LTV とは 意味/解説/説明

同義語 の「顧客生涯価値」を参照

用語「LTV」が使われている記事の一覧

全 127 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

Web担編集部 2016/10/11 18:00 (443)(32)

デジタルマーケットの組織論、B2B企業のデジタル戦略など、企業Webサイトの今と未来を読み解く20以上のセッションが集結!

ダブルファネルマーケティングを成功に導くには、顧客体験の創出施策や良質なクチコミの確保と拡散施策を立案・実行し、その効果や反響を測定してPDCAサイクルを回し、顧客体験を含んだ顧客の行動や発言のデータをリスニングし、消費者にどのようなブランド体験が発生しているのかを把握しなければならない。

遠藤美咲+三立瞳 2011/04/27 9:00 (272)(221)(90)

マーケ女子が熱い。世間では「もしドラ」の影響で、女子高生マーケッターがブームっぽい(?)が、オトナ女子も負けてはいられない。「Web担当者Forum」では急遽、ソーシャルメディアマーケター美咲こと遠藤美咲氏と、Webマーケッター瞳こと三立瞳氏のオトナマーケ女子対談(というかぶっちゃけオフ会)をセッティングした。ユーザー密着のラディカルな視座から、Webマーケティングとソーシャルメディアマーケティングの可能性を探る。

Attribution.jp 2012/07/27 9:00 (23)(23)

「アトリビューションという言葉や定義が一人歩きしている」「アトリビューションを単一の広告メディアの中だけで語ってはいけない」「アトリビューションは広告主のものであり、複数のタッチポイントを分析して貢献度を割り出していくこと」

今回は、株式会社クロスリスティングにおいてデータ活用を推進するお三方に業界のこと、米国のこと、自社における取り組みなど、いろいろお話を伺いました。

河田顕治 2012/10/16 8:00 (598)(108)(62)

顧客ロイヤルティを計る指標として米国で採用されているNPS(ネット・プロモーター・スコア)。ここ数年、日本でもいくつかの企業が採用を進めつつあるという、NPSの根幹にあるものは何か。NPSのカンファレンス「Net Promoter 2.0」で議論を交わしてきた、ビービットの遠藤氏に聞いた。

実際に消費者の共感や感動を勝ち取り、クチコミを生み出すような顧客体験を提供しダブルファネル効果を生み出すためには、どのような取り組みをすればよいのだろうか。いくつかケーススタディを紹介する。

Web担編集部 2014/10/20 15:39 (630)(35)
「Webグランプリ受賞のサイトリニューアル」「デジタルコミュニケーション戦略論」「企業サイトの価値測定」「企業サイトUX論」がテーマの基調講演4つに加え、さまざまな講演を含む計14セッションをお届けするWeb担当者Forum秋のセミナーイベントを、11月12日+13日の2日間、東京・京橋で開催します。

アドテック東京公式セッション以外の展示ブース内・ガラス棟で行われる非公式セミナーをざっくりまとめてみた

深谷 歩 1/24 7:00 (445)(103)(51)

EC事業のスタートをユーザー理解から始めたというマルイ。データ分析やユーザーインタビューなど、顧客理解をベースにコンバージョンを最適化してきたマルイの戦略を、オムニチャネル事業本部 部長の臼井氏に聞いた。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2016 Autumn

成果の頭打ちを打開! Web集客を抜本的に見直す3つの手法と成功事例

田口 和裕 1/20 7:00 (39)(46)

ビッグデータや機械学習をはじめとしたAIが注目を集めている背景にあるのは、Webマーケティングの実践が当たり前になり、競争が激化しているため、成果が伸び留まっているという現状だ。ビービットの生田氏がユーザー行動を踏まえた上で成果を向上させるための仮説・実験型の実践手法を事例とともに紹介した。

LINEが初のマーケター向けMeetupを11/16に開催した。マーケターの懇親会とカジュアルな勉強会を兼ねたもので、200人のマーケターが集結。10名の登壇者がライトニングトーク形式でプレゼンを行った。その様子をレポートする。

深谷歩+藤原亜希子 2015/04/01 7:00 (47)(39)

カルビーでは、2004年からコーポレートサイトで展開していたコミュニティでの濃いコミュニケーションとは異なる、手軽に会話できる場として、FacebookとTwitterの運用を2014年に開始した。約10年前から双方向のコミュニケーションに取り組んできた同社だが、ソーシャルメディアに本格的に取り組みはじめたのは意外にも最近のこと。その背景には、消費者の生活スタイルの変化がある。

石井 研二(HARMONY) 2008/05/26 10:00

Webサイトの“見える化”&“カイゼン”講座
企業のゴールとは? 「貢献するサイト」のためのKGI活用術

コンバージョンがどれぐらい起こるか、サイトの成績が下がっていないか、これをチェックするための指標が「KPI」だということを前回説明した。KPIはコンバージョン=ゴールの手前で使うものだが、ゴールそのものの指標は「KGI」と呼ばれている。ただしKGIの場合は、本来の意味でのゴールとは少し違うものと考えたほうがよい。企業のゴールとは何か? そしてそれはウェブでどうあるべきか? あらためて企業の「ゴール」について考えておこう。

河田顕治 2014/04/18 8:00 (53)(29)

顧客ロイヤルティ指標の1つ、NPS(Net Promoter Score)が日本でも注目を集めつつある。一方、米国で生まれたNPSは日本の文化には適さなのではないか、という指摘もある。NPSは日本企業の成長を加速させる経営指標となり得るのか。NPSを共同開発した米サトメトリックス社CEO リチャード・オーエン氏に聞いた。

深谷 歩 6/13 7:00 (150)(34)

ファンとの継続した関係構築を大切にするピザハットのCRM戦略。

丸山 耕二 2014/11/17 8:00 (44)

アクセス解析ツールの標準的な存在になっているGoogleアナリティクス。だが、なぜ無料なのか? どういう仕組みなのか? 何ができて何ができないのか? それらをキチンと理解していない人も多い。一度原点に立ち返って、Googleアナリティクスについて考えてみよう。

シニア層をガッチリつかむECサイト構築術 「SFO」のススメ

「シニアフレンドリー最適化=SFO」の背景と重要性を認識しよう(全6回の1)

本連載は、「シニア対策・高齢者層対策」について、「SFO=Senior Friendly Optimization」という視点をしっかり持って、どのように行えばよいかを全6回にわたって解説するものだ。第1回は、“SFOがECサイトに必要な理由”を、現状のデータから分析していく。

丸山 耕二 2013/11/25 10:00 (80)(78)

Yahoo!アクセス解析やGoogleアナリティクスなど、変化が激しいアクセス解析。何から手を付けていいのかわからなくなると思うが、まず、その動向を整理するとともに、どのように対応すべきか、考え方をまとめてみよう。GoogleアナリティクスとYahoo!アクセス解析、GoogleタグマネージャとYahoo!タグマネージャーの違いも解説する。

Web広告研究会 2013/09/04 9:00 (158)(51)(45)

同じスマートフォン(スマホ)のプロモーションでも、Webサイトとアプリでは施策がまったく異なるため、広告の特性を理解することが重要となる。第3回月例セミナーの第三部では、スマートフォン広告市場と広告施策の特徴について、GMOアドパートナーズの高橋信太郎氏とGMO NIKKOの谷本秀吉氏が講演し、解説を行った。

田口 和裕 2015/01/23 7:00 (54)

ユーザー行動データを100%活用し、顧客LTVを最大化する。そのために必要なPDCAを高速かつ効果的に回転させるノウハウ、組織作りはどうあるべきか、Webマーケティングの最先端を走る博報堂アイ・スタジオの鈴木直哉氏が、成果を上げるための実戦手法、組織作りのポイントを詳細に解説した。

消費者間の「クチコミ」の影響力の高まりを受け、企業のマーケティング活動やCRM戦略も変革を迫られている。AIDMA、AISAS、SIPSなど、マーケティング環境の変遷を説明する。

江尻 俊章 2015/05/07 7:00 (198)(65)

eMetrics Summit2015の講演のなかでマーケターの皆さんに、ぜひ知っておいてもらいたいテーマを3つ厳選してお届けします。

各社の事例でわかるオウンドメディア運営の「企画」「構築」「成果」ノウハウ

BtoBこそオウンドメディアに向いている。5つの成功事例から学ぶ3つのメディア戦略とは?

實川節朗(ナイル) 2016/12/15 7:00 (227)(64)(51)

実はオウンドメディアはBtoBのマーケティングとも非常に相性が良い。ここでは、BtoBにオウンドメディアが向いている理由とその活用方法を5つの事例を交えて解説する。

売上向上のためにCV数を獲得することは、Webマーケティング担当者にとって最大の関心事だろう。効果的な流入経路を見つけようと、CV数、CVR、CPA、ROASなどの指標をチェックしていると思うが、「顧客軸」の視点は抜けていないだろうか。顧客の定着状況は、企業の成長戦略に影響する重要な要素だ。

野本 幹彦 2013/06/13 8:00 (129)(52)(39)

企業はオウンドメディア・コンテンツマーケティングにどのように取り組むべきか、15年以上にわたりオウンドメディア戦略を支援してきた、インフォバーンの小林弘人氏が詳細を語った、Web担当者Forumミーティングの基調講演をレポートする。

鶴田 修朗 2011/11/21 10:00 (49)

中小企業やベンチャー企業向けにリスティング広告やアフィリエイト広告の運用支援、SEOなどのサービスを提供しているソウルドアウト株式会社に、同社の強みや地方企業のリスティング広告活用のポイントをうかがった。

野本 幹彦 2014/01/29 10:00 (59)(33)

ビッグデータ活用と聞いて何を想像するだろうか。バズワード的に多用されることもあるビッグデータだが、企業内での活用はなかなか進んでいない。ソフトバンク・テクノロジーの橋本翔氏は、ビッグデータ活用の課題や問題点を指摘し、ビッグデータの1つでもあるアクセス解析データを使った活用方法を解説した。

ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト

ネットショップ担当者のみなさん、売上だけ見ていてもダメですよ。

江尻 俊章 2014/06/09 10:00 (65)(40)

ネットショップ担当者のみなさんの中にも、アクセス解析に取り組んでいる方は多いかと思います。でも、売上ばかりに目を奪われていませんか? 難しい専門用語や最新のテクノロジーに振り回されていませんか? あなたのショップに必要なアクセス解析を見つけましょう。ネットショップ担当者フォーラム・プログラム委員リレーコラム第2回。

Web広告研究会 2012/08/03 9:00 (21)

Web広告研究会の2012年第3回月例セミナーでは、Webクリエーション・アウォード10周年を記念し、過去の受賞者が登壇した。第一部では、インフォバーンの小林氏が企業のメディア化戦略について語り、重要なキーワードとして対話と協創が挙げられた。

Web担編集部 2016/04/18 7:00 (158)(34)

スマホアプリ市場は急成長を遂げたが、それにマーケティング環境が追いついていないことが課題だ。アプリをリリースし、やみくもに広告を展開しても、高い効果は得られないだろう。このような状況を解決するスマホアプリ向けのマーケティングソリューションが「Yahoo! MOBILE INSIGHT」だ。

ネットイヤーグループ 2012/07/31 10:00 (51)(28)

「リレーションシップファースト」こそが、これからのデジタルマーケティングのあるべき姿である。

これまでのマーケティングはアクイジション(新規顧客獲得)をスタートラインとして組み立てられていたが、これは、顧客とのリレーションシップ構築をスタートラインに据えて再考すべきである。

読者の皆さんも顧客向けの会員規約や利用規約は用意していると思います。私はさまざまなネットショップで規約を読んできましたが、なぜこのような内容になるのか分からないものが多々ありました。果ては、別のネットショップの規約をそのままコピーしているのではないかと思われるものも散見され、とても残念な状況です。いざというとき、身を守るための楯になるのが規約です。もう一度、自分のショップの規約を見直してみましょう。(連載第4回)。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2017 Spring

顧客ひとりひとりに寄り添う「One to Oneマーケティング」の最新事例

購買活動がデジタル化し、企業は売上を高めていくために、「データ」をもとに顧客を深く知り、最適な顧客体験を提供していくことが求められる。BtoCビジネスにおける「データドリブン」なマーケティングのポイントや、それらを支えるマーケティングオートメーション(MA)などのツールの活用法について紹介した。

鈴木 謙一 2009/09/11 10:00

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー

今回は、9月4日に実施されたヤフーのインデックス更新にともなって発生した、ページの順位が大きく落ちる「ペナルティ」についての記事や、グーグルのガイドライン違反に対する再審査リクエストの処理など、SEO関連の話題が豊富。

海外記事でも、URL構造と順位の関係や、301リダイレクトと302リダイレクトの話、robots.txtの扱いなど、SEOに携わる人なら必見の情報をお届けする。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2016 Autumn

顧客に選ばれるマーケティングオートメーション3つのポイント

柏木恵子 2/3 7:00 (21)

マーケティングオートメーションツールは、闇雲に導入するのではなく、あらかじめきちんと分析してその結果を基に導入すべきというのが、アクティブコアの山田氏の意見だ。顧客タイミング、分析に基づいたアプローチ、そして顧客の志向に合わせることがポイントだと言う山田氏が、それぞれのポイントを解説した。

【レポート】Web担当者Forumミーティング 2016 Autumn

ECの売り上げをアップさせる「鉄板メール施策」とは?

顧客にどうアプローチすればLTVを最大化できるか。ECサイトの管理者や、BtoCマーケティング担当者には、メール施策の効果に課題を感じる人も多い。エイジアの藤田氏がECサイトの売上アップにつながるメールコミュニケーション施策を実現するポイントを語った。

柏木恵子 4/7 7:00 (59)

データマネージメントプラットフォーム(DMP)と、マーケティングオートメーションは、別物として取り組む企業も多い。しかし、DMPで統合したデータ分析して、マーケティングオートメーションに繋げると、より大きな成果を上げることができる。アクティブコアの山田氏が統合されたマーケティングデータを分析・アクションへつなげる仕組みづくりのポイントについて解説した。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

コンバージョン率だけにこだわっていると失敗するよ

Moz(旧SEOmoz) 2010/05/10 9:00 (85)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz 検索マーケティングのニュース&テクニック

SEOやSEMのパフォーマンスをみるのに、コンバージョン率は大切だ。しかし、コンバージョンだけに意識を向けていては、思わぬ落とし穴にはまってしまう。シナリオごとに、その問題点を解説しよう。

松本 順士 2015/07/03 7:00 (26)(29)

楽天市場で運営しているECサイトは、「分析・解析・改善」を行えば、売り上げは確実に伸びるでしょう。そのためのノウハウを、現場のネットショップ担当者に紹介します。

SEMマスターのリスティング広告ノウハウ伝授

リスティング広告の目標設定で決めておくべき3つのポイント

リスティング広告の成功のカギは目標設定。ここでは、最低限に決めておかなければいけない目標設定に関する3つのポイントを紹介します。

杉崎 健史 2015/05/13 7:00 (55)(36)

スマートフォンが台頭してから、生活者の消費行動が大きく変化してきています。それに伴い、ECのマーケティング手法も大きく変化する必要があります。今回は、Apple社とGoogle社のIDをどのように管理、活用していくのかというオーディエンスマネジメントを紹介します。

ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト

年収1,000万円以上の「プチ富裕層」が集まるECサイトはどこ?

星 妙佳 2016/06/29 7:00 (29)(31)

日本の平均世帯年収は528.9万円。1,000万円以上の割合は約11.3%。こうしたいわゆる「プチ富裕層」を多く集客できているECはどこなのでしょうか?

坂本悟史、川村トモエ 2011/07/19 8:00 (27)(21)

ネットショップの運営において、集客・接客以上に大切なのが追客による「リピート購入」の促進である。

ECサイトで一度お客さんになってくれた場合は、その人に何度も買ってもらう(リピーターになってもらう)ことが最も効率のよい集客手段で、新規顧客を集客する場合の何倍も効率がよいと言われている。ここではECサイトなどでのリテンション(顧客の維持)戦略に役立てるためのアクセス解析データの活用を中心テーマとして考えていく。

法則10、法則11で解説した「魚鱗・鶴翼の理論」を思い出してほしい。商品数が少ない場合は、入口商品への集客に重点を置いた「魚鱗の陣」、商品数が多い場合は、SEOやリスティング広告を重視する「鶴翼の陣」を取ることを勧めた。

リードナーチャリングとリードジェネレーションの事例や手法をまとめました。マクロミル社やデジタルマーケティングラボで実施したマーケティング施策の事例や、使い方の工夫を紹介します。マーケティング戦略を整理するためのターゲット×施策の全体図(画像)は注目!

今回のテーマは、マーケティングオートメーション導入の際に注意するポイント、
ツールの選び方をご紹介します。

これから選定する、導入しようと思っている、あるいは過去に失敗した、
見直し中の方はよ~く読んでいただければと思います。

日本では2014年頃に登場し、まだその姿を見せてから日の浅いマーケティングオートメーション(以下MA)。
しかし、最近ではデジタルマーケティングの領域で見込み客管理の壁に衝突し、

MAの必要性を感じて導入を検討する企業も増えてきました。
これからもデジタルマーケティングへの取り組みは加速し、その重要性は益々増すことが予想されます。
そこで、今回は厳選MAツールをご紹介いたします。
MAの導入を検討されている企業の方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

ソーシャルCRMの市場は、2010年には約6億2500万ドルあり、2011年は8億2000万ドルになると予測されています。本コラムでは、その点を含めソーシャルCRMの特徴を事例を交えてご紹介いたします。

岡田雅裕 3/31 16:54 (28)

ビジネスを成功させるには、顧客生涯価値(LTV)をあげることが必要

「ビジネスを成功させたい!」と思ったら顧客生涯価値(ライフタイムバリュー、以下LTV)を上げることがとても重要です。LTVとは、ある1人のお客様があなたのビジネスに対して、生涯にわたってもたらしてくれる価値の合計のことです。

実はこのLTVを高めるのにも、リスティング広告が非常に有効だとご存知でしたか?今回は、リスティング広告を使ったテストマーケティングで、LTVを高める方法について解説します!

【ライフタイムバリュー(Life Time Value) 】
和訳すると「顧客生涯価値」となり、顧客が取引を開始してから終了するまでの間、その顧客がもたらした損益を累計したものを指します。
基本的な計算式は「年間取引額 ×収益率×取引継続年数」です。
(※キャッシュフローを考えて、年間、半年、3 ヵ月で算出することもあります。

 

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]