国内&海外SEO情報ウォッチ 「海外SEO情報ブログ」の鈴木 謙一氏が、日本と海外の検索マーケティング情報をさらっとまとめて毎週金曜日にお届け。

海外&国内SEO情報ウォッチ
「スマホ向けサイトはレスポンシブWebデザインで」グーグル社員が語る など10+2記事(海外&国内SEO情報)

、titleタグでのキーワード、ロングテールSEO、リッチスニペットの出し方、XMLサイトマップの意味なども
鈴木 謙一 2012/2/24(金) 9:00 tweet86このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

今週のピックアップ

「スマホ向けサイトは“レスポンシブWebデザイン”で」グーグル社員が語る
★★★★☆ グーグル社員の推奨 (Google Webmaster Central Help Forum)

デスクトップ用ページとスマートフォン用ページを提供しているサイトで、URLを同じにするか別々にするかはそれぞれにメリット・デメリットがありどちらが絶対的に優れているかを判断することは難しい。

スマートフォン用のURLが検索結果に表示され続けて困っているウェブ担当者に対して、グーグルのジョン・ミューラー氏は次のように公式ヘルプフォーラムでアドバイスしている。

可能なら、CSS3のMedia Queriesのような特別なスタイルシートを使い(レスポンスWebデザインを使って)、同じURLでスマートフォンに専用のコンテンツを見せるといい。こうすることの利点は、特別なURLを必要とせずクロールやインデックスについて考えなくていいし、スマートフォンユーザーをどのようにしてリダイレクトするかを考慮する必要もないことだ。

SEOを最優先するなら同じURLを使うのがベストに思える。しかしMedia Queriesは、うまく使わないとスマートフォンなどでページの表示が遅くなる場合もあるため、モバイル優先の情報設計をしたほうがいい場合もあるのも事実だ。

PC向けURLとスマートフォン向けURLは、本当に悩ましい問題である。

日本語で読めるSEO/SEM情報

titleタグにキーワードを入れた結果、5位⇒2位にランキングアップ
★★★★☆ 検索エンジンにもユーザーにもtitleタグはやっぱり重要 (うぇぶみん)

グーグルからの検索トラフィックが予想以上に多かったキーワードがあり、そのキーワードが入るようにtitleタグを変更したところ、順位が5位から2位に上昇してアクセス数も増えたという記事。

titleタグにキーワードを含めるというのは、SEOでは基本中の基本だ。それにしても、これを実証した興味深いケーススタディだ。

titleタグにキーワードが入っていれば、ユーザーにとってもそのページのコンテンツが何について書かれているかが明白になる。ユーザーに対して役に立つことが、すなわち検索エンジンの評価につながると言えよう。

ランキングを上げるためにtitleタグにキーワードを入れるという思考ではなく、ユーザーに内容を明確に伝えるためにtitleタグにキーワードを入れるという思考でページのタイトルを考えてほしい。そうすれば、単にキーワードを詰め込んだ無機質なtitleタグではなく、ユーザーを意識したtitleタグを考え出せるはずだ。

ロングテールSEOのプロが明かす、正しいロングテールSEOのやり方
★★★★☆ 7ステップに分けて実践 (パシのSEOブログ)

パシのSEOブログの竹内氏がロングテールキーワードの検索トラフィックを上手に拾う方法を7つのステップに分けて解説している。

  1. ぼんやりと書きたいことをイメージして記事を書き始める
  2. 文章の修正や記事の構成を考えまとめる
  3. キーワードを含めたタイトルを考える
  4. SEOを意識したtitleタグを考える
  5. 記事公開後にターゲットキーワードを見直す
  6. 内部リンクを有効活用する
  7. とにかく沢山の記事を書く

竹内氏自身が成果を出しているロングテールキーワードを狙ったSEO手法だ。ロングテールSEOというと調査して検討したキーワードに対応するコンテンツを作るパターンが多いかと思うが、竹内氏は「あくまで自然に色々なキーワードを拾っていく事を重視します」「狙っていないキーワードを知らぬ間に拾っていたという事が重要になってきます」という姿勢で進めている。

ひとそれぞれに合ったスタイルがあったとしても、実績があるという点は心強い。慣れとともにこの手法を踏まえた自分なりのステップを構築できるだろう。

なお元記事のタイトルには「WordPress」と入っているが、竹内氏も断っているようにWordPressに限定したやり方ではない(「WordPress」を入れたのはWordPressと組み合わさったロングテールキーワードで引っかかるのを狙う目的もあるのかもしれない)。

パンダ・アップデートはやはりまだ日本に訪れていないのか?
★★★☆☆ それとも一部は導入済みか? (Takahiro Watanabe (takahwata) on ツイッター)

パンダ・アップデートが日本にもすでに導入されていることを知っているとも受け取れる意味深な発言をツイッターで残したばかりの渡辺隆広氏が、今度は次のようにツイートした。

日本にパンダ・アップデート本格導入されたらこのサイトは死ぬだろうとフラグ立てしてあるサイトはいずれもまだ影響受けてない でも一方でそれっぽい影響受けてるサイトもある んー。 全然まだ、ってことはないと思うんだけど 英語圏とは評価基準が違うか。

果たして、完全ではないにしてもパンダ・アップデートが導入されているのかどうなのか、非常に気になるところだ。

初めてのSchema.org導入でリッチスニペットを狙え
★★★★☆ 構造化データと聞くと難しそうだが (NAVER Engineers' Blog)

NAVERのエンジニア向けブログが、Schema.orgの導入手順を初心者向けに解説した。

Schema.orgは、ページに記載されているコンテンツの意味や目的を(ユーザーにではなく)検索エンジンに伝えるための構造化マークアップとして、グーグルとヤフー、マイクロソフトの3社が共同で策定した共通仕様のための取り組みだ。

グーグルでは、Schema.orgの仕様に従ってページに情報を記載しておくと、検索結果に「リッチスニペット」としてわかりやすく表示してくれる。リッチスニペットを実現する記述方法には、Microformats、RDFa、GoodRelationsなど他の構造化マークアップも利用できるが、将来的な見地に立つとSchema.orgを採用するといい。

そうはいっても、Schema.orgというのは名前からしてとっつきにくい印象を持つのではないだろうか。そんなSchema.org初級者のために、わかりやすくSchema.orgを説明しているのがこちらの記事だ。

もっとも初級者向けの導入編とはいえ、数回読まないと自分のものにはできないかもしれない。しかし特にレビュー系サイトECサイトでは、リッチスニペットは検索結果でのクリック率向上が期待できる。繰り返し読んでぜひマスターすべきだ。

ちなみに筆者は自分のブログでSchema.orgを実験してみた。導入から1週間少しでリッチスニペットの表示に成功した。

リッチスニペット
レビューサイトではない自己紹介ページにリッチスニペットを表示させてみた

テストなのですぐに消したが、リッチスニペットの乱用は慎んでほしい。もしリッチスニペットを不正に悪用しているサイトを発見したら、リッチスニペットスパム通報フォームからグーグルに報告しよう。

グーグルが明かすユーザーテストの秘訣
★★★★☆ テストは“シンプルに”が原則 (グーグル ウェブマスター向け公式ブログ)

ユーザーの役に立つサイトを実現するには、ユーザーの本当の姿を知るのが一番だ。そのためには、アクセス解析などのデータだけでなく、実際にユーザーにサイトを利用してもらってその様子を観察する「ユーザーテスト」が有効だ。

グーグルが、実際の経験に基づいた、簡単にできるウェブサイトのユーザーテストやユーザーリサーチの方法を公開した。

とはいえ、ラボで実施する本格的なユーザーテストだけが方法ではなく、

テストは多額の費用をかけて大がかりに実施する必要はありません。友だちや家族に聞いてみるだけでも大きなヒントを得られるでしょう。

としたうえで、次のようなことがポイントになるとしている。

  • テスト対象者の人数
  • テスト対象者を選ぶ
  • テストの場所
  • テスト方法
  • テストするべき項目
  • テストするべきではない項目

グーグルがユーザーテストから得た知見としては、次のようなことあるとのこと。

  • コンテンツを表示/非表示にするレイアウトを使用する場合は注意する
  • 言葉の使い方を確認する
  • 低速接続の環境でページをテストする

規模の大小を問わず、ユーザビリティを高めるためのユーザーテストはぜひ行いたいものだ。非常に役に立つ内容なので、ピックアップ元の記事を参考にしてほしい。

次のページへ

ページ

tweet86このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle