データ分析 とは 意味/解説/説明

用語「データ分析」が使われている記事の一覧

全 32 記事中 1 ~ 32 を表示中

株式会社エイジア 2010/11/05 21:09

企業が長期的に利益最大化を図っていくためには、顧客の”嗜好”をとらえ、最適なアプローチの実施・継続を行うことによる「顧客の育成」が欠かせません。
本セミナーでは、レコメンドエンジンを活用した顧客との長期的な関係構築、顧客の行動傾向・嗜好の分析の”実践”手法、顧客ニーズ・嗜好にフィットしたメールマーケティングによる「優良顧客の育成方法」について、実際のツール活用事例を交えてご案内します。

株式会社エイジア 2010/11/24 13:31

企業が長期的に利益の最大化を図っていくためには、多様化の進む顧客の”嗜好”をとらえ、最適なアプローチの実施・継続を行うことによる「顧客の育成」が欠かせません。
本セミナーでは、顧客データ分析とCRMの実践手法、レコメンドエンジンを活用した顧客との長期的な関係構築や、大量の顧客に”響く”Oneto Oneメールマーケティング・メルマガ配信の実践による「優良顧客の育成方法」について、事例を交えてご案内します。

ITやあらゆるモノがインターネットにつながるIoTの進歩によって様々なデータの重要性に注目が集まり、多種多様で大量のデータが溜められるようになったことで、データ分析の専門家であるデータサイエンティストのニーズは年を追うごとに高まってきています。それに加え、AI(人工知能)の技術進歩によるデータ分析の自律化によって、分析されたデータが正しいか正しくないかを見分ける、より高度なスキルを持つデータサイエンティストが今もとめられています。

今回のデータサイエンティスト塾では、企業に従事している講師自身の経験とノウハウをもとに、企業で即戦力となるデータサイエンティストを育成します。具体的には、統計学の知識やITを駆使したデータ処理といったスキルだけでなく、実例を用いビジネスニーズに基づいた「実行可能な」形にデータを落とし込める実践的なデータ分析を初歩から体系立てて学ぶことを目的にします。

株式会社エイジア 2010/11/16 19:00

メールマーケティングの成功のコツや仕組み作りを、高機能メールマーケティングシステム「WEB CAS e-mail」の活用事例を交えご案内するとともに、大規模サイトからリッチな動画コンテンツ、携帯プロモーション、急激なアクセス増加が予想されるクロスメディア戦略の実施にありがちな「誘導先サイトの表示遅れ」による “離脱”の実態と、それを解決する手法について、事例を交えご紹介いたします。

リアルとWebの最適な融合を実現するために、本当に意味のあるO2Oとその大前提である「O&O」についてご紹介します。

売り上げを拡大するために、お客様の購買行動を見える化し「本当の課題」を見つけるためのポイントをご紹介いたします。

昨今、IT技術の進展により企業が扱う情報量は、多種多様でかつ飛躍的に増加しており、いわゆる”ビッグデータ”と呼ばれるようになってきています。

こういった多種多様で大量のデータが存在するということは、企業にとってこれまで以上に市場動向や顧客を詳しく知る、あるいは業務改革のきっかけを掴むといったビジネス機会を獲得できることを意味します。

株式会社メンバーズ 2015/03/09 15:34

新規に部署が立ちあがった、部署移動によってデータ分析が必須になったなど、データ分析・解析の知識と数字の使い方入門編セミナーです。

イーメイド有限会社 2012/11/18 12:34

Webサイトへのアクセスデータを正しく分析しなければ、更新やリニューアル作業が事業の成果に連動するようにはなりません。
【第一部】では、Webサイトと事業の成果を連動させるためのポイントと、成果の上がらないWebサイト運営者の弱みに付けこむ怪しいSEO業者に騙されないための正しいSEOの最新知識を学んでいただきます。
続いて【第二部】では、エクセルを活用したデータ分析と業務改善のポイントについてお話いたします。

中国人消費者の購買心理や市場動向は移り変わりが早いとよく言われますが、最新の傾向はどうなっているのでしょうか?

流行しているアプリやサービス、訪日観光や日本製品・サービスに対する興味関心の移り変わり、年代別やエリア別の市場環境等、中国のソーシャルビッグデータから読み解く市場動向や消費者インサイトの最新情報をお伝え致します。

同時に、2017年6月に全面リニューアルされる「中国トレンドExpress」のリニューアル情報も大公開致します。抽出されたSNSデータの読み解き方や企業マーケティングへの活用事例等を紹介致します。

どうぞ奮ってご参加ください。

※内容を一部変更して実施する場合がございます。ご了承ください。

 

1990年代初頭に登場した顧客との関係性をマネジメントするCRMは、SFAやコールセンターシステム、最近ではMA(Marketing Automation)など具体的な業務支援のツールの形で多くの企業に導入されている。

しかし、実際に運用を始めてみると、なかなかうまくいかずに苦労している企業も少なくない。実はCRMについての大きな誤解があるために、ツールを導入してみたものの思い描いていたような姿にならないのが実態なのだ。CRMが顧客の声を集めて自社の経営戦略に生かすために重要なものであることは間違いないが、なぜうまくいかないのだろうか。

そんなCRMにまつわる誤解について紐解いていきながら、あるべき理想的な姿とそのために欠かせない仕組みについて詳しく見ていきたい。

 APIエコノミーやマイクロサービスアーキテクチャ、FintechをはじめとするさまざまなX-Techといった言葉が叫ばれるなか、APIマネジメント企業の買収のニュースといった形で「API」というキーワードを聞くことが増えています。

 本記事では、さまざまなクラウド上のユニークなサービスが出てきている今、APIを使ったデータ連携で何ができるようになるのか、どんな代表的ユースケースがあるのか、そしてユーザー企業やシステムインテグレーターがよりAPIを利用しやすくするためのツール活用について見ていきましょう。

-------------------------------------------------------------------------

KDDIは、総合コンサルティングのアクセンチュアとともに、KDDIグループ向けにデータ分析(アナリティクス)サービスを開発・提供する共同出資の新会社「ARISE analytics(アライズアナ

博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織「博報堂DYグループ・次世代オウンドメディア・マーケティングセンター」は、オウンドメディア(企業やブランドが所有する媒体)のコンテンツ開発ソリューシ

マーケティングコンサルティング・ソフトウェア事業のデータアーティストは、テレビに関するビッグデータが収集・分析できるマーケティングツール「コトモノ」の無償版の公開をウェブで始めた、と10月1日発

ビッグデータ分析のユーザーローカルは、画像共有SNS「Instagram(インスタグラム)」のデータ分析に特化した「ユーザーローカルInstagram解析ツール」を公開した、と8月27日発表した

抜け漏れ、外れ値、NULL問題。
分析工程前のデータ整備にお金と時間がかかるのは仕方ないと諦めていませんか?

ご利用中の分析ソフトやBIツールを加速させる、言わば「分析工程の加速装置」それがData Ferryです。

リリースを記念し、製品の詳しいご紹介をさせていただきます。

当日はデモンストレーションや実機の展示もございますのでご興味のある方は是非ご参加ください。

【開催日時】2016年6月29日(水)15:00~17:00(受付14:45 開始)
【会  場】AP品川アネックス1F Hルーム
      東京都港区高輪3丁目23-17 品川センタービルディング
【参 加 費】無料
【定  員】15名
【対  象】 企業のマーケティング部門責任者、データ分析担当者
【主  催】 株式会社データビークル
【内 容】
 15:00 ご挨拶
 15:10−16:00 Data Ferry概要ご紹介
 16:00−16:10 休憩
 16:10−16:30 製品デモンストレーション
 16:30−17:00 質疑応答 / 会場内での展示

電通グループで広告制作の電通テックは、消費者キャンペーンの各プロセスをデジタル化して各種データの取得を可能にするキャンペーン・デジタライゼーションサービス「Cam-D(キャンディ)」を始めた、と

アクセス解析ソフトのオーリック・システムズは、同社のリアルタイムWebアクセス解析ソフト「RTmetrics(アールティーメトリックス)V9」のオプションとして、RTmetricsで収集した大量

サイト分析事業のHARMONYは、データ分析の結果に基づいて合理的にウェブサイトを改善制作するパッケージ商品「データドリブン+(プラス)」を発売した、と6月9日発表した。

ソーシャルメディア事業のデータセクションは、「Twitter」の過去13ヵ月分の全データが分析できるサービスを始める、と5月30日発表した。

山川 健(Web担 編集部) 2013/11/22 22:50 (29)(49)

野村総合研究所(NRI)は、企業でデータ分析のビジネス活用がどう進展するかを予測した2018年度までの「ITロードマップ」をまとめ、11月22日発表した。

ICT(情報通信技術)サービス事業のソフトバンクテクノロジーは、データ分析ソリューションの米国Tableau Software(タブローソフトウエア)の日本法人、Tableau Japan(タブ

日立グループでシステム構築・運用の日立システムズは、「ツイッター」、ブログなどソーシャルメディアに投稿されたデータを各種のデータと組み合わせて分析する「ソーシャルデータ活用・分析サービス」を始め

データ分析・関連サービスのブレインパッドは、データの分析を行うデータサイエンティスト(分析人材)の育成と、企業のビッグデータ分析組織導入を支援する研修プログラムを開発し、教育ビジネスを始める、と

デジタルマーケティング事業のADDIX(アディックス)は、データ分析に特化したクラウドソーシング(インターネットを通じた不特定多数への業務委託)「FARO CONSULTING(ファーロ コンサ

インターネットマーケティングのオプトは、オプトグループのデータベース事業分野の体制強化を目的として、データ分析関連のサービスを専門に取り扱う新会社「Consumer first(コンシューマーフ

米アドビは、同社の分析ツール「Adobe Analytics」を使って企業がマーケティングデータを分析・共有・活用するための新機能「Analysis Workspace」を9月24日に発表した。

山川 健(Web担 編集部) 2011/04/25 19:38 (27)(29)

野村総合研究所は、マーケティングに関するアイデアを広く募る「マーケティングデータ分析コンテスト2011」を開催する、と4月25日発表した。テーマは「メディアは人を動かせるのか」。

コンサルティングやITソリューションの野村総合研究所(NRI)は、「マーケティングデータ分析コンテスト2010」の募集を開始した、と4月19日に発表した。

Eコマース関連ソフト開発・販売のロックオンは、マーケティング活動でのデータ分析に関する情報を提供するとともに、最適化技術の利用促進を目的にした「マーケティングメトリックス研究所」を設立した、と4月15日発表した。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)と株式会社ブレインパッドは、SAPジャパン株式会社の予測分析ソフトウェア「SAP® BusinessObjects™ Predictive Analytics」を使用したデータ分析プラットフォームの提供を開始します。

本リリースの詳細はこちら

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

3Eトラップ
「どのチャネルでも、だれにでも、すべてを提供しようと、過剰に投資してしまう」失敗 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore