編集長ブログ―安田英久
いいね!が100付いて喜んでたら、その大部分が罵倒だったでござる

ソーシャルメディアでの反響をちゃんと理解するということについて。

今日は、Facebookの「いいね!」の裏側を説明しながら、ソーシャルメディアでの反響をちゃんと理解するということについて考えています。

サイトで公開している記事に対して、100個以上の「いいね!」が付けられて喜んでいたのだが、実はその大部分が「ひどい内容」「間違いだらけ」「筆者がぜんぜんわかってない」といったネガティブな意見を伴った「シェア」だった。

こんなことが起きている可能性があるのは、ご存じでしょうか?


Facebookの「いいね!」は、その名前から考えると数が増えれば増えるほど共感した人が多いと思いがちです。しかし、実はそうだとは限らないのです。

ブログや自分のサイトに設置した「いいね!」ボタンには、そのページに対する「いいね!」の数が表示されています。しかし、「いいね!」ボタンの数字は、実は「いいね!」や「シェア」の合計数なののです。

試しに、あなたのサイトで「いいね!」ボタンを付けているページのURLを以下のフォームで入力してボタンをクリックしてみてください。FacebookのAPIを使ってその内訳を表示してくれます。

URL:

表示される内容としては、「like_count」はそのURLが「いいね!」された回数、「share_count」はそのURLがシェアされた回数、「comment_count」はそのURLのシェア投稿に対するコメントの数、そして、「total_count」がその合計数です。

「いいね!」ボタンに表示されているのは、この「total_count」なのです。だから、「これはひどい」系の言葉でシェアされまくった場合でも、ボタンに表示される「いいね!」数が増えてしまうのです。


もちろん、同様のことは、はてなブックマークやTwitterでも起こります。しかし、それらの場合、添えられているコメントをだれでも確認できるので、「どうやらネガティブ意見が多いようだ」と気づきやすくなっています。

たとえば、この記事に対するTwitterでのコメントはここで、はてなブックマークでのコメントはここで、それぞれ確認できます。

しかしFacebookでは、すべてのシェアコメントを確認する仕組みが用意されていません。だから、「いいね!」の数が増えているときに、それが賛同の声なのかネガティブ意見なのかは、自分が確認できる知人のシェアなどから想像するしかないのです。

※上記は、自分のサイトに設置している「いいね!」ボタンの場合で、Facebook内の近況アップデートなどの投稿に対する「いいね!」の場合は、こうしたことにはなりません。

「いいね!」の数は定量データとして取り扱えるため、何らかの指標として扱っている組織もあることでしょう。しかし、場合によっては正反対の意味になってしまうという特徴を把握しておかないと、データを読み誤ることがあります。

そしてFacebookは、「どんな人が」「どんな意図で」シェアしたのかを網羅的に把握できない仕組みであるため、実はWeb担当者にとっては意外と使いづらいプラットフォームになっているのです。

御社では、自社サイトコンテンツに対する「いいね!」の数を、どうとらえていますか?

そして、もしFacebookでシェア時のコメントを一覧できる仕組みがあったら、ぜひ教えてください! ぼくが知らないだけだったら恥ずかしいので……。
この記事が役に立ったらシェア!
tweet81このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore