国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
インタースティシャル広告・ポップアップは滅びるべき。ユーザー体験の天敵だ など10+3記事

ユーザー体験を悪化させるインタースティシャルのような仕組みは、今後SEOにも影響するようになるのだろうか
鈴木 謙一 2015/4/10(金) 7:00 tweet40このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

「インタースティシャルはモバイルでは本当に苦痛だ」という、Googleジョン・ミューラー氏の発言を、あなたはどうとらえるか。そのほか、悪質SEO業者に35万円をだまし取られた話や、モバイルフレンドリー、「ユーザーフレンドリーと検索エンジンフレンドリー」、URLパラメータなどの話題をお届けする。

今週のピックアップ

インタースティシャル広告・ポップアップは滅びるべき。ユーザー体験の天敵だ
★★★★☆ 特にモバイルではやめるべき (John Mueller on Google+)

「インタースティシャル」といって、メインコンテンツを閲覧する前に広告ページやアプリのダウンロードを促すポップアップを差し込む仕組みがある。

さまざまなインタースティシャルを集めて、ジャマだと罵倒する記事を紹介しつつ、グーグルのジョン・ミューラー氏が、こんなコメントをGoogle+に残した。

インタースティシャルはモバイルでは本当に苦痛だ。もっとも、モバイルでなかったとしても、これを本当に好きな人がいるのだろうか?

サイト運営者は自社の成果を伸ばしたくてやっているのだろうが、インタースティシャルが訪問者の閲覧の妨げとなりユーザー体験を大きく損ねるのは、間違いない。

例を示してみよう。

次に示す画面は、あるSEO系ブログのインタースティシャルだ。ページを表示させた直後に、主催するカンファレンスを案内するインタースティシャルポップアップが出現する。

インタースティシャルのポップアップ

招待状をリクエストしたり閉じるボタンをクリックしたりしない限り、コンテンツを見ることができない。

スマートフォンで同じサイトにアクセスするとこうなる。

スマホでのインタースティシャルのポップアップ

ふつうの画面に見えるかもしれないが、実際にはインタースティシャルが画面を完全に占領しているのだ。わずらわしいこともあるが、何よりも、紛らわしい。

グーグルウェブマスターのGoogle+公式アカウントが行ったアンケートでも、インタースティシャルは嫌われている

アンケート結果

ただし、英語圏では全体の17%と少ないのは、あまりにもインタースティシャルが多くて慣れてしまっているからだろうか。

アンケート結果(英語)

もしあなたがインタースティシャルを利用しているなら、即刻撤去することを筆者は勧める。インタースティシャルはユーザー体験を悪化させるばかりではなく、SEOにマイナスになることもある。インタースティシャルに邪魔されて先に進めず、Googlebotがそのページを適切にクロールできないことがあるからだ。

日本語で読めるSEO/SEM情報

35万円をSEO業者に支払って手にした成果は……、なんとゼロ!
★★★★★ 高くついた勉強代 (神戸Tシャツ製作所)

35万円を支払ってSEO業者にSEO施策を依頼したが、何の成果も出なかったという悲劇のような経験談を語った記事。

記事投稿者はまったくのSEO素人ではないようだが、それでも口がうまいSEOの営業電話に引っかかってしまった。

プロのライターが書いたと言いつつもキーワードを詰め込んだだけの意味のない記事や、インデックスされていない人口リンクサイトなど、話を読む限りではかなりひどい施策だ。

日本でトップクラスの実力と実績を誇るSEOコンサルタントの辻氏は、この記事を読んで次のようにツイッターでコメントしていた。

勉強代として割り切るには35万円は決して安くない金額だろうが、投稿者にはくじけずに正しいSEOに取り組んでほしいと願う。

またこのコラムの読者は、同じような手口に引っかからないようにくれぐれも気を付けてほしい。

日本のマット・カッツ氏が投稿した見逃せない2つのツイート
★★★★☆ モバイルフレンドリーとリンクプログラムについて (Kazushi Nagayama on Twitter)

ツイッターにもっと投稿しようと一念発起した米グーグルのサーチクオリティアナリスト、長山氏のツイートを2つ紹介する。

「PSI」はPageSpeed Insightsのこと

ウェブ担当者をはじめSEOに取り組むウェブマスターたちに有益な情報を、ツイッターでも提供してくれることを長山氏には期待したい。日本のマット・カッツ氏やジョン・ミューラー氏になってもらえたら嬉しいと個人的に思う。

ユーザーの役に立つだけではSEOには成功しないってホント!?
★★★☆☆ 検索エンジンにその良さを理解してもらう必要あり (ITmedia)

「ユーザーに焦点を当ててSEOを施策することが重要」だとよくいわれるが、ユーザーに焦点を当てるだけではSEOは成功しない。

ユーザーに役立つコンテンツとユーザーが使いやすいサイトを提供することが大前提としてあり、それを検索エンジンに的確に理解してもらうこともSEOには絶対に欠かせない。

こうしたことを解説したのが、こちらの記事だ。

ユーザーフレンドリーと検索エンジンフレンドリーの両方を達成してこそSEOは成功する。SEOでの大切な考え方としてこのことを理解しておきたい。

なお記事中に筆者の個人ブログの記事へのリンクが数本あるが、採用には一切影響していないことを念のためお伝えしておく。

モバイル対応しているのに警告が届いた理由はCSSのブロックだった
★★★☆☆ よくあるミスの1つ (plusblog)

モバイル対応しているはずなのに、モバイルユーザビリティ上の問題が検出されたという警告が届いたサイトがあった。

原因は、CSSをrobots.txtでブロックしていたことだった。ユーザーがブラウザで見るようには、Googlebotがページを正しくレンダリングできなかったのであろう。

CSSだけでなくJavaScriptや画像ファイルなどをブロックするのは、よくあるミスだとしてグーグルのモバイルガイドラインでも説明されている。確固たる理由とその結果がどうなるのかをわかっているのでない限りは、ページのレンダリングに関わるリソースへのクロールを拒否してはいけない。

グーグルが与えてくれたモバイルフレンドリーなサイトを作るための重要なヒント
★★★★★ MobileMadness キャンペーンより (Google ウェブマスター コミュニティ)

来たる4月21日に備えるために、「#MobileMadness キャンペーン」をグーグルは実施した。“モバイルフレンドリー”なサイトを構築するためのヒントを提供しており、一部を先日紹介したが残りを今回紹介する。

各投稿へリンクしている。あなたのサイトのモバイルフレンドリー化に役立ててほしい。

間違ったリダイレクト

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

古いサイトをモバイルフレンドリーなサイトへの変換する方法を解説する記事と、検索場所を任意に設定する方法を説明した記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet40このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore