Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報
A/Bテストで素人が陥る罠: 神が宿るというディテールよりも先に……

初心者が陥りがちな「A/Bテストの罠」に注意してほしい。効率の悪い「改善ごっこ」をしていても仕方がない。

ページ

ジェイソン・コーエン氏が6月に公開したA/Bテストに関する記事は、もっと注目を集めていいし、もっと詳しく掘り下げられるべきだ。オンラインマーケティングの世界にいる人間ならたいてい、クリックスルー率、会員登録率、コンバージョン率などを改善できるA/Bテストの威力を知っている。ページを訪問した人が望ましいアクションを起こす割合を高められるというのは、すばらしいことだ。

しかし、テストの仮説を立ててから、立案、開発、実行へと至るプロセスには、危険が満ちている。そして、いちばん目立たないが最も油断ならない落とし穴の1つが、実はテストの対象として何を選択するかなんだ。

グラフで見る「極小値」問題

ランディングページの各要素に関するA/Bテスト

ランディングページの各要素をテストするというのは確かに面白いし、やる価値がある場合もある。しかし、ランディングページや製品ができたばかりの段階では、適切でないことが多い。実際に、上の図にあるように、グラフにしてみると差があるように見えるものでも、絶対値を見てみると実際には1コンバージョン分あるかないかのような違いでしかない場合もある。

Conversion Rate Expertsで指摘されているように、「壁に投げつけて、何が貼りつくかを見る」ような行き当たりばったりの手法は得られる効果が小さい。訪問者が抱く疑問点を突きとめ、適切に応えていくことで、大きな差を生むことができる。

問題なのは、簡単な答えを得られるという誘惑がとても魅惑的すぎてしまうことだ。

細かな部分をテストしたくなる誘惑に負けないようにしよう

A/B テストの罠

次のようなケーススタディを読んだことがある人は多いんじゃないかな。

これらはすべて、小さな変更でクリックスルー率やコンバージョン率が大幅に増加したことを述べており、幅広い称賛を勝ち取り、紹介もされている記事だ。問題は、これらは例外であって普通ではないという点だ。さらに言うなら、例外だからこそ、こうした事例がニュースとして価値をもち、これほどまでたくさん言及されているんだ。

こんな記事は読むべきじゃないとか、こういった例から学んではならないと言っているのではない(間違いなく、読んで学ぶべきだ)。ただ、この「小さな変更」という考え方は、マーケティングに携わる人を誤った方向に導く可能性があるってことなんだ。ボタンの色を変えたり、見出しを変更したり、文章を少しばかりいじったりといった、「小さな変更」を加えることで、コンバージョン率の大幅な改善を実現した経験を持つウェブサイトは非常に少ない

自分はほかとは違うと考える十分な理由があるのなら、やってみるのもいいけれど、慎重にやろう。小さな変更は、得られるプラスの影響も小さい可能性があるというだけではない。結果に見合わないほどの時間とリソースが必要とされるからだ。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet43このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore