編集長ブログ―安田英久
「ページ遷移」言うな協会発足。「遷移」は状態が変わることだ

「遷移」は「状態が移り変わること」であり、Webページにおける「移動」とは違うもの

今日は、超小ネタです。「ページ遷移」という言葉がありますが、この表現が、どうも納得いかないのです。

一般的には、Webサイトにおいて、あるページから別のページに移動することを「ページ遷移」と呼ぶことが多いようですが、私はこの表現が、どうにも納得いかないのです。

というのも、「遷移」は「状態が移り変わること」であり、Webページにおける「移動」とは違うものだからです。

Web担では、基本的に「ページ遷移」という言葉を使いません。私が気づいた点は原則として「ページ移動」に修正しています。

辞書や辞典では次のように定義されています。

せん-い【遷移】

1. 移り変わること。移り変わり。

せんい【遷移 succession】

ある一定の場所で,生物群集の構成が一つの方向に向かって移り変わっていく現象。遷移の最終段階は極相climaxで,極相に到達すると遷移は停止し,生物群集は安定する。(後略)

「遷移」に相当する英単語は「succession」「transition」です。

いずれも、「ある状態から別の状態に(連続的に)変化すること」であり、Webページ上の移動のような、まったく別のものに瞬時に切り替わるものではありません。

ですから、リンクをクリックして別のURLがブラウザ上に表示されるのは、「ページ遷移」ではなく「ページ移動」のはずなんですよね。

あ、Webでも、「ページ遷移」と言うべきものはありますよ。URLは移動せずにAjaxでページ内の情報が部分的に変わっていく場合や、パララックスのようなエフェクトでページの内容が少しずつ変わっていくのは、「ページ遷移」に相当しますよね。

でも、そういう変化のことを「ページ遷移」と呼ぶと、人によって受け取り方が変わってきて、混乱しちゃうと思うんですね。

世の中で、だれが「ページ遷移」と言い出したのかは不明ですが、ここはひとつ、「ページ遷移」という言葉を世の中から追放して、「ページ移動」にしていくほうが、気持ち悪さがなくなっていいのではないでしょうか。

※この記事は、決して予定していた内容のコラムを書こうとしたらFacebookの仕様が変わっていたらしく意味がなくなって、苦し紛れに書いているわけではありません。

また、本当に「ページ遷移言うな協会」を立ち上げるつもりもありませんのであしからず。

tweet86このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle