編集長ブログ―安田英久
ソーシャルメディアで愚痴や不満を言うのがなぜダメなのか、ワインで説明しよう

個人的には、ソーシャルメディア上では、愚痴などのネガティブ投稿は、できるだけしないほうがいいと

今日は、ソーシャルメディアでの愚痴や不満を投稿することに関する話を。

個人的には、ソーシャルメディア上では、愚痴などのネガティブ投稿は、できるだけしないほうがいいと思います。その理由をわかりやすく説明しましょう。

愚痴って、聞くほうはあまり気持ちいいものじゃないですよね。

旦那が会社でのストレスを発散しようと夕食時に上司や取引先の愚痴を話すということはあるかと思いますが、毎日それだと、奥さんはストレスが溜まってしまいます。

毎日じゃなくて、たまにならいいんですけどね。


で、ソーシャルメディアの場合。

あー、どうしても納得いかない、たまには愚痴の投稿もいいだろう

と、あなたが珍しくソーシャルメディア上で愚痴を言うとします。

あなたがそういう愚痴をソーシャルに流すのは年に1回だとします。

さて、その投稿の受け手側はどうでしょうか。

友だちが350人ほどいて、その友だちそれぞれが年に1回ほど愚痴を言っていたら、受け手側は、ほぼ毎日そういった愚痴を目にすることになりますよね。


先日、知人がこんなことを言っていました。

会社で他部署の人から相談されて、自分の仕事とも部署とも関係ないことだけど、話を聞いてアドバイスして人を紹介してと助けてあげていたら、そういうのが増えすぎて。

会社のいろんな部署の人から、そんな感じの相談がしょっちゅう来るようになっちゃったんだよね。

相談する側は「この案件はなんとかして成功させたいから、あの人に相談しよう」と、「とっておきの切り札」といった感じで頼んでいることでも、相談を受ける側は「またか……こんなのばっかり」ってなっちゃってるんですよね。


寓話にもありますよね。

祭で使うワインをみんなから集めることになった。

ある村人は「自分1人ぐらいはワインじゃなくて水を入れても気づかれないだろう」と水を入れて持って行き、ワイン樽に注いだ。

祭の当日、樽から出てきたのは水だった。


ソーシャルメディア上で愚痴というか自分の弱みを出すのは、普段仕事ばかりの付き合いの人に人間的な側面を見てもらうという意味で、悪くないと思います(企業アカウントだとやりづらいですが)。

ただ、それも受け手側が嫌な気持ちにならなければ、ということですよね。

あ、ちなみに私がソーシャルメディア上で「モーレツ状態」とか言っているのは、「あの案件どうなってるんだ」と思っている人に、それとなく事情を察してもらって謝るという意図が……いつもバタバタして仕事が遅れていてすいませんです。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet45このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore