企業ホームページ運営の心得

トランプ大統領候補式、悪党の交渉術

悪と見られることを恐れない一言が、暗礁を抜け出す一手になることがあります
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の458

トランプ大統領誕生か

matthiashaas/iStock/Thinkstock

参議院選挙を目前に永田町界隈が騒がしくなっていますが、太平洋を挟んだアメリカでは、ドナルド・トランプ氏が共和党の大統領候補指名を確実にしました。下馬評では民主党の元国務長官、ヒラリー・クリントン氏が大本命。ところが、アメリカの政治情報サイト「Real Clear Politics」が実施した、両者が直接対決したという前提の5月の調査結果で「トランプ支持」が初めて多数となります。

人種差別から荒唐無稽な妄想まで繰り広げる「暴言王」のトランプ大統領が誕生したならば……と考えるのは本稿の趣旨ではなく、米国国籍を持たない足立区民が口を挟むべきものではありません。しかし、「トランプ流」とも呼べる言動は、ビジネスシーンにおける「交渉の心得」として使えます。

お前はクビだ!

トランプ氏は、家業の不動産業を手伝いながら、多角経営に乗りだし、時流の波を掴み「不動産王」に成り上がります。浮沈の激しい人生ながら、2007年の「サブプライムローン問題」で子会社が傾いても、日本の「民事再生法」のような「連邦倒産法第11章」を「活用」して資産防衛に成功。前後して視聴者参加型番組「Apprentice(アプレンティス/見習い)」でホストを務め、「お前はクビだ(You're fired)」と憎たらしく失格を告げる姿でお茶の間の人気者となります。

法律を駆使する狡猾さは逞しさの裏表で、自らのしくじりを棚に上げ「お前は首だ」と吐き捨てる姿はまさに「ダーティーヒーロー(悪党)」です。

悪党という強み

トランプ氏は「悪党」あるいはその「イメージ」を利用しています。たとえば、「借金」にしても、善良なる負債者は返済を心がけ、滞れば殊勝に頭を下げるものですが、悪党は、

返せない俺様に貸したオマエが悪い

と開き直ります。社会常識の外側、あるいは半歩はみ出しているのが「悪党」。そして「商取引」としてみれば荒唐無稽ではありません。借入金に対する金利や担保は「返済不能リスク」への対価。語弊を怖れずに言えば、民事再生法とは、これの合法的な手続きです。

トランプ氏が体現する交渉の心得とは、

悪党と見られることを怖れない

もちろん金を返すな、という話ではありません。

逆転ホームランを打つ

善良な市民のままでは、頭を下げ、相手の許しを請うしかない局面でも、「悪党」になれば打開できることがあります。

ある広告がこちらのミスによって、予定したスケジュールでの展開が不可能となりました。先方に出向くと、怒り心頭に発し、取り付く島もありません。そこで「悪党」の出番です。

お怒りはごもっとも。しかし、このままではなにも解決しません。実現可能な範囲でご希望をきかせてください

トランプ語録には「最悪を想定してビジネスに挑め」とあります。すでにののしられている現状に覚悟を決め、「間に合わなくなったのは、オマエの落ち度だ!」と怒りの炎に油を注ぐこともためらいません。

罵詈雑言は相手の口の数しか出てきません。開き直った結果、その場で取引停止となれば、頭を下げるストレスもこれにて打ち止め。これ以上の最悪はないでしょう。

相手を黙らせる一言

交渉決裂というちゃぶ台返しも辞さないのが「悪党」です。前述の広告案件の結果は逆転ホームラン。冷静さを取り戻した善良なるお客様と「実現可能な範囲」の広告で手を打つのでした。

こんなケースもありました。指示通りに完成したホームページの反響がさっぱり。クライアントは怒り心頭。いつもならば社交辞令でも力不足を詫びるのですが、その日の私は、虫の居所が悪く「悪党」へ。

次回から実費を除いた利益を山分けする契約でいきましょう

目の前の失敗ではなく、そもそも論へのちゃぶ台返し。結果責任だけ押しつけるのであれば、成功したときには山分けするのがフェアだろうと。実費にマージンを乗せておけば損はしないと目論みつつ。

下げずにアジャスト

お客の嫌がることとは、自社の利益になることが多く、お客に「悪党」と思われたとき、自社の利益が生まれる……こともあるとしておきます。基本、私は誠実な人間。トランプ氏も同じようなことを言っていた気もしますが。

暴言の限りを尽くしてきたトランプ氏ですが、大統領指名争いの本命に躍り出たあたりから、軌道修正をはじめ、「交渉は最初に無理難題をふっかけるもの」という主旨の発言をしています。これも「悪党」ならではの交渉術。大統領に就任した後に、大きく方針を変更しても、

知らなかった。状況が変わった

と押し切る腹づもりなのでしょう。知ったから、状況が変わったから方針変換した。その何が悪いのだと。不満を覚えつつも、反抗しきれる善良な市民は多くありません。

ポイントは無理難題を提示してから、状況によって条件を合わせていくこと。条件を下げるのではなく、アジャストしていくのです。日本語では「足元を見る」と呼び、嫌われることも少なくありませんが、嫌われることをいとわないのも悪党ならではです。

悪党の対処方法

トランプ氏ほどではないにせよ、ビジネスシーンに悪党は少なくありません。もし、あなたの周囲に「悪党」がいて、「知らなかった」と開き直りをされたときは、同じく悪党で接するといいでしょう。

ご存じなかったのでしたら仕方がありません

と受け入れたふりをして、当初案の120%の要求を提示します。ダメもとで無理を言う小悪党なら、以後、態度を改めますし、トランプ氏レベルの大悪党なら、ニヤリと笑い、これまでの過程を「なかったこと」にしろと求めてきます。

そしてここから、驚くほど「対等」な交渉がはじまります。悪党は難敵と競うより、御しやすい相手を選ぶからです。悪党相手には、こちらも悪党だと思わせるのがコツ。

いずれにせよ「トランプ流悪党交渉術」は、彼を不動産王とし、大国の大統領に成り上がらせようとしています。交渉が暗礁に乗り上げたときは、思い出してみてください。

今回のポイント

交渉で「悪い人」を怖れない

悪党には悪党で接する

この記事が役に立ったらシェア!
tweet20はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]