国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
ウェブマスターツールの「検索クエリ」の数字は不正確なのでは? など10+4記事

モバイル向けサイトの作り方、スマホの構成ミスで順位低下、リッチスニペットなどの情報も
鈴木 謙一 2014/1/24(金) 9:00 tweet37このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

今週のピックアップ

ウェブマスターツールの「検索クエリ」の数字は不正確なのでは?
★★★★☆ どうなんだろう? (Jan-Willem Bobbink – International SEO)

グーグルウェブマスターツールの「検索クエリ」が概算ではなく実数でレポートするように改善されたことを、先週このコーナーでお伝えした。

SSL検索の影響を受けずに検索流入キーワードを細かく調査できる情報が得られるようになったので嬉しいニュースなのだが、この数値の信頼性について「使いものになるデータを提供していない」と、完全に否定している記事があった。

いくつかのサイトで、

  • ウェブマスターツールの検索クエリから得られたデータ
  • Googleアナリティクスで「google/organic」な訪問のデータ

を比べたところ、誤差では済まされない程度の大きな数字の乖離が複数のサイトで確認できたというのだ。

元記事では、20以上のドメイン名でデータを比較したところ、ウェブマスターツールがGoogleアナリティクスのデータと比べて+20%弱から-320%弱ほどの違いを見せていることを示している。

こうした調査の結果をもとに、元記事では次のように注意を促している。

ウェブマスターツールの検索クエリのデータは、全体的な傾向や変化を知るために使うぶんにはかまわないが、個々のデータを見てレポートを作成したり将来の予測をしたりする際には十分注意すべきだ。

検索クエリのデータが不正確だという意見は、以前からある。Mozのランド・フィッシュキン氏をはじめとした米国のSEOエキスパートたちも、正確性を疑っている。

ただし、検索クエリデータと他のアクセス解析ツールのデータが多少一致しないとしても、理論的に説明できることがあると筆者は考える。

まず、表示されているデータに関しては、検索クエリのヘルプの「検索クエリ データについて」のセクションを参照してほしい。

また検索クエリは既定で対象が「ウェブ」にフィルタされている点にも注意してほしい。画像検索やモバイルからの検索は含まれていない。一方Googleアナリティクスの「オーガニック検索」のレポートには、すべての検索流入が既定で含まれているからだ。

日本語で読めるSEO/SEM情報

レスポンシブWebデザインはどうなる? 御社に適したモバイルサイトの構築方法、教えます
★★★★★ 一口にモバイル対応と言ってもたくさんある (Rriver)

モバイルに関するWeb担当者の関心は、「モバイル対応すべきかどうか」や「レスポンシブWebデザインはどうなのか」から、「どうすれば最適なモバイル対応ができるか」に移り変わってきている印象がある。モバイル対応はもはや、一部のサイトに限った特別な施策ではなく、ウェブサイト運営に当然のごとく組み込まれるべきものだ。

こちらの記事では、ビジネス目的のサイトでのモバイル対応方法の種類とそれぞれの特徴、そして選択基準をわかりやすくまとめている。提供するサービスによってはサイトではなくアプリが適していることもある。

SEOのトピックではないが、PCやスマートフォン、タブレットなど多種多様なデバイスからのアクセスが当たり前になった現在のサイト運営に役に立つので、ぜひ一読してほしい。

グーグル社員とSEOビデオチャット【2014年第1弾】
★★★★☆ 今回も有用な情報あり (ウェブマスター オフィスアワー)

前々回お知らせしたとおり、グーグル日本のサーチクオリティチームが主催するウェブマスター向けのビデオチャットがGoogle+のハングアウトで開催された。

グーグル社員の田中氏と長山氏が、参加者からの以下の質問に回答した。

  • モバイルサイトのリダイレクト
  • 再審査リクエスト
  • インデックスの促進
  • アドレスの変更機能

グーグルの中の人でないと聞けない情報も含まれている。ライブで参加しなかった人はYouTubeにアップロードされた録画を試聴するといい。

スマホにだけ404を返すページが検索結果から消えた
★★★★☆ 例のモバイル向けアルゴリズムによる仕業か? (バカに毛が生えたブログ)

モバイルに対して不適切な構成がみられるサイトの評価を下げるアルゴリズムをグーグルは開発した。導入が完了しているとの公式な発表は出ていないが、すでに導入済みと考えていい事例が国内外でいくつか報告されているようだ。

間違ったリダイレクトが原因のランキングダウンとおぼしき事例を「バカに毛が生えたブログ」さんが以前に発見した。今度はスマートフォンだけに404エラーを返すページの順位が下がったことを確認したそうだ。

PCで検索すると上位に表示されるページが、スマホから検索すると101位以下になっているとのこと。

※記事後半に「そもそも当該のページにスマートフォン向けクローラーが全然来てなかった」という記述があるが、少しわかりづらいので補足しておくと、「実験を開始してからかなり長い間、検証用ページにスマートフォン向けクローラーが来ていなかったため、検証結果が出るまで時間がかかった」ことを示しているようだ。

スマホからアクセスしてもページが表示されないのだから、検索結果の上位に表示しても確かに意味がない。意味がないどころか、検索体験を大きく損ねる。構成ミスのあるモバイルサイト向けアルゴリズムによってこうなっているのだとしたら、まったく理にかなっている。

モバイル向けページへのクロールやインデックスに管理サイトで問題が起きていないかを、ウェブマスターツールで定期的にチェックしておこう。

2014年のSEOに必要なのは”オウンドメディア”強化
★★★★☆ 見込み客とバックリンクの獲得に効果あり (ネットPR.JP)

オウンドメディアでユーザーのニーズに応えるコンテンツを提供することでSEOを強化することを説明した記事。

企業サイトや製品サイトとはまた別に、潜在顧客も含めたユーザーのニーズに応えるオウンドメディアを運用することで、今はまだ顧客ではない潜在的な客にリーチし、自社の商品やサービスを啓蒙していくことが狙いだ。

またオウンドメディアで優良なコンテンツを提供できれば、検索エンジンが本当に評価したい「自然な被リンク」も手に入る。

オウンドメディアで成功した事例も、記事の2ページ目で紹介されている。

インバウンドマーケティングとセットで語られることも多いオウンドメディアのコンテンツ戦略は、2014年に積極的に取り組んでみたい施策だ。成功すればSEOにも大きな効果を与えるだろう。

「オウンドメディア」の定義や実践方法が定まっているわけではないので、少し理解しづらい部分もあるように思えたが、基本的な考え方の解説として、有用な情報だ。長い記事だが、ぜひ読んでほしい。

なおオウンドメディアをテーマにした漫画コンテンツをWeb担で公開している。オウンドメディアが何なのかやどんな特徴があるのかを初歩から知るために、あわせてチェックしておきたい。

あなたが欲しい「◯◯◯.みんな」ドメイン名は何?
★★☆☆☆ ブランディング構築に (Google Japan Blog)

グーグルが、日本語ドメイン名「.みんな」の提供を開始することを発表した。

「.みんな」は、ひらがな表記の一般トップレベルドメイン(gTLD)として初めてのものだ。たとえば「うぇぶたん.みんな」や「SEOウォッチ.みんな」のようなドメイン名を取得できる。

ブランドを認知させるにはドメイン名は非常に重要な要素だ。SEOに直結するニュースではないが、ブランドが確立されたサイトはSEOでもメリットが多い。あなたが気になる「.みんな」ドメイン名を取得してみてはいかがだろうか。

「.みんな」の登録は3つのスケジュールに分かれている。詳細はGoogle Registryのページを参照してほしい。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

グーグルが公開したWordPressのプラグインの紹介記事と著者情報の写真表示についての記事を、今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet37このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore