お悩み解決! ソーシャルメディアあるある情報

「静止画3枚」でFacebookのリーチが跳ねる! 最新の特効薬は「カンタン動画」

ただ画像を投稿するのでなく、動画(スライドショー)化するだけで、Facebookのリーチは大きく伸びる

最近リーチが伸びてないと悩むあなた! わかる、わかるよ~

Facebookのリーチがいつの間にか変動していた?というあなたに

こんにちは。田村です。今回は「Facebookページのリーチが、あまり伸びなくなってきた」と悩むソーシャルメディア担当者にお送りします。

Facebookのニュースフィードアルゴリズムは、気付かぬ間に変わっています。昨日までは「画像を載せておけば大丈夫!」と、毎日1万ぐらいリーチが出ていた(=エンゲージが高まる・リンククリック数が上がる)状態だったのに、今日になったら100ぐらいしか出なくなってしまう、といったことがよくあります

そういうわけで、最新の2017年2月の状況をご紹介しましょう。

まさに今、リーチが出やすい投稿の仕方を検証してみました。私が管理しているファン数3000~6000前後のFacebookページから、投稿をピックアップしてみました。

最新トレンドは、「とにかく動画」だった!

ごちゃごちゃお伝えするよりも、まずいくつかの投稿について、数値を紹介・比較しましょう。ABテストしたわけではなく、同種の投稿を比較していますが、じゅうぶん目安にはなると思います。

スポーツ系Facebookページの例

【画像のみ】まずは画像のみの投稿。リーチは5,132でした。

【スライドショー動画】次に、画像を3枚組み合わせ、スライドショー動画にして投稿しました。15,938リーチで、画像のみと比較すると3倍ですね。

ちなみに投稿のタイミングは2日しか違いません。ファンを広告で獲得しながらの発信ですので、通常時よりはリーチしやすくなっていますが、1投稿目と2投稿目のタイミングで、ファンの数は2~30人しか増加していません。それでも、リーチは1万増でした。

宿泊施設Facebookページの例

【複数画像】複数画像の投稿。建物内レストランで出される料理をキレイに撮影し、8枚同時にアップしました。これのリーチは1,372でした。

【動画】次は、TVCMとしても流せそうな、プロモーション動画を投稿。4,196リーチ、つまり3倍に大きく跳ねました

旅行系企業Facebookページの例

【複数画像】おすすめホテルの建物内画像を、プロカメラマンが撮影。4枚を同時投稿したところ10,750リーチでした。

【360度動画】「冬の旅」を疑似体験できる360度動画を作成して投稿。これは22,680リーチと、こちらもリーチが倍増しています。

まあ、あげていくとキリがないのですが、とにかく「動画はリーチが伸びる」のです。

一昔前、セミナーやコンサルの場でFacebookの投稿についてお話しする際「こじつけでもなんでもいいので必ず画像をUPしてください」とお伝えしていました。それが今は明確に「動画」になっています。

じゃあ、どうやってどういう動画を作るの?

「でも、動画作るのって大変だしお金もかかるし……」と心配な人も多いでしょう。でも、そこはもうまったく大丈夫。Facebookが、勝手にあなたの画像を動画にしてくれます。用意するのは、まずは「2枚以上(できれば3枚)の静止画像」だけでOKです。

Facebookでは最近、投稿画面が変わりましたが、ここから「写真や動画をシェア」をクリックします。

小さなウィンドウが開きます。「スライドショーを作成」を選択してください。

画面下の「+」ボタンをクリックして、あらかじめ用意しておいた画像をアップロードしていきます。

ちなみに動画の設定ですが、私はいつも次の設定にしています。

  • アスペクト比: 元の比率
  • 画像の表示時間: 3秒
  • トランジション: フェード

この設定も、画像に合わせて変更すれば反応が変わるかもしれません。ぜひ試してみてください。

設定が終わったら画面右下の「スライドショーを作成」ボタンをクリックします。

ここで表示させたいテキストメッセージを入力し、最後に画面右下の「公開」をクリックします。

最初はちょっとややこしく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単です。いくつか画像を見つくろって、アップロードしてテキストを入力するだけです。これで単なる画像が動画に変身します。つまり「リーチが伸びる」のです

ちょっとでいいから広告も

さらにリーチを伸ばしたければ、「広告を出稿する」という手もあります。

これも実際の結果を見てもらいましょう。まずは広告を打たなかった、2つの投稿。当然ながら「オーガニックリーチ」のみの数値となっています。

例1(広告なし)
例2(広告なし)

一方、同種の投稿について、広告配信した結果です。

例3(広告あり)
例4(広告あり)

もう笑うでしょ、これだけ違うと。ちなみにこの4つ投稿、すべて同じ週に投稿した、同じFacebookページのものです。

でも、広告って、お高いんでしょ~?

いえいえ、なんとこれ1回1,000円しかかけてません。1,000円でこれだけ変わります。飲み会1回ガマンしたら3投稿分ぐらい(いい飲み会なら5~6投稿分ぐらい)広告出稿できます。

残念ながら、Facebookを企業が利用する際には、「お金をかけないと情報を届けられないメディア」になりつつあるのは事実です。

でも、考え方を変えてみるのは、いかがでしょうか。

つまり、「ある程度の費用をかければ、確実に一定数のユーザーに情報を届けられるメディア」になったと考えるのです!

ポイントは「動画」、そして「広告」

「リーチが伸びない」と悩んでいるあなたの知らないところで、バンバンリーチさせているFacebookページがあります。ポイントは「動画」、そして「広告」です。

いずれも、ソーシャルメディア担当者の皆さんが思っている以上に、お手軽かつ安価なのが、いいところです。

ぜひあなたもリーチ勝ち組になってください。

田村でした。

「オプト・動画マーケティングセミナー」を5/29に開催

株式会社オプトは、「オプト・動画マーケティングセミナー」を5月29日に開催します(Google様、日本ネスレ様より特別講演実施)。

動画視聴が、スマートフォンやPC、タブレット等で一層日常的になるなか、マーケティングへの動画活用ニーズはますます高まっています。

本セミナーは4部構成でそうしたニーズに応える内容です。第1部では、TVCMとの最適配分や効果検証等含め、Webならではの動画マーケティング活用方法、今後の展望についてご説明いたします。第2部では、ゲスト講師Google様から、動画プロダクトのご説明、企業の動画マーケティング活用事例等をご紹介いただきます。第3部では、企業事例として、ネスレシアターを展開するほか、昨年「Branded Shorts Special Recognition Award」を受賞するなど、さまざまな先進的取り組みを実践されているネスレ日本様から、マーケティング活動における動画の役割、取り組み状況と事例、成果と課題等々をご紹介いただきます。第4部では、動画制作上でのメソッドと事例、また好意形成・話題化等、効果的な動画マーケティングの活用方法を事例とともにご説明いたします。

皆様のマーケティング活動の一助となれば幸いです。ご参加を心よりお待ちしております。

詳細はこちらから↓↓↓↓

http://www.opt.ne.jp/creative/videomarketing-seminar2017/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet43はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

NAP
「NAP」とは、 Name(店舗や会社の名前) Address(所在地) ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper株式会社ブレインパッド
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore