ai とは 意味/解説/説明

用語「AI」が使われている記事の一覧

全 46 記事中 1 ~ 46 を表示中

今回訪ねたのは、理化学研究所。数理脳科学の世界的権威でおられる甘利俊一先生に、今の人工知能に足りないものや甘利先生が考える知能の話などについて伺ってきました。

ToDoタスク管理ツールは使っていますか? 使っていて困ったことってありませんか? そんなタスク管理に関する問題を人工知能のテクノロジーで解決できるかもしれません。今回はAIタスク管理ツール『fireflies』を紹介します。

海外のEC事情・戦略・マーケティング情報ウォッチ

グーグルがAmazonに対抗? 「Google Home」も参入した音声ショッピングの今

Bed Bath & Beyond、Walgreens、PetSmart社などの小売業者が、グーグルの音声認識デバイスを利用した商品の販売を始めました。

今回の協業により、フィードフォースの持つ「データフィード最適化及び、動的リターゲティング広告分野の深い知見・技術力」と、Appierの持つ「高性能なAI技術及び、クロスデバイス分野に強みのある Appier DSP」との深い連携が可能になり、世界でも類を見ない「AIマッチング」による「クロスデバイス」かつ「動的に配信内容を最適化する」リターゲティング広告の開発及び、当該市場の開拓を進めてまいります。

iRidge 2016/11/01 22:10 (23)

近年、ビッグデータの議論は高まりを見せ、人工知能(AI)とともにセットで語られることが多くなりました。加速度的に増えていくデータは企業の未来を変えると言われ、マーケティング活動に取り入れる動きも活発化しています。このビッグデータ活用時代において、業界をリードする企業はどんな取り組みをしているのか。人工知能を活用したインストアアナリティクス事業に取り組む日本発のスタートアップであるABEJAと、アプリを活用したマーケティングで業界一の実績を誇るアイリッジの共催で、ビッグデータを活用したマーケティング施策の最新事例をご紹介します。

 申し込みはこちら

『Cogmo Search』は、コグニティブ・コンピューティングを活用し自然言語による検索を可能にしたファイル検索サービスです。

企業の Webサイトやイントラサイト、官公庁や自治体サイトなどページ数の多いWebサイトやファイルサーバーにおいて、素早く目的のファイルを検索することを目的としています。大量かつ階層の深い場所からサイト閲覧者が欲しい情報を素早く探したい時に利便性を発揮します。

『Cogmo Search』は、「IBM Watson日本語版」のAPI 「Retrieve & Rank」を利用しており、自然言語による検索とWebサイト提供者の意図に合わせた検索順位の学習を可能にしています。

 

昨今、内部不正による情報漏洩や、ソーシャルメディアを利用した情報漏洩など、企業価値を損ないかねない事案は、残念ながら多く散見されます。

企業価値を守るためには、内部と外部のコミュニケーションツール、両面に目を光らせる必要性があります。
本セミナーでは、企業内部の視点として、AIを活用したEメール監査システムの導入事例を、外部の視点として、ソーシャルリスク・モニタリングツールを利用した情報漏洩対策の事例などをご紹介いたします。

なお、ゲストとして危機管理のスペシャリスト 白井 邦芳様をお招きして、ご講演いただきます。

 

開催

日時

2017年2月15(水)15:00~17:30(受付14:30)

プログラム

15:00~15:40

【第1部】 AIを利用したEメール自動監査システムのご紹介と導入事例

人工知能(AI)を駆使したEメール監査ツール「Email Auditor」。

AI・コグニティブソリューションの株式会社アイアクトは、2017年1月~3月において「AIに関しての意識調査」を実施いたしました。

【調査結果トピックス】

●企業の「AI導入検討」は約4割。
2017年3月時点での割合、2017年中にもAIに関する情報や導入事例が増えてくるにつれ、更に期待が高まり、AI導入を検討する企業も増加するでしょう。

●社内のAIに関する人員、予算の確保は全体の約30%
国内ではまだまだ事例の少ない中で、2017年はAIへの関心が一段と高まり、企業では予算化や人員確保という動きにも発展、活発化していることがわかりました。

●AIを活用したい業務、1位:マーケティング、2位:営業、3位:製造・販売、5位:人事と、様々な業務での必須システムとなってくる可能性がうかがえます。

調査結果の詳細レポートはこちら

【調査概要】

当セミナーでは、「ファッション×Web/ITの近未来を考える」と題し、AI(人工知能)を活用したファッションアプリ「センシー(SENSY)」の開発・運営で注目を集めるカラフル・ボード(株)の渡辺祐樹社長と、ファッションブランド・バイヤー向けBtoBマーケットプレイス「ターミナルオーダー(TERMINAL ORDER)」でファッション業界の古い慣習打破を目指すターミナル(株)瀬戸恵介社長、お2人のセミナーと、対談をお届けします。

「人工知能 (AI) に関する10の『よくある誤解』」を、ガートナー・ジャパンが12月22日に発表した。

株式会社アイアクト(本社:東京都中央区、以下「アイアクト」)は、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)と日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)が共同で提供する「IBM Watsonエコシステムプログラム」において、エコシステムパートナーとなりましたので、お知らせいたします。

IBM Watsonは、コグニティブ・コンピューティングを実現するためのプラットフォームです。クラウド上で提供されるIBM Watsonは、大規模なデータを分析し、自然言語で投げ掛けられた複雑な質問を解釈して、根拠に基づいた回答を提示します。アイアクトは2016年中にIBM Watsonと連携して御客様に最適な提案をする会話ロボットの製作など2件のWatson関連プロジェクトで培いましたスキル、ノウハウを、ロボットだけでなくWebサイトや業務システムなどに応用し提供してきました。
また、IBM Watson導入をご検討の御客様に、導入のサポートから実際の導入開発、運用までのご支援を2017年1月より提供してまいります。

2017年2月22日(水)、フィードフォースはBtoBのSaaS・IT関連ビジネスにおいてサバイバルするために必要な知識やスキルをみんなで身につけることを目的とした勉強会「火星の学校」の第3回「AIをビジネスで活用するための基礎知識を学ぼう」を開催いたします。

コマースリンクとティファナ・ドットコムは、セミナー『人工知能を活用したデジタルソリューション ~最先端の集客×サイト改善、AIが実現する会話型接客~』を2017年4月12日(水)に開催します。参加無料です。

≫セミナーの詳細はこちら

セミナー概要

昨今、人工知能(AI)の活用が大きな注目を集めています。AIによる大量データの処理や、最適解の提示は、デジタル広告、ウェブサイト、カスタマーサポートなどオンライン、オフラインを問わず様々な分野で導入が進んでいます。

本セミナーでは、人工知能(AI)会話型システム「KIZUNA(絆)」を提供するティファナ・ドットコムと、広告、マーケティングでのプロダクトデータ連携を専門領域とするコマースリンクの2社が集結し、AIを活用したデジタルソリューションについて、最新の事例を交え解説します。ぜひご参加ください。

大好評につき再講演企画が決定しました!

日時:2017年2月28日(火)14:00~16:00(受付13:30)16:00~17:00(相談会)
場所:東銀座(株式会社アイアクト)
費用:無料
定員:50名 
対象:Watsonでどんなことができるのか知りたい担当者様
   Watsonがどう自社事業・業務に取り込めるのかを知りたい担当者様 
   Watson導入のパートナーを探していらっしゃる担当者様
      その他、人工知能などでお悩みの担当者様
主催:株式会社アイアクト・株式会社博展
 

https://www.iact.co.jp/seminar/170228.html

大好評につき再講演企画が決定しました!

https://www.iact.co.jp/seminar/170321.html

日時:2017年3月21日(火)14:00~16:00(受付13:30)16:00~17:00(相談会)
場所:東銀座(株式会社アイアクト)
費用:無料
定員:50名 
対象:Watsonでどんなことができるのか知りたい担当者様
   Watsonがどう自社事業・業務に取り込めるのかを知りたい担当者様 
   Watson導入のパートナーを探していらっしゃる担当者様
      その他、人工知能などでお悩みの担当者様
主催:株式会社アイアクト

日時:2017年1月20日(金)14:00~16:00(受付13:30)16:00~17:00(相談会)
場所:東銀座(株式会社アイアクト)
費用:無料
定員:80名 
対象:Watsonでどんなことができるのか知りたい担当者様
   Watsonがどう自社事業・業務に取り込めるのかを知りたい担当者様 
   Watson導入のパートナーを探していらっしゃる担当者様
      その他、人工知能などでお悩みの担当者様
主催:株式会社アイアクト・株式会社博展
 

通販システムのエルテックスが通販・ECの現場担当者に行った調査によると、「AI(人工知能)は、今後のECや通販のマーケティングに影響を与える」と44%の担当者が回答した。

メッセンジャーアプリのLINEは、新たな戦略となるクラウドAI(人工知能)プラットフォーム「Clova(クローバ)」を開発し、搭載した製品としてスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を初夏に日本と韓

レコメンデーションのシルバーエッグ・テクノロジーは、同社のAI(人工知能)によるリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェントASP」を大幅バージョンアップ、新サービス名「アイジェントEC」として、11月16日に提供開始すると、10月29日に発表した。

富士通は、コールセンターへの問い合わせに対して人工知能(AI)がチャット形式で自動応答するクラウドサービス「ODMA(オペレーショナルデータマネジメントアンドアナリティクス)デジタルエージェント

LINEは、自社のコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINEカスタマーコネクト」の販売を4月11日に正式に始めた、と同日発表した。

デジタルマーケティング支援のルグランは、天気や気温の変化に合わせてユーザーの好みに合ったコーディネートを20代~40代の女性に提案する「TNQL(テンキュール)」を5月9日に提供開始した。

IBMとクラウドサービスのセールスフォース・ドットコムは、AIを活用した共同ソリューションの提供と、企業がスマートな意志決定を迅速に行うことを支援するためのグローバル戦略パートナーシップを締結し

ホスティングサービス事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、ファイル共有サービス「corabbit(コラビット)」において、Adobe Photoshop(PSD)とIllustrator(

ウェブサイト制作・デジタルマーケティング支援のメンバーズは、人工知能(AI)ソリューションのAutomagiと業務提携し、「Facebook」のメッセージ機能「Facebook Messenge

NECは、顧客1人ひとりの趣味や嗜好などの詳細なプロフィールを自動推定する「顧客プロフィール推定技術」を開発した、と9月2日発表した。

伊藤忠商事、アウトソーシングサービスのベルシステム24ホールディングス、NTTデータは、AI技術を活用したWeb接客サービスを提供する株式会社空色の第三者割当による株式を取得し、AI技術を活用し

データ解析のメタデータは、顧客の声(VoC=Voice of Customers)、SNS上の商品の評判、アンケートの自由回答を数量化して分析する「VoC分析AIサーバ」を開発し、3月11日に提

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、Web/EC/コールセンター/SNS/チャットなどのチャネルで収集したコミュニケーションデータをクラウド上で統合し、AI/機械学習技術を用いて分

インターネット広告のサイバーエージェントは、リワードネットワーク「CAリワード」が提供する成功報酬型広告の不正検知システム「Performance Keeper(パフォーマンスキーパー)」におい

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、米Reply,Inc.と資本・業務提携し、コーディング不要のbot構築・運用管理プラットフォーム「Reply.ai」の日本での独占販売権とアジア

リスティング広告運用のグラッドキューブは、Webサイト解析・改善ASPの「SiTest(サイテスト)」内でのユーザーの質問をDeep Learningアルゴリズムを採用した自然言語分類サービスを

インターネット広告のサイバーエージェントでアドテクノロジー分野のサービス開発を行うアドテクスタジオは、アドテクノロジーの広告配信技術の研究・開発を目的にした組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」

システムソリューションのALBERT(アルベルト)は、人工知能(AI)・機械学習技術を活用したチャットボット(自動コミュニケーションツール)型接客ツール「Proactive AI(プロアクティブ

インターネット関連事業のデジタルガレージと講談社は、女性誌のコンテンツとソーシャルメディアを有機的に組み合わせた女性向けの新しいデジタルメディアの開発に着手した、と1月26日発表した。

eマーケティングのオプトは、プロトタイプ・デジタルコンテンツ開発のワン・トゥー・テン・ドライブ(1→10drive)とともに、デジタルと現実社会を連動した体験を提供するプロジェクト実行機関「dr

アスクルは、同社が運営する日用品のECサイト「LOHACO(ロハコ)」において、人工知能チャットボットの「マナミさん」が、2016年3月の全問い合わせ対応の3分の1をカバーしたと5月19日に発表した。

ITコンサルティングサービスの神戸デジタル・ラボ(KDL)は、人工知能技術(AI)によって顧客への商品やサービス提供までのシナリオの改善を支援するツール「nosy(ノージー)」の提供を5月8日に

ビッグデータ解析のエコノミックインデックスは、同社が提供する「Twitter」の投稿を人工知能(AI)が解析して可視化するクラウドサービス「Reaction Monitor(リアクションモニター

クラウドサービスのセールスフォース・ドットコムは、すべての顧客企業に人工知能(AI)のパワーを提供する「Salesforce Einstein(セールスフォース アインシュタイン)」を9月21日

野村総合研究所(NRI)は、8月1日付で、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」を設立する、と7月28日発表した。

インターネット広告のサイバー・コミュニケーションズは、同社のトレーディングデスクサービス「PerformanceX Management」のラインナップに「Facebook」社の提供する「Fac

サイト企画制作・システム開発を手掛ける博報堂アイ・スタジオの人工知能(AI)研究開発組織、Creative AI研究所は、日本マイクロソフトのAI・機械学習を活用したコグニティブサービスを始める

植之原道宏 3/18 16:47

Google Trendで日本での”AI”という単語の検索数トレンドをみると、ここ1, 2年で二倍近くに増えているのがわかります。たしかに毎日のように経済新聞でもAI関連の記事を見るようになりましたが、
最近のオンラインメディアで取り上げられている記事からピックアップした最近のAI技術が次の段階に向かいつつあることを感じさせるふたつのトピックを紹介します。

AI技術が向かいつつある次の段階

 

植之原道宏 1/7 16:23

「ディープラーニング」というキーワードとともに、画像認識の精度が飛躍的に向上したとか、囲碁でも人間をやぶったなど、注目が続くAI。年始のオンラインメディアでもAI関連の記事は多数見受けられましたが、AIが実際にどのように暮らしの中で活用が広まっていきそうなのか、感じられ記事をピックアップして紹介します。

 

年始のオンラインメディアに見るAI関連トレンド

植之原道宏 2016/11/06 11:30

“wired”。ビジネス・カルチャーなどを扱っている印象も強いメディアですが、デジタル革命の意味を問うことをバックボーンに持っているユニークなメディア。

やはり、いまホットなAIに関連した記事は頻繁に取り上げられています。週に2本程度はあがっているAIに関連した記事の中から、wiredがAIに対してどのような視点をもっているか、紹介していきます。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

NAP
「NAP」とは、 Name(店舗や会社の名前) Address(所在地) ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore