僕と彼女と著作権
承諾のない肖像利用が違法になる基準とは?

承諾のない肖像利用が違法になる基準とは?

じゃあ、承諾がない場合、肖像の撮影や公表は、違法になるのですか?

いえ、ケースバイケースよ。人は、「肖像をみだりに利用されない権利」を有しているけれど、逆に、肖像を利用する側にも、「表現の自由」などの権利があるの。だから、表現の自由のために肖像を使う必要性が高いのか、肖像権ないしはプライバシーの保護を尊重すべきかのせめぎ合いになるのよ。

プライバシーと表現の自由とのせめぎ合いですか。

そう。このせめぎ合いに、裁判で白黒決着つける際には、社会通念上、肖像権者にガマンを強いられる限界、つまり「受忍限度」を超える肖像利用はダメっていうふうに考えられているの。で、その受忍限度を超えるかどうか考えるにあたっては、様々な要素を考慮していくのよ。

様々な要素とは、たとえばどういうものですか?

聞きたいなら言うけど、量が多いから聞き飛ばしていいわよ。

どんと来いですよ!

じゃあ行くわよ。ちなみに、カッコ内は私の考えよ。

  1. 被撮影者の社会的地位(例:公に関心を持たれるべき人か/一般の人か)
  2. 撮影された被撮影者の活動内容(例:人に知られても構わない行動をしていたのか/知られたくない行動をしていたのか)
  3. 撮影の場所(例:不特定多数の人が出入りできる場所か/プライベートな場所か)
  4. 撮影の目的(例:社会のためになるか、自分の利益や趣味のためか、不当な目的はないか)
  5. 撮影の態様(例:隠し撮り・騙し撮り・住居侵入・撮影禁止場所など、法違反やマナー違反はないか)
  6. 撮影の必要性等

すみません。ほとんど聞き飛ばしました……。

まあ、そうなると思ったわ……。

承諾のない肖像利用が可能な場合とは?

まず、有名人など公に関心を持たれるべき人と一般人とでは、まったく判断が違ってくるんだけど。

じゃあ、今回は、一般の人について、写真を承諾なく使える場合を教えてください。

わかったわ。一般の人の写真を撮影・公表することは…、

  • 公の場所で普通の行動をしているところを
  • 妥当な目的の下
  • 平穏な態様で撮影した場合で
  • 「背景」や「その他大勢」として写りこんでいる

くらいなら…、その人の承諾がなくても、ただちに違法にはならないでしょうね。

つまり、その人に焦点を絞っている、つまり「その人がメイン」に写っている写真はやばいですか?

マナー的にどうかという問題もあるけど。少なくとも適法になるための要件は、ぐっと厳しくなるわ。客観的に公益性が高いとされる目的の下、公の場所で普通の行動をしてる人を写した写真なら、メインで写っていても大丈夫かもしれない。たとえばNHKが「今日の那覇市内の気温」の紹介のため、通行人に焦点を当てて撮影して放送した場合など。いっぽう、裁判例の中には、公道を歩いていた女性に焦点を当てて顔や全身が撮影された写真がWeb上で公開された際、その人が「SEX」と大書きされた服を着ていたという事情もあってだけど、ある程度公益的な目的(ファッション情報の発信)があっても違法とされたわ。

その裁判例のケースは、公益的な目的があってもダメだったのですね。

そう。目的は正当でも、プライバシーへの配慮がいささか足りなかった。相当な使い方の範囲を超えてしまったのね。

八瀬さんの顔アップの写真は肖像権の侵害になる?

だいたいわかってきました。さて、今回の八瀬さんの顔アップの写真だと、どうなるのでしょう!!

今回の写真は、裁判を起こして白黒決着つけた場合、こちらが勝てる、つまり、公開の差し止めや、損害賠償が認められる可能性があるわ。損害賠償といっても、このケースだとせいぜい数十万円までと思うけど。

それって、喜んでいいのかしら…?

「可能性がある」って、有栖川さんにしては歯切れが悪いですね。

まあ、表現の自由も大事だから。さっきの話と重なるけど、今回、目的には公益性があるからね。世間から注目されてるイベントに、こういう感じの人が来場してるんですよ!って報道するために写真を使う。その意義と必要性は高いと思うの。また、八瀬さんは、公の場で普通に歩いてるところを写真撮影されただけで、人に知られたくない場面や行動を撮られたわけではないわね。

ふむふむ。一応、会場に立て看板も立っていましたしね。

でも、一方で、八瀬さんは一般人で、芸能人みたいに自分の顔とかを広く公表してるわけじゃないから、自分の顔をネットで公表されるのは抵抗あるわよね。さらにいうと、八瀬さんのアップの写真、顔の真上に「電波」って文字が写ってる。電波っていう言葉は、昨今、特にネット住人には、変な人を意味する、悪い言葉にも受け取られるわ。そういう言葉を背負った構図での顔のアップ写真を公開されるのは、八瀬さんにとってそれなりに強い心理的負担になると思うの。看板が写りこんでいるだけとはいえ。

確かに。見ようによってはひどい写真ですもんね。「面白い画像まとめ」とかってネット上で広がるおそれもありますね。

でしょ。イベントの様子を報道するという目的を達成するために、顔のドアップ写真を使うことがどうしても必要かと言われるとそうではないし、顔は載せないようにするとか、「電波」を背負っていない写真とか、プライバシーなどに配慮した使い方ができたはずよね

なるほど、そのように、色々な要素を考慮した結果、今回の写真が公開されていることは、受忍限度を超えて違法と言えるかもしれないのですね。

うん、そういうこと。今回の八瀬さんの写真は、さっき言った裁判例に近いわね。それよりは若干違法と判断されにくいかもだけど。

なるほどですね。諸々参考になります……。Web制作にかかわってる僕たちは、肖像権を侵害する側に回るかもしれないですからね。

次のページへ
この記事が役に立ったらシェア!
tweet128このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore