ネット担当者フォーラム
ネットショップ担当者フォーラム ダイジェスト

アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】

米Amazonの2016年における連結総売上高は前期比20.7%増の1359億8700万ドルで、日本事業の売上高が占める割合は7.9%

この記事は、姉妹サイトネットショップ担当者フォーラムで公開された記事をWeb担当者Forumに転載したものです。

アマゾン日本事業の売上高が円ベースでついに1兆円を突破し、日本のAmazonも勢いが止まらない。米Amazonが公表した「年次報告書」などから、2016年の米Amazon、日本事業などの動向をまとめてみた。

グローバルの販売状況

米Amazonの2016年における連結総売上高は前期比20.7%増の1359億8700万ドル。

内訳は次の通り。

  • 仕入れ商品による売り上げ(デジタルメディアコンテンツなど含む) → 914億3100万ドル
  • 第三者販売サービス売上など(第三者が販売するサービスに関する手数料売上など) → 229億9300万ドル
  • 定期購入売上など(「Amazon プライム」の会員費など) → 63億9400万ドル
  • AWS(Amazon Web Service) → 122億1900万ドル
  • その他(広告サービスやクレジットカード契約などの売上) → 29億5000万ドル
アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】① 2016年のAmazonの売上高内訳
2016年におけるAmazonの売上高内訳

世界的に会員数が増加傾向にある「Amazon プライム」について、2016年10月のCIRP社の発表によると、2016年9月30日の時点でアメリカのプライム会員数は6500万人という。

地域別の売上高は次の通り。日本事業の売上高が占める割合は7.9%、2015年度から0.2ポイントアップしている。

  • アメリカ → 903億4900万ドル(前期比28.0%増)
  • ドイツ → 141億4800万ドル(前期比19.7%増)
  • 日本 → 107億9700万ドル(前期比30.6%増)
  • イギリス → 95億4700万ドル(前期比5.6%増)
  • その他 → 111億4600万ドル
アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】② 2016年のAmazon国別売上高
 

なお、ネッ担編集部が連携している米国大手EC専門誌「Internet RETAILER」が報じたところによると、2016年のアメリカにおけるオンライン購入の43%は、アマゾン経由(アマゾンが注文処理を行うマーケットプレイス含む)という詳しくはこちら

アマゾンだけで米国EC市場のシェアを43%も獲得している。止まらない成長の理由 2016年米国EC市場における成長率におけるアマゾンの割合②
アマゾンのサイトで販売されたオンライン売上の比率参考記事はこちら
黒:その他 オレンジ:アマゾン
出典:インターネットリテイラー、ChannelAdvisor、Slice Intelligence、アメリカ商務省
※市場シェアにはアマゾンが自社で販売した製品および、同社のマーケットプレイスで販売された製品が含まれる

日本事業の販売状況

アマゾン日本事業の2016年(2016年1~12月)における売上高(ドルベース)は107億9700万ドルで前期比30.6%増(2015年の日本事業売上高は82億6400万ドルで、前の期比4.4%増)。

アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】③ Amazon日本事業の売上高推移(ドルベース)
Amazon日本事業の売上高推移(ドルベース)

2016年の年間平均為替レート(108円)で換算すると、日本事業の円ベースの売上高は前期比17.5%増の1兆1660億7600万円となる。

アマゾン日本事業の売上高は直販のほか、第三者による販売(マーチャント売り上げ)の手数料収入なども含まれる。

アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】④ Amazon日本事業の売上高推移
Amazon日本事業の売上高推移(年間平均為替レート換算)。平均為替レートは、2010年が87円、2011年は79円、2012年は79円、2013年は97円、2014年は105円、2015年は120円、2016年は108円で換算

アマゾンに詳しい業界関係者によると、全体の流通額のうち約4割が第三者による販売で、手数料収入は第三者の販売額の約10%と考えられるという詳しくはこちらをご参照

ネッ担編集部ではこの数値を前提に、アマゾン日本事業の流通総額を推測してみる。2015年度については、第三者による流通額は約6200億円、直販による流通額は約9300億円と推計。2016年は、第三者による流通額は7200億円、直販による流通額は約1兆800億円となり、流通総額は少なくとも合計1兆8000億円規模まで広がっている推計できる。

*アマゾンさんは流通総額を公表していません。関係者からのヒアリングを通じたネッ担編集部の推計値です。ご注意を。

オリジナル記事はこちら:アマゾン日本事業の2016年売上高は約1.1兆円【Amazonの2016年販売状況まとめ】(2017/02/15)

ネットショップ担当者フォーラムについて

ネットショップ担当者フォーラムでは、ECサイトを運営する企業の経営者や運営担当者、制作者が語り合う場所や、“ここに行けば情報がある”、“ここに行けば問題が解決できる”を目指したメディア運営をしています。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet32はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]