国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
いま本当に知っておくべき大切な12個のSEO施策 など10+4記事

著者情報の設定やレスポンシブWebデザインの基本などの情報なども。
鈴木 謙一 2013/8/30(金) 9:00 tweet42このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

今週のピックアップ

いま本当に知っておくべき大切な12個のSEO施策
★★★★☆ 情報提供元のBingに感謝 (Bing Webmaster Blog)

いま本当に知っておくべき大切なSEOを12個、Bingのシニアプロダクトマネージャー、デュアン・フォレスター氏がリストアップした。

一部はBingに固有だが、ほとんどはGoogleのSEOにも通じる。

  • titleタグ ―― 今でも重要。ページのコンテンツに関連するように保つ。省略してはいけない。

  • meta descriptionタグ ―― 今でも役に立つ。ページのコンテンツと関連性を保ちつつ、検索結果ページで検索ユーザーがアクションを起こすように記述することを考える。titleタグ同様、省略してはいけない。

  • リンク

    被リンク ―― 今でも役に立つ。自然検索に必要。できるときに確保する価値がある。依然として関連性がなければならない。近道(しようとする不正)は、隠したつもりでも私たちは見破ることができる。

    発リンク ―― 誰にリンクしているかで今でも判断される。したがって誰にリンクするかを注意して選ぶべき。

  • URL ―― わかりやすく保ち、クロールできるように保つ。JavaScriptやFlashのなかにリンクを隠してはいけない。依然として期待されるもの。

  • 重複 ―― rel="canonical"タグをまだ使う場面に出会っていないとしたら、重複コンテンツ問題を管理するためにも、このタグの便利な使い方にどっぷり浸かるいいタイミングだ。301リダイレクトを使うほうがいいのだが、rel="canonical"が最適な場合もある。リダイレクトで渡されるリンクの価値を心配することはない。

  • リダイレクト ―― リダイレクトの設定を頼むと、ほとんどのプログラマは302リダイレクトを実装する。コーディングしやすいしデフォルトだから仕方がない。本来なら301リダイレクトを要望したいところだ。

    しかし、Bingbot(Bingのクローラ)は、たとえば5回連続で302リダイレクトを見たら301だとみなし、実際に301リダイレクトとして価値を転送する。Bingが相手ならすべての302を301に修正する必要はない。

  • サイト移転 ―― Bingウェブマスターツールに「サイト移転」の新しい機能を最近導入した。適切なHTTPヘッダーを返すリダイレクトと組み合わせることで、古いページから新しいページへの価値を円滑に転送できる。

  • ジオターゲティング ―― Bingウェブマスターツールの「ジオターゲティング」機能を使えば、ページ単位で対象地域を設定できる。

  • ソーシャルメディア ―― ご存じのように、依然として重要。はっきり言っておくと、ソーシャルで起こったことはランキングに影響するということだ。

    とはいえ、単に「いいね!」やリツイートを数多く得ればランキングが上昇するということではなく、検索エンジンが理解しようと求めている価値の全体像を加えてくれる助けになる。それに自分の顧客と関り合いを持つことがマイナスになるはずがない。

  • HTML5 ―― 採用率は低いが伸びている。HTML5を採用するサイトが増えるほど、標準になっていくだろう。HTML5ベースのサイトはまだ少数派だが、この新しい技術でできることの価値を伝える声が広がりつつある。レスポンシブ・ウェブデザインが、モバイル業界で、今年の流行語として大はやりだ。

  • モバイル ―― タブレットとスマートフォンの急速な、最近の普及により、モバイルの存在にビジネスがより注目し始めたのは驚くことではない。モバイルの存在についてどっちつかずでいるなら、今が決心する時だ。モバイルの存在に投資する決意をしなければならない。なぜならこのトレンドはなくなるどころか、伸びる一方だからだ。

  • クロール ―― Bingはrobots.txtの仕様に従う。でも適切な実装方法を知っているだろうか。命令文を間違った順番で並べると、クロールの結果が変わることを知っていただろうか。robots.txtを使うときは、自分では気付かずに、クロールしてほしくないものをクロールするようにBingに言うことのないように、robots.txtの内容を見直しする機会を持ったほうがいい。

先々週、注目ピックアップで紹介した「新人SEO担当者向け27個の“べし・べからず”リスト」も同じくBingのフォレスター氏による投稿だ。日本では存在感の薄いBingだが、本国のBingのフォレスター氏はウェブマスター向けに非常に価値のある情報を提供してくれ、実にありがたい。

日本語で読めるSEO/SEM情報

こんな場合、著者情報の設定はどうすればいいの?
★★★★☆ よくある質問にグーグルが答えてくれました (Google ウェブマスター向け公式ブログ)

著者情報を検索結果に表示するために設定する、rel="author"の使い方に関してよくある質問に対する回答を、グーグルがウェブマスター向け公式ブログで公開した。

質問は以下の7つで、それぞれに対する答えが述べられている。

  1. 著者情報はどのような種類のページに表示させることができますか?

  2. 会社のマスコットを著者として使用して、検索結果に著者情報アノテーションを表示できますか?当社の害虫駆除事業で、「ハーメルンの笛吹き」というマスコットを著者情報として使用したいと考えています。

  3. 言語が異なる複数の記事(たとえば、英語版のexample.com/en/article1.html とフランス語版の example.com/fr/article1.html)とで著者情報を使用する場合は、各言語で別々の著者/Google+ プロフィールを作成し、それぞれのプロフィールにリンクする必要がありますか?

  4. 1 つの記事に 2 人の著者を追加することはできますか?

  5. Google で著者情報を表示したくない場合はどうすればよいですか?

  6. rel=author と rel=publisher の相違点を教えてください。

  7. 社員の 1 人が説明をカスタマイズしたので当社サイトの物件リストや製品ページで著者情報を使用できますか?

著者情報を、すでに導入済みのひとにもこれから導入するひとにも役立つ内容だ。

初めてのレスポンシブ・ウェブデザイン入門
★★★★★ 「レスポンシブデザインって何?」 と聞かれたときにまず見せるといい (mockup)

Googleアナリティクスのユーザー権限

グーグルが推奨しているスマホ・タブレット向けサイト構築の手法であるレスポンシブ・ウェブデザインを説明した記事。

具体的な実装手順ではないが、レスポンシブ・ウェブデザインの全体像を非常に上手にまとめている。

以下の6項目からなる。

  1. レスポンシブデザインとは
  2. レスポンシブデザインよくある勘違い
  3. レスポンシブデザインの仕組み
  4. レスポンシブデザインのつくり方
  5. レスポンシブデザインの長所短所・向き不向き
  6. レスポンシブデザインを導入する前にチェックすべきポイント

グーグルのモバイルサイト作成に関わっている小久保氏もおすすめの記事だ。

h1タグを複数使うとスパム判定されるのか?
★★★☆☆ 問題になるのはその意図 (グーグル ウェブマスター向け 公式ヘルプフォーラム)

グーグルのウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムにこんな質問が投稿された。

只今大規模サイトのリニューアルを行っているのですが、構造上、ページ内に複数回 h1要素を設定する予定となっております。

にわか知識ですが、以前のGoogleの検索エンジンアルゴリズムではh1要素を複数回使うことは スパム行為と見なしていた時期があったかと思いますが、現在・今後のHTML5対応時は、 こういった実装はスパム行為として見なされないでしょうか。

思わず眉間にシワを寄せたくなるような質問だった。

なぜなら、h1を複数回使ったからといって、それだけでスパム判定されたりはしないからだ。過去においても現在においてもだ。そしてきっと未来においても。

またHTML 4でもHTML5でも違いはない。HTML 4だから許されず、HTML5だから許されるというのはまったく理にかなっていない。

何回もh1を使うことそれ自体が問題なのではなく、繰り返し使う“意図”が問題になると認識してほしい。

たとえば、複数のh1タグを使い、そのどれにも、SEOで上位表示を狙っているキーワードを執拗に繰り返し詰め込めば、キーワードの乱用としてみなされるかもしれない。

たとえh1タグが1つであったとしても、いくつもの文から成る段落全体をh1タグで囲み、それがうっかりミスではなく検索エンジンを操作する目的だと判断されたら相応の対応が取られるかもしれない。

「h1タグは、3回までなら使ってもよく、4回以上はスパム判定される」――そんなことは、絶対にあり得ない。

h1タグの使用回数に限らず、「これをやったらスパム判定されるだろうか?」と悩んだときは、その意図、つまり「ランキングを上げるための行為かどうか」を考えると答えが自ずと出ることが多い。

グーグルがリンク販売サイトにペナルティ
★★★★☆ PageRankを下げる処置 (SEMリサーチ)

渡辺隆広氏によると、有料リンクを販売していたサイトにグーグルは手動の対策を実施したそうだ。

数年前から検索サイトのトップページで有料リンクを販売し続けてきた、とある検索サイトの PageRank が Google により下落(修正)されたことが確認された。

手動の対策により、それまで5前後だった(グーグルツールバーの)PageRankが2に下がっている。

ランキングの視点から見るとツールバーのPageRankが下がったことはまったく痛くないが、リンク販売の視点から見ると大きな痛手を被ったに違いない。PageRankが低いサイトからのリンクを買おうとはだれも思わないだろう。売れないリンク販売は廃業だ。

さらにこのサイトからのリンクは完全に無効化されているかもしれない。

ヤプログのリンクがnofollowリンクになった
★★☆☆☆ まとめて全部 (UMA)

無料ブログサービスであるヤプログでは、投稿したブログ記事内を含め、ページからの発リンクに自動的にrel="nofollow"が付くようになったらしい。元記事によると、過去に投稿したものやサイドバーに配置した相互リンクなども含めて、すべてのリンクがnofollowになっているとのこと。

変更に関する公式な発表はないが、検索エンジンのランキングを操作する目的の自演リンク対策として、サービス全体で一律にnofollow化した可能性も考えられる。

ヤプログと同じく無料のブログサービスlivedoor Blogが、SEOスパムブログを削除すると公式に警告したことは記憶に新しい。

グーグルは不自然なリンクを外部サイトに張っているサイトに対しても警告を発している。検索エンジンスパムに悪用されることは、サービス運営者側に悪いことしかもたらさないのだ。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

“元”グーグル社員と“現”グーグル社員による2つのウェブマスター向けQ&Aを今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet42このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore