中国 とは 意味/解説/説明

用語「中国」が使われている記事の一覧

全 58 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト

5分でわかる中国の新越境EC制度。押さえておくべき重要ポイント【最新版】

小嵜 秀信 2016/12/13 7:00 (21)(22)

中国の新越境EC制度は2018年から本格スタートとなる予定。その新越境EC制度について、あらためて全容などをまとめてみました。

小嵜 秀信 2016/04/04 7:00 (35)

中国の財政部は4月8日から、越境ECに関する税制度改革を断行し、新たな制度をスタートさせることを公表しました。実質増税になったり、減税になるケースもありますので、その制度の詳細、影響を解説します。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SES Chinaに見る中国の検索エンジンおよびSEM事情

Moz(旧SEOmoz) 2007/06/07 10:33

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

David Temple氏に、中国の厦門(アモイ)で開催されたSearch Engine Strategies China(SES China)のセッションをいくつか記事にしてくれるよう頼んだ。Temple氏はその言語能力と、検索エンジンや中国のあらゆることに関する経験から、この仕事にはとびきりの適任者なんだ。それでは、同氏によるイベントのレポートをお楽しみあれ。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

中国チラ見体験レポート

Moz(旧SEOmoz) 2007/05/29 8:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

今日は中国滞在で見知ったことを書くことにしよう。この国で5日間過ごしただけなので、中国そのものや、観光、旅行、検索マーケティングについてアドバイスするのに十分な資格があるとはとても言えないけど、それでも、僕が受けた第一印象を語る価値はあると思うんだ。1日の平均睡眠時間が5~6時間で、やたらと発疹が出ている上に、ルームメートが疲れ切っていることを考えると、箇条書きで書いていくほかないね(笑)。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

中国:ネット超大国について知っておくべき10の事柄(後半)

Moz(旧SEOmoz) 2008/10/27 9:00

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

前回に引き続き、中国のネット事情を、調査データから明らかにしていく。

後編となるこの記事では、ものすごい数になるだろう中国のケータイ事情や、みなさんご存じの情報統制の壁「万里のファイアーウォール」についてなどのデータをお届けする。

Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

中国:ネット超大国について知っておくべき10の事柄(前半)

Moz(旧SEOmoz) 2008/10/24 9:00 (23)

[海外特選サイト翻訳] SEOmoz
検索マーケティングのニュース&テクニック

中国。今のこの時代でさえ、機密情報がその「万里のファイアーウォール」(Great Internet Firewall)から漏れることは滅多にない。欧米の専門家にとっては幸いなことに、中国は6か月おきに、同国におけるインターネットの発展状況を半期レポートの形で大々的に発表してくれる。そこで今回は、無味乾燥な調査レポートを27ページも通読しないで済むように、SEOmozが内容をまとめて掲載することにした。

高岡 正人(株式会社エフカフェ) 2016/05/09 7:00 (26)

中国政府が越境ECに関する新しい新税制制度を4月8日に施行しました。中国の越境ECの現場では何が起こっているのか? どのような方法が中国向けECの最善の方法なのか? 現在の最新状況をまとめました。

ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト

【中国EC】1年足らずで急成長「生放送アプリ」のパワーがすごい!

高岡 正人(株式会社エフカフェ 取締役) 4/18 7:00 (23)

いま中国で熱いのは生放送アプリ。中でも人気の「一直播(yizhibo)」「映客直播(inke)」「花椒直播(huajiao)」についてお話しします。

◆◆────────────────────────────────

海外市場に興味のある経営者・経営幹部、
海外市場に参入を検討されている顧客を持つマーケティング担当者の皆さまへ

世界に向けたインターネット通販に関するセミナー案内です。

中国語圏で中国製Webブラウザが大きく躍進
中国でのWebブラウザ動向
●世界、日本の状況と異なりInternet Explorer(IE)が50%超を占める。
●中国国内でIEのみに対応するサイトが多く、高いシェアの要因となっている。
●中国製Webブラウザが40%弱を占める。
●シェアが高いユーティリティソフトにバンドルする中国製Webブラウザが急伸(奇虎360/搜狗)。
●多数機能で利便性が高いWebブラウザがユーザーに好まれる。

中国人に刺さる、好まれる!中国で最新の流行記事、バズる動画の特徴とは?
~インバウンド需要を逃さない、コンテンツを活用した企業ブランディング~

インターネット大国「中国」では、日本よりもスマホが普及し、オンライン決済、シェア自転車、デリバリー、SNSでの公共料金支払いなど、生活サービスへの浸透がますます広がっています。反面、日々新しいアプリやSNSが登場するインターネット上では、情報過多ともいえる状況にあり、ユーザーによる情報の取捨選択の目は厳しくなっています。
このような状況の中で、企業がユーザーに自社の情報を届けるためには、「何を発信するか」という”コンテンツ”づくりがとても重要です。今回は、どんなコンテンツを作るべきか、中国人と日本人の視点の違いを実際の調査をもとに、ご紹介します。

また、中国人に人気のある日本情報を届けている人気メディア「東京新青年」をもつコロンブス・メディア社から、人気記事から読み解く中国の最新情報やいま流行の生中継などについて、WeChat/Weixinを運営するテンセント社から、プロモーションの最新情報について、実際のコンテンツ事例とともにご紹介いたします。

あてな 2009/09/17 13:41

ワイズネットワークは10月7日(水)に、「ウェブ×モバイル×リアル 中国消費マーケット開拓」と題した、EC・ポータルサイト制作の実践セミナーを開催する。 ワンジーテクノロジーズCEO Andy Jk Wang氏を講師に招き、中国マーケットに関して日本のメーカー・販売会社が特に気をつけなければいけないポイントやノウハウを語る。参加費は3,000円(ワイズネットワークBM会員は2名まで無料)、場所は中央区築地の佐川印刷会議室。

中国語圏でInternet Exploreのシェアが低下。Chrome、Safariが増加

株式会社あとらす二十一は、2014年6月の中国でのWebブラウザの利用状況について調査しました。

中国のWebブラウザ動向 2014年6月

  • 2012年4月に比較し、Internet Explorer(IE)のシェアが18ポイント下がり約35%となった。
  • IE 6が約10%を占め、 1%未満となっている世界・日本と大きく異なる。
  • 2012年4月に比較し、Chrome、Safariが増加した。 Safariは、日本と同様、世界全体よりもシェアが高い。
  • 中国製Webブラウザが40%強を占め、 2012年以降に新たな中国製Webブラウザもシェアを獲得している。

ご好評により受付を終了いたしました。

 

Facebook、Twitter、Instagramなどの欧米発の有名SNSが使用できない中国では、「新浪微博(Weibo)」(デイリーアクティブユーザー数:約1.39億人)や「微信(WeChat)」(一日の平均ログインユーザー数:約7.68億人)を中心に、中国独自のSNSが圧倒的な影響力を持っています。

また、クチコミをとても重視する中国文化において、SNSの利活用は企業のマーケティング戦略にも欠かせない要素です。

 

中国のマーケティング市場では、SNSが実際にどのように使われているのか、SNSの利活用に取り組んだ日本企業の中で成功する会社と失敗する会社の分かれ目とはどんな点にあるのか。

本セミナーでは、実際の具体的な運用事例を基に、中国SNS運用の実態を解きほぐします。

どうぞふるってご参加ください。

【参考】

あてな 2009/08/09 19:07

今、熱い、中国マーケットの現状と、WEBSEO対策について日本代表から語っていただきます。EC事業関連社限定です。
交流会もあり、時間価値大かもしれません。

人口減少による内需の冷え込みが不安視される中、国境を超えて行われるEC(越境EC)が近年注目を浴びています。

2015年における経済産業省の調査では、2015年は7,956億円であった日本企業による中国向け越境ECの市場規模は、4年後の2019年には2兆3,359億円に拡大すると見込んでいます。

また、中国の消費者が海外企業のECサイトから製品を購入する越境EC市場は、中国のリサーチ会社iResearchによると、2018年までに8兆6,790億円規模(日本円ベース)に拡大するとのことです。
参考:急拡大する中国の越境EC市場/株式会社インプレス(出典:iResearchの調査)

国境を超えてクロスボーダーで行われるEC(越境EC)の市場は、まさに急拡大市場です。

中国人消費者の購買心理や市場動向は移り変わりが早いとよく言われますが、最新の傾向はどうなっているのでしょうか?

流行しているアプリやサービス、訪日観光や日本製品・サービスに対する興味関心の移り変わり、年代別やエリア別の市場環境等、中国のソーシャルビッグデータから読み解く市場動向や消費者インサイトの最新情報をお伝え致します。

同時に、2017年6月に全面リニューアルされる「中国トレンドExpress」のリニューアル情報も大公開致します。抽出されたSNSデータの読み解き方や企業マーケティングへの活用事例等を紹介致します。

どうぞ奮ってご参加ください。

※内容を一部変更して実施する場合がございます。ご了承ください。

 

祖 興傑 2010/08/19 17:51

中国にサーバーを置けば、日本からのアクセススピードが遅くなります。日本にサーバーを置けば、中国からのアクセススピードが遅くなります。ネット監視の理由以外、インフラの問題も大きいです。関連事情を少し紹介させていただきます。

インターネット調査のニールセン・カンパニーは、「新商品購入に関するグローバル調査」を行い、日本、アメリカ、インド、中国の結果を比較した結果を1月23日発表した。

malljapan 2009/02/16 12:56

株式会社モールジャパン(東京都豊島区、代表取締役社長:高橋聡子)は、中国富裕層をターゲットとした日本製品専門の輸出代行通販サイト「日本商城」(http://malljapan.jp/)では、少ない点数でも中国市場に進出できる「10品プラン」をスタートさせました。

経済産業省は、「平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、6月14日、調査結果を発表した。

マーケティングソリューションのメンバーズは、ソーシャルメディアの活用で日本企業のグローバル進出を支援し、企業と中国の生活者とのエンゲージメントを強化するため、中国最大のソーシャルメディア「新浪微

博報堂は中国市場で活動する日系企業を対象に、マーケティングのターゲットや目的に合わせて最適なコンテンツを選出できる総合コンテンツデータベース「China Contents NAVIGATOR」の

メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセンは、ソーシャルメディアに関するグローバルオンライン調査で、中国、インド、英国、米国の4ヵ国の結果を12月3日発表した。

中国関連のオンラインリサーチを手掛けるSBIリサーチとインターネットサービス基盤事業のクララオンラインは、中国・上海で開催中の上海万博(4月30日~10月31日)に出展している日系企業のウェブサイト(日本語、中国語)への中国各地域からのアクセス速度調査を共同で実施し、調査結果を8月18日

IT関連スクールのデジタルハリウッドは、ユーザー数1億人の中国の旅行クチコミサイト「Mafengwo(マァファンウォー)」および「ぴあ」と訪日観光分野で連携し、新たなマーケティングサービスを開始

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、米国・中国市場に向け、企業の売上拡大を実現するグローバルEC進出サービスの成功事例を紹介するセミナーを7月9日に大阪で、7月10日に東京で、7月

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)マーケティング支援のアライドアーキテクツは、中国向け動画インフルエンサー(消費行動に影響を与える人物)のマネジメントを手掛けるグループ会社、Vstar

電通は、母親視点から企業のマーケティング活動を支援するチーム「ママラボ」を7月1日付で中国に設置する、と6月27日発表した。ママラボは2009年に電通本社内に設置。

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、中国でコスメ・パーソナルケア・食品のEC向け流通事業を実施する優趣匯(上海)供応鏈管理(UNQ)に追加出資して資本・業務提携を強化することで合意

情報セキュリティの日本ベリサインと中国向けEC支援のSBIチャイナブランディングは、共同で中国国内に住む中国人消費者を対象に「日系企業ブランドの商標およびドメイン名の保護」に関する調査を実施。5月26日、調査結果を発表した。

インターネット調査のニールセンは、同社が全世界の広告費を調査する「Global AdView Pulse」の2013年第2四半期(4~6月)の結果を10月31日発表した。

Yahoo!

博報堂のシンクタンク「博報堂生活総合研究所」と中国における生活者の実態調査を行う「博報堂生活綜研(上海)」は、日本と中国の生活者の消費意欲指数の変動を比較したレポート「日中6大都市消費変動比較」

ヤマトホールディングス傘下で国際物流サービスのヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL)は、日本から中国の消費者に通販商品をスムーズに届ける配送サービス「ヤマトチャイナダイレクト」を開始、

広告配信事業のマイクロアドは、中華民国(台湾)で現地法人のMicroAd Taiwanを通じ、ディスプレイ広告の統合管理プラットフォーム「MicroAd BLADE(マイクロアドブレード)」の販

インターネット広告のセプテーニは、中国、日本向けにネット広告事業を展開する北京龍楽広告有限公司(中国・北京市)と協業して「中国検索エンジン・ディレクトリ登録代行サービス」を開始する、と2月5日発表した。

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、中国のコスメ・パーソナルケア商品を扱うEC向け流通UNQとの資本・業務提携に合意した、と10月9日発表した。

リリース配信サービスのPR TIMESは、同社が運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」に集まる企業情報から、訪日外国人旅行者向けの観光情報や、海外でも利用できるサービスやコンテン

インターネットマーケティング支援のビービットは、7月10日に台湾現地法人「微拓股份有限公司」を設立し、上海、北京、台北など中華圏におけるデジタルマーケティング支援サービスの提供を開始した、と7月18日発表した。

博報堂は、中国において効率的なPR活動を実施するためのプログラム「博報転載(はくほうてんさい)」の提供を開始する、と10月19日発表した。中国の媒体は出展元を明記すれば自由に転載できるため、紙媒体から別の紙媒体やブログ、マイクロブログへ。

ソーシャルメディアマーケティングのアライドアーキテクツは、中国のSNS「Weibo(微博・ウェイボー)」のマーケティングパートナーである北京天下秀科技有限公司(IMS社)と販売代理契約を締結した

情報通信、電子機器などのコンサルティングを行う日経BPコンサルティングは、中国人旅行者向けサービスを検討している日本企業、地方自治体などに向けコンサルティングメニューの提供を開始した、と8月19

デジタルマーケティング支援のビービットは7月29日、同社2か所目の海外拠点となる上海現地法人「倍比拓管理諮詢(上海)有限公司」を7月11日に設立したと発表した。

ECプラットフォーム構築のUZENは、Eビジネスのアイデアを実現するECプラットフォーム「G1」を2015年春に提供開始する、と1月29日発表した。

Yahoo!

クレジットカードやコンビニ決済などを提供するソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は、訪日中国人観光客増加に伴い利用が拡大している越境EC向けの決済手段として「銀聯(ぎんれん)ネット決済

マーケティング支援のアウンコンサルティングは、中国の検索エンジン利用動向調査の結果を5月16日発表した。

ネットマーケティング支援のネットイヤーグループは、中国向けECサポートのセールス・インチャイナと、中国の主要ECサイトへの出店支援コンサルティングサービスで業務提携した、と12月20日発表した。

アフィリエイトサービス運営、コンテンツ開発のアドウェイズは、100%出資する中国法人、愛徳威軟件開発(上海)=アドウェイズテクノロジー=を通じ、同国EC市場のビッグデータを活用したデータサービス

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore