お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

新人を“一人前のソーシャルメディア担当者”に育てる必殺の3ステップ!

「ぼく向いてないんです」「ユーザーの反応がないから」「ソーシャル使ってるからわかります」なんて言う新人には……

さーて新人くん、君は、企業としてのソーシャルメディアの投稿がわかっているかな?

今回は「新人の育成」について直伝

こんにちは。田村です。春ですね。ちょっと遅いかな。

そういえば去年の今頃は、「春恒例の“新入社員ソーシャルトラブル”を防げ! 新社会人に教えておきたい5つの落とし穴」という記事を書いてました。いまでも参考になると思うのでよければぜひ。

さて、今回のお悩みも、この記事と同じく「新人メンバー」について。こんなご質問をいただきました。

新しくソーシャルメディア運営チームに入った新人メンバーに、いち早くスキルをつけさせるにはどうしたらいいですか?

今回の記事でお答えしましょう(ちょっと説教風になりますよ、今回は)。新人ソーシャルメディア担当の育成には、3つのステップがあります。

その1とにかく一度、ソーシャル運用をさせるべし

さて、まず絶対にさせるべきは、「独力でのソーシャルアカウント運用」です。

題材はなんでもいいです。できれば、自分が苦にならないテーマがいいでしょう(でないと継続できません)。僕の場合は「野球」でした。いまでも「野球とネットとソーシャルメディア」なんてFacebookページとかやってます。とにかく、続くものなら、なんでもいいんです。

そして、上長であるあなたが、そのアカウントの運用状況をチェックするようにしてください。フォロワーやファンの増加具合、コメントの有無など。今までソーシャルアカウントを運用してきた先輩のあなたなら、何が良いのか悪いのかなど伝えられるはずです。とにかく継続させることが重要です。

企業によって運用しているソーシャルメディアはさまざまですが、まずは、「Twitter」「Instagram」「Facebook」という、日本のユーザーがもっとも多い3メディアを運用させることをお勧めします。

その2「想像と現実のギャップ」「素人とプロのギャップ」を体験させるべし

実際に運用をやらせると、必ず悩みが出てきます。新しいアカウントの運用を始めて1週間ぐらい経つと、フォロワーの増加ペースが落ちてきたりして、投稿がおろそかになったりします。そして、こんなことを言い出します。

ユーザーからの反応がないから、おもしろくないんですよね。

そんなときはコンコンとこう伝えましょう。

ウチの企業アカウントも、最初はまったく反応がなかった

いまでこそいろんなファンがコメントをくれたりRTしてくれたりするけど、ここまで成長するのに、何か月もかかった

その過程を、自分のアカウントでまず味わいなさい

想像と現実は違うのです。まずこれを体感することが重要なのです。

一方で、こんなことを言う新人も出てくるでしょう。

自分でやらなくても、いろんなアカウント見てるのでだいたいわかります。

でも、僕がプロ野球のプレイを見ながら、こんなことを言ってたらどう思いますか?

阪神タイガースの4番バッター、最近打てへんのは、左肩が開くのがちょっと早いねん。もうワンテンポ開くのをガマンしたら、前みたいにバッカバカ、ホームラン打てるようになるのに!

はい。口の達者な、ただの素人ですね。

いちおう僕も、高校生までは野球をやってたので、調子が悪いときになんとなくどこが悪いかはわかります。でも、高校時代には1本もホームランを打ったことはありません。ましてやプロの球など打てるはずがありません。

ここでもプロと素人は大違い。ハタから見てるのと、自身がプレイヤーとして動くのとでは大違いなのです。ソーシャルメディアもいっしょです。

  • どんな言い回しをしたら、ファンは喜んでくれるのか
  • レスポンスが早いのと遅いのとでは、何がどう変わるのか
  • 発信しているだけのアカウントと、ユーザーと絡みながら運用しているアカウントでは、フォロワーの伸びがどう違うのか

などなど、傍観して得た“脳みそだけの知識”ではなく、“体感した現実”が必要なのです。

それでも自分でやろうとしないで「だいたいわかります」という新人には、1週間、運用をまるまる任せてみましょう。想像と現実の違いをもれなく、痛感することになります。

その3ソーシャル運用は「向き不向き」ではなく「仕事」と割り切るべし

そして、こんなことを言う新人もいたりします。

私は、ソーシャルメディアを運用するのとか、向いてないですから……。

えっと、向いてる・向いてないとか、やりたい・やりたくないとかではなく、ソーシャル運用は仕事なのです。

経理希望で入社して営業に配属されて「私は、営業に向いてないので外回りはしません」って言いますか? 広報希望で入社して広告運用のチームに配属されて「私は、広告には向いてないです」という理由で業務を拒否したりしませんよね?

Twitter・Instagram・Facebookを個人で使っている人でも、会社のアカウントを運用するとなると、なぜか尻込みをすることがあります。

しかし、企業のソーシャルメディアアカウントを運用するということは、あくまでも仕事なので、個人が好き勝手につぶやくのではなく、ビジネスとしての立ち居振る舞いが必要です。逆にいえば、そうした立ち位置やノウハウを理解したうえで、「仕事」として運用することが重要なのです。

とにかく「自分で運用してみること」がすべて

配属されたばかりの新人を、ソーシャルメディア担当者として一人前にするには、とにかく以下の3つのステップが必須だと言えます。

  • その1: とにかく一度、ソーシャル運用をさせるべし

  • その2: 「想像と現実のギャップ」「素人とプロのギャップ」を体験させるべし

  • その3: ソーシャル運用は「向き不向き」ではなく「仕事」と割り切るべし

繰り返しになりますが、まずは独力でソーシャルメディアを運用することを体験させてください。例外はありません。それを通じて、さまざまなギャップを知るとともに、趣味や楽しみとして投稿するのではない「仕事としてのソーシャルメディア運用」を理解していくのです。

以上、田村でした。

オプト運用メディアご紹介

オプトでは「kakeru(かける)」というメディアを運営しています。

「ソーシャルメディア」と「なにか」を掛け合わせることで、化学反応的に生み出されるインターネットの新しい楽しみ方や活用方法を探求するメディアです。

SNS映えする写真撮影のコツや、SNSの注意点を弁護士の立場から解説した記事など、SNS運営するにあたってお役立ちの情報が満載です。日々のSNS運用のヒントとしてお役立てください。

kakeru注目記事ピックアップ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet35はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore