アップセル とは 意味/解説/説明 【upselling】

略語/フルスペル/訳語

upselling

関連語

アップセルは、「より高いものを買ってもらうこと」を意味する。目的は、顧客当たりの売上単価の向上。

たとえば、製品のバージョンアップ時や買い換え時などに、より上位の製品やコースを薦めたり、同時に購入する数量を多くしてもらうことで、アップセルを達成できる。

アップセルを達成できると、顧客数を増やすことなく総売上額を増やせる。新規顧客を獲得するのはコストが高くなりがちであるため、顧客あたりの売上単価を向上することは効率の良い売上向上策となる。

また、アップセルによって利益率の高い商品へと誘導できたならば、より効率の良い利益向上策となる。

アップセルを達成する手法としては、たとえば、
・お試し版を用意する
・バージョンアップ優待を用意する
・既存顧客からの「オススメの言葉」を利用する
・一定数以上の購入で割り引きをする
・おまけを提供する
・保証やサポートの延長を提供する
・下取り優待を提供する
などが考えられる。

用語「アップセル」が使われている記事の一覧

全 57 記事中 1 ~ 50 を表示中

ページ

Web解析のためのKPI大全

平均指標のKPI 全13個 | KPI大全 第3章-1

平均指標は、簡単に測定・計算できるものだが、KPIとして使用する場合は、その定義に注意するべきである。ゆがみの問題と、「ぴったり平均値そのものの現象は存在しない」問題には留意する必要がある。

Web担編集部 6/27 6:00 (147)(42)

潜在顧客に対してデジタル広告をどのように活用しているかをまとめたAdRollによる調査報告。

於保 真一朗 2015/04/23 7:00 (33)

デジタルを主軸においた「マーケティングの再創造」が、夢物語ではなく、現実になってきている。スターウッドホテルが実現した「デジタル体験の高度化」と、それを支えるAdobe Marketing Cloudの新しいソリューションや機能とともに、解説する。
コンバージョン数の急増のような異常値を検出し、その原因をボタン1つで調べてくれる新機能は要チェックだ。

河田顕治 2012/10/16 8:00 (598)(108)(62)

顧客ロイヤルティを計る指標として米国で採用されているNPS(ネット・プロモーター・スコア)。ここ数年、日本でもいくつかの企業が採用を進めつつあるという、NPSの根幹にあるものは何か。NPSのカンファレンス「Net Promoter 2.0」で議論を交わしてきた、ビービットの遠藤氏に聞いた。

実際に消費者の共感や感動を勝ち取り、クチコミを生み出すような顧客体験を提供しダブルファネル効果を生み出すためには、どのような取り組みをすればよいのだろうか。いくつかケーススタディを紹介する。

石井 研二(HARMONY) 2010/05/12 9:00 (44)(118)

「KPI」のことを調べていたら、ネット上の情報が間違いだらけだとわかった。これから何回かにわたってKPIの設定と活用について実践的な情報を書いていくことにしよう。ホームページの効果の維持向上に大きく関わる指標づくりなので、良く考えてほしい。「うちのサイトでは目標が明確になっていない」というあなたでも大丈夫だ。任せてほしい。

KPIはそもそも、巨大なオンラインショップのために設計されたものだ。コンバージョンこそすべてであり、サイトの収益がまさに現実の利益であり、小さな改善が大きな効果を生み出す。

Web担当者たるもの、かくあるべし 「Web担道」秘伝の書

成長期のWeb事業をさらにドライブするにはPL/BSを活用する <成長期 その1>

この記事では、Web担当者としての仕事の「進め方のヒント」を、ステージ別に解説する。第3回からは、Webサイトの「成長期における考え方と仕事のやり方」を解説する。Webサイトの成長期にはイノベーションが必要だ。そのためには経営層を説得する必要があるはずだ。そこでPLやBSが出てくるのだ。

河田顕治 2014/04/18 8:00 (53)(29)

顧客ロイヤルティ指標の1つ、NPS(Net Promoter Score)が日本でも注目を集めつつある。一方、米国で生まれたNPSは日本の文化には適さなのではないか、という指摘もある。NPSは日本企業の成長を加速させる経営指標となり得るのか。NPSを共同開発した米サトメトリックス社CEO リチャード・オーエン氏に聞いた。

無料ユーザーと有料ユーザーを分析して、有料ユーザーを増やすためのヒントがないか探ってみよう。カスタム変数やカスタムディメンションといった、少し高度な仕組みを使ったデータ収集・分析の方法を解説する。

井口 裕右 2016/06/13 7:00 (339)(56)(24)

パナソニックが運営する会員サイト「クラブパナソニック」は、会員数820万人、月間2億2千万PVを誇るオウンドメディアであり、日本の企業サイトでは最大規模だ。しかもその成功で満足することなく、その先の新たな可能性を見据えている。

各社の事例でわかるオウンドメディア運営の「企画」「構築」「成果」ノウハウ

BtoBこそオウンドメディアに向いている。5つの成功事例から学ぶ3つのメディア戦略とは?

實川節朗(ナイル) 2016/12/15 7:00 (227)(64)(52)

実はオウンドメディアはBtoBのマーケティングとも非常に相性が良い。ここでは、BtoBにオウンドメディアが向いている理由とその活用方法を5つの事例を交えて解説する。

無料ユーザーからヘビーユーザーを抽出してユーザーリストを作成し、その条件にあうユーザーだけに対して、有料プランへの移行を勧めるAdWords広告を出稿する方法を解説する。

Moz(旧SEOmoz) 2015/08/03 7:00 (64)(98)(31)

単に多くの商用キーワードで検索上位を獲得しようとするよりも、はるかに複雑なSEOモデルを紹介しよう――顧客の意思決定ジャーニーをモデル化し、適切に最適化して、適切な人に適切なタイミングで適切なメッセージを伝え、熾烈な争いがまだ始まってもいないうちに勝利をつかもうとするものだ。

「マーケティングオートメーション(MA)の効果を最大化するには3つのポイントがある」と語るのは、MAツールベンダーとして約150社の導入実績があるSATORIの高橋氏だ。人手やコストを過度にかけることなく、また代理店にも頼らずに、自社内でMAを導入して運用を成功させるための実践的なコツを紹介した。

野本 幹彦 2013/06/13 8:00 (129)(52)(39)

企業はオウンドメディア・コンテンツマーケティングにどのように取り組むべきか、15年以上にわたりオウンドメディア戦略を支援してきた、インフォバーンの小林弘人氏が詳細を語った、Web担当者Forumミーティングの基調講演をレポートする。

Moz(旧SEOmoz) 2012/08/06 9:00 (130)(48)(27)

コンテンツマーケティングの戦略は理にかなっている。潜在的顧客に対して、製品に関するメッセージを押し付けるのではなく、相手が関心を持ちそうなコンテンツを公開することで引き付けるのだ。この記事では、そうした「コンテンツマーケティング」の実践的な運用について解説する。

Web広告研究会 2016/05/19 7:00 (46)(25)

CRMやWeb閲覧行動など、すでにデータをマーケティングに活用する企業の取り組みはどのようなものか。Web広告研究会2月月例セミナーの第二部では、企業アンケート「企業のデータ利活用に関する調査」の結果を受け、実際にデータを活用する企業がディスカッションした。

コミュニケーションプロセスは「企業が主役」から「個客が主役」へと変化してきた。ここでは、より大局的な観点からマーケティング環境の変化の本質を捉え直したい。

「データ活用の重要性は認識しているが、具体的なイメージがわかない」。こんな悩みを感じるマーケターは多いだろう。そこで活用したいのが機械学習をはじめとするAIだ。ソフトバンク・テクノロジーの澤本氏は、どんなデータを蓄積し活用すべきか、AIを活用したデータ活用事例について語った。

ノヤン先生のBtoBマーケティング講座

BtoBマーケティングを箱根駅伝にたとえれば

ノヤン先生 2012/11/15 9:00

BtoBマーケティングを箱根駅伝にたとえてみれば、マーケティングは第2区となる。第1区で獲得したリード情報というタスキを、営業が待つ第3区に届ける、非常に重要な役割なのだ。

Moz(旧SEOmoz) 2015/08/17 7:00 (55)(58)

SEOを単なる検索順位の問題と考えず、そこから「認知」「ブランディング」「リストビルディング」「トラフィック」「コンバージョン」「競争での勝利」「サポートコストの削減」「アップセル、クロスセル、顧客の成功」などの価値を得るためのモデルを解説(後編)。

[特集]メールマーケティング基礎講座

ネットマーケティングの手法として古くから利用されてきたEメール。比較的低コストで導入できるプッシュ型のサービスとして、すでにほとんどの企業が活用していることだろう。ただし、近年では個人情報保護法や迷惑メール防止法、モバイル端末の急速な普及など、メールマーケティングを取り巻く状況は刻々と変化している。

メールが持つ特性やメール配信に関する基礎知識を持ったうえで、次に考えなければならないのが、メールを使ってユーザーとどのようにコミュニケーションを図ればいいのかということである。今回のテーマはメールでのコミュニケーションプランニングだ。

光安 史枝(NTTコム オンラ... 3/8 7:00 (128)(52)(25)

企業の成長のカギはロイヤルカスタマーが握っている。しかし、従来の顧客満足度調査では本当の顧客ロイヤルティは測れない。そこで使われるのが「NPS」だ。ここでは、NPSの考え方と算出方法を解説する。

上ノ山 慎哉 2014/10/17 7:00 (21)

今回は、サンプルなどのお試し商品からの引き上げの具体的な事例を紹介します。まず必要なのが、多様な状況に対応できる「シナリオ」です。基本の「アップセル」と「クロスセル」から想定できるいろいろなパターンでシナリオを作っておきましょう。コツは、選択肢を少なくして購入のハードルを低くすることです。

今日は、マーケティングの基本的な部分に関する話題を。「アクイジション」「リテンション」という考え方、わかりますか? あまりにも基本的すぎる話題ですが、改めてちゃんと理解しておきましょう。

インターネット広告代理業のオプトは、EC事業者向けの顧客分析レポート「アナライズレポート ライト」の提供を開始した。受注データをもとに、顧客属性や売上動向などを分析。結果からプロモーション施策や、今後のサイト運営の方向性を提示する。

集客、LPO、サイト内検索、Web接客、決済…ECのコンバージョンと密接に関わる各分野のプロが一同に集結して、ECサイトへのユーザー流入からコンバージョン到達までの一連の流れを、まとめて学べる秋の特別プログラム開催!
企業の年齢分布が大きく変化していることに伴い、BtoBにおける購買プロセスも様変わりしているようです。 BtoBマーケテイングの世界にも確実に浸透してきている「パワーシフト」とは何でしょうか。 デジタルマーケティングへの取り組みにおいては、...
Lotus Web Studios 2012/08/23 6:31
既にWebサイトをお持ちの会社の方も、これから新規事業用に新たにWebサイトを立ち上げようという担当者の方も、少なからず不安を抱えているのではないでしょうか。広告に多額の予算をつぎ込んだり、大規模な施策に打って出る前に、まず現状のWebサイトに何が足りていないのか、知ることからはじめてみましょう。何から手を付けるべきなのか、何を伝えたらよいのかを知る手がかりとなる便利な企業Webサイト診断テストです。
KGI(key goal indicator、経営目標達成指標)、CSF(critical success factors、重要成功要因)、KPI(key performance indicator、業績評価指標)の概念と適切な設計プロセスをご案内します。
デジタルマーケティングの専門コンサルティング会社、株式会社パワー・インタラクティブは、 顧客データを活用したマーケティング施策にご関心のある方 を対象に、マルケト社との共催セミナー『BtoCのためのマーケティングオートメーション活用法』セミナー(参加無料)を、8月24日大阪...
EC事業総合支援サービスを提供するインターネット・ビジネス・フロンティア株式会社は、株式会社イマージュと提携し、EC事業の成長に合わせた、ECシステム・デザイン・集客・フルフィルメントまで、オリジナル環境の構築が柔軟に対応可能な、EC総合支援サービス『ECフルサポート』をご提供致します。
清水直樹 2007/03/22 0:22 (24)
インターネットマーケティングに携わる人の中には、ダイレクトマーケティングを古臭いものだと考えている人もいるが、この二つを分けて考えるのは間違いである。 インターネットで利益を上げるにはダイレクトマーケティングの知恵が必要だし、いまの時代にダイレクトマーケティングを実施するためにはインターネットが必要だ。
企業の担当者様が管理するコンテンツやチャネルが多様化・複雑化してきている中で、自社に最適なCMSを選定しスムーズな稼働までを導くための、CMS導入において抑えるべきポイントをご紹介しています。 前編では、CMS導入にあたりまず行うべきであるWebの役割の設計やサイトの統合管理の構想についてご説明します。
株式会社エイジア 2010/11/05 21:09
企業が長期的に利益最大化を図っていくためには、顧客の”嗜好”をとらえ、最適なアプローチの実施・継続を行うことによる「顧客の育成」が欠かせません。 本セミナーでは、レコメンドエンジンを活用した顧客との長期的な関係構築、顧客の行動傾向・嗜好の分析の”実践”手法、顧客ニーズ・嗜好にフィットしたメールマーケティングによる「優良顧客の育成方法」について、実際のツール活用事例を交えてご案内します。
株式会社エイジア 2010/11/24 13:31
企業が長期的に利益の最大化を図っていくためには、多様化の進む顧客の”嗜好”をとらえ、最適なアプローチの実施・継続を行うことによる「顧客の育成」が欠かせません。 本セミナーでは、顧客データ分析とCRMの実践手法、レコメンドエンジンを活用した顧客との長期的な関係構築や、大量の顧客に”響く”Oneto Oneメールマーケティング・メルマガ配信の実践による「優良顧客の育成方法」について、事例を交えてご案内します。
ioix 2009/08/10 12:35
アイオイクスの アクセス解析・ランディングページ最適化ノウハウ と パイプドビッツ社の メールマーケティングノウハウ を融合させたメールマーケティングセミナーを開催。
あてな 2009/10/23 21:46
テレビショッピング+連動型WEBマーケテイング セミナー開催 クロスメディア最前線での売上UP、成功ノウハウ・成功事例をご案内します。 「ユビキタスカフェin Tokyo」は2009年11月10日にテレビショッピング通販に関するセミナーを開催いたします。...
BtoBのあらゆる企業において、マーケティング施策を営業活動につなげていく過程の中には“7つの課題”があると言われています。これらの課題を解決し「見込み客の獲得→受注」という流れを簡単に仕組化するためのノウハウを4,000社を超える企業の営業課題を解決してきたソフトブレーン社と成功・失敗事例を交えてご紹介します。
1.ABM(Account Based Marketing)とは?  「リードクオリフィケーション」。この言葉、過去に聞いたことはありませんでしょうか? リードクオリフィケーションとは、 大量の見込客リストの中から、 質が高い見込客を選定 する という内容です。...
ud 2009/09/24 10:53
同事例集では、「aiship」を利用しているショップオーナーから、雑誌掲載に合わせたサイトの見せ方、効果が高い同梱チラシ、若年層商材だけではなく30~40代女性向け商材が売れた、などの実例を紹介している。
第一回 ・ 第二回 では、マーケティングオートメーションの導入までのステップや導入前に注意したいことをまとめました。今回は、その手前、マーケティングオートメーションを活用してナーチャリングするために必要な「リード数」を集める方法についてまとめたいと思います。...
河手渉 2011/09/27 2:49
「リードナーチャリング」のマーケティング的概念としては、 潜在顧客の行動をキャッチし、行動視点から潜在顧客→顕在顧客→見込み客へ発展するまでの間、 顧客とコミュニケーションを図り、その効果を見てゆく活動を意味しており、 「見込み客をいかに生み出すか」という課題を解決する為のフレームワークとなります。
顧客の購買プロセスの変化に伴い、 営業活動にマーケティングオートメーションの必要性は高まり、 導入企業は増加の一途をたどっています。 大変な成果を上げる企業がある一方で、 思うように 見込客管理、案件創出ができていない という 悩みも多く聞かれるようになりました。 幾多の事例をつぶさに見ていくと、 明暗を分けるいくつかのポイントがあることが分かってきました。 本セミナーでは、最近明らかになった マーケティングオートメーション導入を成功させる「コツ」について説明 します。 講師はPardotを擁する セールスフォース・ドットコム社 と 導入・活用支援サービスで多数の実績をもつ toBeマーケティング社 、 そして ランドスケイプ が務めます。 本セミナーはウェビナー(オンラインセミナー)配信による受講も受付けております。 お申込みフォームからご希望の参加種別をお選びください。 過去セミナー参加者の声 ・Pardotの実際の動きをみることができてわかりやすかった。(卸売業) ・既存顧客からのアップセルの課題解決に対し、とても勉強になった。(不動産業) ・販売拡大に向け、マーケティングオートメーション導入検討にあたり、  参考になる話が聞けた(印刷業) ・生々しい話が聞けて、とても勉強になった。(卸売業)
gatz 2011/05/14 14:01
【無料セミナー日時】 ・東京会場 5/26(木) 14:00~16:00 @TKP京橋ビジネスセンター(東京駅徒歩4分) ▼たまごカート機能のデモンストレーション ●「他社製品徹底比較!」たまごカートがリピート通販を専門とする強みや特徴は? ■顧客層別対応を「仕組み化」することでの優良客への引き上げ強化 ★定期コースの運営、決済・出荷、お客様フォロー、分析までガンガン自動化♪ などリピート型通販のビジネスモデルをもつ企業様には かゆい所に手が届く内容で当社代表の佐川がご説明いたします。
skan 2014/10/21 12:04
サンクスページに配慮した要素配置を心がけることで、エンゲージメントを高めましょう。
IoT、インダストリー4.0など製造業、BtoB企業を取り巻く環境は大きく変わりつつあり、ビジネスモデルの革新、対応が求められています。その中で、新規顧客の開拓、既存顧客のリテンションやアップセルをグローバルに実現するため、ウェブサイトは最も有効な手段の1つです。 本セミナーでは、先進企業の事例を交えながら、日本企業にとって今まさに必要な「ウェブサイトの活用」について、戦略・システム・マーケティングのそれぞれの観点から分かりやすくご説明します。 -本セミナーの参加対象- ・BtoB事業で新規顧客開拓を進めたい ・海外からの新規問い合わせが増えず困っている ・有効なマーケティング施策がわからない

株式会社売れるネット広告社は、ネット通販企業向けの、「ランディングページ作成」「ショッピングカート」「サーバー」「フォローメール配信」がセットになった、売上の最適化サービス「売れるネット広告つくーる」を6月20日に発表した。

CRM(顧客関係管理)サービスのシナジーマーケティングは、「Facebook」の広告フォーマット「コレクション」を活用した既存顧客のアップセル・クロスセルのためのCRMソリューションの提供を開始

ページ

みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]