誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック
Googleアナリティクスで「(not provided)」が増えて困っています

Google検索の仕組みが9月下旬に大きく変わり、「(not provided)」が増えた。今回はその対策を考える。
誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック
丸山先生
医者:丸山先生(35歳・男)
当クリニックの代表。
来栖あきら
研修医:来栖あきら(25歳・男)
イケメンの研修医。
綾瀬ゆい
研修医:綾瀬ゆい(25歳・女)
優しい天然ボケの研修医。

ここ「アクセス解析5分クリニック」には、Webサイトについてさまざまな悩みを抱えた患者が、毎日のようにやってくる。研修医の来栖と綾瀬はデコボココンビだが、院長の丸山先生がとにかく名医。たった5分ですべての悩みを解決する!というのだ……。(登場人物紹介を詳しく見る

今回のお悩み
Googleアナリティクスで「(not provided)」が増えて困っています

Google検索の仕組みが大きく変化

Googleアナリティクスのキーワードレポートだけど、最近「(not provided)」が急に増えたと思わない?

あれ、知らないの? 9月下旬に、Google検索の仕組みが大きく変わったんだよ。

なんと! Google先生ェ……。これは困ったね。あきらはどうしてる?

どうしようもないよね。キーワードレポートを見ても、「(not provided)」が増えたし、もう別のレポートなどを見ているかなぁ。

2人とも困っているようだね。今日は、この「(not provided)」対策を考えてみようか。

そもそも「(not provided)」って何?

ところで、この「(not provided)」というのはどういう意味だろう?

「ユーザーの検索キーワードが読み取れなかった」という意味ですよね?

「(not provided)」。つまり検索エンジンから、検索キーワードの情報が「提供されなかった」ということだよ。

なぜ最近急に増えたのだろう?

それは、先ほどの参考記事にもありますが、Googleが検索結果ページを全ユーザーでhttps化したせいですよ。

じゃあ、なぜそれで、キーワードが「(not provided)」になるの?

Googleが検索結果ページをhttps化したことで、僕達のサイトに飛んでくる情報(リファラ)が変わったんだね。具体的には、参照元としてGoogleからの訪問というのはわかるようにしてくれたんだけど、キーワード情報は含まれなくなったんだ。ユーザーのプライバシー保護の観点のようだよ。そういうわけで、もう僕たちには、キーワード情報はわからないんだ。

ということは、Google検索以外だったら大丈夫なのかな?

あ!? そういえば、どうなんだろうね?

そうだね。今回の変更は今のところGoogleだけなので、他のYahoo!検索などでは確認できる。またGoogle検索でも、ウェブマスターツールやGoogle AdWords経由では、検索クエリを確認できるよ。

検索キーワードが確認できる場所
  • Googleウェブマスターツール(全部ではないが、一部の90日以内のデータを確認できる)
  • Google AdWordsの管理画面(詳細クエリ)
  • Googleアナリティクスで、Yahoo!など他の検索エンジンとAdWordsのキーワード

何が困るのか?

さて、前提を理解したところで、「(not provided)が増えると、何が困るのか?」から整理してみようか。2人は、キーワードレポートを何に使っている?

やっぱりSEOですよね。有効・無効なキーワードを見つけて、対策を考えるという部分です。

似ているけど、リスティング広告(PPC)で出稿するための有効キーワード探しもやっています

GoogleとYahoo!の違いに気づいたり、ユーザーの潜在ニーズや気持ちを推測したりするにも有効ですよね。

それで思い出したけど、僕は、ユーザーのグループ分けに、つまりセグメント分けにも使っていますね。似たようなニーズをもっているユーザーをまとめて、そのサイト内の動きを確認するというか。

だいたい出揃ったようだね。整理してみるとこんな感じかな。

  • SEOやリスティング広告のためのお宝キーワード発見
  • SEOやリスティング広告のためのNGキーワード発見
  • GoogleとYahoo!の細かいユーザー層の違いに気づく
  • 潜在ニーズ探し・気持ちに気づく
  • 似たニーズのグループをまとめて、導線の確認

「(not provided)」が増えると、これらが対応できないから、困ってしまうという訳だね。

対策

じゃぁ、どうすればいいのか。対策をそれぞれについて考えてみたよ。

  • SEOやリスティング広告のためのお宝キーワード発見

    • Googleウェブマスターツールを使う(すべては表示されないので、想像力でふくらませる)
    • Google AdWordsに部分一致で出稿し、アナリティクスでお宝キーワードを発見する(広告主だけ)
    • Google AdWordsのキーワードツールを使用する(広告主だけ)
    • Googleアナリティクスで確認できる、他の検索エンジンの結果から発見する
  • SEOやリスティング広告のためのNGキーワード発見

    • 1つ目の「SEOやリスティング広告のためのお宝キーワード発見」の対策と基本的に同じ。
  • GoogleとYahoo!の細かいユーザー層の違いに気づく

    • Google AdWordsに部分一致で出稿し、Yahoo!との違いに気づく(広告主だけ)
    • 似たキーワードで集客してそうなランディングページでセグメントし、違いを確認していく
  • 潜在ニーズ探し・気持ちに気づく

    • 1つ目の「SEOやリスティング広告のためのお宝キーワード発見」の対策と基本的に同じ。
  • 似たニーズのグループをまとめて、導線の確認

    • 似たキーワードで集客していそうなランディングページで、セグメントを作成し、違いを確認していく

なんか、難しそうですね。

いや、そんな難しくはないよ。基本的に、確認できるところで確認しましょうということだからね。ウェブマスターツールを使うか、Googleアナリティクスで現在確認できるキーワードデータを使うしかないからね。

でも、他の手法も出てきていますよね?

付け加えたのは基本的に2つだ。「Google AdWordsを有効活用できる」というものと、「同じカテゴリに属するランディングページでセグメントする」というものだ。

なぜランディングページでセグメントするのですか?

これは、カテゴリごとに情報が分けられているECサイトなどで特に有効なんだけど、たとえば、グラスを扱うページが「glass」というディレクトリにあるとする。そうすると、「glass」ディレクトリ以下のアクセスは、「グラス」関連のキーワード検索の結果が集まっているんだ。なので、その「glass」をファイル名に含むランディングページを確認していくと、「glass」のニーズを持った人の導線をほぼ確認できることとなる。

なるほど~。

まとめ

「(not provided)」が増えてしまったのは、正直に言えば、かなり痛手だ。でも、もともとGoogle検索もGoogleアナリティクスも全部無料で提供されている仕組みだから、仕方ない。とはいえ、困るのも事実だから、その対策としては、できることをするしかない。

対策としては、初心者であれば、ウェブマスターツールを見るか、Googleアナリティクスで現在確認できるキーワードを見るのがいいのではないかと思う。それだけでも気づきは得られる。

また、Google AdWordsのツールには、初心者にも使いやすいキーワードツールがあるので、チャレンジしたい人はツールを使う目的でも、Google AdWordsのアカウントを開設してみるのはよいと思う。もしアドバンスセグメントを使っている人であれば、ぜひランディングページ毎のセグメントを試してみてほしい。

今日の処方箋

お悩みGoogleアナリティクスで「(not provided)」が増えて困っています

アドバイスこの仕様変更は仕方がないので、できることからやっていきましょう。

ウェブマスターツールを確認すると、期間は決まっていますし、全部ではありませんが、Googleの検索クエリは確認できますよ。以下3ステップでやっていきましょう。

  1. 11 【2分】 ウェブマスターツールにログインします

    ウェブマスターツールに登録していない人は登録しましょう。

    ログイン後、確認したいサイトをクリックします。

  2. 1 【1分】 検索クエリをクリックして表示します
  3. 11 【2分】 キーワードと表示数などを確認します

    ここで実際に検索されているキーワードと表示数などを確認し、ギャップがないかチェックしましょう。

※キャラクターイラスト(来栖、綾瀬):「コミPo!」にて制作

この記事が役に立ったらシェア!
tweet98このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore