編集長ブログ―安田英久
Facebookのシェア投稿に「作成:筆者名」を表示するmetaタグの設定方法

せっかくのシェアですから、筆者名もちゃんとFacebook上で表示されるようにしてみましょう

今日は、WebコンテンツがFacebookでシェアされたときに「作成: 安田英久」のように、そのコンテンツの筆者名を表示するための、metaタグの設定方法を解説します。意外と簡単なので、やってみてください。

最近、Web担のコンテンツFacebookでシェアすると、次のような表示になるように修正しました。

下側に「作成:」として記事の筆者名が表示されているのにお気づきでしょうか。

そんなに強い表示ではありませんが、コンテンツは筆者さんの価値ある知見や経験がまとめられたもの。やはり、だれが書いたコンテンツなのかをちゃんと見てほしいですよね。

この筆者名表示は、標準的なOGPのマークアップをしていると出ないのですが、実は出すのは簡単です。次のように、meta authorタグで筆者名を入れるだけです。

<meta name="author" content="安田英久">

簡単ですよね! CMSで管理しているなら、各コンテンツの出力時にシステムに登録されているそれぞれのコンテンツの筆者名を自動で入れるのも簡単です(ただし、CGMでは筆者名をちゃんとエスケープして出さないとXSSぜい弱性につながるのでご注意を)。

ただし、これをやるとFacebook Debuggerで次のような注意が表示されます。

これは何かというと、OGPの情報は「meta property="~"」で設定するのに、このタグは標準的な「meta name="~"」で指定しているので無視しますよ、というメッセージです。

結論としては気にしないでください。

実は、OGPのarticleタイプのオブジェクトにはarticle:authorやarticle:publisherというものも定義されているのですが、これはFacebookのURLを指定するものであり、文字列で名前を入れるものではないんですよね。

私も最初は「あれ? meta property="author"でやればいいのかな?」と思って試してみたのですが、上記のようにmeta name="author"でやらないと氏名表示は出ませんでした。

今日はかなり短い、ちょっとしたTIPSの記事ですが、たまにはこういうのもいいですよね?

この記事が役に立ったらシェア!
tweet41このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore