JWDA通信 10年後のWEB業界でも役立つ情報を届ける
10年後を生き抜くWeb業界の心得10か条

これからのWeb業界で生き抜くための心得10か条を伝えます
JWDA会長 中川直樹 2011/5/11(水) 9:00 tweet344このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

Webはいつしか、人と人、もしくは企業やブランド間のコミュニケーションをフォローするメインストリームとなってきました。スマートフォン、タッチパッド、キオスク端末、ゲーム機などが世に輩出され、これまで端末ごとに完結していたサービスやデータ、情報もついにユナイトし始めました。Web業界においても、1つの流れがここで集結し、新たなステージへパラダイムシフトしています。そんななか、Web制作者のみなさんに伝えたいメッセージがあります。

Web制作の領域

Web制作の領域ってどこまでですか

と問われると、サイト構築ではコーポレート・ブランドサイト制作、ECサイト制作、ケータイサイト制作、プロモーションサイトやバナー制作などが挙げられます。さらに、メールマガジンなどのメールマーケティング、アクセスログ解析や市場調査、マイニングをはじめとしたマーケティングの分野も関係し、ブランディング、クロスメディア戦略、ビジネス戦略なども除外できません。このような広範囲に渡る領域で制作者に求められるものは、手法や技術の知識、人を説得させるための話術と企画、制作するための技術、そして経験値と勘になると思います。おそらく、みなさんも異論なく納得できるでしょう。

今の世の中、街中でラップトップや携帯端末を広げれば、無線LANを通じていろいろな情報が飛び込んできます。ICカードリーダーしかり、エアタグを使った「セカイカメラ」しかり。また、自分の保管する自己情報は、PCや携帯端末とも連動できます。それに加えて、GPSなどの位置情報、コンパス情報、端末の揺れや傾きに反応するセンサーなどから得た自身の情報は、ホストコンピュータへと送信して解析され、情報にあったリプライやアクションとして返信されるわけです。

このように、周りを見渡しただけでも、あらゆる情報やサービスがインターネットを媒介してさまざまな端末に共有されていることに気がつくはずです。そんななか、「我々Web制作者の仕事の領域ってどこまでなのだろうか?」と改めて考えると、それはそれは恐ろしくなる反面、武者震いがしてなりません。

いわゆる「ブラウザの時代」は終わった

今まで、我々が取り組んでいたWeb制作というとIE、Firefox、SafariなどのWebブラウザ内で上から下へスクロールして閲覧できるコンテンツ制作を指していたと思います。しかし、昨今のイノベーションのなか、デジタルサイネージ、電化製品、携帯端末(スマートフォン)、タッチパネル、タブレット、地デジ(地上デジタルテレビ放送)、ICカードなど、あらゆる端末がインターネットというインフラ(HTTPプロトコル)を通してつながっており、情報表示がシームレスになってきています。

これらは、今までWebブラウザのように、ボタンや枠があって、スクロールして……といった機能が必ずしも統一されていません。ですが、それらすべては我々の仕事領域です。

このような状況下で、Web制作者として、この時代の変化のポイントを押さえておく必要があると考えます。その重要となるポイントは、次の3つです。

  1. クラウドコンピューティング上における、サービス/情報の集約

    クラウドコンピューティングの概念では、最低限の接続環境さえ用意すれば、インターネット上のサービスを通じてさまざまな機能を使うことができます。雲のようにインターネット上に散らばるアプリケーションやサービスの活用、そして自分に関連するさまざまなデータを集約したり、二次利用したりといったことが次のフェイズのポイントとなっていくでしょう。

  2. 自由(人間中心)なインターフェイス設計

    人間工学や認知工学などに基づいた「人間中心設計(HCD:Human Centered Design)」という考え方が注目されています。これは「使う人間のためのものづくり」という意味ですが、Webサイトでも、使う側に思考を求めることなく、直感的に操作できるようなインターフェイスデザインを意識していくべきでしょう。

  3. エンターテイメント性を含めたアイデア

    技術は常にイノベーションを起こしていきますが、いつの時代でも変わらず重要なのはアイデアです。使い勝手などの利便性を追求していくことは進化を遂げるうえでとても価値のあることですが、ストレスが皆無となった使い心地は退屈という側面も持っています。エンターテイメント性も兼ね備えたアイデアで、核となるコンテンツを充実させなければ、どんなに技術が進化しても意味がないのです。

この10年あまりでWeb業界は大きく変化しました。数年前にユビキタスという言葉が流行りましたが、今こそ本当の意味での「ユビキタスコンピューティング」社会が到来しています。

これからのWebに求められる重要な役割

今後Web制作の現場で重要視される役割についてもお伝えします。これまで、広告プロモーションのなかで1つのパートとして位置づけられることが多かったWeb施策が、昨今ではプロモーション戦略全体の中心として考えられるようになってきました。テレビCMや広告などと連動して展開されるだけでなく、マスメディアや自社メディア、そしてソーシャルメディア、店頭、カスタマーサービスなど、さまざまな顧客接点がWebを中心に牽引される形が現実のものとなってきています。今後、Web施策の重要性はさらに高まっていくと同時に、コミュニケーション全体を見据えてWebサイトを作る能力が求められています。

従来とは違うWeb制作の能力として、今後どのような能力が求められるようになっていくのか、実際に紹介していきましょう。

  • Webストラテジスト/マーケッター

    企業のWeb戦略を正しく理解したうえで、広いマーケット知識を持ってサイトやコンテンツ戦略を考える役割です。Web戦略は、本来は施策を行う企業側が考えていくべきことなのですが、Web施策について熟知する人材がサポートすることが多いのも現状です。

    従来は短期的な視点での結果を求められることが多かったWeb施策ですが、これからは中長期的な視点でROIを見据え、ブランドを形成していくために有効なプランを立案することが必要とされています。

  • コンテンツマスター/情報キュレーター

    インタラクティブ性を踏まえてコンテンツを考えたり編集したりするだけでなく、広い意味でのWeb施策、そして、日、週、月、年という広いスパンでユーザーとのコミュニケーションの編成を考えていく役割です。

    現状では、企業からの一方的なメッセージが市場に受け入れられないケースも少なくありません。そんななかで、あらゆる施策実行に対して、ユーザーや市場の動向を見ながらコンテンツの入れ替えや修正ができたり、情報やコンテンツの選定、投入を自在に操ることでより良い結果を導いてくれるキュレーションのポジションも重要になってきています。

  • シナリオライター

    シナリオライターとは、さまざまな入り口からサイトのなかに入ってくる人に対して、それぞれにユーザーシナリオをつくり上げ、巧みにブランドを伝えていく、ストーリーテラー的な役割です。

    Webの特性には、ユーザーの入り口(サイトに入ってくるきっかけ)がばらばらだということがあります。キャンペーンやビルボードを見てランディングしてくる人もいれば、トップページを飛び越えて検索エンジンから検索キーワードに関連したページへいきなり入ってくる人、テレビやコミュニティサイトの評判から入ってくる人など、さまざまです。しかし、入り口は違っても、すべての人へブランドの価値観を与えていくことが重要なのに変わりありません。

    ユーザーごとのシナリオを考え、サイトを見終わってから他のページへジャンプする際に、最大限の感動や満足を与えられることが何より重要なのです。

  • クリエイティブディレクター/演出家

    クリエイティブディレクターとは、広告制作の現場において最も中心的役割であり、どのような表現で広告展開を行っていくのか、具体的な表現コンセプトを考えていく仕事です。クリエイティブディレクターの下で、アートディレクターやCMディレクター、Webプロデューサーが、それぞれのメディア表現を実際の形に具現化していきます。

    これまでクリエイティブディレクターには、CMプランナーやコピーライター、グラフィックのアートディレクターなどの素地を持つ人材が多かったのですが、前述のようにWebがプロモーション戦略の中心に位置づけられてきている今、Web制作のプロとして経験を重ねた人材がこの役割を担う必要性を強く感じています。またクロスメディアにおける制作物をアトラクティブに演出する演出家のニーズもとても多い状況です。

  • コミュニティマネージャー

    CGMやSNS、Twitter/facebookなどのソーシャルメディアを、自社サービスや商品のプロモーションだけでなく商品開発の場として取り入れる企業が増えてきています。その流れにおいて重用視されているのが、ソーシャルメディア上で実際に一般消費者に個別対応し、企業の顔となってさまざまな意見や声に応えていくコミュニティマネージャーという役割です。すでに海外の企業を中心に、コミュニティマネージャーと呼ばれる役割が確立されています。

    コミュニティマネージャーは、企業の顔となって一般消費者と直接向き合う大切な役割なので、本来は企業側が自社内で人員を配置することがベストなのですが、日本ではまだ、Webメディアを熟知した業界の人材によるサポートを必要とする企業が多いのも事実です。

次のページへ

ページ

一般社団法人 日本WEBデザイナーズ協会

一般社団法人 日本WEBデザイナーズ協会
(JWDA=Japan Web Designers Assiciation)

日本WEBデザイナーズ協会(JWDA)は、WEBデザイナー市場価値向上を図り、WEBデザイン産業の育成・振興・発展を推進することを目的とする非営利団体です。JWDAは、「WEB」デザインに従事する団体や個人(リサーチ、マーケティング、企画立案、インターフェースデザイン・設計、広告デザイン、WEBデザイン、動画制作、システムインテグレーション、ビジネススキーム立案等に関わる稼業全てを指す)間の技術的な情報共有、社会的な地位向上、そして日本の産業の活性化に努めていきたいと考えています。

  • 2009-2010 JWDA スローガン
    人と人をつなぐ そして2011年へ
  • Mission(協会使命) インターネットを利用した仕組み、サービスの制作に従事する団体、個人間の技術的な情報共有、社会的な地位向上、そして産業の活性化に努める。
  • Principles(理念)
    優れたWEBデザインは、常に形状の審美性と機能的な操作性の二つの調和によって成り立ちます。私たちは製作者相互の最高の技術の賜物であり結晶であるWEBデザインを通して、日本の産業的・文化的発展に寄与する事を第一と考えます。
  • Vision(展望)
    WEB制作者、業界間の発展と親和に努め、日本のWEB業界における中心的な存在になる。
この記事が役に立ったらシェア!
tweet344このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エゴベイト
「エゴベイト」とは、特定の人、あるいは集団の注目を引くために作られたコンテンツの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore