編集長ブログ―安田英久

Google Site Searchが終了へ、サイト内検索は2018年までに他のサービスに乗り換えを

企業向けに有料で提供しているサイト内検索サービスの「Google Site Search」を終了

今日は、サイト内検索の話題を。グーグルは、サイト内検索サービスのGoogle Site Searchを2018年に終了することを決定しました。利用しているサイトは他のサービスへの移行が必要です。

Google Site Searchは2018年3月で提供終了、ただしGoogleカスタム検索エンジンは継続提供

Googleは、企業向けに有料で提供しているサイト内検索サービスの「Google Site Search」を終了することを決定しています。サービス提供は2018年3月31日までとされています。

そのため、サイト内検索にGoogle Site Searchを利用しているサイトでは、他のサイト内検索サービスへの移行が必要です。

グーグルは無料で利用できる「Googleカスタム検索エンジン」を提供していますが、こちらは2018年4月以降継続してサービスを提供するとのことです。

Googleカスタム検索エンジンとGoogle Site Searchは、どちらもグーグルの技術を利用したサイト内検索の機能を提供するサービスです。検索という観点ではほぼ同じ機能を提供しますし、検索結果ページのデザインなども比較的自由にカスタマイズできるのですが、次のような点で異なります。

  • Google Site Searchは有料だが、Googleカスタム検索エンジンは無料
  • Googleカスタム検索エンジンでは、検索結果ページにGoogleのロゴや検索連動型広告が表示される
  • Google Site Searchではグーグルのカスタマーサポートを利用できる
  • Google Site Searchでは検索結果のXMLフォーマットでの取得の機能が提供される

そのため、サイト内検索の検索結果ページでグーグルのブランド名が出ることに問題がない企業は、取り急ぎGoogleカスタム検索エンジンに移行することで、同様の機能を利用できます(営利企業でも利用は問題なし)。

ただし、サイト内検索結果ページを完全に自社のものとして表示し、グーグルのブランド名を出したくない企業は、他のサイト内検索サービスへの移行が必要になります。

終了までもサポートは提供、早期終了の顧客には無償期間も

2018年でサービスを提供する予定のGoogle Site Searchですが、当然のことながらそれまでは利用企業に対するサポートは継続して提供されます。

また、2017年4月1日から6月30日までにGoogle Site Searchの契約が終了する顧客には、移行作業に対応するための措置として3か月の無償提供期間(追加の検索ボリューム付き)を設けるとのことです。

サービス提供終了の理由についてグーグルでは、「企業でお使いいただくお客様に、さらに利便性の高い検索サービスを開発・提供するために戦略的にリソースの再配分を行いました」としています。

Google Site Searchのサービスを利用しているサイト数は非公開。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet239はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

EMD
EMDは「Exact Match Domains」の略で、「完全一致ドメイン名」 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore