Call to Action とは 意味/解説/説明

同義語

同義語 の「CTA」を参照

用語「Call to Action」が使われている記事の一覧

全 17 記事中 1 ~ 17 を表示中

鈴木 謙一 2012/04/13 9:00 (38)(56)(39)

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、今週のトップストーリーは、SEOだけでなくウェブ業界で使われる略語の解説(初心者向け)。そのほか、受けるコンテンツやロングテールコンテンツの作り方など、SEO関連の情報をお届けする。

Moz(旧SEOmoz) 2007/10/30 8:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

この記事は、SEOmozでやったランディングページコンテストの優勝者Paul Robb氏が書いてくれたものだ。前回の記事は長くて冗長で、お世辞にも良い文章だとはいえなかったため、読むのを途中であきらめた人も多いかもしれない。

でも、今回の記事は、多少冗長なことは認めるが、コンテンツとしては非常に優秀だ。検索エンジン業界のみならず、マーケティング全般に携わっている人みんなの役に立つ、コピーライティング(売り文句)の考え方だ。

100年前から世に言われている購買者の心理やセオリーをうまく取り込んだやり方のヒントを、ぜひ読んで感じてほしい。

鈴木 謙一 2012/01/27 9:00 (45)(74)(28)

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、今週のトップストーリーは、プレイス検索SEOの話題。また、スマホ関連のSEOトピックが2つあるほか、検索結果でURLの代わりにパンくずリストを表示させる方法などのトピックも紹介している。

楽して成果につなげる! 複数ソーシャルメディア統合運用術

話題の「Instagram」を企業はどう使う? その答えは「世界観」にあり

「Instagram」は、画像を介した交流に特化したソーシャルメディア。若年層に利用者が多く、「感性訴求第一」のメディアです。自分で世界観を作り上げることができるとともに、他ユーザーの世界観を楽しめるという特徴が、運用のカギを握ります。

新しい顧客接点を生むWebプッシュ通知の活用法&ベストプラクティス

Webプッシュ通知の活用法&ベストプラクティス――後編:ベストプラクティスとチェックリスト

株式会社ドーモ 2016/07/28 7:00 (34)(23)

Webプッシュで成果を伸ばすために大切な「チェックリスト」と、オプトイン・パーソナライズ・コンテンツ・頻度のベストプラクティスを、具体的に解説します。

Moz(旧SEOmoz) 5/8 7:00 (23)

コンテンツマーケティングでのコンテンツ配信でのプログラマティック取引を解説するこの記事は、前後編の2回に分けてお届けしている。今回は、プログラマティック配信について、どのような活用の仕方が考えられるかを見ていこう。

Moz(旧SEOmoz) 2015/09/28 7:00 (30)(73)(34)

訪問者がサイト内検索で使用するキーワードは、本当に価値がある。この記事では、サイト内検索のキーワードを正しく分析してユーザーがコンテンツにエンゲージメントする理由や方法を明らかにし、コンテンツやSEO、ユーザージャーニーを改善するための基本的な方法を解説する。

Facebookがオーガニックリーチ減少について言及した。その要因と今後に関する見解を紹介する他、ビデオ広告3つの新機能、右エリアの広告枠サイズの変更、今のシーズンの投稿ネタなど、最新情報を紹介する。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Google AnalyticsのイベントトラッキングでCTA(Call To Action)の効果を追跡

Moz(旧SEOmoz) 2010/06/21 9:00 (49)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz 検索マーケティングのニュース&テクニック

さまざまなCTA(Call to Action:行動喚起)ボタンをページ上に設置しながら、それぞれがどの程度効果があるのか気になることがあるだろう。ページ内のどのリンクがクリックされているかを調べるGoogle Analyticsの活用方法を解説する。

柏木恵子 2/20 7:00 (194)(33)

B2Bのマーケティングで一番大事なのは、案件を作り、それを営業やインサイドセールスに渡すデマンドジェネレーションである。KDDIの中東氏が注目したのは、案件を渡した後のインサイドセールスや営業の生産性だ。これは、後のABM(Account Based Marketing)と呼ばれるものだ。本当の案件売上に繋がるマーケティングとして登場したABMについて、中東氏が解説した。

Moz(旧SEOmoz) 2016/02/15 7:00 (70)(64)(23)

「レスポンシブならOK」という考え方に警鐘を鳴らすこの記事、今回は、前編で紹介した米ホンダとは異なり、ユーザーの見たいものを提供しているサイトを紹介し、さらに、ユーザーの見たいものを把握するにはどうすればよいかを考えていく。

今日は、Facebookページの現場のお話を。Facebookが発表した内容から、3月31日までにFacebookページ管理者がしなきゃいけないことを紹介します。

CMO.com by Adobe 2015/04/07 7:00

この記事では、マーケターの改革に関する話題の一環として、設立70年の伝統的な会社を「デジタルマーケティングの先駆者」に変えることに成功した戦略的なアプローチをご紹介する。

Moz(旧SEOmoz) 2015/10/05 7:00 (39)

この記事では、サイト内検索データを具体的にどう使って、意味を持つ行動へとつなげていくかのケーススタディを2件、紹介する。データはアクションにつなげてこそのものだ。その事例を参考にしてほしい。

セミナー概要

【このような方にオススメです】
 ・ECサイト、求人サイト、旅行・宿泊サイト、不動産サイトを運営するご担当者様
 ・商戦期に向けて、費用対効果の高い手法をお探しの方
 ・最新の成功事例や、今すぐ使えるノウハウを知りたい方

新規顧客獲得・コンバージョンアップにつながる施策として注目されている「データフィード広告」と「CTA(Call to Action)・エントリーフォーム改善」について、最新事例とともにご紹介します。

コマースリンクからは、高い集客力と費用対効果により利用する企業が急増している「データフィード広告」の運用ポイントと、新規顧客獲得につながる具体的な集客手法についてお話しします。

また、エフ・コードからは、サイトの反響を高める施策として欠かせないエントリーフォームの改善ノウハウや、CTA(Call To Action)の具体的な施策についてお話しします。さらに、1,900フォームの事例で明らかになった業界別のエントリーフォーム完了率といった最新のデータをご紹介します。

貴社のWebサイトですぐにお使いいただける、具体的なノウハウもご紹介します。ぜひご参加ください。

skan 2014/10/02 14:18 (21)

2つのLP改善ポイントについて
【1】CTA(Call to Action)
【2】ソーシャルプルーフ

Web担編集部 2010/06/28 12:00

Web担で1週間に更新された記事を、編集部のお勧めマーク付きでまとめて紹介。見逃している記事がないか、まとめてチェック! 今週の注目記事は「ツイッター中毒を逃れる198円の方法。小人の靴屋は実在する」など。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
用語集 CTA

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

3Eトラップ
「どのチャネルでも、だれにでも、すべてを提供しようと、過剰に投資してしまう」失敗 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore