラス棟で行われる非公式セミナーをざっくりまとめてみた

佐藤哲(IMJ) 2014/03/24 8:00 (1818)(394) (521)

近年さまざまな分野で注目されつつあるカスタマージャーニーマップだが、「マップを作ったところで何がわかるのだろう?」と、疑問を持つWeb担当者も多いのではないだろうか。今回はカスタマージャーニーマップが注目されている背景と、実際のプロジェクトへの活かし方について紹介する。

深谷歩+藤原亜希子 2015/11/27 7:00 (146)(74) (21)

ライター経験のないスタッフが、経験を積みながらほぼ毎日のペースで新しいコンテンツを作り続けているブックオフオンライン。そのコツは、ライターだけでなく、所属するメンバー全員が協力してネタを考え、投稿の反響を分析しながら日々チューニングする運営スタイルにあるようだ。

Web広告研究会 2012/04/23 9:00 (65)(21)

公益社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会が2012年2月29日に開催した、「第25回WABフォーラム」の様子をレポートする。フォーラム前半では、WAB宣言の発表およびパネルディスカッションが行われた。

於保 真一朗 2014/07/17 9:00 (23)(22)

マーケティング担当者のアンケート調査から導き出した、「マーケティングの成熟度」を高めるのに必要な要素と、デジタルをリアルに持ってきているフェデックスやMGMリゾートインターナショナルホテルのデジタル活用事例をお届けする。

Web広告研究会 2013/04/05 8:00 (208)(49) (22)

LINEやTwitter、Facebookなど、多くのソーシャルメディアを活用してさまざまなプロモーションを仕掛け、話題を集めているローソン。同社ソーシャルメディアへの対応やO2O施策などが語られた。

Web広告研究会 2013/06/21 8:00 (88)(27)

アドテクノロジーはデジタルマーケティングでどのような役割を果たし、今後どのような役割を担っていくのだろうか。実際に第三者配信を使ってキャンペーンを行ったライオンの事例をベースに、広告主とサプライヤーの両方の立場からその経緯と効果が話し合われた。

柏木恵子 5/25 7:00 (271)(89)

「リスティング広告では、これ以上効果を伸ばせない」そういうときに、デジタル広告の担当者はどうすればいいのだろうか。

Web広告研究会 2013/09/04 9:00 (158)(50) (45)

同じスマートフォン(スマホ)のプロモーションでも、Webサイトとアプリでは施策がまったく異なるため、広告の特性を理解することが重要となる。第3回月例セミナーの第三部では、スマートフォン広告市場と広告施策の特徴について、GMOアドパートナーズの高橋信太郎氏とGMO NIKKOの谷本秀吉氏が講演し、解説を行った。

井口 裕右 6/13 7:00 (337)(54) (23)

パナソニックが運営する会員サイト「クラブパナソニック」は、会員数820万人、月間2億2千万PVを誇るオウンドメディアであり、日本の企業サイトでは最大規模だ。しかもその成功で満足することなく、その先の新たな可能性を見据えている。

今月は、企業のFacebook活用の現状の紹介、リンク投稿のサムネイルサイズの変更、ニュースフィード表示アルゴリズムへの機械学習システム導入、投稿動画の自動再生テスト、投稿ネタTIPSといったトピックを紹介する。
Web広告研究会 2012/04/26 8:00 (133)

広告主(利用側)の視点でビッグデータを考察するため、「広告主が考える今年のマーケティング注力テーマは?」を題材にパネルディスカッションが行われた。

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術
「複数ソーシャルメディア統合運用」が必要とされる歴史と背景

本連載は「複数ソーシャルメディア統合運用」のノウハウや情報を提供するものだ。第1回は、日本におけるソーシャルメディアの現状をデータから確認。複数運用が必要な理由や各ソーシャルメディアの特徴、具体的な事例などの紹介を行う。

アドテック東京2012のクロージングキーノートでは、ヤフー代表取締役社長 宮坂学氏が登壇し、“爆速”を掲げて第二の創業へと船出したヤフーの成長戦略を語った。これまでの自前主義と決別し、広告主の課題解決エンジンとなると、戦略が示された講演をレポートする。

柏木恵子 2014/04/07 8:00 (494)(113) (43)

2014年2月、LINEが発表した、「LINEビジネスコネクト」は、LINEと企業システムとの連携を可能にすることで、企業CRMの形を劇的に変えるものとして業界を震撼させた。今や、LINEを知らないというマーケターはいないだろう。登場から数年で、LINEのユーザーは世界で3億7000万、国内で5000万を超え、老若男女のコミュニケーションに欠かせない生活インフラへと成長した。企業からの広告が無視される時代に、LINEはいかにして顧客とのコミュニケーションを実現しているのだろうか。

Web広告研究会 2012/10/25 8:00 (121)(87) (36)

スマートフォン時代のメディアのあり方はどのようなものになるのか。Web広告研究会の第5回月例セミナーでは、アスキー総合研究所のMCS 2012の調査結果からユーザー傾向を分析し、注目すべき技術を明らかにした。

野本 幹彦 2014/06/24 10:00 (134)(35) (22)

わずか3年の間にEC事業の売り上げを2倍以上に増やしたタワーレコード。その大幅な売上増の背景には、CMSを入れ替えるという大きな決断があった。

Web広告研究会 5/19 7:00 (46)(25)

CRMやWeb閲覧行動など、すでにデータをマーケティングに活用する企業の取り組みはどのようなものか。Web広告研究会2月月例セミナーの第二部では、企業アンケート「企業のデータ利活用に関する調査」の結果を受け、実際にデータを活用する企業がディスカッションした。

野本 幹彦 2013/12/04 9:00 (72)(24)

Webサイトを構築するには、CMSを小さく導入し、大きく育てていくことが重要となってきている。Webサイト構築の最新テクニックとCMSの今後について語られる「CMS DAYS TOKYO 2013」。諏訪光洋氏(ロフトワーク)が「小さくつくり大きく育てる"Lean Web Development"」について講演

IoTによる破壊的イノベーションはすべての業種・業界で例外なく起き、近未来のエクスペリエンスの重心は、「場」から「時間」へシフトする。エクスペリエンス×IoTのメカニズム(トライアングルモデル)を理解しよう。これはこのメカニズムはIoT時代の企業のマーケティングプロセスそのものだ。

これからのデジタルマーケティングは、テクノロジーの急速な発達や顧客の変化に適切に対応していく必要がある。そこで重要になるのはデジタルを中心にそれ以外の領域と統合・融合した施策だ。「デジタル」「マス」「リアル」を組み合わせた統合的なデジタルマーケティング施策のプロデュースを行う博報堂アイ・スタジオが主催する人気の「統合デジタルマーケティングセミナー」。今回は事例とともに「デジタルとオフラインの融合」について語ったセミナーのレポートをお届けする。

鶴田 修朗 2012/11/29 9:00 (61)(39)

スマートフォンやソーシャルメディアの普及により注目を集めているO2Oソリューション。ECサイトと実店舗の相乗効果を高め、売上アップにつなげるには何が要点となるのか。ECサイト構築大手のecbeing、林雅也社長に解説していただいた。

ドコモ・ドットコム 2013/10/29 9:00 (95)(33)

今回は2013年7月に発表された「スマートフォンレポート vol.7」から、調査報告3「実店舗への顧客誘導サービス(O2O)利用動向調査」の調査レポートをお届けする。

  • 調査レポートを読む
  • 調査概要を確認する
  • スマートフォンレポートについて

5つの代表的O2O施策の効果を検証、10代~60代の利用状況を調査

「Amazon」や「楽天」に代表されるECサービスの利用は、内容の充実ぶりや手軽さ、安心感の高まりなどから、増加の一途を辿っている。またフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が進み、画面サイズが大きくなったことや、PCサービスにもアクセスしやすくなったことなどから、モバイルECサービスの利用も拡大傾向にある。

Web担編集部 2014/06/26 10:00 (145)(28)

近隣店舗の広告にリアルタイムで店舗在庫を表示できる機能がスポンサードサーチに追加された。新しい広告としてだけでなく、検索サービスそのものの可能性を広げるこの機能を紹介。さらに、検索と広告がこれからどうなっていくのかをスポンサードサーチ責任者に伺った。

井口 裕右 2014/03/18 9:00 (39)

ひとくちにメルマガ発行といっても、「スマホ対応」、「顧客の利用店舗や興味ごとに異なるメールを送る」、「クーポン発行」、「ソーシャル連携」などさまざまなニーズがある。“知識も予算もないけど100万人にメルマガを送る”――新任Web担当者が挑んだ来店促進策を通して、O2Oマーケティングを実現し、顧客とのリレーションシップを育てるメールマガジンの実現方法を探る。

予算200万円から始めるOne to Oneマーケティング
Facebookのターゲティングクーポンで潜在顧客をねらい打ち!

予算200万円からトライアルとして実行できるOne to Oneマーケティングのアイデアを紹介し、スモールスタートの可能性を探っていく本連載。第1回のテーマは、最近注目を集める「O2O」(オーツ―オー)について考えてみよう。

Web担編集部 2013/09/16 23:00 (66)(24)

「EC事業の売上を拡大させろ、今がチャンスだ」……そういう社長に「そんなことおっしゃっても、人も足りていないですし、大変ですよ」とも言えないあなた、ECサイトの構築だけでなく、集客やマーケティング・プロモーション最適化のコンサルティング、さらにはリアル店舗との連携も実現するECソリューションをご存じだろうか。

株式会社D2C 2014/03/20 8:00 (45)(26)

パルコが掲げたコンセプトは“24時間パルコ”。テナントショップとの連携を強化し、ディベロッパーとして、かつ一つの大きなブランドとして、どのようにオムニチャネルをとらえ、構築しようとしているのかについて聞いた。

予算200万円からトライアルとして実行できるOne to Oneマーケティングのアイデアを紹介し、スモールスタートの可能性を探っていく本連載。第3回となる今回は、リアル店舗とECサイトを併用する「オムニチャネル顧客」に向けて、データに基づいた個別のおもてなし=パーソナライズド・エクスペリエンスを提供する方法について解説。

予算200万円からトライアルとして実行できるOne to Oneマーケティングのアイデアを紹介し、スモールスタートの可能性を探っていく本連載。第2回のテーマは、個々のユーザーに合わせて適切なコンテンツを提示する「レコメンド」機能の活用について。

ネットショップ担当者フォーラム セミナーレポート
オムニチャネルコマース実現までの3ステップ/富士通システムズ・ウエスト

青山祐輔 2014/01/28 9:00 (22)(25)

スマホやタブレットなどの多様なデバイスの普及によって、消費者が小売店舗だけでなくネットやモバイルサイトなど複数チャネルを使い分けるのは当たり前の時代となった。チャネル横断型のコマースにどう取り組むかどうかで事業者の今後の成長が決まるといっても過言ではない。オムニチャネル化やO2Oを実現するためのシステム構築に必要なキーワードは「ECソリューション」「ソーシャルメディア分析」「ビッグデータ活用」だ。

種市 美奈子(株式会社メディア... 7/20 7:00 (22)(26)

スマホ経由取引が牽引するモバイルコマース市場は2兆円を突破。配達面でのサービス強化とフリマアプリに代表されるCtoC取引の増加に注目が集まる。

青山祐輔 2014/01/07 9:00 (337)(58) (52)

O2O、オムニチャネル、Facebookコマース、SNS連携、オウンドマーケティング、レコメンドシステム……ECサイト向けの売上向上施策は多岐にわたるが、すべてを採用することは工数的にもコスト的にも困難だ。それよりもまず取り組むべきことは基本施策の積み重ねだ。

予算200万円から始めるOne to Oneマーケティング
スモールスタートからめざす究極のOne to Oneマーケティング

予算200万円からトライアルとして実行できるOne to Oneマーケティングのアイデアを紹介し、スモールスタートの可能性を探っていく本連載。最終回となる今回は、これまで紹介してきた3つのマーケティング手法を振り返りつつ、最終ゴールとして目指すべき究極について解説。

鶴田 修朗 2012/12/03 10:00 (33)

「ECサイトを新しく構築したが、何かちょっとしっくり来ない」そんな風に、構築したシステムに理想と現実のギャップが生まれる原因はどこにあるのか。ECサイト構築大手・コマース21でセールス&マーケティング部マネージャーを務める伊藤健氏に、率直なお話を伺った。

オンラインとオフラインの融合や連携を意味するO2O。ネット業界でバズワードのように飛び交いますが、地域戦略の古典であり、リアルのお店ならではのアドバンテージを理解すると、工夫次第ですべての業種に生かすことができます。

Web担編集部 2013/03/26 8:00 (34)(24)

ECサイトにおいて「戦略的な売り場管理」を実践することが、ユーザーの満足度を高め、最終的な購入数を増やすことにつながる。ECサイトの多くが眠らせているリソースを活用し、売り場を活性化する手法が示された講演をレポート。

Web担編集部 2015/06/04 7:00

2015年5月28日~2015年6月3日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

Web担編集部 2015/10/29 12:00

2015年10月22日~2015年10月28日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト
ネットショップ乱立時代の人材育成

森戸 裕一(ナレッジネットワーク) 2014/07/03 8:00 (71)(26)

Yahoo!ショッピングのストア数が7万8千店を突破し、大手モール3社の合計では約13万店舗以上となり、ネットショップの事業者数が大幅に増えています。このネットショップ乱立時代に、どのように人材を育成すれば良いのでしょうか。

Web担編集部 2015/05/14 6:50

2015年5月7日~2015年5月13日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

Web担編集部 2015/06/25 7:00 (21)

2015年6月18日~2015年6月24日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

Web担編集部 2015/10/22 7:00 (21)

2015年10月15日~2015年10月21日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

Web担編集部 2015/05/21 17:00 (21)

2015年5月14日~2015年5月20日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

Web担編集部 2015/06/11 7:00 (23)

2015年6月4日~2015年6月10日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 他のユーザーはどんな記事を読んでいるのか?先週1週間で最も人気の高かった記事を要チェック!

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
事例やインタビューも見逃さない
要チェックのセミナー情報も届く
編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle