【レポート】Web担当者Forumミーティング 2015 Autumn
プライベートDMPを用いた顧客分析&マーケ施策を成功させる3つのステップと具体例

優良顧客が見えてくる、高効率マーケティング術
柏木恵子 2016/1/14(木) 7:00 tweet29このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

これからのデジタルマーケティングは顧客行動をデバイス・チャネルにまたがって分析し、顧客一人ひとりにパーソナライズされた体験を提供することが重要である。とはいえ、果たしてこれをどのように実現すればいいのだろうか。

山田 賢治氏
株式会社アクティブコア
代表取締役社長 山田 賢治氏

プライベートDMPを中心に、レコメンドエンジンやWebアナリティクス、LPO、A/Bテスト、マイニング・予測・モデリングといった機能を組み合わせたactivecore marketing cloudを提供している株式会社アクティブコアの代表取締役社長 山田 賢治氏が、「Web担当者Forum ミーティング2015 秋」にて、「プライベートDMPを活用した顧客分析・OneToOne事例」と題して、成功事例を交えて解説してくれた。

プライベートDMPに取り込むデータ

DMP(データマネージメントプラットフォーム)には2つのタイプがある。ひとつは、広告配信のためのサービスで、オーディエンスデータを使い、クッキーベースで、人に合わせた広告を配信するというタイプのDMPだ。しかし、ここで取り上げるのは、企業が独自のデータを中心に活用するDMP、プライベートDMPである。

DMPで最も重要なポイントは、取り込むデータだ。Webデータ、マスターデータ、トランザクションデータ、外部データなど、さまざまなデータを取り込み、IDで紐づけて自社用マーケティングDBを構築する。

プライベートDMPに取り込むデータ

ツールの善し悪しもある程度は関係するが、DMPで何ができるかは、取り込むデータの種類や完全性にかかっている。特に、取り込むデータに欠けている部分があるとうまく使えない。また、できるだけ顧客接点のデータを格納し、それらをつなげて分析することで顧客を理解できる

プライベートDMPに顧客接点・行動を格納

分析フローと可視化の注意点

DMP顧客分析では、まず顧客を可視化し、次に顧客をセグメント化、そのセグメントごとに施策を実行することで効率を追求する。フローは以下のようになる。

DMP顧客分析のフロー

可視化で注意すべき点がいくつかある。

  • 行動履歴からアクティブな顧客の属性を集計する

    「全体では男性が多いが、アクティブ会員は女性が多い」などのケースがあるので、行動履歴からアクティブな顧客を抽出して、その属性情報を集計することが重要。

  • 顧客単位で横軸に時間の経過 縦軸に計測数値でプロットする

    たとえば、縦軸には購入金額の合計、横軸には最終購入からの経過時間をとり、個々の顧客をプロットしていく。すると、「最終購入が1か月以内で購入金額が10万円以上」のアクティブでかつ優良顧客、アクティブだが購入金額は低い顧客、元は優良顧客だったが離反しかかっている、などのグループが見えてくる。これが、どこにアプローチすればいいかの判断材料になる。

顧客可視化

その他、ある時点でのデータではなく推移を見る。デシル分析や回帰分析、クラスタ分析なども使って、効率的なアプローチを見つける。

セグメント化と施策実効のポイント

顧客を可視化したら、それを元にセグメント化する。可視化で優良顧客、見込み顧客、離反顧客にグループ化したら、各グループで属性やどのメールを見ているか、どの広告を見ているかなどの項目を組み合わせ、ターゲットを抽出する。

自社の顧客別の属性・行動を分析する

たとえば、「アクティブだが購入金額が低いグループで、メールの開封率は高い」というセグメントを抽出したら、そのセグメントにランクに関するメールを送るといった施策が考えられる。1年間の購入金額で、ゴールド・シルバー・ブロンズのランクが決まり、それによって割引率が違うなどの会員サービスを行っている場合、ランクアップメールやランクダウンメールを送ることがあるだろう。

アクティブコアのこれまでの経験では、ランクダウンメールの効果が高いのだという。人は、「何月何日までにいくら以上の買い物をしないと、ランクダウンしてしまう」と知ると、買い物をしようと思うものらしい。アクティブコアのDMPでは、コンテンツの反応分析も可能だ。

セグメント化では、以下の点に注意が必要だ。

  • 分析用のセグメントを設定する

    最初からターゲティング施策用のセグメントを作りたくなるが、まずは分析用のセグメントを作って、対象の顧客数、メール配信なら有効メールアドレス数を確認してから施策を打つべきだ

セグメント別の属性・行動を分析する

セグメント化したら、セグメントごとにアクションする。たとえば、以下のような方法が考えられる。

  • 同一セグメント内で○○○していない人にアクション
    セグメント化したら、セグメントごとにアクションする

    たとえば旅行会社で、「数は少ないが贅沢な旅行」「安くいろいろな所へ行く」「海外旅行は贅沢に」などのセグメント分けができたとしよう。そのセグメントの中で、最近は予約していない人を抽出してレコメンドメールを送るといった方法だ。

同一セグメント内で○○○していない人にアクション
  • メール反応時間帯でセグメント化し、よく見られている時間にメールを送る

    最近、取り組みたいという依頼が多い方法で、「午前中に反応」「深夜に反応」「夕方~夜に反応」など、メールに反応している時間帯でグループ分けする。反応時間帯でメール送信を最適化すると、開封率が格段に上がる

OneToOneマーケティングの事例

最後に、DMPによるマーケティングの事例がいくつか紹介された。

  • ショールーミングならぬWebルーミング

    オムニチャネルの事例で、リアル店舗での購入情報を元に会員サイトのマイページでお勧め商品をレコメンド。それを見た顧客はリアル店舗で購入する。

マイページでOneToOneレコメンド
  • フォローメールのパーソナライズ

    従来は誰に対しても同じメールを送っていたが、購入や閲覧の履歴によってメールの内容を変え、タイトルや言葉遣いも年代によって変えた。さらに、これまで手動配信だったが、DMPからの自動配信に切り替えた。注意点としては、配信数が増えるので、セグメントやクラスタで切って、同じ人に同じ内容のメールが行かないように設定する。

フォローメールをパーソナライズ

その他サイト閲覧による顧客のクラスタ化やDMPからアタックリストを作成してコール部隊へ渡すB2Bの事例などが紹介された。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet29このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore