編集長ブログ―安田英久
URLとURIは何が違うの? どちらが正しい呼び方?

Webページのアドレスを指す場合は、URLとURIどちらを使うべきなのでしょうか。

今日は、ノウハウというよりは、豆知識を。「URL」という呼び方と「URI」という呼び方がありますが、どう違うのか、あなたはご存じですか? Webページのアドレスを指す場合は、どちらを使うべきなのでしょうか。

URLとURIは何が違うのか

結論から言うと、URIとURLは同じものではありません。「URI」のほうが広い概念で、「URL」はURIの部分集合です。同様の仕組みに「URN」というものがあります。

その3つを別のものにたとえてわかりやすくいうと、

寿司(URI)
├にぎり寿司(URL)
└ちらし寿司(URN)

のような関係です。つまり、URIというものを細かく分類すると、URLとURNに分けられるのです。

それぞれをわかりやすく示すと、次のとおりです。

  • URL(Uniform Resource Locator):
     場所を示す書き方のルール。
     ページや画像などを取得したりするための主要な場所とアクセス方法を指定。
     例:(Web担トップページの場所とアクセス方法)
      http://web-tan.forum.impressrd.jp/
  • URN(Uniform Resource Name):
     名前を永続的に識別する書き方のルール。
     これ単体ではアクセスできない場合もある。
     例:(Web担のムックの最新刊)
      urn:isbn:4844327968
  • URI(Uniform Resource Identifier):
     名前または場所を識別する書き方のルールの総称(親玉)
     URLやURNは、URIで定められたルールに従って書かれたり使われたりする。

ほかにも「URC(Uniform Resource Characteristics」というものも提案されていました。寿司の例でたとえるなら巻き寿司というところでしょうか。

WebページのアドレスはURL? URI?

ということで、Webページのアドレスのことは「URI」と呼んでも「URL」と呼んでもかまいません。ハマチ握りや中トロ握りを「にぎり寿司」と呼んでも「寿司」と呼んでもいいのと同じですね。

細かいことを言うと「http:」というパーツはURLとして定められているわけではなく、URIとしての識別子(スキーム)なので、技術仕様などではURIと呼ぶことが多いようです。

とはいえ、一般的にWebページのアドレスをいう場合には、アクセスしてもらうために示しているのですから、「URL」と呼ぶのが適切でしょう。

URLを解剖してみる

せっかくですから、URIを構成するパーツを理解しておきましょう。

たとえば次のURIから何が読み取れるでしょうか。

http://yasuda:pass@www.example.com:8080/news/index.htm?page=2&msg=yes#hot

URLの場合の各パーツを分解して、正式名称とともに意味を説明していきましょう。

  • https:

    スキーム(scheme)
    この場合は、httpプロトコルを使うことを示します。ほかにhttps:ftp:data:file:など、いろいろとあります。urn:も、URIのなかでURN用として定められているスキームです。この部分はIANAという組織が管理していますが、IANAに登録されていないscp:mysql:といったスキームが使われることもあります。

  • //yasuda:pass@www.example.com:8080

    オーソリティ(authority)
    アドレスの根本部分。「//」で始まり、さらに以下のパーツに分かれます。

    • yasuda:pass@
      ユーザー情報(userinfo)。アクセスに使うユーザー名とパスワード
    • www.example.com
      ホスト(host)。アクセス先サーバー名
    • :8080
      ポート(port)。アクセス先サーバーのポート番号
  • /news/index.htm

    パス(path)
    指定したオーソリティの中でのアクセス先を指定します。httpでは、サーバーの公開領域内でのディレクトリ名とファイル名ですね。

  • ?page=2&msg=yes

    クエリ(query)
    パスの中でさらにアクセス内容を細かく識別します。httpでは、サーバー上で動作するプログラムへの指示や命令が書かれることが多いです。

  • #hot

    フラグメント(fragment)
    アンカーと呼ばれますが、正式にはフラグメント。主となる内容に加えて部分や代替表現を指定します。httpではこの情報は通常はサーバーには伝えられず、サーバーから送られた情報をクライアント(ブラウザ)が処理する際に使います。

これからは、会議でURLのパーツのことを話す際に、「URLの最後のクエスチョンマークに続くやつが……」ではなく「クエリが……」と言い、「シャープで指定するページ内アンカー」ではなく「リンクの際のフラグメント指定」と言うというのはいかがでしょうか?

ちなみに、昨今のブラウザなどでは、アクセスしているURLは機密情報ではないものとして扱うことが多いので、URLにユーザー名やパスワードを指定することは控えるべきです。上記の例はそういった指定が可能だということを示しているだけですので、ご注意を。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet115このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore