企業ホームページ運営の心得

「こだわり」を演出する「時間」という仕掛け

こだわりを演出する時間の使い方
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の462

本当のコダワリとは

moodboard/moodboard/Thinkstock

先日、とあるチェーン店のしゃぶしゃぶ屋にて「熟成肉」を注文。口にしてから、その仕掛けに気がつき、「こだわり」に釣られたと文字通り噛みしめます(理由は記事の最後に)。

こだわりとは、お客がクチコミをするときのマニュアルです。だからこそ、前回は「語る言葉」を用意すべきだと紹介しました。ところが、現場にいるとこんな反論も耳にします。

こだわりは店の秘密。公開する訳にいかない

もちろん、それが「門外不出」なら秘密のままで結構。機密レベルのこだわりを公開することはありませんし、ホームページを通じて企業広報を手伝う私にでさえ、「秘密」だと教えてくれないケースも多々あります。

そんなときは、「時間」を軸としてこだわりを演出します。

時間という補助線

前回紹介した居酒屋は、近所のスーパーマーケットの仕入れにこだわっていました。

仕入れチャネルとしてのスーパーマーケットが侮れないのは事実ですが、それだけで客にこだわりとして演出するには弱いもの。

そこで、「わかりやすさ」を工夫します。前回の「肉」で触れたように、こだわりを伝えるときに優先すべきはわかりやすさです。そして、わかりやすさの補助線が時間です。

居酒屋店主のスーパーめぐりは毎日1時間。この時間を使い、次のように仕上げます。

街にでると、季節の変化はもちろん、栄枯盛衰そのままに街の風景は更新され、店頭に並ぶ新商品は、いわば「トレンド」。そのため毎日、買い出しに1時間を費やしているのだ

だれでもわかる価値

少々気取った言葉を並べていますが、具体的に「1時間」という数字を入れるところがミソ。仕入れる素材のこだわりについてはわからなくても、1時間ならだれでもわかりますし、だれでも語れます

コンテンツとして用意するこだわりは、お客が語れるものでなければなりません。大切なことなので繰り返しになりますが、こだわりとは、お客がクチコミするときのマニュアルだからです。

時間を入れ込む狙いは、「手間暇をかけている」と錯覚させるところにあります。一般論ながら、居酒屋の客層は男性(会社員)が多く、大半は日用品の買い出しに疎いものです。

マイカーのハンドルを握り、家族総出で買い出しにでかけても、運転席に残りスマホをいじるパパにとって、毎日1時間もの買い物は、想像を絶する苦行に映ることでしょう。

実践におけるポイントは

一方、主婦からみれば1時間の買い物は、さして珍しいものでもありません。スーパーマーケット、ドラッグストア、パン屋とはしごでもすれば、あっというまに経過し、ありがたみがありません。

この居酒屋が、仮に主婦をターゲットとするならば、同じ時間でも「仕込み時間」にするといいでしょう。これまた一般論ながら、飲食店の開店前の仕込み(準備)は3時間ぐらいかけるもの。一方、都市部の主婦の1日の炊事時間は、朝昼晩を合わせて1時間半前後と言われており(少々データは古いですが)、その「倍」の3時間は主婦にとって、こだわりだと錯覚しやすい数字だからです。

そしてここが実践における最大のポイント。ターゲットの客層が「わかりやすい時間」を用意します。

  • 3年の歳月をかけて開発したカレーパン
  • 10年修行した板長が手がけるお造り
  • 昭和29年創業の味

いずれも発想は同じく「わかりやすい時間」です。わかりやすいと、語りやすいはほぼ同義です。

こだわりの舞台裏

本稿は「Web担当者」向け。ここから「わかりやすい時間」が「こだわり」に転じる種明かしです。

ラーメン屋でよく耳にする「○時間煮込んだスープ」も同じです。そんなに手間をかけているのかと錯覚し、こだわりだと誤解するお客は少なくありません。

しかし「煮込む」とは極論すれば鍋に材料を入れて火にかけているだけ。ときどき攪拌(かくはん)し、灰汁(あく)を掬(すく)うぐらいで、漫画を読みながらでもできる作業です。

なにより「煮込んだ時間」と、うまさは必ずしも比例しません。煮込みすぎで、素材の風味を殺すこともあります。さらにいえば、お客のだれ1人として、煮込んだ時間を確認してはいません。

それでもお客は、かけた時間という「情報」をありがたく感じます。時間だけは、すべての人に平等に与えられるものだからなのかもしれません。

いずれにせよ答えは、本稿のなかで何度も示しているように「錯覚」です。なお、「手間暇をかけて」という説明は、人により想像する「手間暇」が異なるので、期待通りの「錯覚」を得られないことがあります。アバウトでも、具体的な時間を示す方がいいでしょう。

熟成肉の真実

さらに身も蓋もない話ですが、こだわりが品質を高めるわけではありません。中には首をかしげるこだわりだってあります。

某有名寿司店の板長は、外出時には必ず手袋をして、寿司を握る手の保護に努めるといいます。これを知り合いの有名シェフは、オフレコと断りながらも「パフォーマンス」と一刀両断。

しかし、お客はそうした情報を楽しんでいるのです。そして手袋のように珍奇な、もとい強烈なエピソードがなくても、時間を使えばこだわりは作りやすいということです。

冒頭に触れた「熟成肉」は、時間によるこだわり演出の応用編。熟成肉とわざわざ打ち出されると、なんとなく、長い時間をかけているかのように錯覚してしまいます。しかし、熟成肉に明確な定義はなく、店によって環境はバラバラ、冷蔵庫で2~3日寝かせただけでも強弁できます。実際、メニューの隅から隅まで探しましたが「熟成」の説明は一切ありませんでした。

そもそも、うま味が増すと言われる「乾燥熟成肉(ドライエイジングビーフ)」は、肉自身の酵素によりうま味が増す上に、肉に含まれる水分が自然蒸発することで、うま味が凝縮されることを期待する保存方法です。それを、うま味の効いたしゃぶしゃぶの「湯(出汁)」に入れたならば、もはや熟成である必要はないと口にして気がつきます。

「うまい!」と膝を叩いたのは、肉にではなく、その「手口」にです。

今回のポイント

こだわるのは「わかりやすい時間」

錯覚させるツールが「時間」

この記事が役に立ったらシェア!
tweet25はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]