国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表) など10+4記事

スマホ最適化していないサイトは、モバイル検索で順位が下がる? すでにご存じこのトピックについて、正しい情報をお届けする。
鈴木 謙一 2015/3/6(金) 7:00 tweet239このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

スマホ最適化していないサイトは、モバイル検索で順位が下がる? すでにご存じこのトピックについて、正しい情報をお届けする。
ほかにも、アプリ対象検索の優遇、なぜグーグルはレスポンシブを推奨するのか、titleタグの付け方、制作会社がクライアントのサイトに設置した「Desinged by」リンクの問題などなどの情報をお届けする。

今週のピックアップ

スマホ対応していないサイトは4/21からグーグルで順位が下がります(公式発表)
★★★★★ 予想どおりのアルゴリズム変更 (グーグル ウェブマスター向け公式ブログ)

グーグルは、ウェブサイトがスマートフォン向けに最適化されているかどうかをランキング要素として使用することを発表した。2015年4月21日からの実施予定だ。

スマホ対応していないサイト、言い換えれば、モバイルフレンドリーではなく、モバイルユーザーが使いにくいサイトは、スマートフォン検索において順位が下がる可能性がある(PCからの検索には影響はない)。

大きなニュースになっているのでもうご存知かもしれない。一見するとショッキングな発表だが、筆者も含めてこのコーナーの読者なら予想できたことだ。

モバイル対応が不完全なサイトに対してグーグルが昨年から送り始めた警告が今年に入って急増した。モバイル対応できているかどうかがランキング要因になる前触れではないかと疑ったが、グーグルのイリーズ氏は否定していた。しかし筆者たちが推測したように、やはり「少なくとも今のところは」ということが明らかになった。

どのような影響を実際に及ぼすかは、わからない。モバイルフレンドリーテストに合格しているなら様子見でいいかもしれない。だがモバイルサイトを持っておらず、かつモバイルユーザーが大事なのであれば、早急に対応する必要があるだろう。

グーグルに言われたからモバイル対応するというのもおかしな話だが、そうではなく、もともと行うべきだったモバイル最適化を行動に移すきっかけだと考えると、悪くないだろう。

モバイルフレンドリーなサイトを構築するためには、グーグルが提供している次のリソースをフル活用するといい。

また公式アナウンスには書かれていない情報をグーグル社員がコメントしている、筆者の個人ブログにまとめたので、よければ参考にしてほしい。

日本語で読めるSEO/SEM情報

App Indexingがモバイル検索のアルゴリズムに組み込まれた
★★★★☆ モバイル検索ではアプリ対応も重要 (グーグル ウェブマスター向け公式ブログ)

モバイルフレンドリーをモバイル検索のランキング要因に使用する予定であることを注目ピックアップで紹介した。この予告と同時に、App Indexingをモバイル検索のランキング要因に使用することもグーグルは発表した。こちらはすでに導入済みだ。

スマートフォンでApp Indexingに対応しているアプリをインストールしているログインユーザーに対しては、App Indexing対応コンテンツを優先的にモバイル検索結果に表示する。

モバイルユーザーは、ブラウザでWebサイトを見るだけでなく、アプリをよく使っているのが現状だ。モバイルユーザーに適切にリーチしたいのであれば、モバイルWebサイトだけでなく、アプリを提供し、App Indexingを導入することも検討しよう。

App Indexingのドキュメントはこちらで参照できる。

グーグルがレスポンシブ・ウェブデザインを推奨する理由
★★★★☆ 自己都合もあり (notnil creation weblog)

グーグルは、モバイルサイトの技術的な構成として次の3タイプをサポートしている。

  • レスポンシブ・ウェブデザイン
  • 動的な配信
  • 別々のURL

このうちグーグルが推奨しているのがレスポンシブ・ウェブデザインだ。

こちらの記事では、レスポンシブ・ウェブデザインをグーグルが推奨する理由を7つ挙げて説明している。

筆者が気に入ったのは、「ユーザーの利便性」と「Googleの都合」の2つに分けている点だ。

グーグルがレスポンシブ・ウェブデザインを推奨するのは、ユーザーにとって良いからというだけでなく、グーグルにとって都合が良いという事情もあるのだ。

実際には、別URL構成なのにクロスデバイス用のアノテーションやリダイレクトを適切に設定できていないサイトが多いため、レスポンシブ・ウェブデザインを推奨しておくほうが問題が発生しづらく、結果としてWeb担当者にとって良いという事情もあるだろう。

とはいえ、だからといって、レスポンシブ・ウェブデザインの採用を考え直す理由にならない。レスポンシブ・ウェブデザインのメリットがあなたにとってのメリットにもなるなら積極的に利用するといいだろう。

1つ補足しておく。

注目ピックアップで取り上げたように、グーグルはモバイルフレンドリーかどうかをモバイル検索のランキング要因に使用することを発表した。

ここで、「モバイルフレンドリー = レスポンシブ・ウェブデザイン」ではないことに注意してほしい。

先に挙げた3つの構成にグーグルは優劣をつけていない。正しく設定できていれば、どの構成を選んでもいい。また、たとえレスポンシブ・ウェブデザインであっても、モバイフレンドリーでなければ順位が下がる可能性がある。

titleタグは、SEOとユーザー、ソーシャルの3つを意識すべし
★★★☆☆ 具体例があるとなおよかった (ユナイテッドリバーズ)

titleタグの適切な付け方を解説した記事。

非常に基本的な内容なのだが、ポイントを端的にまとめている。筆者がピックアップしたのは、次の3つを意識したtitleタグを考えるように提案しているからだ。

  • SEO
  • ユーザー
  • ソーシャル

titleタグは、検索エンジンとユーザーの両方に向けたものにする必要がある。そして今はソーシャルでの拡散性が欠かせない。単純に、「キーワードを入れろ」や「人目を引くキャッチーなコピーにしろ」では不十分だ。SEOとユーザー、ソーシャルの3つに対応できるようなタイトルを捻り出そう。

具体例があるともっとわかりやすかったのだが、まずは概念として理解するために参考になるだろう。

ホスティングサービス管理者にグーグルからの厳しいアドバイス
★★★★☆ サービス全体の責任を負っていることを忘れずに (グーグル ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラム)

契約したユーザーにドメイン内の一部を専用のネットショップとして利用させるモール型のECサービスがある。有名どころでいえば、楽天市場やヤフーショッピングだ。

すでに契約を終了させたユーザーが過去に有料リンクを購入したことが原因で、不自然リンク警告が来てしまったというモールサイト管理者が公式ヘルプフォーラムで助言を求めた。

グーグル社員のTakeaki氏が次のようにコメントしている。

ホスティング サービスの運営側が個々のホスティング ユーザーの活動を把握するのは非常に困難であるとは思います。しかし、実際にそうしたリンクが残っている限り、そのリンクを他のユーザーが目にすることもあるかもしれません。このようなリンクを放置することはホスティング サービスのブランド イメージとしても良くないのではないかと考えています。そこで、普段から個々の EC サイトがそうしたリンクを購入しないように啓蒙を行っていただければと思います。

1)EC サイト上の 1 つのショップのページで「手動による対策」の通知が放置されていますが、これによりドメイン全体が評価を下げられる事はありませんでしょうか?

以前ブログ記事「サイト運用のためのサービスは慎重に選びましょう」(http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2012/06/blog-post_19.html)でもお伝えしましたとおり、「複数のユーザーが共有しているドメイン全体に渡ってガイドライン違反の状態が顕著に見られる場合には、そのドメイン全体がガイドライン違反と判定される可能性があります」。リンクを削除するのは非常に手間のかかる作業であることは理解しておりますが、上述の通り、それを放置しておくことはおすすめしていません。

2)自社で購入しておらず、既に契約が終了したショップが過去に購入したPaidLink の解除、又は一覧の入手はどのように行えば良いでしょうか?

こうしたリンクの入手に外部の有料サービスを利用する必要はありません。ウェブマスター ツールへの登録は可能かと思いますので、該当サイトを登録して、「サイトへのリンク」からリンクの一覧をダウンロードし、不自然なリンクの参考にしていただければと思います。

Takeaki氏のコメントは、ともすると手厳しいように感じるかもしれない。しかしホスティングサービスの提供者は、サービス全体の管理責任を負っていることを自覚して運用することが大切だ。「自分がやったのではないから」はグーグルには通用しない。

モール型のネットショップも、UGC(ユーザー生成コンテンツ)型サイトと同じように、常日頃からの利用状況の監視が欠かせない。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

モバイル検索に関わる記事を2本今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet239このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ナビゲーション
サイトの訪問者が、サイト内で目的のコンテンツを探したり、サイト内の他のコンテンツ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore