衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクスの導入から、運用、活用まで、正式なサポートがない初めての人でもゼロから学んでいけるように、丁寧に解説していく。

Googleアナリティクスとは/衣袋教授のGoogleアナリティクス入門講座
ディメンションと指標の違いを理解する[第9回]

レポートを理解する上で欠かせない「ディメンション」と「指標」という用語の違いを説明する。

ページ

これから数回にわたって、いよいよGoogleアナリティクスの基本用語とレポートの見方について解説していくが、今回はその前に、レポートを理解するうえで欠かせない「ディメンション」と「指標」という用語を説明する。次回以降に解説していく基本用語にはこれらどちらの用語も混在しているので、その前にしっかり理解しておきたい重要な用語だ。

ディメンションと指標を区別する方法

Googleアナリティクスのレポートというのは、ひとことで言うなら、あるWebサイトについて、

○○ ごとに、 ×× を見てみたい

というユーザーの解析ニーズに対する答えを一覧にしたもののことだ。

そして、この○○」にあたるのが「ディメンション」で、××」にあたるのが「指標」である

たとえば、

  • ページ(のURL)」ごとに、「ページビュー数」を見てみたい
  • ランディングページ」ごとに、「直帰率」を見てみたい
  • キーワード」ごとに、「訪問数」を見てみたい

という解析ニーズであれば、「ページ」「ランディングページ」「キーワード」がディメンションで、「ページビュー数」「直帰率」「訪問数」が指標になる。

実際のレポートで見てみよう。

図1は、「標準レポート」の画面で左側にあるメニューを[コンテンツ]>[サイト コンテンツ]>[すべてのページ]の順にクリックして表示されたレポート画面の下部だ。

図1:「すべてのページ」のレポート画面に見るディメンションと指標
図1:「すべてのページ」のレポート画面に見るディメンションと指標

見たとおり、データの一覧表が表示されている。この一覧表の左端に「ページ」とある1列(図1赤枠部分)が「ディメンション」で、右側にある「ページビュー数」「ページ別訪問数」「平均ページ滞在時間」「閲覧開始数」「直帰率」「離脱率」とある各列が「指標」(図1青枠部分)である。

言い換えるなら、このレポートは、

  • ページ(のURL)」ごとに、「ページビュー数」を見てみたい
  • ページ(のURL)」ごとに、「ページ別訪問数」を見てみたい
  • ページ(のURL)」ごとに、「平均ページ滞在時間」を見てみたい
  • ページ(のURL)」ごとに、「閲覧開始数」を見てみたい
  • ページ(のURL)」ごとに、「直帰率」を見てみたい
  • ページ(のURL)」ごとに、「離脱率」を見てみたい

という複数の解析ニーズを、一覧表にまとめたものなのである。

ディメンションと指標は色分けされている

解析を進めて、いくつもいくつレポート画面を見ていると、どの用語がディメンションで、どの用語がわからなくなってくることがある。そんなときのために、アドバンス セグメント(訪問ベースで絞り込みを行う機能)などで、ディメンションや指標を選択する画面では、ディメンションは緑色(図2赤枠部分)で、指標は青色で表示(図2青枠部分)され、意図的に色分けされている

図2:アドバンスセグメントでのディメンションと指標
図2:アドバンスセグメントでのディメンションと指標
次のページへ

ページ

筆者の『ユニバーサルアナリティクス版Googleアナリティクス完全マニュアル(PDF)』が発行されました。

筆者が講義を行うGoogle アナリティクス徹底講座も、定期的に開催しています。  → Google アナリティクス ゼミナール

tweet30このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle