コンテンツマーケ初心者の救世主、「どこをどう改善すれば流入が増えるか」を教えてくれる魔法のツール

Mierucaを使うと、自社サイトのなかで「流入の機会損失を生み出しているページやコンテンツ」を簡単に探し、打ち手を教えてくれる
[AD]
※このページには行動トラッキングのタグを設置しています
(広告元事業会社:株式会社Faber & Technology | プライバシーポリシーとオプトアウト

コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えているが、特にオウンドメディアの運営担当者は、集客について次のような悩みを抱えてはいないだろうか。

コンテンツを投入してきたが、どうも流入数が増えない。
サイト内のどこをどう手直しすれば改善につながるのか、わからない。
ぶっちゃけ、SEOとかアクセス解析とかさっぱりだし、あれこれ勉強する気力もない……。

社内外の協力を得ながら、コンテンツを作り、サイトを運営することは、新人Web担当者でもできないことはない。しかし、SEOやアクセス解析を駆使してサイトやコンテンツの課題を見つけ、その改善策を考えるのは、それなりに知識と経験が必要だ。

もちろん、潤沢な予算があれば、SEOやアクセス解析の専門業者に依頼すれば済む。しかし、それができる企業はほんのひと握り。多くの現場では、Web担当者一人で孤独にがんばるしかないケースもちらほら……。

こんな悩みを解決するのが、今日紹介するコンテンツマーケティングツールだ。

SEOやアクセス解析の素人でも使えて、検索からの流入数増加、コンバージョン数(成果)を上げるうえで障害となっているボトルネックのヒントを示してくれる夢のようなツール。それが、株式会社Faber & Technology(ファベルアンドテクノロジー)が開発・提供する「Mieruca」(ミエルカ)だ。

検索結果に表示される自社ページへのクリック率(CTR)を改善し、流入を最大化

まず、Mierucaによる集客アップの第一歩となるのが、「サチコミエルカ」という機能の活用だ。

サチコミエルカの「サチコ」とは、Googleの検索結果における自社サイトのパフォーマンスを監視・管理できる無料ツール「Google Search Console」(グーグルサーチコンソール)のこと。サチコミエルカではこのGoogle Search Consoleのデータを蓄積。Googleの検索結果に表示される自社ページへのクリック率(CTR)を簡単に改善し、流入数を最大化する提案を行ってくれる。

一般的な検索結果上での平均CTR(赤色のグラフ)と自社ページCTR(緑バブル)を比較した図
※世の中Webサイトと自社ページ群の現CTRを比較し、バブルチャート形式で改善対象ページの確認が可能。

どのようにクリック率(CTR)の改善を実現するのか。その答えはおどろくほど簡単だ。

検索結果に表示された自社サイトのタイトルリンクがクリックされないのは、ユーザーの期待に沿った魅力的なタイトル(オファー文)に設計していないからだ。ならば、このページタイトルを期待値に沿うように修正すれば、クリック率(CTR)が向上して流入の増加が見込めるというわけだ。

サチコミエルカでは、膨大な自社コンテンツのなかで「どのページや検索クエリが流入の機会損失を生み出しているか」を初心者でも簡単に探し出すことができる。

まず、自社サイトのページごとに、その順位における世の中の平均CTR(赤色のグラフ)と自社ページCTR、インプレッション数とクリック数を表示する。そして、「CTRが低いページをチェック」というボタンをクリックすると、実際のCTRが平均CTRを下回っている(=機会損失が発生している)ページを瞬時に表示してくれる。流入改善期待の高いページを、お手軽にかつワンクリックで発見できるのだ。

「CTRが低いページをチェック」というボタンを押したあとの画面。平均CTR(赤色のグラフ)と自社ページCTR(緑バブル)を比較。赤色のグラフより下位に位置する自社ページが改善対象ページ。

加えて、サチコミエルカでは「どこを改善すべきか」だけでなく、「どう改善すべきか」も自動的に提案してくれる。具体的には、自社のページを形態素解析技術を用いて解析することで、ユーザーが入力する検索クエリとのマッチングを評価。どのようなキーワードがページタイトルに足りないのかをすぐに提案してくれる。

※形態素解析:辞書を用いて意味のある単語に文章を区切り、内容を判別すること。

Web担当者はこうした提案を踏まえてページタイトルを修正するだけで、まずは即効性のあるWebサイトの改善を実現できる。

「ページ改善提案を見る」をクリックしたあとの画面抜粋。自社ページの現タイトルと、ページに流入する検索クエリを比較できる。黄色くマーキングされているキーワードが、流入しているが現状のタイトルに入っていないキーワードだ。
サチコミエルカのここがすごい!
  • Google検索結果におけるCTRが平均を下回っているページをすぐに発見できる
  • どのようなキーワードをページタイトルに盛り込めばいいのかを提案してくれる
  • 簡単な操作で、即効性のあるWebサイトの改善が実現する

他にも、Web担当者にうれしい以下のような機能が付いている。

機能一覧

  • 通常、Google Search Consoleの「検索アナリティクス」データは90日前まで閲覧可能だが、「サチコミエルカ」では、自動的にデータをダウンロード・蓄積することにより、最大13か月前まで閲覧可能に。データは自動的にダウンロード・蓄積されるため、煩雑な手作業は不要
  • Google Search Consoleでは一度に最大999件のデータの確認ができるが、セグメントを切って「検索アナリティクス」のデータを習得しているため、一度に多くのデータを確認可能
  • 「サチコミエルカ」にはURLおよび検索クエリのフィルタリング機能(正規表現も可能)があり、Google Search Consoleより手軽に、細かいセグメントでの分析が可能になる
  • 数万件のデータがある場合でも、一括でダウンロードが可能(毎月の回数制限あり)

ユーザーの意図欲求に応えられないWebサイト・オウンドメディアは、負のブランディングの兆候だ

副島 啓一 氏
株式会社Faber & Technology
代表取締役社長

冒頭のような悩みを抱えているWeb担当者にとっては、まさに渡りに船といえるMieruca。そのポイントについて、Faber & Technologyの代表取締役の副島啓一氏は次のように説明する。

検索エンジンを利用するユーザーは、検索意図(自身の知りたいこと)に応えてくれるページにたどり着きたい。検索結果に表示されるページタイトルが、『自分の期待に応えてくれないページだ』と思うと、ユーザーは検索結果のタイトルリンクをクリックしないでしょう。また、コンテンツにたどりついてもユーザーインテント(知りたいことや関心)に応える内容を提示できなければ、サイトから離脱するでしょう。

ユーザー(つまり、お客さま)の意図欲求に応えられないWebサイトやオウンドメディアは、『負のブランディング』を示しているものと考えています。

Mierucaを活用することで、『ユーザーの意図欲求は何か?』に向きあう第一歩を踏み出すことになると考えます。本施策を継続的に行うことで、真剣にユーザーと向き合うこととなり、サイトの集客向上やコンバージョン数(成果)向上につながるものと考えます」(副島氏)

Mierucaは、Webサイトやオウンドメディアのページやコンテンツを解析することによって、ユーザーの期待値とのズレが発生しているコンテンツやページを探し出し、効率よく集客を高め、コンバージョン数(成果)を増やすことを目的にしている。これまでWeb担当者が手探りと勘で行ってきたことを、データによって明確化し、加えてオートマチックに実現できるのだ。

検索結果に表示されているのにクリックされていないページ、つまり集客につながるポテンシャルはあるのに、それを活かせていないページを改善することによって、集客アップの効果はすぐに実感できるのではないかと思います。まず、第一歩が取り組みやすく、かつSEO効果を最大化させることが、このツールの目的です」(副島氏)

コンテンツの改善と成果につながらない導線を発見し、売上を加速する

Mierucaによる改善提案にはまだ続きがある。サチコミエルカで検索結果におけるCTRを改善したら、次に取り組むべきは、サイト来訪ユーザーの意図欲求に沿ったコンテンツ改善と成果につながる導線の確保だ。Mierucaはこうしたニーズに対しても、「共起語・お悩み分析機能(コンテンツ内容の改善)」「サイトレポート機能(成果導線のボトルネック特定)」という2つの機能で力強くサポートしている。

「共起語・お悩み分析」は、ページのテーマとなるキーワードに対して、ユーザーが検索するキーワードをビジュアライズ(ネットワーク図)して処理。検索ユーザーの知りたいことを俯瞰できる。

同時に、そのキーワードと一緒に語られることが多い「キーワード」(≒共起する語)や文脈の提案もしてくれる。

産学連携で研究を行い、開発にこぎ着けたツールだ。

「ウォーターサーバー」と一緒に検索されるキーワードマップ例。線の太さが一緒に検索される可能性を示す。
※「赤ちゃん」という言葉と一緒に調べられることがわかる。
「ウォーターサーバー 赤ちゃん」というワードの、共起する語および文脈を表示。具体的に「ミルクづくりに適した水を選びたい。数値も確認したい」ということが理解できる。

この機能を活用すれば、改善したいページについて、メインとなるキーワードだけでなく、そのキーワードとセットで使われる頻度の高いキーワードをカバーしたコンテンツを生み出す第一歩となる。また同時に、検索ユーザーの知りたいテーマを俯瞰してみることも可能だ。検索ユーザーの意図欲求に沿ったコンテンツ編成を行うことは、たとえば来訪者のページ離脱率低下やGoogle検索結果の改善を期待できることにつながるのだ。

また、「サイトレポート」を利用することで、コンバージョン導線のボトルネック特定が可能となる。サイトレポートはGoogle Analyticsのアクセス解析データを元に、自社ページに含まれるコンテンツを4つの力(集客力・閲覧力・誘導力・成果力)で評価。コンテンツをヒートマップ形式で解析することで、成果につながらない導線を発見できる。

潜在ユーザー
①集客力
着地ページ
②閲覧力
サイト内ページ
③誘導力
成果ページ
④成果力
Webサイトやオウンドメディアのコンテンツを4つの力で評価。4つのステップに分けて確認することで、ボトルネックの発見につながる。
サイトレポートでは、各コンテンツを「集客力」「閲覧力」「誘導力」「成果力」の4つに分け、コンテンツ偏差値表の作成を自動で行ってくれる。

サチコミエルカに加えて、この2つのツールを活用すれば、Googleの検索エンジンに適合するページの改善を的確に進め、売上を加速できるのだ。

Googleが検索結果の上位に挙げるページは、ユーザーの知りたいこと(検索クエリ)に対して、適切な答えを含んだページになっている可能性が高いということ。

それのみならず、ユーザー体験を高め、コンバージョン数向上につながるサイト内改善も、同時に考えていく必要があります。

これまで、こうした共起する語までを含め適合性の評価を行い、同時にサイト内導線改善のためには膨大な時間と手間を必要とし、SEOとアクセス解析の両方の知見が必要でしたが、Mierucaではオートマチックに進めることができるようになります」(副島氏)

Mierucaはサイト改善の糸口を見いだせないWeb担当者の強い味方

このように、Mierucaのさまざまな特長を紹介してきたが、このツールがもたらす価値は見込顧客の流入増に直結するようなサイト改善のヒントを簡単に手に入れることができるということだ。

SEOやデータ解析の知識や経験が乏しいWeb担当者は、膨大な量のコンテンツを前にして「どこから手をつけたらいいのかわからない」と頭を抱える場合も多いだろう。そんな場合でも、Mierucaの「サチコミエルカ」を使って検索結果におけるCTRを改善するだけで、サイトへの流入数が倍以上に増える場合もある。

まずはここから始めるだけでも、ビジネスに大きなインパクトのあるサイト改善を実現できるのだ。

こんな担当者にオススメしたい
  • SEOを十分にやっているが、その効果を最大化させる方法がわからない
  • コンテンツの改善に着手したいが、どこから取り組めばいいのかわからない
  • 他の業務と兼任しているので、サイトのマネジメントは効率よく効果的に行いたい

Mierucaは、14日間の無料トライアルを提供している。サイト改善や流入数アップで悩んでいるWeb担当者は、自社サイトのどこに弱点が潜んでいるのかをMierucaを通じて一度のぞいてみてはいかがだろうか。

ほかにも、「競合サイトの順位監視(最大9サイト)」「低品質コンテンツ判定機能」「プロジェクト管理機能」など、サイト運営に必要な機能が満載だ。

すべての統合機能が必要ではない企業には、個人でも手の届きやすい価格(月額2,800円/1プロパティ)でサチコミエルカの機能のみを購入することもできる。

製品情報
  • サチコミエルカ
    • Google Search Consoleに基づく、サイトへの流入改善機能・データ保持に絞った機能
    • 月額 2,800円/1プロパティ
  • Mieruca(ミエルカ)
    • 本記事で紹介した機能を組み合わせてご提供(※サチコミエルカも付帯)
    • 月額 50,000円~
※どちらからお申し込みいただいても、14日間の無料トライアルがあります。
※お申し込みの形式で、お客さまの不利益になるようなことはありません。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)やGoogle Search Console(サーチコンソール)が集めたデータを前にして、何をしたらいいのかわからないと頭を抱えるのは、もうやめよう。データの解析と課題の発見はMierucaでオートマチックに完了させて、どのようにサイトのコンテンツを改善すればいいのかという具体策の考案に全力を注げる環境を作ることが重要である。

関連記事

[AD]
tweet55このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle