誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック
直帰率が高いのはなぜ? 3つの原因パターンとデータ確認の方法

「直帰率が高い」というのは、普遍的な悩みだろう。今回は順序立てて、直帰率の改善について考えてみる。
誰もが受けたい!アクセス解析5分クリニック
丸山先生
医者:丸山先生(35歳・男)
当クリニックの代表。
来栖あきら
研修医:来栖あきら(25歳・男)
イケメンの研修医。
綾瀬ゆい
研修医:綾瀬ゆい(25歳・女)
優しい天然ボケの研修医。

ここ「アクセス解析5分クリニック」には、Webサイトについてさまざまな悩みを抱えた患者が、毎日のようにやってくる。研修医の来栖と綾瀬はデコボココンビだが、院長の丸山先生がとにかく名医。たった5分ですべての悩みを解決する!というのだ……。(登場人物紹介を詳しく見る

今回のお悩み
直帰率が高いのはなぜ?

直帰する理由は大きく3つ

僕のサイト、直帰率が78%と高いんだよね。

サイト全体の直帰率のこと?

うん。なぜなんだろう?

直帰率が高くて困っているようだね。今日は、この問題を考えてみようか。

まず質問だ。自分たちがサイトを見ているとして、直帰するのはどんなときだろう?

私は、見づらいサイトや、雰囲気が怪しいサイトがダメだわ。

事前の予想とイメージが異なっていた場合だね。でも逆に、ランディングページの内容に満足したときも直帰するかな。たとえば「年賀はがきの当選番号」って検索して、すぐに答えがわかった場合とか。

あと、読み込みに時間がかかる重いサイトもすぐ閉じるわ。

いろんなケースが出たね。ここでちょっとまとめてみよう。

直帰してしまう理由
  • 怪しい、見づらいなど、事前予想と違うサイト
  • 最初の記事で満足してしまったサイト
  • 重いサイト

今回は、この3つを意識しながら、アクセス解析データを見ていこう。

直帰率を高めているページは?

最初に行うのは、直帰率を高めている犯人のページを特定すること。これは簡単で、直帰率が高い順にコンテンツを眺めてみればいい。

[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[すべてのページ]>[直帰率]をクリックして並び替えてみよう。ここで表の上にある[並べ替えの種類]から「加重」を選択すれば、アクセスが多くて直帰率が高いものが上位に並ぶ「加重並び替え」になって見やすい。

[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[すべてのページ]>[直帰率]をクリックして並び替え
[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[すべてのページ]>[直帰率]をクリックして並び替え
ここで「加重」を選択すれば、アクセスが多くて直帰率が高いものが上位に並ぶ
ここで「加重」を選択すれば、アクセスが多くて直帰率が高いものが上位に並ぶ

並び替えてみると、PPC広告を出しているページが上位にきますね。ということは、事前予想とランディングページのイメージが違うパターンでしょうか? あるいは怪しいイメージを持たれてしまったとか?

その可能性もあるね。でも、早計は禁物。残り2つの理由も検討してみよう。たとえばメルマガからランディングページに訪問したユーザーは、パッと見てページを閉じてしまうかもしれない。

ということは、参照元別に、直帰率を比べてみたら良いですね。[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[ランディングページ]>[セカンダリディメンション]で「参照元」を選択してみます。

[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[ランディングページ]>[セカンダリディメンション]で「参照元」を選択
[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[ランディングページ]>[セカンダリディメンション]で「参照元」を選択

確かに、メルマガからのアクセスは、直帰率も高いようです。だとすると、事前に内容がある程度わかっているから、メルマガ読者は直帰率が高くなっている可能性もありますね。

ページの速度

じゃあ、ページが重いケースはどうすればわかりますか?

Googleアナリティクスでは、バージョン5になってから、「ページの速度」というレポートが確認できるようになっている。[コンテンツ]>[サイトの速度]>[ページ速度]>「平均表示時間(秒)」で並び替えてみよう。

[コンテンツ]>[サイトの速度]>[ページ速度]>「平均表示時間(秒)」で並び替え
[コンテンツ]>[サイトの速度]>[ページ速度]>「平均表示時間(秒)」で並び替え

これは便利ですね。ただサンプル数が少なすぎませんか?

そう。だから、速度はそのまま鵜呑みにせずに、自分でアクセスして確かめてみよう。

アクセスしてみましたが、とくに時間はかかっていません。ということは、レポートの数値は間違いでしょうか?

いや、そうとも限らない。ネット環境によってスピードは違うし、自社サイトの場合は来栖くんのパソコンにキャッシュされている可能性もある。まず、基本中の基本だけど、改めてページに重い画像がないか確認してみよう。

300キロバイトの画像が、5つほどありました。

画像は1つあたり100キロバイト以下に抑えよう。できれば、全画像の合計を300キロバイト以下にしたいね。

でも、今風のサイトでは、なかなか厳しいですね。

CSSを使ったり、JavaScriptでロード時間をずらしたりするなど、いろいろな手法が編み出されているよ。ただ、そうなってくると、技術者とのタッグが必要だから、知識がない場合は、あくまで目安程度に留めておけばいい。ただ、今はスマホでサイトを見るユーザーも多いから、なるべく軽いサイトを目指すのは大事なことだよ。

まとめ

直帰率が高い場合、大きく3つの理由が考えられる。今回紹介した手法で、ぜひいろいろな角度から調べてみてほしい。

直帰してしまう理由
  • 怪しい、見づらいなど、事前予想と違うサイト
  • 最初の記事で満足してしまったサイト
  • 重いサイト

たとえば今回の来栖くんの場合、

  • PPC広告文の内容とランディングページの内容を合わせる
  • メルマガからのアクセスは、最初の記事を読んで満足している可能性が高いのでよしとする
  • 画像を軽くする

という施策で、ある程度直帰率を下げられる可能性が高い。

そのうえで考えるべき点は、「直帰率が高いからといって、対策が絶対に必要というわけではない」ということだ。PPC広告で集客した場合は、どうしても見込顧客だけを集めるのが難しいことがある。そうなると、どうしても直帰率は高くなる。またSEOがうまくいったとしても、無料で情報を仕入れたいと考えるユーザーであれば、やはり直帰する可能性は高い。

直帰率を下げることは大切だが、それ以上に成約してもらうことが大切なので、成約に結びつくバランスを意識したうえで、直帰率の対策は行っていこう。

今日の処方箋

お悩み直帰率が高いのはなぜ?

アドバイス直帰率が高くなる理由は大まかに3つあります。

直帰してしまう理由
  • 怪しい、見づらいなど、事前予想と違うサイト
  • 最初の記事で満足してしまったサイト
  • 重いサイト

以下の手順でそれぞれ確認してみましょう。

  1. 1 【1分】 直帰率の高いページを見つける

    まずは、[コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[すべてのページ]で「直帰率」をクリックしてデータを並び替えて、直帰率の高いページ上から順に見ていこう。並べ替えの種類に「加重」を選択すれば、アクセスが多くて直帰率が高いものが上位に並ぶ。

  2. 11 【2分】 1で見つけたランディングページの参照元を調べる

    [コンテンツ]>[サイトのコンテンツ]>[ランディングページ]>[セカンダリディメンション]で「参照元」を選択する。これで参照元別に、直帰率を比べられる。

  3. 11 【2分】 ページの速度を判断する

    [コンテンツ]>[サイトの速度]>[ページ速度]>「平均表示時間(秒)」で並び替えてみよう。

※キャラクターイラスト(来栖、綾瀬):「コミPo!」にて制作

tweet84このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle