国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
有料リンクは結局は損をすることになる5つの理由 などSEO記事まとめ10+4本

ほかにも、「SEOの本質の理解」「App Indexing」「404エラーページの良い作り方」「ソーシャルシグナルは順位決定に使われているのか」などなどをお届け
鈴木 謙一 2015/8/7(金) 7:00 tweet59このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

今週のピックアップは「有料リンクに手を出すべきではない5つの理由」。著名なSEOコンサルタントの発言なので、参考になるだろう。ほかにも、「SEOの本質の理解」「App Indexing」「404エラーページの良い作り方」「ソーシャルシグナルは順位決定に使われているのか」などなど、SEO関連情報のまとめをお届けする。

今週のピックアップ

有料リンクに手を出すべきではない5つの理由
★★★★☆ 長期的にはデメリットばかりでメリットなし (Branded3)

有料リンクを購入すべきではない5つの理由を、Branded3のティム・グレイス氏が挙げた。グレイス氏は、英国の著名なSEOコンサルタントだ。

  • 結局はグーグルにバレる

    グーグルは、ツールを使ったり、リンクネットワークやリンク販売業者に潜入したりして、最終的には有料リンクを判別してしまう。

  • グーグルに対応されてしまう

    グーグルは、見つけた有料リンクに対して、手動対策を行ったり、アルゴリズムで対策したりする。そのため、有料リンクはのちのち購入したサイトを苦しめることになる。有料リンクへの投資は長続きせず、そればかりか、対処のためにさらなる投資が必要になることもある。

  • 最後にはブランドが勝つ

    • 多くのリンクが張られているがだれもブランド名(サイト名や社名)で検索しないサイト
    • リンクは少ないがブランド名で毎月何千も検索されるサイト

    こういった2つのタイプの競合サイトがあったとしたら、最後に勝つのは後者だろう。グーグルは多くのユーザーが求めるサイトをより信頼するはず。リンクはたしかに重要だが、ブランド価値を高めるリンク構築にフォーカスすべき。

  • 敵はグーグルだけではない

    「有料リンクを買っても、グーグルに通報するような人はいないだろう」とたかをくくっているかもしれない。しかし、そんなことはない。競合は必ずあなたを監視している。特に、競争の激しい分野なら、なおさらだ。

  • 自然な有料リンクなど存在しない

    すばらしいコンテンツで、サイトにリンクするにふさわしい理由があり、自然なリンクに見えたとしても、お金を払う限りは有料リンクになる。同じようなことをやっているサイトがたくさんあるが、グーグルに見つかっている。

手動対策の強化やペンギンアップデートの導入などで、リンクを購入しようとは、もはやあなたも思わないだろう。一時的な恩恵を享受ことはできるかもしれないが、持続時間やリスクを考えると費用対効果が得られない。

日本語で読めるSEO/SEM情報

SEOに成功するために第一に必要なこととは?
★★★★☆ SEOの本質の理解 (なんでものびるブログ)

SEOの本質を、次のようなことをもとに綴った記事。

  • SEOが目的とするものは何か?
  • SEOと誤解されているSEOスパム
  • SEOが必要な理由

本来、検索順位は「上げる」ものではないのです。
自分自身が作りこんだページが役に立つものだと検索エンジンが判断して順位が「上がる」ものなのです。

もう、テクニックを追うことは無駄であり無理なのです。テクニックを追いかける時間があったらページ内容の充実につとめるべきです。

昔から「アルゴリズムがどんどん変わるから、SEOをやっても仕方がない」というようなことがよく言われています。
しかし、これは間違いです。

こういうことを言う人は、SEOを「現在のGoogleの不完全さを突く」ことだと考えていると言えます。

だから、「今のGoogleがどう考えているか」をいちいち気にするべきではありません。
「Googleが目指している理想の検索エンジンだったらどんなページを評価するか」を考えてWebサイトを作れば、『アルゴリズムが進化すればするほど検索結果が有利になっていく』のです。

もし万が一あなたが、「SEOは検索エンジンのアルゴリズムを分析し、その隙を攻略して上位表示を達成するテクニック」だと考えていたとしたら、必ず読んでほしい。あなたが本当に追求すべきSEOがこの記事には書かれている。

App Indexingについてグーグルがいろいろ教えてくれた
★★★★☆ App Indexing担当者の2人が特別参加 (ウェブマスター ハングアウト on Google+)

App Indexingだけにテーマを絞ったオフィスアワーを、グーグル日本のサーチクオリティチームが開催した。いつもの長山氏に加えて、App Indexingの担当者2人も特別参加している。

App Indexingをすでに導入していたり、あるいは導入を検討していたりするなら役立つ情報が手に入るはずだ。もちろん今のところはApp Indexingにさほど関心がないとしても、アプリを提供しているなら見ることを推奨する。興味が湧いてくる可能性がおおいにある。

ウェブスパムを発見したらグーグルに通報しよう
★★★☆☆ ただし1回知らせれば十分 (Kazushi Nagayama on Twitter)

スパムレポートに関係する、グーグルの長山氏からのツイートを紹介する。

このやりとりは、さまざまなサイトのコピーを作成してそこに広告を掲載していると言われている英国の「Redo.Me」というサイトに関するやりとりだ。

しかし、このサイトに限らず、スパムサイトを発見したら、臆することなくスパムレポートからグーグルに通報するのが良い。ウェブマスターガイドラインに違反しているサイトに関してスパムレポートを送信することは、グーグルの長山氏も推奨している。

グーグルのためだけではない。検索ユーザーのためにもなるし、何よりも健全にサイト運営しているあなた自身のためだ。

ただし通報は1回だけで十分だ。検索結果からなかなか排除されないからといって、繰り返し執拗にスパムレポートを送る必要はない。スパムレポートのスパムになってしまう。

関西地域の著名SEOが出演した大型SEOイベントまとめ
★★★☆☆ グーグルのあの人も登場 (CSS Nite公式サイト)

「In-house SEO Meetup [Kansai Edition 2015] powered by CSS Nite」が8月1日に大阪で開催された。

丸1日をかけての比較的規模の大きいSEOイベントだ。住太陽氏や松尾茂起氏といったSEO業界の著名人をはじめ、グーグルからは長山氏が出演者として参加した。

セッション概要のレポート記事とツイートのまとめを紹介する。役立つ情報が見つかるだろう。

※2015-08-07 記事初出時点で、松尾さんのお名前を誤って記載していました。申し訳ありません。

EFOでは入力ミス時のフォローも重要
★★★★☆ 間違った箇所を見つけやすくすること (EFO・フォーム改善ブログ)

フォームのエラー画面の構成に焦点を当てたEFO(エントリフォーム最適化)の記事。

入力ミスがあったときに、どこが間違っているかをユーザーが見つけやすくするテクニックを紹介している。間違いをなかなか見つけられないフォームは、ユーザーの離脱を確実に助長する。

そのテクニックとは、「問題なく入力された項目は、フォームとして表示せず、問題のある項目だけ表示する」というもの。具体的な例も挙げているので、参考になるはずだ。あなたのサイトのフォームに応用したい。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

グーグルが突然送ってきた警告メッセージを説明する記事とApp Indexingを解説したスライドを今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet59このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore