国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
スマホ版ページをnoindexにしてもスマホ検索には出る!?(スマホ対応ラベルも付く) など10+2記事

ピックアップは、スマホ版ページにnoindexを指定していても、対応するPC版ページがnoindexでなければ検索結果に出てしまう現象について
鈴木 謙一 2015/7/3(金) 7:00 tweet49このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

今週のピックアップは、スマホ版ページにnoindexを指定していても、対応するPC版ページがnoindexでなければ検索結果に出てしまう現象について。ほかにも、スマホ+タブレットのApp Indexing、AngularJSでのSEO事例、ユーザー視点に立ったフォーム、スマホ版検索結果での「読み込みが遅い」ラベルなどなど、SEOの情報をお届けする。

今週のピックアップ

スマホ版ページをnoindexにしてもスマホ検索には出る!?(スマホ対応ラベルも付く)
★★★★☆ それはそうとして、どうしてnoindexなのだろう? (辻正浩 on Twitter)

noindexにしていても検索結果に表示される――そんなことがあるのだろうか。

通常はmetaタグでnoindexを指定すると、検索エンジンにはインデックスされず、つまり検索結果には表示されない。しかし、スマートフォン向けページでだけnoindexを指定していると、事情は違うようだ。

辻正浩氏がこんなツイートを投稿していた。

確認したところ、たしかにスマートフォン版のグーグル検索で「ヤフー検索」を検索すると、検索結果にはYahoo!検索のトップページ(http://search.yahoo.co.jp)が表示される。しかも「スマホ対応」のラベル付きでだ。

「スマホ対応」のラベルが付くヤフー検索

しかし、スマホ版Yahoo!検索ページのHTMLには、noindexを指定したmeta robotsタグが記述されている。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />

noindexを指定しているにもかかわらず、グーグルのモバイル検索結果にはこのページが表示されている。

noindexを指定しているのに、なぜ検索結果に表示されるのだろうか。

その理由は、「このスマートフォン向けページに対応するPC向けページには、noindexが指定されていないから」だろう。

現在のグーグルはPC版もスマートフォン版も同一のインデックスを利用しており、モバイル検索であってもPC向けページの情報を用いることが多々ある。たとえばページに記載されたコンテンツもそうだし、将来的に変わる可能性が高いが表示速度もそうだ。

noindexに関しても、モバイル検索であってもPC向けページの情報をグーグルが利用する一例なのだろう。

それにしても、noindexを指定しているのに検索結果に表示される場合があるというのは、Web担当者の視点から考えるといかがなものだろうか。

グーグルがインデックスをどう持っているかの仕組みを知っていれば、こういうことになるのは理解できる。しかし、ふつうに考えれば、ページにnoindexを指定すればそのページはnoindex扱いになると思うのではないだろうか。

現実的には難しいのだろうとは思うが、スマートフォン版ページにnoindexが指定されていれば、それを尊重するようにできないものだろうか。

(とはいうものの、それよりも気になるのは、どうしてヤフーはモバイル向けページにnoindexタグとnofollowタグを記述しているのかということなのだが……)

日本語で読めるSEO/SEM情報

リッチスニペットが表示されないのはなぜ? 画像をどうインデックスさせるのがベスト? グーグル社員が回答
★★★★★ オフィスアワー6月版 (ウェブマスターオフィスアワー)

グーグルの社員がウェブマスターからの質問に答える日本語オフィスアワーの6月版が開催された。グーグルから参加してくれたのは、おなじみの金谷氏と田中氏、長山氏の3人だ。

今回3人が回答した質問は次のとおり。

  • リッチスニペットが表示されない原因
  • 画像の扱いについて
  • モバイルサイトの構成方法
  • サイト内のURL変更
  • URL構造とパンくずリストの構造
  • キュレーションサイトと重複コンテンツ
  • 構造化データに取り組むべきかどうか
  • 手動対策とリダイレクト
  • 心当たりのない不自然リンクによる手動対策

どちらかというと初級~中級レベルの質問が多かったように思う。それでも有益なQ&Aであることに変わりはない。

まだ見ていない人のためにYouTubeにアップされた録画を掲載しておく。

スマホとタブレットで別々にアプリを提供しているときのApp Indexing設定
★★★☆☆ 1つのサイトにどちらも接続可能 (グーグル ウェブマスター向けヘルプフォーラム)

スマホ用とタブレット用に別々のアプリを提供している場合のApp Indexingの設定に関して、グーグル社員のKeisuke氏が公式ヘルプフォーラムで説明した。

質問内容は次のとおりだ。

スマホアプリと、タブレットアプリがあるのですが、両方のアプリをWEBサイトに紐付けることは出来るのでしょうか。
またWEBサイトは、PC版とスマホ版どちらに紐付ければ良いのでしょうか??

Keisuke氏の回答は次のとおりだ。

その場合、AppIndexing では、一つのウェブサイトに複数のアプリを接続することが可能です。つまり、スマートフォン用アプリとタブレット用アプリを同一のウェブサイトへ接続することもできます。

また、アプリのディープリンクを、デスクトップ用とモバイル用のどちらのページと関連付けるべきか、というご質問ですが、結論としてはできる限り両方のページヘ関連付けることを Google ではおすすめしています。その際、モバイル用ページは rel="canonical" 属性を持つ link 要素にてデスクトップ用ページヘとリンクし、デスクトップ用ページでは rel="alternate" 属性を持つ link 要素にてモバイル用ページヘとリンクしてください。こうすることで、様々な環境のユーザーをそれぞれ適切なコンテンツへと検索結果から誘導することが可能になります。

そう多くはないだろうが、スマホ用とタブレット用でそれぞれのアプリを開発していることもあるだろう。そうした状況でApp Indexingを実装するなら覚えておきたい。

CAのエンジニアがAngularJSとSEOを両立させたテクニック
★★★☆☆ 開発者向けトピック (サイバーエージェント 公式エンジニアブログ)

サイバーエージェントのエンジニアさんが、JavaScriptフレームワーク「AngularJS」を利用したサイトがSEOで不利にならないようにどのように構成しているかを解説した。

GooglebotはJavaScriptを解釈し実行できるが、サイバーエージェントでは最先端で高度なテクノロジーも使っており、Googlebotが対応できる保証はない。それにグーグル以外の検索エンジンでは、JavaScriptの理解能力はずっと劣っているだろう。

そこで、検索エンジンがきちんとコンテンツを理解できるように、事前にレンダリングしたページをキャッシュとして準備しておくことにしたそうだ。

またPC向けページとモバイル向けページでキャッシュが分かれていない状態への対処にも一工夫したようだ。

ウェブ担当者ではなく開発者よりのトピックになるがAngularJSを大規模に利用しているなら参考になるだろう。

AngularJS/SEO関連で、ついでにこちらの記事も紹介しておく。

また、AngularJSのエキスパートたちとグーグルのジョン・ミューラー氏が先日ハングアウトでAngularJSとSEOについてトークした。英語に問題がなければ視聴するといい。

ユーザー視点に立ったフォームを作る3つの具体例
★★★★☆ サイト運営者側の都合を押し付けない (EFO・フォーム改善ブログ)

フォーム入力において、サイト運営者側の“都合”を押し付けることでユーザービリティやユーザー体験を低下させてしまう具体例を示した記事。

ユーザーの都合を優先すべき例として次の3つを挙げている。

  • IDでもメールアドレスでもログイン可能
  • 全角と半角のどちらでも入力できる
  • ハイフン(-)を入れても入れなくてもいい

個人的に筆者が大嫌いなのが、全角を強制するフォームだ。数字とアルファベットは通常半角で入力しているので、非常に面倒に感じてしまうのだ。筆者の都合はともかくとして、ユーザーの視点に立ったフォームは、フォームの完了率を高めるために非常に重要だということは理解しておきたい。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

コンテンツ作成において認識しておくべき重要な問題とGooglebotのJavaScript処理についての記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet49このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore