お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

Instagramの「ストーリー」は、企業ソーシャルメディア投稿の“穴場”だ!

無料でロゴまで露出できるInstagramの「ストーリー」は、企業アカウントにとって究極の場所かも

無料でめっちゃ使えるインスタのストーリー、使わない手はないぞ!

なにより、自社ロゴを目立つとこに表示できるぞ!

ビジュアル重視のInstagram、企業ユーズでも欠かせない存在に

こんにちは田村です。ビジュアルにこだわろうと、ちょっといいポロシャツを着たり、いい靴を履いたりしても、誰も気付いてくれません。なのでオッサンはオッサンらしく生きていくことにします。

さて、いまやソーシャルはビジュアルです。そして、「ビジュアル×ソーシャルメディア」と言えばInstagram(インスタ)です。Instagramは、最近出てきたようなイメージもありますが、実は結構以前から存在するアプリです。僕自身は2011年ぐらいにアカウントを取得して使ってました。

Instagramの認知度が急激に上昇してきたのが2015年頃でしょうか。

ちょうどそのときに始まった、僕も執筆させてもらっている「kakeru」というメディアで「“インスタジェニック”至上主義!? 平成生まれ女子たちがInstagramにハマる本当の理由」という記事が公開されています。先日なにかのテレビを見ていたときに「インスタ映えする画像のことを“インスタジェニック”っていうんです」と、出演者が言ってましたが、「インスタジェニック」という単語が登場したのは、この記事が本邦初のはずです。

こうして誰もが使うサービスとなったInstagram。ちょっと前までは「コスメ系やアパレル系ならインスタでもいけるけど……」と、活用できる業種も限定的だったのですが、今では、企業がソーシャルメディアを使ってファンとコミュニケーションを取るとき、Instagramは外せません。

そんなInstagramに新機能「ストーリー」が1年ほど前に登場しました。

こういうやつです。

一番上に出ている、丸いプロフ画像が並んでるやつ。リア充がクラブで踊ってたり波乗り行ったりしてる動画がバンバン上がってきます。

リア充の巣のようなインスタのストーリーはどういうものなのか。企業にとってどんなメリットがあるのか。聞かれることが多いので、今回はそのへんをまとめてみますね。

いま一番アツイのがInstagramの「ストーリー」機能

Instagramの「ストーリー」は、通常の投稿とは別に「ストーリー」として投稿することで、タイムライン以外で、写真や動画の共有ができる機能です。おもな特徴は次の3つでしょう。

  1. アプリ画面の最上段に表示される
  2. 24時間で消滅する
  3. 位置情報も掲載できる

この3つの特徴それぞれを、企業がどう活かせるか考えてみましょう。

①アプリ画面の最上段に表示される
→自社のロゴを露出できる

Instagramのアプリを開くと、まず目に飛び込んでくるのがストーリーの一覧です。

タコベルさん目立っております。いまやLINE・Twitter・Facebookと並んで、ユーザーの利用頻度が高いInstagram(それも最上段)に、自社のロゴをタダで出せる! これだけでも、ストーリー投稿をする意味があるのではないでしょうか。

②24時間で消滅する
→スナップ程度のクリエイティブを連打

Instagramの本筋「タイムラインに掲載する画像や動画」は、一定のクオリティがないとユーザーからの支持を得ることはできません。ですから、役に立つ投稿をするのは、それなりにハードルが高いものです。

しかし、ストーリーに掲載されたクリエイティブは24時間で消滅します。そのため、タイムラインの投稿に比べれば、多少はクオリティが低くても許されるかもしれません。ちょっとしたスナップ画像、広告的なクリエイティブ(タイムラインではご法度)など、ストーリーを使って露出を増やすのもアリでしょう。

ただし、あまりに画質が悪い投稿、意図がよくわからない投稿などは、かえって印象を悪くしてしまう恐れもあります。「企業ブランドを損なわない」というのは最低限意識しつつ、いろんなアイデアを試してみてください。

③位置情報も掲載できる
→店舗型業種にお勧め!

「画像のなかに位置情報を組み込める」という、従来のInstagram投稿にはなかった機能が、ストーリー投稿では使えます。

実店舗の営業時間、イベントの開催時間など、有効に活用できるでしょう。

「無料!」「時系列!」のメリットを今すぐ活用しよう

繰り返しになりますが、Instagramのストーリーのメリットは、次の3つ。とにかく、無料でInstagramの最上部に、自社のプロフ画像が出せるというメリットを活かしてください。

  1. アプリ画面の最上段に表示される
  2. 24時間で消滅する
  3. 位置情報も掲載できる

また、最近のFacebookやTwitterでは、タイムライン(ニュースフィード)にアルゴリズムが加わり、投稿が時系列で表示されなくなっています。Instagramでも同様に、タイムラインでは、ユーザーごとに選別された投稿が、優先表示されています。

そういったなか、今後、アルゴリズムが変更されるかもしれませんが、現時点では確実に時系列で表示されるのが、このInstagramのストーリーだと言えます。

早めに取り組むのが良いでしょう。まずは1つでもいいので、すぐに投稿してみましょー!

田村でした。

キリン様、資生堂様ご登壇「ブランディングを成功に導くデジタルマーケティングセミナー」10/4開催

株式会社オプトでは、「ブランディングを成功に導くデジタルマーケティングセミナー~デジタル時代に対応したブランディングの考え方と実践例~」を、10月4日(水)に開催いたします。

企業のマーケティングのデジタルシフトが進み、生活者へブランド体験を提供する方法は、日々変遷しています。テクノロジーの進化、メディアの分散化など、現代におけるデジタル環境を活かして、どのようにマーケティングやコミュニケーションを変容させていくのか。本セミナーでは、オプトのブランドコミュニケーション専門組織での実績とナレッジに加え、先駆けてデジタルをブランディング施策に取り入れてきた、キリン様と資生堂様の事例をご紹介いたします。

詳細はこちらから↓↓↓↓

http://www.opt.ne.jp/creative/brandingseminar_2017/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet24はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]