編集長ブログ―安田英久
サイトに設置した「いいね!」の押され具合をデータで解析する方法

Facebookインサイトを使う方法と、APIでデータを取得する方法の2種類を紹介

今日は、ソーシャルメディア解析の話題を。自分のサイトに設置したFacebookの「いいね!」ボタンの使われ具合を分析する方法です。Facebookインサイトを使う方法と、APIでデータを取得する方法の2種類を紹介しましょう。

最近、Facebookの「いいね!」ボタンを見かけることも増えました。Web担でも2010年9月から「いいね!」ボタンを設定していて、先日の「TwitterやFacebookで共有されたリンクが検索順位に直接影響する――グーグルとBingが明言」の記事では何と840いいねを記録しました。

さて、この「いいね!」ボタンの押され具合を分析するにはどうすればいいのでしょうか? 各ページを表示してボタンの横に表示される数字を目視で確認していくのもいいのですが、もう少しデータとして分析したいですよね。

それには、「Facebookインサイトを使う方法」と「APIを使う方法」の2つがあります。それぞれ解説しましょう。

Facebookインサイトを使って「いいね!」を分析する方法

Facebookには、ファンページなどのアクティビティやユーザー傾向を解析する「Facebookインサイト」という仕組みがあります。Facebook上に作るファンページはそのままインサイトで解析できるのですが、自分のサイトに設置した「いいね!」ボタンもこれで解析できます。

Facebookインサイトのページでは、「シェア」「いいね!」をサイト全体やページ単位で分析したり、利用ユーザーの性別や年齢データを分析したりできます。
このデータは1日1回集計され、1日が終わったあと24時間以内に利用可能になるとのこと。
※性別や年齢のデータはプライバシー保護のために一定数以上のユーザーがいないと表示されない模様。

ただし、そのためには、特定のドメイン名が自分の持ち物であることをFacebookに認識させなければいけません。そのために、HTMLに特定のコードを入れます(Googleウェブマスターツールのサイト認証のようなものですね)。

手順は次のとおり。

  1. Facebookインサイトのページを開き、右上にある「あなたのドメインのためのインサイト」ボタンをクリックします。

    ・Facebookインサイト
    http://www.facebook.com/insights/

  2. ポップアップ画面が表示されるので、

    • 「ドメイン」に自分のサイトのドメイン名を入力
    • 「Link With」から自分のFacebookアカウントを選択

    して、ポップアップ画面下に表示される<meta>コードをコピーします。

  3. ここでいったんFacebookから離れ、自分のサイトのHTMLを変更します。「ドメイン」に入力した自分のサイトのトップページの<head>内に、さきほどクリップボードにコピーした<meta>タグを貼り付けて保存します。

  4. Facebookのインサイトのページに戻ります。また「あなたのドメインのためのインサイト」ボタンをクリックし、先程と同じドメイン名とリンク先を選んだら、下にある「ドメインをチェック」をクリックします。

    「ドメインをチェック」をクリックすると、Facebookが裏であなたのサイトのトップページのHTMLをチェックして、先程追加したタグを読み取ります。エラーが表示されなければ確認が完了しています。Facebookインサイトのページをリロードすると、ドメイン名が表示されているでしょう。

ドメインをチェックの画面でどうしてもタグが認識されない場合は、Facebook用のタグが正しく記述されているかをチェックするURLリンターを使うといいでしょう。

これはHTMLチェックツールのようなもので、URLを指定するとそのページをチェックしてくれます。正しく入力されていれば、Facebookアカウントでの認証ならば「Admins」の欄に、ファンページでの認証なら「Page ID」の欄に、データが表示されるはずです。

URLリンターで確認タグが正しく入力されているかチェック。このツールは、OGP(Open Graph Protocol)のタグの確認に非常に便利。

インサイト情報を複数のFacebookユーザーが見られるようにすることもできます。サイトのファンページをFacebookに作り、インサイトのドメイン名の確認画面の「Link With」で個人のアカウントではなくそのファンページを指定するのです。そうすると、そのファンページを管理しているすべてのユーザーがインサイトを確認できるようになります(ユーザーにリンクする場合metaタグのpropertyは「fb:admins」ですが、ファンページにリンクする場合は「fb:page_id」になるので、HTMLへの追加時に注意)。

APIを使って「いいね!」を分析する方法

Facebookインサイトはたしかに良いのですが、コンテンツごとの「いいね!」数の分析を詳細に行おうとすると力不足です。そこで、詳細なデータをAPIを使って取得してみましょう。

この先は技術的な内容になるのであまり詳しくは解説しませんが、やり方はいくつかあります。

  • グラフAPIを使う方法
  • FQLクエリを使う方法
  • OData(Open Data Protocol)を使う方法

簡単なのは、グラフAPIを使う方法ですね。取得したいURLを

https://graph.facebook.com/?ids=対象URL

の書式で指定したAPI用のURLにアクセスすると、JSON形式でデータが得られますので、それを分析します。

たとえば、先日の「TwitterやFacebookで共有されたリンクが検索順位に直接影響する――グーグルとBingが明言」の記事のインサイト情報を得るには、次のURLにアクセスします。

https://graph.facebook.com/?ids=http%3A%2F%2Fweb-tan.forum.impressrd.jp%2Fe%2F2011%2F01%2F24%2F9554
上記のURLの記載が当初間違っていましたので修正しました(その上のリンクは正しく動作していました)。

こうした仕組みをCMSに組み込んで、アクセスされたタイミングまたは定期的にデータを取得すると、詳細な分析ができるでしょう。

たとえばWeb担では、APIで取得したデータを使って、Facebook「いいね!」数の多い順に人気記事ランキングを出せるようにしてあります。

・Web担当者ForumのFacebookいいね! 人気記事ランキング
/popular/facebook

私は使ったことはありませんが、Excel 2010+PowerPivotの組み合わせでODataを分析させると、なかなか便利なようですね。

●参考情報

現在のページのFacebook「いいね」数などを取得するブックマークレット

このソーシャル共有チェックブックマークレットを実行すると、そのときにブラウザで表示しているページのURLに対する「いいね!」数、Tweet数、はてなブックマーク数を調べられます。

ブックマークレットの中身は以下のとおりです:

javascript:(function(){
var load = function(src, check, next) {
  check = new Function('return !!(' + check + ')');
  if (!check()) {
    var script = document.createElement('script');
    script.src = src;
    document.body.appendChild(script);
    setTimeout(function() {
      if (!check()) setTimeout(arguments.callee, 100);
      else next();
    }, 100);
  }
  else next();
};  /* thanks http://d.hatena.ne.jp/amachang/20071116/1195202294 */
var social = {
  'Facebook':{
    url:'http://graph.facebook.com/?ids='+encodeURIComponent(location.href),
    func:function(data){
      if ('undefined' == typeof data[location.href].shares){
        social.Facebook.num = 0;
      }
      else{
        social.Facebook.num = data[location.href].shares;
      }
    }
  },
  'Twitter':{
    url:'http://otter.topsy.com/urlinfo.js?url='+encodeURIComponent(location.href),
    func:function(data){
      if ('undefined' == typeof data['response'].trackback_total){
        social.Twitter.num = 0;
      }
      else{
        social.Twitter.num = data['response'].trackback_total;
      }
    }
  },
  'HatenaB':{
    url:'http://api.b.st-hatena.com/entry.count?url='+encodeURIComponent(location.href),
    func:function(data){
      social.HatenaB.num = data;
    }
  }
};
load(
  'http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.4/jquery.min.js',
  'window.jQuery',
  function(){
    jQuery.each(
      social,
      function(i,item){
        jQuery.ajax({
          dataType:'jsonp',
          cache:false,
          url:item.url,
          success:item.func,
          error:function(){item.num='-'}
        });
      }
    );
    var loop = 0;
    var showdata = function(){
      var ready = true;
      var text = '';
      jQuery.each(
        social,
        function(i,item){
          if ('undefined' == typeof item.num){
            ready = false;
          }
          else{
            text += ' '+i+': '+item.num+"\n";
          }
        }
      );
      if (ready){
        alert('URL: '+location.href+"\n"+text);
      }
      else{
        if (++loop > 3){
          return;
        }
        setTimeout(showdata,500);
      }
    };
    showdata();
  }
);
})();
↑広げて見る
※2011-02-02 ブックマークレットの動作(特にTwitter関連)を改善しました。
tweet365このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle