国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。
海外&国内SEO情報ウォッチ

「SEOのために必要なページの文字数」知りたい人、集まれ~!!【SEO記事12本まとめ】

「どんな内容を」「どれぐらいの分量で」「どう見せるか」は、どんなユーザーのどんなニーズや課題に応えるかによって決めるべき
鈴木 謙一 2017/6/16(金) 6:00 |
tweet57はてなブックマークに追加 印刷用

ページ

「SEOで上位に表示されるためには、文章を何文字以上にするのがいいか?」を気にしている人がいたら、ぜひこの記事を読んでほしい。あなたにピッタリの情報がここにある。

ほかにも、「グーグルがMFIでレスポンシブ ウェブ デザイン激推し?」「健全なウェブサイト運営の心構え」「MFIでページ表示速度の順位への影響が強化?」などなど、SEO関連の情報をまとめてお届けする。

今週のピックアップ

「SEOのために必要なページの文字数」知りたい人、集まれ~!!
過去からなにも学んでいない証拠 (木村賢 on ツイッター)

こんな質問を見たことがないだろうか。

SEOで上位に表示されるためには、文章を何文字以上にするのがいいか?

こうした考え方に関して、アメーバブログなどサイバーエージェントのSEOを指揮している木村賢氏が、次のような意見をツイートしていた。

表現としてはやや辛口だが、言っていることはまったくそのとおりだ。

コンテンツをネットに公開するのは、検索エンジンのためではなく、ユーザーのためだ。検索エンジンは、あくまでもその間に存在するに過ぎない。

だから、「どんな内容を」「どれぐらいの分量で」「どう見せるか」は、どんなユーザーのどんなニーズや課題に応えるかによって決めるべきなのだ。

たとえば、同じ料理ジャンルだとしても、「ゆで卵」のレシピと、「ルーをイチから作るバターチキンカレー」のレシピとでは、適切な情報量はまったく異なるだろう。

また、料理の「初心者向け」なのか「熟練者向け」なのかによっても、盛り込むべき情報は異なるはずだ。

検索エンジンの評価という視点だけで文字数を気にする発想は、ユーザーが目に入っていない証拠にほかならない。

さらに言えば、コンテンツは必ずしも文字だけで作るとは限らない。情報のタイプによっては画像やイラストが適していることもあるだろう。たとえば、「ネクタイの結び方」を解説するのならば、文字よりも動画のほうがずっとわかりやすいはずだ。

コンテンツ作成に際しては、量だけではなく手段も考えたい。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!

日本語で読めるSEO/SEM情報

グーグルがMFIでレスポンシブ ウェブ デザイン激推し?
動的な配信・別々のURLなら適切な対応を確実に (木村賢 on ツイッター)

グーグルはモバイルファーストインデックス(MFI)推進にあたって、以前にも増してサイトのPC/モバイル対応の構成としてレスポンシブ ウェブ デザインを推しているようだ。

しかし、その背後にあるのは、世の中のウェブマスターの設定ミスと、その対応に困っているグーグルという事情ではないかと思われる。

今週始めに米シアトルで開催されたSMX Advanced 2017カンファレンスに参加していたサイバーエージェント社の木村賢氏のツイートを紹介する。

MFIをテーマにしたグーグルのゲイリー・イリェーシュ氏のセッション中に投稿したものだ。

新たに明らかになった情報ではないが、補足を加えてわかりやすく説明し直そう。

モバイルサイトの構成としてー、グーグルは次の3種類をサポートしている。

以前からグーグルとしてはレスポンシブ ウェブ デザインを推奨している。モバイルファーストインデックス(MFI)の導入に際して、さらにレスポンシブ推奨の度合いが高まった。大きな理由は次の2つに集約されるだろう。

  • PC向けページとモバイル向けページの差がない(少ない) ―― レスポンシブではHTML自体は同じなので、コンテンツ・metaデータ・構造化データが、PC向けでもモバイル向けでも同じ。ということは、MFIに切り替わっても影響がない(少ない)。

    「動的な配信」と「別々のURL」の構成では、モバイル向けページでコンテンツを削っているサイトがあり、MFIの影響を受ける可能性がある。

  • アノテーションの設定ミスが存在しない ―― 「別々のURL」構成ではアノテーション(link rel="canonical"link rel="alternate"などのタグ)を正しく設定していないと、モバイル向けページとPC向けページの対応関係を適切にグーグルが認識できない。

実際にアノテーションの設定ミスはかなり多いと聞いたことがある。そうしたページを適切にインデックスするのが難しいことが、グーグルがレスポンシブを推してきた理由だと、業界的には考えられている。

そこにMFIが本格的に導入されると、そうしたページのインデックスでさらに問題が出るのだろう。

それに加えてMFIの影響を受ける可能性が高い「モバイルでコンテンツを削っている」ページの存在などもあり、レスポンシブ推しが強まっているのだろうと推測される。

繰り返しになるが、次の2点に注意してほしい。

  • 「レスポンシブ ウェブ デザインにすればグーグルの評価が上がる」ということでは、決してない。

  • 「レスポンシブ ウェブ デザインへ移行しなければならない」ということでもない。

ただし、前述の解説でよくわからない場合や、正しく対応できているか不安な場合は、レスポンシブにしておくのはいいかもしれない。そのほうが、問題が起きる可能性を減らすのに効果があるかもしれない。

とはいえ、すでに「動的な配信」や「別々のURL」で構成していて、それを変更しづらい場合もあるだろう。そういう場合は、グーグルが提供する関連情報を見逃すことなく、必要に応じて確実に対応しておくことが重要だ。

★★★★☆
  • すべてのWeb担当者 必見!

大量に記事を転載されたときの対処・広告の掲載場所・所有サイト間のリンクなど、6月のウェブマスターオフィスアワー開催
3人のグーグル社員が一同に介して質問に回答 (ウェブマスター オフィスアワー)

恒例となった毎月開催のウェブマスター向けオフィスアワーの6月版が開催された。日本滞在中の長山氏、金谷氏、あんな氏の3人が一堂に会しての開催だ。

※念のために毎回説明しているが、「ウェブマスターオフィスアワー」とは、グーグルの社員が登場して、一般のウェブマスターからのサイト運営に関する質問に回答したり、ウェブマスターとカジュアルに情報交換したりしていく動画プログラムだ。

今回取り上げられた質問は次のようなものだ。多岐にわたるトピックになっている。

  • 大量に記事を転載された場合の対処方法
  • サイト内広告枠の位置
  • PC検索結果にモバイルURLが表示される理由と対策
  • robots.txtでブロックされているURLのクロールとインデックス
  • 検索アナリティクスの「掲載順位」の定義
  • 管理権限がないサイトの再クロール依頼
  • 短縮URLがインデックスされてしまう
  • モバイル検索結果のサムネイル画像
  • 多言語サイトの最適化
  • ECサイトの存在しないページの対処
  • 大規模サイトのキーワードページ
  • インデックスされないページ
  • 検索アナリティクスの数値の際
  • 検索順位の基準
  • 所有するサイト間のリンク
  • DMCA侵害の申し立て申請が却下される

まだ視聴していな人のために、YouTubeにアップロードされた録画を埋め込んでおく。

★★★★☆
  • SEOがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)
  • ホントにSEOを極めたい人だけ

アフィリエイトサイトから学ぶ、健全なウェブサイト運営の心構えとは?
あなたのサイトの存在意義は? (iscle)

あなたはアフィリエイトサイトについてどのような意見やイメージをお持ちでしょうか?

「お金儲けのためのサイト」
「広告ばかりで鬱陶しい」
「検索結果から消えてしまえばいい」

正直、上記のように思われている方は多いのではないでしょうか?

こうした問いかけをしているのは、あるセミナーイベントの参加者。グーグル サーチクオリティチームの金谷氏が登壇したセミナーに参加した人が、レポート記事でアフィリエイトとSEOに関して解説している。

アフィリエイト向けのセミナーだったのだが、一般のウェブ担当者にも共通のトピックが多かったようだ。大きく分けて次の3つのテーマを、記事ではまとめている。

  • 健全なアフィリエイト・エコシステム
  • ウェブマスター向けガイドライン(品質と不正なハッキング)
  • 再審査リクエストのポイント

特に注目したいのは1つ目の「健全なアフィリエイト・エコシステム」だ。アフィリエイトサイトに向けてのものだろうと無視してはいけない。一般のサイトにも通じる、一番重要な観点だと筆者は考える。

少々長いが、次のように書かれている。

金谷氏は「アフィリエイトサイトは必要なの?存在する意味は?」と問いかけます。これは「アフィリエイトサイトが全く必要ない」と言っているわけではありません。「そのアフィリエイトが広告主やユーザーにとって本当に有益なものなのか」ということです。

内容がありきたりで似通ったアフィリエイトサイトがいくつも検索結果に表示され、公式サイトになかなか辿り着けなかったり、本当にその商品やサービスが良いものなのか判断に困った経験があなたにもあるでしょう。

ユーザーにとって信憑性の高い情報が見つけにくくなったり、公式サイトに辿り着くまでに余分なステップが必要となってしまいます。広告主にとっては無駄な広告費用が発生する可能性もあります。

ここに書かれている金谷氏の発言は、アフィリエイトサイトに限ったことではない。あらゆるサイトに当てはまる。

最初の問いかけを次のように置き換えてみて考えてみてほしい。

あなたが運営するサイトは必要なの? 存在する意義は?

あなたが管理するウェブサイトは検索ユーザーにとって必要だろうか?

ウェブに存在する意義(=ユーザーの役に立っている)はあるだろうか?

ユーザー視点が欠けていたら、どんなサイトでも価値がない。そして、あなたのサイトでしか得られない情報をユーザーに提供しなければならない。

ちなみに金谷氏は全国でこうしたセミナーに登壇する機会を探している。

問い合わせは、オフィスアワーの質問フォームからで構わない。ただし、連絡先を必ず明記すること。

★★★★★
  • すべてのWeb担当者 必見!

最先端のモバイルウェブ技術を知ることができるプレゼンスライド
PWAとAMPの最新情報まとめ (Yui Sakamoto on Speaker Deck)

最先端のモバイルウェブ技術とも言える、PWAとAMPの最新情報をまとめたプレゼンテーションスライドを紹介する。米

カリフォルニア州マウンテンビューで5月に開催されたGoogle I/O 2017のセッションで提供された情報をベースに作られている。

新しい技術をモバイルサイトに積極的に取り入れているなら、参考になるだろう。

★★★☆☆
  • PWA/AMPがんばってる人用(ふつうの人は気にしなくていい)

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

Chromeでの広告の扱いと、PWAの成功事例に関する記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet57はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]