国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
あなたのサイトは大丈夫? 手動ペナルティを受けていないか調べる「手動対策ビューア」をグーグルが公開 など10+4記事

スマホサイトの高速化やUX改善、「これであなたもウェブスパム博士」などの情報をお届け
鈴木 謙一 2013/8/23(金) 9:00 tweet54このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

お盆をはさんで2週間ぶりの更新となるこのコーナー、お盆前の情報も含め、SEO担当者注目の情報をお届けしていく。

今週のピックアップ

あなたのサイトは大丈夫? 手動ペナルティを受けていないか調べる「手動対策ビューア」をグーグルが公開
★★★★★ 透明性がさらに向上した (Google ウェブマスター向け公式ブログ)

検索エンジンのガイドライン違反などによって手動による対策(俗にいう手動ペナルティ)が与えられているかどうかを確認できるツールを、グーグルがウェブマスターツールに実装した。

その名も「手動対策ビューア」だ。

そのサイトに手動の対策が実施されていなければ「手動によるウェブスパム対策見つかりませんでした」というメッセージ一文が表示されるだけだが、手動の対策が実施されていれば、何が原因なのかも併せて示してくれる。

手動対策ビューア
ウェブマスターツールに登録しているサイトを選んで[検索トラフィック]>[手動による対策]を選ぶ
不自然リンクが原因の手動の対策
不自然なリンクが原因で、サイトの一部分に対して手動対策を受けているときの表示
価値のない品質の低いコンテンツが原因の手動対策
価値のない品質の低いコンテンツが原因で、サイトの全体に対して手動対策を受けているときの表示

ツールの機能や使用方法の詳細は、公式アナウンスを参照してほしい。

特に順位が大きく下がったときは、自分のサイトが手動の対策を受けているのではないかと心配になる。今までは警告文が送られてこなければ状態を知ることは難しかった。手動対策ビューアによって、ウェブマスターに対するグーグルの透明性は飛躍的に高まったと言っていいだろう。

日本語で読めるSEO/SEM情報

目標は1秒以内、グーグルがスマホサイトの高速化を提案
★★★★★ 焦点を当てるのはAbove the foldのコンテンツ (Google ウェブマスター向け公式ブログ)

スマートフォン向けサイトの高速化に積極的に取り組むようにとグーグルは公式ブログで提案した。モバイルユーザーは速いサイトを求めているからだ。

「Above the fold」とは、「ユーザーが最初に目にする、スクロールしなくても表示されるエリア」のこと。

特に、「Above the fold」のコンテンツを1秒以内に表示するように推奨している。

具体的に次の施策を提示している。

  • 200 ms 以内にレスポンスを返すようにする
  • リダイレクトの数は極力少なくする
  • 最初のレンダリング時のデータのやり取りを極力少なくする
  • ユーザーに最初に見えるコンテンツを表示するのに必要となる JavaScript および CSS を外部参照せずにインライン化する
  • ブラウザのレイアウト、レンダリング時間を考慮に入れる (200 ms)
  • JavaScript の実行とレンダリング時間を最適化しておく

モバイルの高速化に役立つガイドラインも新たに公開した。現在は英語のみだが、いずれ日本語訳も出ると思われる。

ちなみに、LTEや3Gなどモバイル回線によってページの表示速度は変わるが、ここでいう「1秒」は、どんな回線であっても関係なく「ユーザーにとっての体感」の時間のことだと考えるのが適切だろう。

なかなかハードな条件だが、「ページ全体を1秒ですべて表示完了する」のではなく、「最初に見える部分を1秒以内に出す」なので、工夫によっては非現実的ではない。トライしてみるといいだろう。

スマホ向けサイトのUXを高める5つの施策
★★★☆☆ スマホユーザーが使いやすいサイトを構築せよ (Design Color)

サイトをスマートフォン対応させたときに意識したことを説明した記事。

以下の5つについて解説している。

  • サイト幅はリキッドレイアウト&リンク領域は大きめに
  • 動画やGoogleマップも画面サイズに応じて伸縮するように
  • なるべく画面遷移をしないように
  • PC版のデザインでも見られるように
  • 最後までスクロールした後のことも考える

SEOではなくUX(ユーザーエクスペリエンス)に関するトピックだが、モバイル対応においてはモバイルユーザーのユーザー体験を向上させることがSEOに劣らず重要なので、ピックアップした。

ただし、1点だけ補足しておきたい。元記事で、iOSヒューマンインターフェイスガイドラインの記述を「アプリケーション内のタップ可能な要素には、約44×44ポイントのターゲット領域を割り当てる」と参照している点だ。

この資料では「44ピクセル」ではなく「44ポイント」、つまり約1.55cmという画面上での表示サイズを示している点には注意しておきたい(ただしiOSの標準解像度のデバイスでは、1ポイント=1ピクセル相当なのでこれを「44ピクセル」と読み替えても問題ない)。

301でペナルティからの逃走を試みたサイトの結末
★★★★☆ 人工リンクは最後には見つかってアウト (SEMアドバイザーの揺さBrain!)

グーグルからペナルティを受けていたサイトが、301リダイレクトを利用していったんはペナルティを回避できたものの、再び捕まってしまったという経過を観察した記事。

ことの経過を簡潔にまとめると次のとおりだ。

  1. 以前は上位にいた競合サイトが、順位を大きく下げた。ほぼ間違いなく人工リンクが原因で、グーグルに手動の対策を受けたかスパム対策のアルゴリズムに捕まったと推測される。

  2. そのサイトから301リダイレクトした別のサイトが再び上位に現れた。問題になったと思われる元サイトへの人工リンクはそのままの状態だ。

  3. 上位に出てきた6日後に、そのサイトは200位台に急降下した。

根本的な問題を解決することなく301リダイレクトを悪用したペナルティ逃れは、わずか5日で幕を閉じた形だ。

グーグルは良い仕事をしたと言っていいだろう。301リダイレクトはリンクの良い評価も悪い評価も区別せずに引き継ぐため、こうなるのは当然だといえば当然なのだが。

この発見を記事に書いた亀田氏が、Google+に投稿したコメントも紹介しておく(限定公開なのでリンクはしない。本人には引用の許可を得ている)。

最近思う事。
競合サイトがそろって自演リンクをつけてくれるおかげで助かっているという事。
どんどん自演リンクをつけてほしい。一時的に抜かれても長い目で見れば負けてないのは実証済み。

グーグルのガイドラインを守ったSEOを施策している亀田氏ならではの、自信に満ち溢れた言葉だ。

サブドメインのペナルティ解除が親ドメイン名にも及んだ
★★★☆☆ サブとルートは一心同体? (nobuki hamajima on Google+)

Google+で見かけた、手動対策に関する興味深い事例を紹介する。

とあるドメインのサブドメインサイトの手動対応が取り消されたのですが、ルートドメインのサイトも手動ペナってた筈なのがなくなってました。
これはどういう事なのか。。。

・ルートとサブのサイトに関係性はなしで、両方ともに不自然リンクで手動ペナってました。

・サブのみ解除のメールきたのでルートの方も確認したらペナがない事に。

解説すると、独自ドメイン名(元記事では「ルートドメイン」と記述)のサイトと、そのサブドメインのサイトがあり、その両方が手動による対策を受けていた状況だったようだ。

  • 独自ドメイン名のサイト: http://example.com/
  • サブドメインのサイト: http://sub.example.com/

ところが、サブドメインのサイト(sub.example.com)のほうの手動対策が解除されたら、同時にその親ドメイン名である独自ドメイン名のサイト(example.com)の手動対策も解除されたのだ。

独自ドメイン名とそのサブドメインは、検索エンジンの扱いにおいて共通の存在のように見えるときもあれば、別々の存在のように見えるときもある。

たとえば、親ドメイン名のサイトのサイトリンクには、サブドメインのリンクも出てくることがある。一方、サブドメインに張られたバックリンクの効果は親ドメイン名の評価を押し上げたりはしないはずだ(サブドメインのサイトから親ドメインのサイトへリンクを張るという間接的な効果は別だが)。

手動による対策に関しては、独自ドメイン名とそのサブドメインの関係はどうなのだろうか? 完全に別扱いなのか、それとも身内扱いなのか。謎は深まる。

海外SEO情報ブログ海外SEO情報ブログの
掲載記事からピックアップ

米Google検索に導入された新しい機能とiOSに関するアクセス解析の記事を今週はピックアップ。

次のページへ

ページ

tweet54このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle