国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
グーグルがJavaScriptを本格的に読んで実行するようになった! など10+4記事

グーグルがクロール&インデックスの際に、JavaScriptを本格的に実行するようになった
鈴木 謙一 2014/5/30(金) 9:00 tweet83このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

今週のピックアップ

グーグルがJavaScriptを本格的に読んで実行するようになった!
★★★★★ Googlebotはさらに賢くなっている (Google ウェブマスター向け公式ブログ)

「検索エンジンはJavaScriptを実行できない」と一般的に言われていたが、グーグルに限って言えばそうとは限らない。

というのも、グーグルは、以前から行っていたような簡単なJavaScriptのクロールよりも、さらに進んだ形でJavaScriptを実行してその結果を解釈するようになっているようだ。そう、ブラウザで見るのと同様な状態で。

公式ブログで次のように語っている。

Google は現在、最新のウェブ ブラウザに近いコンテンツの表示、外部リソースの追加、JavaScript の実行、CSS の適用を実現しています。

ここ数か月間、Google のインデックス登録システムは、かなりの数のウェブページを JavaScript が有効な一般ユーザーのブラウザのようにレンダリングしています。

GooglebotがJavaScriptを理解する力は相当に高まっているようだ。ウェブページの表示にJavaScriptを使っているようなサイトであっても、我々人間がブラウザで見るようにそのページを見ているらしい。

そのうえで、その能力を妨げないための注意点を5項目挙げている。そのうちの1つは次のとおりだ(筆者が改行を適宜挿入)。

別々のファイルにある JavaScript や CSS などのリソースが(robots.txt などにより)Googlebot をブロックしている場合、Google のインデクシング システムは、そのサイトを一般ユーザーと同様には認識できません。

皆様のコンテンツをインデックス登録できるように JavaScript や CSS の取得を Googlebot に許可することをおすすめします。

これは、モバイル向けのウェブサイトでは特に重要です。あるページがモバイル向けに最適化されているかを Google のアルゴリズムが識別するうえで、CSS や JavaScript などの外部リソースが必要になるためです。

その他の注意点も含め、詳細は元記事で確認してほしい。

日本語で読めるSEO/SEM情報

グーグルがあなたのページを正しく表示しているかをFetch as Googleでチェック
★★★★☆ レンダリングできるようになった (Google ウェブマスター向け公式ブログ)

グーグルは、指定したページをレンダリングしその結果を画像として表示する機能を、ウェブマスターツールのFetch as Googleに実装した。

この機能により、Googlebotが、HTMLのコードではなく、そのページを実際にどのように見ているのかを確認できる。しかもJavaScriptやCSSや画像などの外部ファイルも読み込んだうえでの状態でだ。

Fetch as Googleでレンダリングした結果

また、「robots.txtでブロックされている」「エラーが返る」などの理由で、レンダリングに必要なファイルにアクセスできないときは、その旨をレポートしてくれる。

JavaScriptの理解力の向上に取り組み続けていることをグーグルは先に発表していた。レンダリングに関わるJavaScriptをGooglebotが正しく実行できているかどうかを我々が検証するために、新しい機能を提供したのだ。

文字どおり、Googlebotの目に見えているページの姿を知ることができるのは、SEOにおおいに役立つだろう。

初級者OK、ゼロから始める「構造化データ」
★★★★★ 今のSEOには避けては通れない話題 (SEO HACKS公式ブログ)

検索エンジンがページのコンテンツをより正しく理解できるようにし、さらにリッチスニペットなども表示させるための「構造化データ」の理解は、今やSEOには避けて通れない。このコーナーが始まって6年目に突入したが、ここ1~2年は構造化データのピックアップが増えてきたことを筆者は実感している。

もしあなたが構造化データについて、まだほとんど何も理解していない(または自信がない)のならば、こちらの記事を読むといい。

「セマンティックとは何か?」から始まり構造化データの目的やschema.orgの記述の仕方、そして構造化データによるマークアップを支援するためにグーグルが提供するツール「データハイライター」の使い方などを、とてもわかりやすくまとめている。

この記事だけで構造化データをマスターできるわけではないが、とっかかりとしては十分すぎるくらいの、しっかりとした内容だ。

関連語を追加して検索エンジンの評価アップを狙え!
★★★★☆ 本質は読者にとっての利益 (Growth Seed)

記事のような文字コンテンツを書く場合は、どんなトピックに関して書くかは決めていることだろう。しかし、そこにさらに「関連する言葉」を含めるように意識すると、そのページのトピックを検索エンジンがよりよく理解する手がかりにできる。

こちらの記事では、テーマに関連する言葉を既存のコンテンツに追加するやり方を紹介している。こうすることで、検索エンジンのテーマ理解の助けになるかもしれないし、複合キーワードでの検索トラフィックが新たに生まれるかもしれない。

ただし、このようにして関連語を増やすことを、検索エンジン(SEO)のために行うという考え方はおすすめしない。あくまでも、「そのページを読む人にとって価値があるか」という観点で考えてほしいのだ。

語彙の少ない文章よりも、適切な語彙をつかった文章にするほうが、表現力が豊かにでき、読み手にとってもわかりやすく魅力的な内容にするための幅が拡がる。どうだろう、そのほうが、検索エンジンのために言葉づかいを変えていくよりも良い結果を生むと思わないだろうか。

また、関連語を無理に詰め込もうとすることは、逆に検索エンジンからの評価を下げることも考えられることにも注意してほしい。

訪問者にとってより価値のある情報を提供するためにも、関係する言葉が自然に含まれるように、そのジャンルに精通し文章力を高める努力をしてほしい。

ぜひ習得したいGoogleアナリティクスのイベントトラッキング
★★★☆☆ 初期設定では不可能な計測が可能に (ウェブさえ)

Googleアナリティクスの初期設定では、特定のリンクのクリックやPDFファイルのダウンロード、動画の再生などを計測することはできない。そこで「イベントトラッキング」の出番がやって来る。

こちらの記事は、イベントトラッキングでよく用いられるリンクのクリック計測を中心に、イベントトラッキングの設定方法を解説している。

  • イベントトラッキングとは?
  • まず、イベントから
  • 次は、トラッキング
  • つまり、イベントトラッキングとは?
  • イベントトラッキングの利用例
  • 「リンクのクリック」をイベントトラッキングしてみよう
  • リアルタイムでイベント発生をチェック
  • リンクを個別に計測したい場合

イベントトラッキングの活用シーンは幅広い。ぜひ習得しておきたい仕組みだ。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

ページの読み込み高速化とグーグルのアルゴリズム更新の記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet83このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPA
顧客獲得単価を意味する略語。新規顧客を獲得するのに、1人あたりいくらかかったかを ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore