利用動向調査 とは 意味/解説/説明

用語「利用動向調査」が使われている記事の一覧

全 25 記事中 1 ~ 25 を表示中

調査結果から見えてきたモバイルユーザー像の特徴と攻略方法を紹介するこのコーナー。今回は、PCとモバイルの接触率が高い、ネット型ユーザーの特徴と攻略法を紹介していきます。

マルチメディア型モバイルユーザーの特徴と攻略方法を紹介します。マルチメディア型はモバイルと同時に他メディアと接触する傾向があり、最新の情報に敏感なのが特徴です。

調査結果から見えてきたモバイルユーザー像を解説。今回は、マスメディアとモバイルの接触時間が多く、エンタメ情報や芸能への興味が高いモバイル&マス型のユーザーの姿を紹介します。

今回は、メディア接触タイプのうち、モバイルオンリー型の特徴と攻略方法を紹介します。属性で見ると10代~20代の若い世代が中心で、モバイルとの接触が比較的多いのに比べ、マスメディアやPCサイトとの接触が低いタイプです。

モバイルのビジネス活用で失敗しないために、モバイルユーザーの生態について、IMJモバイル モバイルナレッジラボが行った調査を基に明らかにしていきます。

ud 2008/09/25 17:33
モバイルを中心にメディアレップ事業・広告代理事業を手がける株式会社ア ップデイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田川悟郎)内に設置している MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、株式会社ファイブゲ ート(本社:東京都渋谷区、代表取締役:近藤 智宏 )が運営する『タダ電 コム!』他、計11社、モバイル12サイト(※詳細末尾参照)の協力の下、 【第17回】モバイルコマースに関する利用動向調査を実施致しました。 調査期間は9月5日~9月16日の12日間、2,278人から有効回答を得ました。

富士通総研は8月30日、個人のPCを使ったインターネットショッピングの利用動向を調査し、市場成長が鈍化し競争が本格化する時代のネットショップの競争要素を分析した調査レポート『インターネットショッピング2007~経験の差で多様化するネットショッパー~』を発表した。

『インターネットショッピング2007』は、PCのインターネットを使ったショッピング(消費者向け電子商取引)の現状を利用者側の視点から切り取ることを目的とした調査であり、2001年9月、2004年2月、2006年3月に続き、今回が4回目の実施となる。

富士通総研は今回の調査のポイントとして、過去1年のPCでのネットショッピングの平均回数は11.6回、平均合計金額は10万6,174円となり、合計金額を回数で割った1回あたりの平均利用金額は9,133円であり、前回調査まで増加傾向だった平均回数と平均合計金額が微増にとどまっていることを挙げている。

インプレスR&Dのシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、個人インターネット利用者約5,600人を対象とした利用実態調査の一部をまとめた『インターネット白書2012』を6月29日に発売すると発表した。

アップデイト内のMMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は3月21日、シンクタンクが運営する「はぴログ」など、モバイル14サイトの協力のもと行った、「第14回モバイルコマースに関する利用調査」の結果を公表した。

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が3月1日に好評した「ブログに関する利用動向調査」の結果によると、ブログサービスを「登録している」と回答したのは29.4%、20.9%が「登録していないが閲覧する」と回答し、2人に1人がブログサービスを利用している結果となった。

総務省は5月25日、2006年末時点の世帯、企業、および事業所における情報通信サービスの利用状況、情報通信機器の保有状況等を調査した「通信利用動向調査」の結果を公表した。

アップデイトは6月19日、同社内に設置しているMMD研究所が運営するモバイル10サイトの協力のもとに実施した「第2回 検索サイトに関する利用動向調査」の結果を公表した。
調査は、6月6~9日の間に行われ、4645人から有効回答が得られた。

モバイルを中心にメディアレップ事業・広告代理事業を手がける、アップデイト内のMMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は6月14日、「モバイルコマースに関する利用動向調査part5」の結果を公表した。

出版・ネットコンテンツの日経BP社が発行する雑誌「日経デジタルマーケティング」と、モバイルマーケティング事業のD2Cは、企業のモバイル広告利用動向調査の結果を7月10日発表した。

MD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は7月12日、「モバイルコマースに関する利用動向調査part6」の結果を公表した。

調査の結果、6月のモバイルコマース利用について、「利用した」と答えた割合は約3割。6月のモバイルコマース利用者で購入商品のトップは、男性が音楽CD・DVD(17.8%、女性が化粧品(25.6%)だった。また、6月1ヶ月間の商品購入点数は、「1商品」が27.8%で最多で、次いで「2商品」が21.0%だった。

RIAコンソーシアムは7月14日、日本市場におけるリッチ・インターネット・アプリケーション(Rich Internet Application 以下RIA)に関する第3回目の市場調査の結果を公表した。

出版・ネットコンテンツの日経BP社の媒体「日経デジタルマーケティング」と、モバイルマーケティングのD2Cは、企業のモバイル広告利用動向調査結果を7月10日発表した。

モバイルコンサルティングのドコモ・ドットコムは、PCのインターネットリサーチによる「携帯電話EC利用動向調査」を行い、その結果を3月26日に発表した。

アップデイトは11月15日、同社内に設置しているMMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が行った「第10回 モバイルコマースに関する利用動向調査」の結果を公表した。

調査は10月26~29日間、モバイル21サイトの協力により実施。5022人からの有効回答が得られた。

Beat Communicationは10月9日、社内SNS利用の実態を調査する「社内SNSアンケート」の結果を公表した。

同調査は、同社の製品を導入して社内SNSを運営している企業を対象に、2007年8月27~9月20日にかけて実施。45%が同社製品を導入した期間を「1年以上」と回答した。

モバイル広告のディーツーコミュニケーションズは、スマートフォンの利用動向調査の結果を3月22日発表した。ユーザーは、一般的な携帯電話(フィーチャーフォン)との併用を合わせると25%を超えていた。

アジャイルメディア・ネットワークは4月16日、ブログ読者のメディア利用動向に関する調査「ブログ読者アンケート」の結果を公表した。

調査は2007年3月15~31日の間、インターネット上に公開のアンケートサイトを設置し、無記名方式で実施。有効回答数884件が得られた。

マーケティング支援のアウンコンサルティングは、国内ポータルサイトの利用動向調査結果を2月16日発表した。利用者の男女比、年代に関し、ポータルサイトによって差が見られた。女性ユーザーの比率が最も高いのは「Excite」で、若い年代層の利用が多いのは「livedoor」だった。

アイレップとYICHAは、消費者のモバイル検索の利用実態に関する調査を共同で実施。11月29日、結果を公表した。

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]